見抜く力がある人について、皆さんはどのような印象を持ちますか?

「頭が良い人」、「能ある鷹は爪を隠す」「昼行燈(ひるあんどん)」のような人でしょうか?

いずれにしても、見抜く力がある人は本質を見抜く力を持っていると言えます。

本質さえ見失わなければ、どんな苦難も立ちはだかる壁も乗り越えていくことができるでしょう。

では、「本質を見抜く力」とはどのようなものなのでしょうか?

何だか難しそうで、とてもハードルが高いように感じて萎縮してしまいそうになりそうですが、その必要はありません。

今回は、「見抜く力がある人の8個の特徴!本質を見抜く力とは?」と題しまして、見抜く力がある人の特徴や本質を見抜く力についてご紹介します。

これで、見抜く力がある人についての理解を深め、自身の見抜く力を開花させ、見抜く力を高めるきっかけになれば幸いです。

見抜く力がある人の8個の特徴!物も人も見抜く力がある人は経験をしている?

では実際に見抜く力がある人には、どのような特徴があるのでしょうか?

見抜く力がある人と一言で言っても、実は様々な経験を経たうえでの賜物(たまもの)のようです。

こちらで紹介する特徴のいずれかを持ち合わせ、それらに長けているからこそ得られるものと言っても過言ではありません。

なので、1つでも当てはまる特徴があれば、あなたにも見抜く力の片鱗があるかもしれません。

こちらでは、8個の特徴をご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう!

1.積極的


1個目は、「積極的」です。

積極的とは、どんなことにも臆さず、目指す対象に向かってひたすら邁進(まいしん)することを表します。

それが時として、考え無しに行動しているように見えてしまったり、猪突猛進にも感じられてしまうようです。

とは言え、積極的がもたらす効果は多くあります。

行動するかしないかでは、天と地ほどの差があるからです。

それは、自分が信じた道をひたすら突き進む行動力が為せる技だと思います。

結果を恐れて立ちすくむよりも、まずは一歩を踏み出してみませんか?

