CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

配慮に欠ける人の10個の特徴と行動


あなたの周りには「え!?この状況でそんな態度をとる!?」と驚いてしまうような行動をとる人はいませんか?

そのような人たちというのは“配慮”に欠けている場合が多いです。

配慮が少ない人、それができていない人と同じ空間や時間を過ごしていると、イライラしてしまうだけではなく、いやな気持になってしまうものです。

この記事では、配慮に欠ける人の特徴と行動について見ていきたいと思います。

自分の配慮が欠けていないかもチェックしてみてくださいね!

この記事の目次

配慮に欠けているとどうなる?

冒頭でもお伝えしたように、この世界には“配慮に欠けた人”というのが少なからず存在しています。

まさかこの状況でそんな態度をとるなんてありえない!相手の気持ちを何も考えていないのが伝わる!いつも自分のことばかりしか考えていないじゃないか!なんていう人、あなたの周りにも必ず存在しているはずです。

いやいや、もしかしたらあなたの周りではなく、あなた自身がそのような傾向を持っているかもしれないですね。

しかし、周りの人に「あなたは配慮が足りない」と言われても、なかなかピンと来なかった人もいるでしょう。

配慮が欠けた人に出会ったことがなかったり、もしくはあまりにも他人に興味を持っていないことが理由になっているかもしれません。

それでも、他人に配慮のない態度をするのってのちのちあなたに悪い影響を及ぼすことになるんです。

あなたがこれまでに“配慮の欠けた人”と出会ったことがあるのであれば、「配慮すること」がどれくらい大切なことなのかわかっているかと思いますが…。

配慮が欠けた人というのは、いったいどのような行動をとる人なのかを知る前にまず“配慮をかけた行動をすることによって、他人にどのような影響を与えるのか”を見ていきましょう。

あなたは、知らない間に友人などにそのようなことを感じさせてしまっているかもしれないのです。

相手を不快にさせてしまう


配慮のかけた人というのは、“相手の立場に立って物事を考えることができない”からこそ、“相手が嫌がるようなことも平気ですることができる“人のことをいいます。

あなたは、だれかとコミュニケーションをとるときに自分本位の会話をしていませんか?相手の反応を見ながら、もしくは相手が伝えようとしてくれていることを感じ取りながらコミュニケーションを進めることができているでしょうか。

配慮が欠けている人というのは、相手の立場に立って考えることができないため、なにをするにしても相手を不快な思いにさせてしまうことが多いです。

いや、その存在そのものが不快に感じられてしまうことも…。

あなたが誰かに必死に素敵な出来事を説明しているのに、無視をされたり笑顔でバカにされたらどう感じるでしょうか?とても不快に感じますよね。

相手は一緒にいて心地よくはない

相手の気持ちを知ることができない、相手のことをしっかりと理解しようとしていません。

それどころか“自分の目線”での相手しか受け入れることもないので、相手にとっては「自分をしっかりと見てもらっている」という感覚がありません。

コミュニケーションというのは、互いに相手を気遣うことによってよい環境を作り出すことができ、そしてよい人間関係を築くことができるものです。

しかし、配慮が欠けた人はいつでも“自分本位”になっているので、その配慮のかけた人本人がなにも感じなくても―その場の空気が良いものだと感じていても―相手は“一緒にいて心地よくない”ものです。

自分のことばかり話す人、自分の話を無視する人、自分の大切に思っている話を馬鹿にする人がいたらあなたはどのように感じますか?その点を想像してみると、「そんな人と一緒にはいたくないな」と誰もが感じることでしょう。

周りについていけない

これまでにすでに何度もお伝えしていますが、配慮のかけている人というのは自分の気持ちばかりに焦点をあてています。

そのため、一緒にいる人がどのようなことを考えているのか、一緒にいる相手が何を求めているのか、一緒にいる人たちで今なにをしようとしていて自分はどうするべきなのか…ということをくみとることができません。

