みなさんの周りには、年齢性別問わず多くの人から“慕われる人”っていますか?

そんな風に人々に慕われている様子を見ると、思わず「自分もああなりたい!」と憧れる人も少なくないでしょう。

周りの人々から慕われる理由はやはりその人の性格にあるとは思いますが、具体的に「その人のどんなところが人々の心を惹きつけるか?」と問われれば、上手く説明できずに答えに困ってしまうこともあるかもしれませんね。

ですが、慕われる人とそうでない人との違いを把握していなければ、慕われる人に近付くことも難しいでしょう。

そこで今回は、そんな“慕われる人”に注目し、“慕われる人の11個の特徴”や“慕われる人になる方法”をご紹介します!

周りから慕われていつも周りに人がいる!そんな人になりたくありませんか?

「慕う」という言葉には、「恋しく思う」「懐かしく思う」「離れがたくなってあとを追う」などの意味があります。

ただ、今回注目する「みんなに“慕われる”人」の「慕う」には、「目上の人の人格や識見などに惹かれる」とか「憧れる」といった意味が当てはまると言えるでしょう。

なので、「みんなから慕われる人気者に自分もなりたい!」と考える人は少なくないと思いますが、慕われる人間になるには周りの人々が憧れるだけの人格や識見が備わっていなければならない訳です。

そんな風に言うと、「自分にはそんなカリスマ性はないし、慕われる人間になるのは無理かも…」と気落ちしてしまう人もいるかもしれませんが、慕われる人の特徴を把握し本気で努力すれば慕われる人に近付くことは可能!

という訳で、「自分も慕われる人間に近付きたい!」という人は、以下で紹介する“慕われる人の11個の特徴”や“慕われる人になる方法”をぜひ参考にしてみて下さいね。

慕われる人の11個の特徴とは?


みんなから慕われる人を見ると、「いいな…」と羨ましくなってしまうものだと思いますが、その様子にばかり気を取られて、“その人がなぜみんなから慕われるのか”という理由を真剣に考えたことがない人も多いのでは?

それに、周りから慕われる人の中には、「普通に性格が良いのは分かるけど、あれ程までにみんなから慕われる理由は何だろう…?」と疑問に思われるタイプの人もいるでしょう。

慕われる理由や慕われる人の特徴が分かれば、自分に足りないものが何かを把握できますし、慕われる人に近付く為の努力の仕方も明確になるはず。

ということで、ここからは“慕われる人の11個の特徴”をご紹介していきます!
みなさんも身近にいる慕われる人や自分自身に以下の特徴がいくつ当てはまるか、チェックしながら見てみて下さいね。

優しい

みんなから慕われる人は優しいのも特徴の1つ。

その優しさを惜しげもなく他人に向けることができるから、周りの人も好印象や信頼感や憧れを抱くのです。

「慕われる人は優しい」と言うと、「部下から慕われている先輩がいるけど、優しいというより厳しいよ…?」という人もいるかもしれませんね。

ただ、普段は厳しい面があったとしても、根が優しい人なら慕われます。

部下のみなさんも「本当は優しい人だ」と心のどこかで分かっているから、その厳しい先輩のことを慕っているのでは?

恐らく誰にでも優しくできる人というのは限られてくるでしょう。

実際、嫌いな人や苦手な人に常に優しく接するのってすごく難しいですよね…?

きっと「好きな相手だから優しくしたい!」と考えるのが普通ですし、何とも思っていない相手に優しくする場合、「親切にして相手に良い印象を植えつけたい」とか「優しくするのだから感謝されたい」とか「この人に優しくしておけば見返りがあるかも」といった打算的な考えを持ってしまうことも少なからずあるはず…。

でも、素直に向けられた優しさと違い、そういう考えありきの優しさには、向けられた方も「下心がある」と何となく気付くものです。

いくら優しくされても下心見え見えの人間に尊敬や憧れの念を抱く人はそうそういませんよね?