目の前のことに向き合い、立ち向かっていくことで、その成果を得ることができます。

その成果が良いものであっても悪いものであっても、そこから学び、次に活かすことが重要なのです。

特に、下記の2つのポイントが挙げられます。

怖いもの知らずな一面も

積極的と言うことは、迷いがないと言っても過言ではありません。

つまり、なんのためらいもなく前進していくと言うことです。

それは、なかなかできることではないのと同時に、怖いもの知らずとも言えます。

全てのことには、何かしらのアクシデントやリスクが潜んでいるものです。

にもかかわらず、積極的な人はそんなことに慄(おのの)くことなく、果敢(かかん)に挑んでいくのです。

それまで怖い目にあったことがないからなのか、それともどんなことがあっても強くいられるほどの心を持っているのかはわかりません。

いずれにしても、恐れを知らないことは「諸刃の剣」ですね。

行動にも第一に動くほど

積極的な人は、まさに先陣を切っていく勢いで乗り込んでいきます。

当然、行動にもその特徴が顕著に表れます。

率先して動くことによって、周りの人たちも後に続いてくるきっかけに成り得るのでしょう。

まさに、起爆剤のような存在ですね。

本人としては、目の前のことに一生懸命なあまり、気持ちや熱意の赴くままに動いているだけと言えばそうかもしれません。

が、周りからすると、その行動力には目を見張るものがあるようですね。

いずれにしても、あなたの行動力が周りの人を奮い立たせるきっかけになっているようです。

2.人生が楽しい

2個目は、「人生が楽しい」です。

これは、生きていくうえでの原動力に成り得るものと言えるでしょう。

楽しい人生は、どんなに心身をときめかせてくれることでしょう。

楽しいことはもちろんのこと、苦しいことや辛いことに直面しても、その先にある「未来」を目指して歩みを進めているようです。

その時は大変だったことも、今振り返れば「そんなこともあったな。」としみじみ思える「余裕」が持てるようになっているのかもしれません。

人生を楽しめると言うことは、どんなことにも全力で取り組んで、そこから得た経験や成長を糧にできていると言うことだと思います。

楽しみ方や何に対して楽しみを見出すかは、人それぞれです。

自分だけの楽しみ方を見出し、それを人生のバロメーターとしていくことは良いことだと思います。

それは、下記の2つのポイントでも明らかです。

今までの経験を活かすことができる人は人生を楽しんでいる

先にも書きましたが、楽しいことも苦しいことも辛いことも、全ては自分自身を大いに成長させてくれます。

どんなことも、そこで得た経験があるからこそ、上手くいった方法を応用などを交えて活用し、上手くいかなかった方法は違う方法を活かして再挑戦することができるわけです。

そうやって、できることを増やしていく中で自信や楽しみを見つけ、やりがいを得ていきます。

全ての経験が基礎と言う名の地盤となり、それらを活かすことによって、より人生を豊かにしていくと言う好循環が出来上がっていくでしょう。

楽しむことを習慣にすること、それが人生を楽しめる秘訣なのかもしれません。

「それができれば苦労しないよ」と思うかもしれませんが、それなら、「笑顔」と言う形から入ってみてはいかがでしょうか?

笑顔になれば、自然と心は上向いてくるものです。

1日の終わりに笑顔でいられたら、きっと次の日も笑顔から1日をスタートさせることができるでしょう。

楽もあれば苦もある

「山あり谷あり」「表裏一体」とあるように、全てのことには必ず「対になる何か」が存在しています。

よって、楽もあれば苦もあると言うのは、ごく自然な成り行きと言えるわけですね。

苦なことは嫌なことですが、楽なことだけで人生が構成されていくことはありません。

人は、多かれ少なかれ「苦なこと」を経験し、それによって免疫をつけたり、楽なことへの有難みを感じることができるのです。

とは言っても、誰しもが苦なことは避けたいのは本音ではないでしょうか?

それは承知のうえで、「楽もあれば苦もある」と割り切っているのが、見抜く力がある人と言えそうです。

今「苦」に苛まれていても、その先に「楽」があることを信じているからこそ成せる技でしょう。

3.リーダー気質


3個目は、「リーダー気質」です。

率先して先頭に立ち、周りを導く存在、リーダーとは本当に頼もしいものです。

リーダーに向いている人はもとより、あらゆる努力をもってしてリーダー気質を身につけていっている人もいます。

後者の場合、数々の試行錯誤を重ね、大なり小なり壁を越えて、ひと回りもふた回りも成長を遂げてリーダーの頭角を現していくようです。

いずれにしても、上に立つ人と言うのはその人の才覚もさることながら、支えてくれる周りの人の存在の有難みや価値を理解していることが必須条件です。

そこをないがしろにしてしまっては、どんなにすごいリーダー気質を持っていても、ついてきてくれる人はいなくなるでしょう。

「この人のもとで一緒に何かをしたい」と思わせる、それがリーダー気質の価値を上げるでしょう。

リーダー気質を上手く活用できれば、下記のようなポイントが現実になることも十分にあり得るでしょう。

下を引っ張るような存在の人が多い

リーダーとは、ただ単に上に立ってあれこれ采配している人と言うことだけではありません。

下の人たちを引っ張り上げて、立派な戦力に育て上げていくなどして、それに伴い自分自身も学びを得るなどの相乗効果があるようです。

下を叱咤激励しながら、その人たちのやる気や自信を実らせて才能を開花させたり、それがリーダー気質を大いに発揮させた結果と言えるのではないでしょうか?

