あなたは自己アピールが得意ですか?

社会人として生活していく中で、自己アピール力はかなり重要な能力の1つと言えますよね。

自己アピールが得意な人は、どんどん大きな仕事を掴んで出世していきますが、自己アピールが下手な人はせっかくのチャンスを逃しがちです。

そんな自己アピールが下手な人の特徴をご紹介していきます。

自分に心当たりがあったなら、アピール上手になるコツを押さえてどんどん自己アピールスキルをアップさせていきましょう。

自己アピールが上手になる9個のコツ

自己アピールが上手になるには、ほんの少しのコツをおさえるだけでそんなに難しい事ではありません。

自己アピールをする時のコツを的確に押さえて、上手に自分の事を発信していきましょう。

1.自分に自信を持つ

自己アピールをする時に最も大切なのは自分に自信を持つ事です。

自分に自信の無い人が、いくら自己アピールをした所であなたの魅力の1割も相手には伝わらない事でしょう。

自己アピールとは自分の良い所や優れている所を相手に紹介する事です。

自分自身が、その長所に自信を持っていなければ嘘をついているのと同じで、相手に何も伝わらないのです。

自信が無いとあたふたしたり上手く話せない

自分に自信を持てていないと、会話というコミュニケーションの時点であたふたしてしまい「頼りない人だなぁ」と相手にとってはマイナスな印象からのスタートになってしまいます。

あなたがいくら特殊な能力や特技をもっていたとしてもマイナスからプラスに持って行くのは至難の業です。

まずは、堂々と人と接する事のできる自信を身に付けましょう。

自信のある人は立ち姿が違う

あなたは人と接する時に自分がどう見えているのか知っていますか?

自分に自信の無い人は視線が足元に落ちて背中が曲がってしまい、口はへの字になっている事が多いです。

その一方で、自分に自信のある人は視線がまっすぐ前を向いていて背筋はピンと伸び、口角は上がっているものなのです。

自信のある人はその立ち姿から全く違い、だからこそ自己アピールを聞く側も自分に自信を持っている人だと最初からプラスのイメージで話を聞けるのです。

自信を持っていると小さな特技も武器になる

人からすれば本当に小さな特技や仕事と何の関係のない特技も、自信を持って自己アピールできればそれだけで相手に好印象を与えるものです。

特に近頃は社会人にも個性や一芸を求める人が多いので、くだらない特技でもそれを自信満々でアピールできる人間性が高く評価される事も少なくありません。

2.メールなどで会話や言葉の順序を立てる意識をする


仕事上でメールを使う場合には、伝えたい事を文字にして可視化できるので考えをしっかりとまとめて相手に伝える事ができますよね。

ここでも、分かり易く丁寧な文章を作れる人は配慮が出来て仕事ができるイメージを持たれやすく自己アピールに繋がるのです。

自分では業務の一環として送っているメールも、それを受け取る人の感じ方次第で高く評価される事を忘れてはいけません。

そんな些細な事が、大きな仕事に繋がる事もありますよ。

まずはメールからでも学ぶことは多い

ひと昔前だと新人の業務はまず電話対応からという会社も多かったですが、最近では一発業務の電話対応よりも添削ができるメール業務の方が新人の業務として研修に用いられる事も増えてきましたよね。

メールからでも学べる事が多く、ビジネスマナーはもちろん、いかに相手に分かりやすく伝えるかという事や、丁寧に見直す事で誤字を無くすという事など事細かな点まであげればキリがない程に学べる事が多いのです。