要するに“周りについていくことができていない”状態です。

配慮のかけた態度をとられると多くの人は「この人は配慮がかけている」と思うと同時に、「周りが見えていなくてかわいそうな人だな」なんて思うものです。

あなたは、周りの“空気”だとか“その雰囲気”にのることができていますか?周りの空気についていかなくちゃ!と気にしすぎるのも問題ですが、気にしなさすぎる、それも気にしてもわからないと諦めてしまうのも少し問題と考えたほうが良いかもしれません。

周りの気持ちが理解できない

周りの人の気持ちをすべて理解することができれば、この人生はもっとうまくいくにちがいない!なんて考えていませんか。

そのように考えてしまう根本にある考えというのは“どうせ人の気持ちなんて知ることができない”というもの。

そりゃあ、すべての人間に相手の心の声をよむことのできる特殊能力があるわけではないのですから、周りの気持ちが理解できないのは当たり前のことです。

しかし、配慮のかけた人というのは、そこで終わりにしてしまいます。

配慮のある人というのは、見えない感情であっても「相手が今何を考えているのか」「今、どのような態度や行動をとったら相手にいやな思いをさせないですむのか」などを考えています。

その結果、周りの気持ちを“なんとなく”でも理解できるんですね。

そのため、浮くこともなく、周りからは「あの人はできる人だ」「わかってくれる」「信用できる」と思われるようになります。

周りの気持ちが理解できないのは当たり前。

でもそこで終わりにしたら、あなたは「かわいそうな人」と思われることにつながります。

相手に良い印象を与えられない

あなたは今、少し悲しい気持ちになっています。

どうしても一人でいたいし、一人で考えごとをしたいという気持ちになっているとしましょう。

そんなときに「どうして悲しんでるの?」「悲しんでる顔おかしい!」「もうその態度むかつくからここで悲しい雰囲気にしないでくれる?」なんて、突っ込んでくるような人がいたらどうでしょうか。

その相手はあなたを元気づけようと、それも悲しい気持ちから解放しようとしてくれていたのかもしれませんが、あなたが今したいこととかけ離れているために「どうして話かけてくるんだろう?どうしてそっとしておいてくれないんだろう?」と思うはずです。

それって、相手の心を読めていないから。

そして、その態度は本来の“元気づけたい”というところから遠く、「なんて無神経な人なんだ」と悪い印象を与えてしまうことになるんですね。

要するに、配慮の欠けた人が相手のためを思って行動していたとしてもそれが自分本位であって、それも相手の気持ちに即していないと“配慮の欠けた人”、そして“なんて態度の悪い人なのだ”という印象にまでつながってしまうのです。

誰でも人には良く思われたいもの。

配慮ができない人という印象を与えてしまう

配慮ができないと一度でも思われてしまうと、「この人は配慮ができない人」という悪いレッテルを張られてしまうことになります。

良いレッテルってなかなかはられないものの、悪いレッテルってすぐにはられるし、それもなかなか取り除くことができないんですよね。

あなただって、誰かに悪いことをされたほうが良いことをされたよりも少し記憶に深く残りやすいのではないでしょうか。

そんな印象を与えたくないはずです。

なぜならば、配慮ができない人という印象を与えてしまうと、そのせいで新しい仕事をまかされなくなったり、素敵な人との出会いができなくなるから。

配慮のない人は自分で不幸を呼び寄せてしまいます。

自然と避けられてしまう

さきほどもお伝えしたように配慮のない人というのは、そのようなレッテルがはられます。

それもなかなか取り除くことのできないものです。

そのため、一度でも“配慮のない人”というレッテルをはられると、「この人は配慮がないし、一緒にいてもいやな気持ちしかしないから」と自然と避けられてしまうんですね。

それに人間ってとても噂好き。

「あの人は配慮がない」とまだその人から実際に配慮のない態度をされたことがなかったとしても、あなたを避けることになります。

つまり、あなたの周りから人がどんどん離れていき、気づいたころには誰も周りにはいない状態になってしまうということなんです。

配慮ができる人のところに集まる

あなたのことを大切に思ってくれる人、それもあなたのために行動してくれる人。

それと、あなたのことをバカにするようなことしか言わない人、あなたのことを傷つけるような行動しかしない人。

あなたは、どちらの人のそばにいたいと思いますか?おそらくすべての方が後者の“自分を大切にしてくれる人”と一緒にいたいと思うはずです。

要するに“配慮ができる人”のそばにいきたくなるんですよね。

そりゃあ誰だって「受け入れてほしい」と思っているものです。

そのため、人が集まる人というのは配慮ができる人であり、配慮ができるからこそ周りに集まってくる人もその人に配慮します。

良い循環を生むことができているってことなんですね。

配慮に欠けている人の10個の特徴と行動


これまでに配慮が欠けた人がいったいどのような影響を周りの人に与えていくのかをお伝えしていきました!いかがでしたか?