下の人たちも、リーダーに憧れたり、リーダーの采配に安心感や頼もしさを感じられるからこそ、ついてくるのです。

あるいは、リーダーに認められたいと言う気持ちが行動に表れると言うこともあるでしょう。

リーダーだから下の人に対して示しをつけた模範的な存在でいなければならないと、自身を律する人もいるでしょう。

それも素晴らしいことですが、リーダーはとにかく「下の人を信頼し、温かく見守る」ことも必要ではないでしょうか?

社長になる人も

社長と言えば、会社の長、つまり社員を率いるリーダー気質が最も必要とされる役職です。

リーダー気質がきちんと機能していれば、おのずと下の人たちは付き従ってくれます。

ただし、それは社長と言う名の権力を盾にして我が物顔でのさばることではありません。

上記でも書きましたが、リーダーは下の人を信頼し、温かく見守ることが必要です。

つまり、社長は部下である社員たちを信頼し、温かく見守る度量が必要と言うことですね。

そして、「最終的な責任は会社の代表である自分が取る!」くらいの覚悟があると頼もしいですね。

どーんと構えてくれていて、自分たちを信頼して見守ってくれている社長がいるからこそ、部下である自分たちも頑張ろう!と思えるのかもしれませんね。

4.責任感がある

4個目は、「責任感がある」です。

責任感と聞くと、とても大きな重圧を感じてしまいそうですが、だからこそ逃げ出すことなく立ち向かうことが重要となります。

一度引き受けたからには、「できる・できない」ではなく、最後まで「やる」ことが大切です。

途中で投げ出すなんてことは、もってのほかです。

きちんと責任感を持って物事を成し遂げれば、成果を挙げるだけでなく、周囲の信頼や自分の自信も増えていって、それらはより強固なものになっていくでしょう。

責任感がない人は、周囲の信頼を得られないどころか、責任を人になすりつけたり、面倒なことから逃げ出す癖が身につくなどして、さらに物事に億劫になってしまうでしょう。

自分の成長のため、期間が迫っているため、相手の期待に応えたいため、理由は何でも構いません。

責任感を持って行動することで、メリハリができ、成すべきことが明確になって、より効率良く行動することができるでしょう。

責任感が強ければ強いほど、以下のポイントに当てはまる人が多いでしょう。

頼まれたものは最後までやり遂げる

頼んだ人は、あなたのことを信頼して任せたのです。

そこには、「あの人ならきちんとやってくれる」「あの人になら任せられる」などの安心感や期待が込められているわけです。

なので、あなたはその期待に応える必要があります。

中には、自分のキャパシティー(容量や個人が請け負える能力の度合)を超えるものに直面することもあるでしょう。

そこで「自分には、キャパオーバーだな」などと途方に暮れている場合ではありません。

できないことはできないと言う、これは必要なことではありますが、それではいつまでも自分の殻を破くことはできません。

きちんと最後までやり遂げることで、あなたは責任を果たすと同時に、相手の期待に応えることで大いに成長を遂げることができるでしょう。

部下の責任を自分の責任と言うようなこともある

これは、リーダー気質にも通じるものがあるでしょう。

部下は、上司である先輩からの指導やそれに基づいた経験を経て成長していきます。

上司と部下と言うのは、先輩と後輩だけでなく、親と子供のような関係性とも言えます。

それは、年齢差などの話だけではなく、部下よりも実務経験を多くこなしてきたと言うことです。

よって、部下の失敗や不手際は、部下の指導が至らなかった自分の責任、上司としての自分の管理責任能力の至らなさとして捉えるようです。

なので、部下の責任は上司にも責任があると言うのは一理あると言えるわけです。

部下からしても、自分の失敗の責任を被ってくれた上司に対して申し訳ないと思うと同時に、「挽回しなければ!」と奮起する気持ちも芽生えるはずです。

そこでただ責任を被るだけでなく、部下に対して最適なアドバイスを与えることができると最高ですね。

5.本質を見抜く力を持っている

5個目は、「本質を見抜く力を持っている」です。

これは、見抜く力がある人の代表的な特徴と言えます。

物事を表面的に捉えるのではなく、言葉や態度の裏側に秘められた本質を瞬時に見抜く力があるようです。

数々の言葉や思いに埋もれた本質を見抜く、何だか雲をつかむような話にも聞こえそうです。

が、相手の話しをきちんと聞いて、相手の立場に立って考えると同時に、中立的な立場で冷静に物事を見極めることができればこそではないでしょうか?