顔が見えないからこそ人間性をアピールできる

メールを受け取ると、相手の顔が見えない分文章や返信がくるまでの速さなどで相手の事を想像しますよね。

それこそがメールの強みなのです。

メールでコンタクトを取る事で自分のイメージをプラスにアピールする事で、実際に会った時にスムーズにコミュニケーションを取る事ができます。

明るく人懐っこい人が「メールではとても丁寧で細やかな人だから、もっと大人しい雰囲気の人かと思っていた」なんて言われる事も少なくありません。

そんなギャップでさえあなたの魅力として自己アピールの一環になるのです。

3.自分と向き合う

自己アピールを上手にするには、まずしっかりと自分と向き合う必要があります。

自分自身をアピールするには、まず誰よりも自分自身の全てを理解している必要があるのです。

よくあるのが、自分の短所は言えるのに自分の長所となると言葉に詰まってしまう、という人です。

短所ばかりアピールされても、その人の事を魅力的だとは思わないですよね。

自分の良い所も悪い所も十分に理解しているからこそ、相手にとって魅力的な自分のポイントをアピールする事ができるのです。

自分の長所や短所を知る

あなたは自分の長所や短所を理解していますか?

長所や短所というのは、これまでも面接試験の度にでてきた事だと思います。

しかし、それは本当にあなたの長所や短所なのでしょうか?