あなたの周りにいる配慮のかけた人と一緒の時間や空間を過ごすことによって、あなたもとてもいやな気持になったことがあるかもしれないですね。

そうはいっても、配慮の欠けた人がいったいどのような行動をとるものなのか、そしてどのような特徴をもっているものなのかはわからないはず。

もしかしたら、あなた自身が配慮の欠けた人間なのかもしれないからです。

では、世間一般において「配慮のかけている人」というのはどのような基準でそのように思われているのでしょうか。

ここでは、配慮に欠けている人の10個の特徴と行動をお伝えしていきます。

あなたにあてはまったら、配慮できるように変えていきましょう。

気づくことがまず第一歩です!

1.周りが見えない

配慮のかけた人というのは、驚いてしまうくらいに周りの状況が見えていません。

自分のことしか見えていないのです。

そりゃあ、人生の主人公は自分自身ですがそれにしても周りのことを考えず、自分のことばかりを考えているんです。

それも“当たり前”だと考えているところがあるので、直すこともできませんし、そこがおかしいことも気づきません。

状況や周りの気持ちを考えようとしない

人は変わろうと思えば変わることができる生き物です。

“意志”があり、それに基づき“行動”することができるからですね。

しかし、配慮のかけた人はそもそも“周り”を見ようとしていません。

変わろうともしていないし、周りの状況を“自ら見ないように”しているんですね。

また、周りの人が何か心のシグナルだとか何かのメッセージを送っていたとしても、気づかないふりをします。

要するに“自己中心的な性格”をしているということです。

2.相手の気持ちに立てない

さきほどもお伝えしましたように、配慮のかけている人というのは“相手の立場になって考えることができない人”でもあります。

相手の気持ちになって考えることができる人というのは、行動をおこすとき、何かを伝えるときなどに「こうすることによって、相手はいったいどんな気持ちになるのか?」「そこに不快な要素はないのか?」というところまで考えています。

自分が相手になったつもりで考えることができる想像力を持っている人でもあるんですね。

配慮が欠けた人はそんな想像力を持っていたとしても、他人のためにそれを使いません。

自分の言い分だけで物事を言う

自己中心的なところのある配慮のかけた人というのは、相手の立場に立たないからこそいつでも“自分の立場”だけを中心に世界を見ています。

そのため、自分の言い分だけ、自分の視線で見た世の中・問題についてのことしか語りません。

たしかに自分の目に映る世界というのは、とても大切です。

しかし、それだけでは世界は成り立たないのです。

この世界はどんなに小さなところでも知らない間にだれかに支えられている、そして誰かを支えることで成り立つ世界です。

あなたは自分の見解だけで物事をいっていませんか?相手の言っていることに耳を傾けていないというのであれば、あなたは配慮のかけている人間なのかもしれません。

3.自分優先

配慮の欠けている人というのは、どんな状況であっても“自分を優先”しがちです。

例えば、あなたの助けを求めている人が身の回りにいたとして、もしあなたに余裕があったとしてもその手助けをすることはありません。

それどころか自分のことを優先的に行います。

周りの人には“自分を優先してほしい”と願っておき、さらにそのようにしてもらいながらも、してもらった相手だけではなくすべての人に対して「自分のことを優先してほしい」といいます。

そのような配慮に欠けた行動をすることによって、迷惑をこうむった人たちの人生の時間を奪っているかもしれません。

相手よりも自分

某人気アニメのジャイ〇ンというキャラクターは、相手の気持ちを考えることなく「野球に参加しろ!」「俺様のカラオケをきけ!」といいますよね。

あなたは、相手の状況を考えずにこのようなことをしていませんか?