一方、周りから慕われる人というのは、そんな風に優しくする相手を選んだり損得勘定で動くことはなく、例え嫌いな人が相手でも自分が損をすることになっても、素直な気持ちで優しく接することができるのです。

そもそも慕われる人にとって優しくするのは普通のことなので、本人は「自分が他人に優しくしている」という意識も持っていないかもしれませんね。

つまり、そのくらい自然に優しくできるから慕われる訳です。

いつでも明るい

慕われる人はいつでも明るいオーラを纏っている特徴があります。

明るい人が傍にいると不思議とこちらまで気分が前向きになるものですよね?

周りの人達も同じで、「(気持ちが明るくなるから)この人の傍にずっといたい!」とその人に惹かれるから、慕う人も増えるのでしょう。

ただし、「いつでも明るい」というのは単にハイテンションで騒いでいる訳ではありません。

それでは静かな環境を好む人は不快に感じ、慕われるどころか「うるさい人だ…」と悪印象を抱いてしまうでしょう。

慕われる人の明るさはハイテンションなものとは違い、穏やかな明るさなので万人ウケするのだと考えられます。

穏やかな明るさなら、賑やかな雰囲気を好む人も静かな雰囲気を好む人も違和感なく自然に受け入れられるでしょう。

ポジティブ

慕われる人は言動や思考がポジティブです。

例え悪い状況に立たされても「大丈夫」「何とかなる」と考えることができ、不安や焦りに振り回されることがないので、心にも余裕ができてどっしりと構えることができます。

そんなところも頼りがいがあってみんなから慕われる理由でしょう。

また自分だけでなく、誰かの状況あるいは場の雰囲気が悪いものになってしまったときも、「大丈夫!絶対上手くいくよ!」と相手の気持ちや場の雰囲気を上手く盛り上げることができます。

慕われる人には、周りに「この人といると本当に物事が良い方向に進むのではないか?」と思わせる力があるのです。

さらに、上で「慕われる人は誰に対しても優しく接することができる」と説明しましたが、それはこのポジティブ思考も関係していると言えます。

ポジティブな人は損を考えて行動していません。

それは、他人に惜しげもなく与え続ければそれがいつか巡り巡って自分の元に返ってくる、という体験を今までに何度も体験しているからです。

何をするにもギブアンドテイクを考えてしまう場合は、そういう体験が少ないからかもしれませんね。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い=他人と距離を縮めるのが上手なのも慕われる人の特徴です。

慕われる人は初対面の相手であっても臆することなく自分から話しかけに行くことができ、相手の気持ちを掴む(=「この人と仲良くなりたい!」と思わせる)ことができます。

だから、色々な人に慕われるのです。

慕われる人は他人とコミュニケーションを取るにあたって、相手が求める適切な言動を取る様に心掛けています。(中には無意識でやってのける人もいるかもしれませんが)

例えば、人付き合いが苦手な人に「仲良くしよう!」とグイグイ迫っても逆効果ですよね?

そういう人には時間をかけて心を開いて貰える様に接し、逆にテンションが高い相手には同じテンションでコミュニケーションを取ることができるのです。

他人と仲良くなるテクニックを持っているのはもちろんですが、慕われる人は相手との適切な距離感を見極める目が優れているのかもしれません。

慕われる人のコミュニケーション能力が高いとはそういうことです。

誰にでもフレンドリー

周りから慕われる人は誰にでもフレンドリーであり、誰に対しても平等に接します。

確かにフレンドリーな方が好印象ですし、相手に対して態度を変える様な人では周りから慕われることもないでしょう。

そもそも、自分からコミュニケーションを取りに行くという行動は、「あなたを信用しています」「あなたと親しくなりたい」という気持ちの表れでもあります。

そういうのが相手にも伝わるから、色々な人から慕われるのかもしれませんね。

協調性がある

慕われる人のコミュニケーション能力の高さには、協調性があるということも含まれます。

相手の考えを否定せず柔軟に受け入れることができますし、自分の意見を押し付けず相手の希望に合わせることができるのです。

ただしこれは、自分の意見を持っていない(周りに流されやすい)とか相手にばかり合わせている訳ではありません。

慕われる人は周りから自分の意見を求められればそれをちゃんと伝えますし、どうしても譲れないことがあるときは周りが納得できる様に自分の考えを伝えることもできるのです。