多くの人が、面接を合格するためだけに自分の長所や短所を挙げてきた事でしょう。

しかし、上辺だけの長所や短所では他人にとって魅力的には映らないものです。

あなた自身が本当に思う、長所や短所を理解し上手にアピールする事であなたが他人にとってこれまで以上に魅力的な存在となる事でしょう。

出来ない事や苦手な事も受け入れる

自己アピールをする時に絶対してはいけないのが、できない事に対して見栄を張り自分を誇張してしまう事です。

これは後々大きなトラブルに発展する事もありますし、何よりも相手からの信頼を大きく損なってしまう事でしょう。

出来ない事や苦手な事がある事も含めて自分である事をアピールしましょう。

何もかも出来る人というのは本当にごく僅かです。

できない事があっても良いのです。

それを出来る様になるための努力ができる自分をアピールできるようになりましょう。

4.普段からたくさんの人と積極的に話す


普段からたくさんの人と積極的に話す事で、あなたのトークスキルは上がり自己アピールする時にも有利に働く事でしょう。

更に、普段から自然とたくさんの人とコミュニケーションを取る事で「あの人はとても気さくな人だ」と好印象をアピールする事ができます。

わざわざ自分から自己アピールをしなくともポジティブなイメージを普段の行動でアピールできている事になりますね。

自分から話しかける勇気が必要

自分から積極的に声をかけるというのは、簡単なように見えて意外と難しいものです。

もしかしたら話しかけて嫌な顔をされるかもしれない、話が盛り上がらないかもしれないという不安要素はいくらでも湧いてくる事でしょう。

そんな不安を乗り越えて、声を掛けられるという事はそれだけでとても大きなアピールポイントになるのです。

自分が会話やコミュニケーションが苦手だという人は、まずは自分から話しかける勇気を持つ事からトレーニングするのも良いかもしれません。

あなたを慕う人が後押しをしてくれる

普段からあなたと会話をしている人は、あなたに好意を持って接してくれている事でしょう。

あなたに良いイメージを持ち、あなたを慕ってくれる人は「この人の事をどう思う?」と聞かれればきっとポジティブなイメージを語ってくれる事でしょう。

自分が自己アピールする以外でもあなたの印象を知ろうとする人が居るかもしれません。

普段のあなたの行動が周りの人を動かし、あなたの自己アピールを見えない所から後押ししてくれる事もあるでしょう。

5.相手に印象を与える

どれだけ高い能力を持っていても優れている人材だったとしても、それだけで選ばれる事はないでしょう。

まずは相手に好まれる印象を与える事ができるかどうかが、選ばれる大きな要因になってくるのです。

自己アピール上手になるには、相手に自分の印象を残す方法をよく知るべきであると言えるでしょう。

見た目を好印象にする

人は初対面の時に、見た目でその印象の7割が判断されると言われています。

第一印象が良く無いと、それだけでマイナススタートとなり自分にとって不利な状態になってしまうのです。

とは言え、第一印象をプラスで作るには生まれ持っての容姿が整っている必要があります。

まずは、マイナスでなければそれで良いのでプラスマイナスゼロ、もしくはプラスになつ事を目標としましょう。

身だしなみを清潔にして、姿勢を整え、笑顔を浮かべる、これだけで印象がマイナスになってしまう事はまず無いでしょう。

相手が興味や関心を持ってくれるようなギャップ

見た目で第一印象をコントロールしたなら、次は相手があなたについつい興味をもってしまうようなギャップをアピールしましょう。

真面目な見た目に反して人懐っこく相手の心を開きやすい。

清楚に見えるけれども男勝りな趣味を持っている。

など、相手がついついもっとあなたの事を知りたいと思う情報を小出しにしていくことで、相手はあなたの事が気になって仕方なくなってしまうのです。

6.何度も繰り返してアピールの練習をしておく

自己アピールが上手な人というのは、普段と変わらない様子でただ話をしているだけに見えます。

ですが、実は何度も何度も繰り返し練習している人が少なくないのです。

「こんな質問をされたら?」「こんな事を聞かれたら?」と様々なパターンを何度も練習しているからこそ、突拍子のない質問をされても柔軟に応える事ができます。

そして、自分自身の事をしっかりとアピールする余裕が生まれるのです。

柔軟な会話やその後のやり取りにはコミュニケーション能力は不可欠!

人とやり取りをする時には、様々な情報が行き交っています。

それをしっかりとキャッチして相手の求めている答えを返す事が上手なコミュニケーションの取り方なのですが、それは実はとても高度なスキルなのです。

自己アピールをする時には、自分の印象操作や長所のアピールに目がいきがちなのが、基本のコミュニケーション能力がないとまず会話が成り立たなくなる事を理解しておく必要がありますね。

練習する事が自信に繋がる

練習する事自体、想定した質問が来なければ無意味なものになるかもしれません。

しかし、しっかりと練習をしたという事実は「これだけやったんだから本番でも大丈夫」という自信をあなたに植え付けてくれるのです。

何度も繰り返し練習する事でしっかりと自信を持つという意味合いがある事も忘れてはいけません。

7.考えるのはやめる

自己アピールをする時には、色々な事を難しく考えてしまいがちです。

相手が何の気無しに放った言葉でも、その意味を深読みし過ぎてしまい相手からすれば突拍子もない返答をしてしまった経験のある人は少なくないのではないでしょうか?

自己アピールする相手によっては、自分自身も深く考える事をやめて掛けられた言葉を素直に受け取る方が良い場合もあるのです。

自分の言葉と感覚でアピールしてみる

あまり深く考えずに自分の言葉と感覚でアピールすると、よりあなたの人間性を理解して貰える事でしょう。

特に、スキルよりも人間性を重視されるような場なら参考書に載っているようなありきたりな言葉よりも、あなた自身の感性で答えた言葉の方が相手にはより深く伝わる事でしょう。

素直な自分をアピールする

緊張しやすい人や、物事を深く考えがちな人は自己アピールの際に物事を複雑に考えすぎてしまって自分の人間性をアピールできない失敗をしてしまいがちです。

何も感が無い事は、とても不安に感じる事かもしれませんが「素直な自分をアピールする」と捉えてみるのはどうでしょうか?

素直な自分をアピールするために物事を深く考えないようにすれば、もっとあなたの魅力が伝わるかもしれません。

8.失敗してもいいことを知る

自己アピールをする際に、あなたは絶対に失敗してはいけないと緊張していませんか?もちろん失敗しないのなら、それに越した事はないでしょう。

しかし、失敗してしまう事を意識し過ぎてしまうと本来のあなたの魅力をアピールできない程に保守的になってしまったり、緊張してしまう事があります。

失敗しない事よりもあなたの魅力を100%伝える事を意識するのが自己アピールを上手にするコツなのです。

失敗を恐れて言葉を用意すると自分の言葉ではなくなる

面接などでは、模範解答を集めた参考書なども発行されていますよね。

「こういった質問には、こう答えるのが良い」と答えが載っているので、参考書をしっかりと暗記しておけば失敗はしないかもしれません。

しかし、それは本当のあなたをアピールできているのでしょうか?