「さっきよりも項目が増えて難しい!」と思われたかもしれませんが、それは経験をこなしていくことで得る技と言えるでしょう。

最初から完璧でなくても良いのです。

続けていく中で、徐々に「見抜く力」を習得していけば良いのです。

具体的に言うと、下記の3つのポイントが挙げられます。

物事の裏も理解することができる

上記でも書きましたが、物事を表面的に捉えてしまうだけでは誤解を招いてしまう恐れがあります。

自分側にしても、相手側にしても、本当に伝えたい真意が伝わらないことは心苦しいものです。

誤解の度合によっては、複雑に物事が絡み合ってますます事態を悪化させてしまうことも否定できません。

きちんと物事の裏まで読み解くことができれば、そうした問題を回避することができるでしょう。

それには、物事を深く考えることができることが必要になってきます。

あらゆる可能性を考慮し、それぞれの場合にはどうなるのか、考え付く限りの可能性を見出しましょう。

それを繰り返すことによって、判断スピードと質が高まり、見抜く力に磨きがかかるでしょう。

どういう意味があるかを理解することができる

意味をきちんと理解できていなければ、相手の言葉の真意どころか、会話も成り立ちません。

理解できることもそうですが、理解「しよう」とすることも重要ではないでしょうか?

それは、歩み寄る姿勢がなければできないことです。

会話は相手がいてこそできるもの、自分本位なだけでは相手を置き去りにしてしまい、会話ではなくなってしまいます。

自分の枠の中と言った限定的なところにだけとらわれずに、広い視野で理解をしようとすることで、理解できるようになるでしょう。

そうした自分の努力もさることながら、伝える側にしても、相手が理解しやすいような伝え方をする努力を怠ってはいけません。

相手に理解を求めるのであれば、まずは自分が相手を理解し、相手に胸襟(きょうきん)を開くことが大切です。

先のことも考えるように

会話や物事には、「先」があります。

まるで枝葉のように、様々な方向に幾重(いくえ)にも渡って広がっています。

「今が良ければそれで良い」「後先なんて関係ない」と言うことではありません。

上記にも書きましたが、あらゆる可能性を考え、その先のことについてじっくりと考えを巡らせてみましょう。

「ここまでは言っても良い」「これ以上は踏み込まないようにしよう」などの配慮も必要です。

後先を考えない物言いや行動によって、相手を傷つけたりするなどして、自分の価値を下げることのないようにしましょう。

きちんと先を考える言動や行動を心がけていれば、そうした危険を回避することができ、揺るぎない本質を見抜くことができるでしょう。

6.経験が豊富

6個目は、「経験が豊富」です。

経験は多くするに越したことはありません。

なぜなら、経験によって「こうすれば良い」「あれで失敗したから次はこうしよう」などと、確実性と効率性が高まるからです。

例えば、RPGゲームでも、最初はスキルも少なくて力も弱いですよね?