もしもジャイ〇ンに配慮があったのであれば「野球に参加しろ」というのではなく「今日は予定ある?空いてるなら野球をしよう」というはずです。

「カラオケをきけ!」ではなく、「時間があったらきいてほしいな」というはずです。

相手の都合を考えずに自分の欲求解消を優先してしまうため、配慮が欠けた行動になってしまいます。

4.自己中心的

配慮が欠けている人は、自己中心的な傾向があります。

自己中心的な性格というのは、世界が自分中心でまわっていると考えがちで、もし自分に反するものがいれば、やっつけたり、無視をするということです。

自分の世界観を大切にするのは素晴らしいことでもありますが、あまりにもその度が過ぎてしまうと周りの人が迷惑をこうむることになります。

自分の考えが正しいと思い込む

あなたにとって“当たり前”だと思っていることが、あなたの隣にいる人にとってはまったく当たり前ではなく、むしろ非常識な場合もあります。

現代の日本の婚姻制度では「結婚をしているのによそで別の異性とお付き合いするのは不倫として違法」とされています。

しかし、”一夫多妻制“が認められており、不倫をするなんてことは当たり前という時代もありました。

その時代、そしてどのような境遇に置かれているかによって”当たり前“というのは異なってくるもの。

配慮の欠けた人は自分の考えていることだけが正しいと思い、さらにそれを周りの人にまで押し付ける傾向があります。

それは、周りからしたらとても非常識なことだと思われていることにも気づきません。

5.目先の事にこだわる

“今”を大切にしたい気持ちもわかりますが、“今”があるということは“過去”もあり、さらにこの先に“未来”もやってくるということです。

そのため“今”ばかりに焦点を当ててしまうと、“未来”が悲惨なことになりかねないのです。

しかし、配慮の欠けた人というのは、目の前にあることばかり見がちです。

“今”を大切にするのは悪くありませんが、周りに迷惑をかけてまでそのようにするのは良いとはいえません。

後の事や相手の事は考えない

配慮が欠けている人というのは、後先の物事だけではなく、そこに関係してくる人の気持ちもあまり考えていません。

そもそもどうして自分が相手のことまでも考えていなきゃいけないのかと思っている人もいます。

それだけならまだしも「もっと自分のことを考えてほしい!」と自己中心的な性格を見せつけてくることもあります。

6.心がこもっていない

人間関係を円滑にするのは、その間柄に「愛があるかどうか」が基準になってくると思います。

配慮が欠けているといわれ続けたことによって、関わる人に“自分なりの配慮をした”という方もいるかもしれません。

しかし、本当に心からの配慮でないと相手からは「心がこもってない」「事務的だな」なんて思われてしまうこともあります。

心がこもっているかどうかというのは、人の感覚的なもので分かってしまいます。

配慮が欠けている人というのは、「この人にはこんなことで手を打っておけばいいだろう」「評価が上がるに違いないだろう」なんて思っていること多いですよね。

あなたもそんな風に打算的に物事を考えたことがあるのではありませんか?

心からの配慮ではない

打算的な配慮というのは、心がこもった配慮とは違ってどこか“冷たい印象”を与えることが多いものです。

真心がこもっているものは、誰かの心を救ってくれるだけの効果があります。

しかし、心からの配慮ではない打算的なものというのは、相手の心を逆に冷えきらせてしまいますし、「そんな目でこちらを見ているのか」と周りの人からの信用を失うことにもつながります。

7.後先を考えない

さきほどもお伝えしましたが、これは配慮の欠けている人の大きな特徴になるのでもう少し詳しくお伝えします。

配慮の欠けている人というのは、人生の中で「今が一番大切なんだ!」と知っているかのような口をきいて後先を考えずに、今この瞬間を思いっきり生きようとしています。

しかし、それと同じように“今”をどのように生きるかによって、やってくる未来というのも変わってしまいます。

後先を考えないことは、未来を考えていない…要するになりゆき任せの未来がやってくることを承認しているのと同じことになります。

あなたは、後先を考えないようなことをしていませんか?今がよければそれでいいなんて考えていませんか?