相手が求めているのは量産された答えを回答するロボットなのでしょうか?

万が一、参考書と同じ答えを言う場面でも、失敗を恐れて丸暗記した台詞を答えるよりも、失敗しても良いので自分の言葉で自分の感情を交えて答える方が相手には強い印象を与える事ができるでしょう。

量産された答え程つまらないものはない

特に近頃の傾向として失敗しないための対策をとる人がとても多いのが現状です。

しかし、自己アピールを受ける側からすると何の人間性も感じない量産された模範解答ほどつまらないものはないのです。

噛んでも良いし、言い間違えても良いから人間味溢れるあなた自身の言葉を聞きたいと思っている人は多い筈です。

9.たくさん経験する

自己アピールも経験を重ねる事で上手になっていくものです。

自己アピールをする場に積極的に足を運んで何度も経験する事で「こう言った方が良かったかも」「こっちの方が魅力的かな?」など自己アピールのコツが掴めてくる筈です。

自己アピールが好きだという人はあまり居ないかもしれませんが、積極的に自分をアピールする経験を積む事で、あなたを最大限に魅力的に伝える事ができるようになりますよ。

人前に立つことや話す機会が多いほど良い

人前に立つことや、他人と話す機会が多い程自己アピールの練習となります。

人前に立って何かをする事で、緊張しにくくなったり人に分かり易く伝えるというスキルが磨かれる事でしょう。

自己アピールが苦手という人は前に立つ事を苦手とする事が多いですが、これも練習と割り切って積極的に前に立つようにしてみると良いでしょう。

自己啓発セミナーに行く

自分を良く知り、考え方を変えたりするという意味では自己啓発セミナーなどに行くのもおすすめです。

あなたが今まで考えもしなかった事を発信している人はたくさんいます、そういった自分とは違う価値観に触れるという経験をする事であなたはもっと魅力的な人間になる事でしょう。

自己アピールが下手な人の特徴

どちらかと言えば自己アピールをするのが苦手だという人は多いのではないでしょうか?

日本人の控えめな国民性を考えると、自己アピールは日本人の最も苦手っとする分野かもしれません。

そんな自己アピールが下手な人の特徴をご紹介していきます。

コミュニケーションを取るのが苦手

自己アピールが苦手な人は、コミュニケーションを取るのが苦手な人が多いですね。

会話のキャッチボールが苦手で、間が出来てしまうとどうして良いのかわからなくなり頭が真っ白になってしまう人も少なくないでしょう。

人と交わる上でコミュニケーションはなくてはならないスキルと言っても過言ではないのです。

1人では上手く喋れるが相手がいると会話がうまくできない

コミュニケーションを取るのが苦手で自己アピールが下手な人の中には、自分が主体的に話している時には上手く喋れるのにも関わらず、相手ができた途端に会話がうまくできなくなるという人がいます。

自分からの発信は上手なのに、相手からの言葉を受け取ってそれに対して返答するというのが苦手で、予想していなかった言葉が返ってくると一気にパニックいなってしまうという人も少なくないですね。

言葉の順序をすぐに立てれない

自己アピールが下手な人の中には、頭の中では色々な事を考えているのにそれを順序立てて組み立てる事が出来ずに、しどろもどろの状態になってしまうという人が少なくありません。

答えとして正解の回答が頭に浮かんでいたにも関わらず、それを上手く伝えられないという事はとてもストレスを感じますよね。

ストレスを感じる事からますます自己アピールに苦手意識を持ってしまうのです。

伝えたいことが上手く伝わらない

頭の中の考えを順序良く組み立てられないという事は、自分の伝えたいことを上手く伝えられないという事でもあります。

自分が一番伝えたいと思っていることを適確な言葉に変換する事が出来ずに、自分の意図した考えと違う受け取られ方をしてしまう事もあるでしょう。

自分の伝えたいことを上手に伝えられないことで、相手に勘違いを生んでしまうことも少なくありません。

言いたいことがはっきり言えない

自己アピールが下手な人の多くは、自分の言いたいことがはっきり言えないのです。

本当はこう言いたいと思っていることがあっても、それを言うことで相手はどう思うのか?誰か不利益を被る人はいないのか?