しかし、敵を倒したり、宝箱から得るアイテムなどによって経験値を高め、主人公や仲間たちは徐々に強くなっていくことができます。

「七転び八起き」とあるように、転んでも起き上がってを繰り返していく中で、自分にとって良い方法を見出していくのでしょう。

そう思えば、転んだり失敗することも、人生においては必要なことと言えます。

それによって、見抜く力の価値を上げるのです。

それは、人生にも通じるものがあると思います。

それは、下記のポイントでも明らかです。

人生様々な経験をするほど見抜く力がついている

上記でも書きましたが、経験値を高めることで、力が強くなっていきます。

よって、見抜く力も同時に身についていきます。

何が肝心で、何が不必要なのか、それが見極められれば、人生をより良い形に作り上げていくことができるでしょう。

良いことも悪いことも、全ての経験があなたの価値をより素晴らしいものにしてくれるでしょう。

「失敗は成功の基」です。

成功だけでなく、失敗からも学ぶことで、悪いことからも何かを見出す力を身につけることは、ひいては自分のためになって、それを周りに還元することもできるわけです。

まさに、「若い時の苦労は買ってでもせよ」ですね。

7.様々な思考をする

7個目は、「様々な思考をする」です。

様々な考え方をすることで、あらゆる可能性を見出すことができます。

つまり、柔軟な考え方をすることができることによって、物事の幅を無限大に広めていくことができると言うことですね。

それは、あなたにとって必要であると同時に、決して悪いことではないはずです。

いろいろな考え方ができることによって、1つの考えが煮詰まった時に、まるでバイパスのように違う道を見つけることができます。

つまり、その都度新たな道を追求していくことができるわけです。

例えば、下記のポイントのような思考はいかがでしょうか?

ラテラルシンキング

ラテラルシンキングとは、直訳しますと「水平思考」と言う意味を表します。

つまり、既成概念や固定観念に捉われない考え方のことを指します。

水平とあるだけに、境界線のない無限大の広さを持つことができると考えられます。

それによって、今までなら考えつかなかった斬新な発想を得ることができるでしょう。

慣習などに縛られた限定的な考えよりも、時代のニーズにあった結論を導き出せるであろう点においては、大きなメリットになるのではないでしょうか?

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングとは、直訳しますと「論理的思考」と言う意味を表します。

つまり、論理的に筋道を立てる考え方のことを指します。

上記のラテラルシンキングとは、対極の考え方と言えますね。

考えの根底に既成概念や固定観念があるため、ある意味無難な考え方を導き出すことができるでしょう。

前例があるからこそ成功の確率がほぼほぼ決定的となり、本人や周囲の人にとっても安心できる結果をもたらすことにつながるでしょう。

8.信頼がある

8個目は、「信頼がある」です。

信頼とは、実績の積み重ねです。

誰に対しても人当たりが良い、率先して物事をこなす、仕事ぶりが丁寧など、人として信頼されることがポイントとなります。

本人としても、人から信頼されることで自信がみなぎって、物事をこなす原動力になるのではないでしょうか?

人に信頼されることで、自分も相手を信頼できる、それで信頼の輪が広がっていくと言う好循環にもつながるでしょう。

中には、信頼の最上級の形として、言葉にしなくてもお互いの言わんとすることがわかると言うこともあります。

そこまで信頼関係が築けたら、とても素敵なことだと言えますね。

見抜く力がある?本質を見抜く力を持つ人は仕事もできる!

上記で、「見抜く力がある人の8個の特徴!物も人も見抜く力がある人は経験をしている?」をご紹介しました。

こちらで挙げた特徴を総合して考えると、「人として達観している」と言うことが言えるのではないでしょうか?

では、なぜ見抜く力があるのか、どのような人に多いのかと言うことも知りたいですよね?

これらも知れば、「見抜く力がある人」の核心まで迫ることができるでしょう。

詳しくは、下記にてご紹介します。

見抜く力があるのはなぜ?

見抜く力があるのは、数々の経験を経てきているからに他なりません。

人生を生きていく中で、何事にも恐れず積極的に挑戦し、結果として楽しいことや苦しいことを経験し、それによって様々な思考を構築していくようです。

経験もある。初めからある訳ではない!