他人に合わせる心の広さだけでなく、芯もありそれをしっかり通すところも周りが憧れるポイントでしょう。

いつも笑顔


いつも笑顔なのも慕われる人の特徴です。

上で「慕われる人はいつでも明るくポジティブな特徴がある」と説明しましたが、いつも笑顔でいることも明るく見える理由でしょう。

無愛想な人より常にニコニコしている人の方が印象が良いですし、笑顔を向けられた側も「この人は自分に心を許してくれているんだな」とか「この人は自分のことを受け入れてくれている」と感じて自然と惹かれるのかもしれませんね。

それに笑顔は周りに伝染するものなので、常に笑顔の人を見ると「この人の傍にいれば自分も幸せになれるかも!」と感じて引き寄せられるもの。

実際、いつも笑顔の人の周りには人が沢山集まるものですよね。

聞き上手

周りから慕われる人は聞き上手な特徴もあります。

これは先程説明した「コミュニケーション能力が高い」ともリンクしますが、慕われる人は自分の話ばかりでなく、相手が楽しく&気分良く話せる様なテクニックを持ち合わせているのです。

例えば、相手の話の腰を折らずに最後まで聞くのはもちろん、話の合間に適切な相槌を入れたり、時には質問をして相手の話を掘り下げたり、相手の話の内容に合わせて表情を作ったりリアクションを取ったり…。

聞き手がここまでしてくれたら、話し手も「自分の話をちゃんと聞いてくれてる」「自分の話に興味を持ってくれてる」「もっと話したい!」と思いますよね?

そうやって「何でも話せる相手」から「慕いたい相手」に変わるのでしょう。

一緒にいて面白い

慕われる人は一緒にいて面白いというのも特徴の1つ。

やはりそういう人は人気者になりやすく、周りに集まる人の中からその人を慕う人も出てくるものです。

一緒にいて面白いというのは、話が面白い(=表現力が豊かで話題が豊富)とかキャラが立っているというケースもありますが、それだけなく慕われる人自身が相手を楽しませることに注力しているからというのも理由として挙げられます。

これは相手を笑わせるということではなく、相手に居心地の良さを提供するということ。

例えば、相手が話したそうにしていたら声をかけて話を促してあげたり、相手が何かを考えているときは邪魔をしない様に黙り、しかも沈黙を気まずく感じさせない様にするといった気配りをさり気なくしています。

つまり、慕われる人はその場の状況や相手の気持ちに合わせて適切な言動が取れるから、相手も居心地の良さを感じて、それが「楽しい」「面白い」に繋がるのです。

ノリが良い

上でも話しましたが、慕われる人は相手に合わせることができるので、周りからは「ノリが良い」と思われることも多いです。

例えば、人が誘えば「いいよ!」と快諾し、周りが盛り上がっている時は自分も同じテンションで楽しむことができる。

そういったノリの良さも「一緒にいて面白い」と感じさせるポイントでしょうね。

人の悪口を言わない

慕われる人は人の悪口や愚痴を言いません。

例え周りが人の悪口で盛り上がっていても、「ふーん」「そうなんだ」とあまり興味がない素振りを見せます。(それでいて場の雰囲気を壊さないのも慕われる人のすごいところ)

そういうところも周りに好印象を与えますし、同時に信頼も生まれ慕われる訳ですね。

逆に口を開けば人の悪口や愚痴ばかりの人はどうでしょうか?