考えないから思ったことをしてしまう

自分のなりたい職業に就いている人、そして自分のしたいような人生を生きることができている人というのは、自分のほしい未来がやってくるように、その未来のために“そのための今”を生きています。

逆算的な未来方程式で未来を迎えているんですね。

しかし、配慮が欠けている人というのは、未来のことはあまり考えていないため、行き当たりばったりの人生を歩んでしまっています。

8.人のせいにする

配慮が欠けている人は、だれがどう見てもその人のせいで起きた問題であっても自分でも「自分がやってしまったことであり原因は自分自身だ」と分かっていたとしても、それを認めません。

それどころか人のせいにすることもあります。

必死にフォローしてくれている人がいても、その人の気持ちを裏切るかのようにその人のせいにしたりします。

もう少し配慮が欠けている人が未来のことを考えて、そのように行動していれば失敗することもなかったかもしれないのに、それを頑なに認めないのです。

しかし、周りの人は「あの人はまた人のせいにしている」という目で見ているのですが、配慮が欠けている人は自分は悪くないと思っているので、まさか周りからそのように思われていることにも気づきません。

自分は悪くないと言い張る

周りの人が正当性のある根拠や証拠を持ち出しても、絶対に認めません。

それは、配慮が欠けている人にとっては「自分のせいにならなかった」または「自分のせいにするなんてなんて悪党なやつらなんだ」なんて一安心しているかもしれません。

一見、配慮の欠けている人にとっては良いことのように思えますが、そこに反省する気持ちがないために結果的には成長する機会を逃すことになり、いつまでも同じように配慮の欠けた“周りのことを見ることができない自己中心的な性格”からは卒業することができないんです。

9.配慮しているつもりができていない

配慮が欠けている人でもたまには配慮を見せることがあります。

しかし、それは“打算的”で“計算的”で“自分の評価を気にしているもの”であるために、そのような配慮の気持ちを見せられた人は配慮されていると思わないんですね。

むしろ「これは利用されているのかもしれない」なんて思うことも。

相手のことを思って配慮しているつもりでも、そこに下心が見えてしまっては相手はそれを配慮として受け取ることができません。

周りから見ると配慮ができていない

では、どうして配慮しているつもりでも配慮できていないのでしょうか。

それは“相手の立場に立って考えることができているかどうか”にあります。

相手の立場を本当に考えることができていれば、自分の評価を気にすることもありませんし、計算的に配慮を示すこともありません。

真心がこもっていない、そして相手が求めていることを見極めることができていないので周りから見ると全く配慮のできていない“自分勝手な行動”になってしまいます。

10.軽い言動

配慮の欠けている人というのは、他人の気持ちをあまり考えません。

そのため、軽い気持ちで相手が傷つくようなことを話したり、そのような行動をとることがあります。

時には、コミュニケーションをとるうえでは軽い言動をすることによって、その場を盛り上げることもできますし、それによって“ノリの良い人”とみなされて人気者になることもあるでしょう。

しかし、そればっかり―それもすべきではない状況において―行うことによって、「周りの見えていない配慮ができない人」扱いされることになるのです。

言葉を選べない

軽い言動というといったいそれがどのようなものなのかを想像することができない人もいるでしょう。

「言葉」を選ぶことができないというとわかりやすいでしょうか。

「ありがとうございます」と敬語を使う相手であると誰もがわかっているところで「あざーっす」などのような言葉を使ってしまう…。

TPOをわきまえることができないことは、配慮ができていないとみなされます。

それこそ、配慮が欠けている人を卒業するためには“周りをしっかりとみる目”が必要になるということがわかるかと思います。

まとめ

今回は、“配慮の欠けている人”について特集してきました!いかがでしたか?配慮の欠けた人といると気分が悪くなりますよね。

もしかしたら、あなた自身も配慮に欠けているかもしれません。

今回ご紹介してきた“配慮の欠けている人の特徴や行動”に少しでもあてはまってしまったのであれば、その箇所を見直し、配慮のある大人な人間に成長するステップにしていきましょう。

ページトップ