経験は何物にも勝るものです。

ただ見聞きするものより、自分自身で経験することで得る知識やそれによって構成される思考は、自分だけのものです。

それは、良くも悪くも必ず自分のスキルとなります。

「千里の道も一歩より」とあるように、誰でも「初め」から始まります。

見抜く力がある人と言うと、生まれ持った天性の才能のように聞こえて、何だか遠い存在のように感じてしまいそうですが、決してそんなことはありません。

見抜く力がある人は基本的に目上の人に多い

つまり、自分たちよりも長く生きている年長者の人たちのことです。

自分たちよりも先に生まれ、自分たちよりも先に様々な経験をしているからこその賜物と言えます。

しかも、自分たちの時代とは違う時代を生きてきたので、当然今の自分たちとはまた違う経験を乗り越えてきているわけです。

時代が違えば価値観や考え方も違うだけに、自分たちとは違う審美眼などを知ることができるでしょう。

それは、下記のポイントの通りです。

自分自身より長い人生を生きている

「亀の甲より年の劫」と言う言葉があります。

「年長者の経験は豊富であり、貴重なものであるので、尊重するべきである」と言う意味があります。

よって、年長者の方が「人生の経験値」が高いことは明らかです。

長く生きている中で経験してきたことの数や濃度は、多く濃いものと言うことが伺えます。

だからこそ、物事を見極める力が秀でていると言うのも確かでしょう。

目上の人に敬意を払い、尊重する気持ちを持って接することで、見抜く力の真髄に触れることができるでしょう。

経験豊富な人ほど見抜く力が身についている?

何度も書きますが、「経験豊富な人」の方が見抜く力があると言うのは一理あることです。

経験が乏しい人よりも、根拠のある答えを導き出せると言えばそうでしょう。

しかし、だから全ての物事に対して正しい答えを導き出せると言う保証があるわけではありません。

人は、誰しも間違うものです。

経験があるからと言って、それが慣れとなって、判断能力が偏ったりする可能性も無いとは言い切れません。

「温故知新」とあるように、昔のことから学ぶことによって、新しい発想を得ることは大切なことです。

「前の経験から○○!」と決めつけずに、違う可能性を考えることも必要なことと言えます。

本質を見抜けるように人生を送ろう!

以上が、「見抜く力がある人の8個の特徴!本質を見抜く力とは?」を紹介してきましたが、いかがでしたか?

見抜く力がある人と一言で言っても、そこには本人が持つ特徴が大きく関係していることがわかりました。

そこに、年長者であるがゆえの経験値の高さが加わることによって、より見抜く力を高めているようです。

年長者だからこその人生経験の多さや濃密さを超えることは難しくても、特徴を高めることで見抜く力を高めることはできるでしょう。

もしも、こちらで挙げた特徴が自分に当てはまるものがなかったとしても、そこで諦めることはありません。

変わろうとすれば、人はいくらでも変わることができます。

一番共感できる特徴から始めてみるのはいかがでしょうか?

1つの特徴を高めることで、他の特徴もそれにならって高めていくことができます。

物事や人の奥底にある「本質」を見極め、より人生の質を高めていきましょう!

それによって、あなたの人生がより良いものになることを心から祈っています。

見抜く力がある人について、皆さんはどのような印象を持ちますか?

「頭が良い人」、「能ある鷹は爪を隠す」「昼行燈(ひるあんどん)」のような人でしょうか?

いずれにしても、見抜く力がある人は本質を見抜く力を持っていると言えます。

本質さえ見失わなければ、どんな苦難も立ちはだかる壁も乗り越えていくことができるでしょう。

では、「本質を見抜く力」とはどのようなものなのでしょうか?

何だか難しそうで、とてもハードルが高いように感じて萎縮してしまいそうになりそうですが、その必要はありません。

今回は、「見抜く力がある人の8個の特徴!本質を見抜く力とは?」と題しまして、見抜く力がある人の特徴や本質を見抜く力についてご紹介します。

これで、見抜く力がある人についての理解を深め、自身の見抜く力を開花させ、見抜く力を高めるきっかけになれば幸いです。