恐らく周りの人に与える印象も悪く、「この人の話、他人の悪口ばかりで聞いてて不快になる…」「悪口が多い=人のことを見下してるってこと?」「他の人のところでは自分の悪口を言われてるかもしれない…」などと思われているでしょう。

人の悪口を言うのが大好きな人は、自ら自分の評価を下げて多くの敵を作っているだけでなく、自分自身も他の人達から「あの人、○○さんのの悪口言ってた…」「悪口ばかりで、性格悪いよね~」などと逆に悪口を言われていることを自覚しなければいけませんね。

話が逸れましたが、慕われる人は例え周りが悪口を言っていても話には乗らず、むしろ悪口の対象者をさり気なくフォローしたり(しかも悪口を言っていた人を不快にさせない言い方ができる)、上手く話題を変えることができるのです。

そういうことができる人って誰が見ても良い人&立派な人に映ると思いますが、だからこそ惹かれる人や慕う人も多いのでしょうね。

空気が読める

慕われる人は場の空気を読むのが上手です。

上で説明した「相手の求める言動が取れる」というのもそうですが、これらは周りの状況をよく観察し正確に状況を把握しないとできないことでもあります。

ちなみに、いくら空気が読めてもそこで何も行動しない人は周りから慕われることもありません。

例えば、「空気が悪いな…」と感じつつ場を和ませる為の行動を取ろうとしなかったり、相手が求めることを察知しても「面倒だから気付かない振りをしよう…」としらばっくれたり…。

一方、慕われる人は上の様な状況で、場の空気を和ませる行動を取ったり、相手の要求を受け入れる努力をします。

「空気が読める」とはそういった意味でのことなのです。

気遣い上手

慕われる人は空気が読める分、気遣い上手です。

ちなみにこれは、自称「気配り上手」の人とか「気配りしてます!」アピールが激しい人とは全く違います。

みんなから慕われる人というのは、他人がその場では気付かない気配りをさり気なく行っているのです。

周りは後になって「そういえば、あの時○○さんのあの行動のおかげで、成功したんだよね…」とか「○○さんの一言がなければ、あの場の雰囲気は悪くなっていたかも…」と気付き、「○○さんって、すごい人なんだ!」と尊敬したり憧れたりして、慕う人も増えていく訳ですね。

あまりにもあからさまな気遣いをされると周りが恐縮してしまったり、気遣いの内容によっては「恩を売られているようで鼻につく…」と相手を不快にさせてしまうこともあります。

慕われる人がそういったことを意識しているかは分かりませんが、もし「周りに気を遣っていると感じさせない様にしないと…」という気持ちで行われているのだとしたら、それ自体が気遣いになりますよね。

さらに言うと、周りが後から気付くものはほんの一部で、周りが最後まで気付かない気遣いも慕われる人は普段から沢山行っていると考えられます。

自然体

慕われる人は常に自然体で振舞っているのも特徴の1つ。

見栄を張らず肩の力を抜いて人生を楽しんでいる…そういう人って周りから見るとかなり羨ましく感じますよね?

自然体ということは、嘘のない素直な自分をさらけ出している証拠でもあります。

そういう人は周りから見ても信用できますし、みんなから愛されるものです。

上で「空気を読んで周りに合わせることができる」と説明したので、「それだと自然体と言わないのでは…?」と思っている人もいるかもしれませんが、慕われる人が周りに合わせるのはあくまで自身が納得したときに限ります。

自分が納得できないときは無理に周りに合わせず、1人でも行動することができるのです。

嫌われることを恐れていない

人間、周りから良く見られようと背伸びをしたり、本心を偽ったりしてしまうことも少なくないと思います。

それは「嫌われたくない」という気持ちが根底にあるからではないでしょうか?

つまり、人前で素の自分を出すのってかなり難易度が高いことなのです。

実際、「1人の時なら自然体でいられる」とか「家族や親友など心の底から信頼している人の前でなら自然体で振舞える」と言う人が大半なのでは?