自分はどんな風に思われてしまうのか?

と気にしなくても良いことまで気にしてしまうことから言いたいことをはっきり言えなくなっている人も多いですね。

自分の意見を言えない

言いたいことがはっきり言えなくて自己アピールが苦手な人の中には、自分の意見を言えないという人も多いですね。

自分の意見に自信を持てない、という事でもあり人の意見に乗っかってしまう楽さに逃げてしまうのです。

また、自分の意見を言う事でその責任を抱えてしまうプレッシャーに恐怖を感じてしまうという人も居ますね。

人を前にすると緊張する

自己アピールが苦手な人で一番多いのが、人を前にすると緊張してしまうタイプの人です。

練習や模擬面接などでは上手に自己アピールできるにも関らず、本番になると緊張から頭が真っ白になってしまい用意した答えしか答えられなくなるのです。

緊張して伝えられない

人を前にすると緊張してしまい自己アピールが下手な人の多くは、緊張し過ぎるあまり自分の伝えたい事を伝えられないという経験をしている事でしょう。

緊張のあまり何も考えられなくなり、声が出なくなるという人も居ます。

こればっかりは場数を踏んで慣れていくしかなく改善が最も難しい事でもありますね。

自分のことを分かっていない

コミュニケーションにも会話にも全く問題が無いにも関わらず、自己アピールが下手な人は自分のことを分かっていないのかもしれません。

自分自身の事をしっかりと理解していないので自己アピールしている内容が頓珍漢になってしまい相手に上手に伝わらないのです。

自分の長所や短所を理解しきれていない

自分のことがわかっておらず自己アピールが下手な人は自分の長所や短所を理解しきれていない場合が多いですね。

自分が長所だと思ってアピールしている事が、相手にとっては短所に受け取れる内容であったりと自分の魅力を自分で分かっていないのでアピールする内容が上手く相手に伝わらないのです。