しかし、慕われる人は他人から嫌われることを恐れていないので、自然体で振舞うことができます。

(とはいっても、慕われる人は他人が不快に思うことや嫌われる様な言動は自然と避ける傾向にある)
「自分にも苦手な人や嫌いな人がいる様に、世の中には自分のことを苦手・嫌いと思う人もいるだろう」と理解しているから、「嫌われても仕方ない。

それよりもありのままの自分を受け入れてくれる人を大切にしよう」と考えることができるのかもしれません。

ただ、「全員から好かれのは無理」と頭では分かっていても「嫌われたくない」と考えてしまう人は沢山いると思います。

だからこそ、「仕方がない」と割り切れるのも慕われる人のすごいところと言えるでしょう。

そういう周りができないことを平然とやってのけるところに憧れ惹かれる人も多いのかもしれませんね。

「ありがとう」や「ごめんね」が言える

「ありがとう」や「ごめんね」がしっかり言えるのもみんなから慕われる人の特徴です。

感謝や謝罪の気持ちは心の中で思っているだけでは相手に伝わりません。

そのことをきちんと分かっているから、慕われる人は周りに気持ちを伝える心掛けをしているのです。

例え口数が少なくても「ありがとう」と「ごめんなさい」を伝えられる人は誠実だと分かりますし、周りの人達からも自然と慕われる傾向にあります。

信頼できる

信頼できるのも慕われる人の特徴でしょう。

例えば、慕われる人は約束をきちんと守りますし、基本的に守れない約束はしません。

仮にやむを得ない事情で約束を守れなかったとしても、相手に謝罪し後日埋め合わせをするのです。

そういった誠実さが周りからの信用や信頼に繋がり、それがやがて慕う人を増やすのでしょうね。

悩みを相談できる

信頼できるという証拠に、慕われる人は周りから悩みを相談されることも少なくありません。

ちなみに、その相談内容は軽いものから重いものまで様々です。

相談する側には、「この人なら自分の悩みを親身になって聞いてくれるだろう」「自分が欲しい言葉をくれるはず」「誰かにベラベラ喋ることもないから安心」という期待があるのでしょう。

そして、その期待にしっかり応えることができるのが、慕われれる人のすごいところであり魅力なのです。

明日からやろう!慕われる人になる方法って?

“慕われる人の11の特徴”をご紹介しましたが、どうでしたか?

中には、慕われる人に憧れているのにその特徴にあまり当てはまらずショックを受けている人もいるかもしれませんね…。

あるいは、「上の特徴には結構当てはまっているのに、周りから慕われてる感じが全くしない…」なんて人もいるかも?

ですが、上の様な人も他人と接する時に“あるポイント”を意識することで、慕われる人に近付ける可能性があると言えます!

そこで続いては、“慕われる人になる方法”をご紹介していきますよ。

“あるポイント”が気になる人は、しっかりチェックしてみて下さいね。

慕われる人に憧れる人は、明日から以下の方法を実践しましょう!

自分勝手に行動しない

慕われる人になるには自分勝手な行動は控えなければなりません。

ワガママで自己中な言動は周りを不快にさせ、人望を失う原因にもなります。

自分の意志を持ち時にはその気持ちを貫くことも大切ですが、自分の意見を無理やり相手に押し付けたり、周りを振り回して迷惑をかけるのは間違っていますよね?

もちろん、本心を偽ってまで周りに合わせ我慢し過ぎるのも良くありません。

その辺りの加減が難しいかもしれませんが、とにかく相手を不快にさせる様な言動は避けるのが基本です。

周りの人の事を大切にする

周りの人の事を大切にする(=平等に接する)のも慕われる人に近付く方法の1つです。

周りの人を大切すればそれが巡り巡って自分に返ってくるものなので、「この人に親切にしても得なことはない」などと思わずに、周りの人には優しく接する様に心掛けてみて下さいね。

慕われる人の特徴で「いつでも明るく、ポジティブ思考」と説明しましたが、これは慕われる人が「他人の力を借りれば何でも乗り越えられる!」と信じているからでもあります。

慕われる人は周りに与えてばかりで、1人で何でもこなしてしまう様に見えるかもしれませんが、実は1人で抱え込む様なことはせず、周りの力を借りて成功しているのです。

というより、周りの人が自然と手を貸してくれるのですが、それも慕われる人が普段から周りの人を大切にしている結果と言えるでしょう。

他人を大切にする人の周りには自然と沢山の人が集まるもの。

そして人が周りに集まっているということは、それだけ互いに助け助けられる機会も多いということでもあります。

慕われる人は周りの人の力を借りられるから何事も上手くいく、周りはそんな成功していく様子を見てますます憧れる(=慕う人が増える)という循環が生まれるのです。

相手に興味を持つ

慕われる人になるにも、周りの人を大切にするにも、相手に興味を持たなくてはなりません。

まずは相手の事をよく観察し、その人の良いところを見つけてみましょう。

良いところ以外にも色々な面が見えてきて自然と興味が湧くはずです。

相手によっては嫌な部分が見つかり思わず幻滅してしまうこともあるかもしれませんが、そんなときは「そういう人もいるのだな…」と受け入れる練習をしてみて下さい。

他人に興味を持つと色々な性格や考え方を知る機会が増えるので、視野が広がり柔軟に受け入れる心が養われます。

相手の良いところを見つけたら、それを本人に直接伝え褒めてあげましょう。

誰だって褒められれば悪い気はしませんし、褒めてくれる相手に好印象を抱くもの。

それから、「誰かに認められたい」という承認欲求がある人も少なくないので、褒めることで「この人は自分の良いところを知ってくれている!」と相手に分からせることができます。

ただし、お世辞をいったり嘘を吐くのはダメです。

そして、相手の事を否定してはいけません。

そんなことをし続ければ、相手は不快に感じ当然の様に離れて行ってしまうでしょう。

清潔感のある見た目をする

慕われる人になるには身だしなみも重要なポイントです。

どんなに性格が良くても、不潔でだらしない印象を与える見た目の人を「心から慕いたい!」と思う人は少ないでしょう…。

逆に清潔感ある見た目の人に対しては好印象を抱く人も多いでしょうし、身だしなみが整っている方が頼りになりそうな雰囲気もあるはずです。

噂話や悪口には乗らない

慕われる人の特徴でも説明しましたが、周りが他人の噂や悪口を話しているときに、その話に乗らないのも慕われる人に近付く方法と言えるでしょう。

特に女性は噂好きな人が多いと思いますが、それが悪い噂なら尚更ベラベラと喋らない方が良いかもしれませんね。

噂話や悪口には乗らない為に、周りからそういった話題を振られたときに上手くスルーする方法を考えておくのも手です。

聞き手に回る

慕われる人の特徴で「慕われる人は聞き上手」という話もしましたよね。

「つい自分の話ばかりしてしまう」とか「相手の話の腰を折って自分の話に持って行ってしまう」という人は特に、相手が話しやすい様に話題を振ったり相手の話を最後まで聞く様に心掛けてみて下さい。

話に合わせてリアクションを取ることも忘れずに。

慕われる人のになるのは難しいことじゃない!

今回は、“慕われる人の11個の特徴”や“慕われる人になる方法”をご紹介してきましたが、みなさんの参考になりそうな情報はあったでしょうか?

“慕われる人になる方法”を見て貰えば分かる通り、慕われる人になるのは多くの人が思っている程難しいことではないのかもしれません。

もちろんそれは、慕われる人になる為に相応の努力をした場合の話になります。

周りから慕われる人になるには、今回ご紹介した方法を実践する以外にも、特に内面の自分磨きを怠らないことも大切でしょう。

みんなから慕われている人というのは、他人を思いやる心を持っており、普段から周りの為に行動している傾向にあります。

ただし、彼らはその行動に見返りを求めてはいません。

つまり、「こんなに優しくしたのだから慕われるはず」とか「みんなの憧れの存在になる為に周りに親切にしないと!」という下心を持っていないのです。

他人に慕われる為に良い人間を演じるのではなく、損得抜きで他人を大切にできる人こそが、真の慕われる人になれるのかもしれませんね。