自己アピールの強い味方!長所と短所を上手に見つけよう

自己アピールするのに長所と短所は欠かせません。

あなたは長所と短所をしっかりと理解できていますか?自己アピールする際に強みとなる長所と短所の見つけ方をご紹介していきます。

紙に書き出す

まずは自分の特徴を全て紙に書き出して可視化してみましょう。

得意な事、苦手な事、性格、経験など何でも構いません。

全て紙に書き出した後にそれを長所と短所に振り分けていくと自分の事が良く見えてくる筈です。

自己アピールに拘って考えなくても良い

自分の特徴などを紙に書き出していくと「これは自己アピールには関係ないからいいか」と自分の判断で紙に書く前に省いてしまう事があります。

しかし、それこそがあなた自身ですら気付いていない魅力なのかもしれません。

自己アピールに拘る事なく、自分の特徴や性格などを書き出す事で新たな自分の長所や短所が見えてくるかもしれませんよ。

自分の事をよく知る人に聞く

親や兄妹、仲の良い友達などに自分の長所や短所を聞いてみるのも良いでしょう。

第三者からの目線である事で、自分の知らなかった自分の長所や短所が見えてくるかもしれません。

お世辞や謙遜無しで、素直に自分の事を評価してくれる人に聞いてみるのがポイントです。

自分も相手の長所や短所を言える人にお願いする

中途半端に親しい人に、長所や短所を聞いてしまうと、気を使われてしまったり言葉を濁してしまわれたりする事もあるかもしれません。

それでは自分の長所や短所を見つけられない所か、自分の長所や短所を勘違いしてしまう事もあるかもしれません。

自分自身も相手のtっ要所や短所をお世辞や謙遜なく伝える事ができる位の間柄の人にお願いするのが良いですね。

自分の理想とする長所を挙げてそれに近付けるようにする

いっそのこと自分が理想とする長所を挙げて、自分自身を変えていくのも有りですね。

こんな長所だと印象が良いだろうと、思う事に自分自身の性格や特徴を寄せていくのです。

例えば長所を「社交的」にしたいのならば、人に積極的に声をかけてコミュニケーションをとるように心がけましょう。

理想の自分になるように行動する事で、自分自身が良い方向に変わる事も多いですよ。

短所が多い時には治す

自分自身にとっての短所が多いな、と感じた時には治すべき点であると理解して改善する努力をしましょう。

そうする事で、短所だったものが改善されて長所に変わってしまうという事もありますよ。

自己アピール下手な人におすすめな練習方法

自己アピール下手を何とか改善したいと思っている人におすすめな練習方法をご紹介します。

この練習をする事で、自己アピールスキルがアップするかもしれませんよ。

合コンに参加する

自己アピールの練習として最適なのが、合コンです。

複数人での会話の中で、素早く情報を理解して場の雰囲気を悪くしてしまわないような返答を選ぶ会話スキル、相手に自分の魅力を伝えて好意を持って貰うスキルなど、合コンでは自己アピールに必要なスキルを全て駆使する必要があります。

更に、合コンで連絡先を交換する事ができてば自己アピール成功として合否をつける事ができるので、自分での判断も分かり易いですよ。

お年寄りと話す

緊張しやすい性格が災いして自己アピールが苦手な人は、お年寄りと話す事から始めてみてはどうでしょか?

テンポがゆっくりなので、自分の話したい事を整理する時間に余裕を持てます。

お年寄りとの会話はいかに相手に分かりやすく説明をするかという事が重要になってきます。

自分のお爺ちゃんやお婆ちゃんと話している気分で緊張せずに会話の練習ができますよ。

老人会主催のイベントに参加したりボランティアで老人ホームの慰問をするのも良いですね。

ネットで友達を作る

いきなり対人だと上手くいかないという人はネットで友達を作ってみましょう。

自分をアピールする文章を作る事で自分の長所や短所が見えてくる事でしょう。

メールなどでのやりとりになれば考えをまとめる余裕もあるので、しっかりと自分自身と向き合う事ができますよ。

団体競技のスポーツをする

団体競技のスポーツでは、自己アピールが必要不可欠になります。

自分をアピールする事でチームの勝敗に関わってくるので、苦手だろうがせざるを得ない状況になりますよね。

また、スポーツをしているという事で物事を複雑に考える余裕がなくありのままの自分を出す感覚がよく分かるようになるでしょう。

バスケットボールやフットサルなどの社会人でも始めやすいスポーツがおすすめですよ。

自分の自己アピールを録画する

自分で自己アピールの練習をする時には、スマートフォンなどで良いので自分の素型が全部映るように録画しましょう。

自己アピールしている時の話の内容はもちろん、話している時の姿勢や目線、声のトーンなど様々な面からチェックする事で改善点が見えてきますよ。

自己アピールセミナーに参加する

ビジネスにおいて今、自己アピールはとても重要視されています。

そのため自己アピール力を強化するためのセミナーなども多く開催されているのです。

ビジネスのプロによって立ち振る舞いから、話す内容まで全てをチェックして改善して貰えるので成果をとてもかんじやすいでしょう。

1回きりのものから合宿をして勉強するものまで様々な特性を持ったセミナーがあるので自分の希望を踏まえて選んでみましょう。

まとめ

社会人として生きて行くにあたって自己アピールが得意だと、それだけであなたの強い武器になります。

自己アピールが下手な人は、上手になるコツをしっかりとおさえて自己アピールスキルをアップさせましょう。

あなたの魅力を伝える事で、あなた自身に新しい道が開けるかもしれませんよ。