CoCoSiA(ココシア)

心地よく過ごすために心がけたい8個のこと


波乱万丈な人生はスリルがありますが、あまりにも波があると心が疲れてしまいますよね。

それよりは、平凡でも心地よく人生を過ごせるほうが、気楽ですし穏やかで良いと思う人は多いでしょう。

ですが、誰にでも疲れてしまう時や、イライラしてしまう時はあるもの。

そんな時にはどんな風に過ごせば、心穏やかになれるのでしょうか?心地よく過ごすために心がけたいことを詳しくご紹介していきます!

この記事の目次

心地よく過ごすために心がけたい8個のこと!皆さんはどの様に気をつけていますか?

あなたは普段、自分が心地よく過ごすためにどんなことに気をつけていますか?

心地よく過ごすためには、できるだけイライラやストレスを感じないようにするのが一番ですが、どんなに気を付けていても、時にはストレスが溜まってしまいますよね。

生きていれば少なからずストレスは感じてしまうものですので、それを溜め込まないように、適度に発散させることができれば、心穏やかな時間を常にキープすることもできるでしょう。

そのためには、常に自分が「心地よく過ごしたい」という気持ちを持つことが大切ですし、実際にそのためにあらゆる行動をとる必要があります。

その行動や方法にはどんなものがあるのかを、いくつかご紹介していきます。

「心地よく過ごしたい!でも中々それができない・・」という人は、ぜひこれからご紹介する方法を試してみてください。

少しは気持ちが晴れるかもしれませんよ。

1.ストレスを溜め込まない


よく「○○でストレスフリーな生活を!」という謳い文句を目にすることがありますが、人は毎日生きているだけで、多少なりともストレスを感じています。

たくさんお金があり、悠々自適で遊んで暮らせるような生活を送っている人でも、些細なストレスを感じる瞬間があるくらいですので、集団社会の中で日々生きている私たちのストレスは一体どれほどのものなのでしょうか。

きっと想像しても追いつかないほどに、毎日いろんなことでストレスを感じているのでしょう。

車の運転中や、誰かが場を乱した時にはついイライラしてしまいますし、人から傷つくことを言われたら悲しくなってしまいます。

辛いことがあればそれがトラウマとなって、幸せな生活の中でもふとそれがフラッシュバックしたことによって、瞬間的に強いストレスを感じることもあるでしょう。

そんな風に、誰でもストレスは感じるものですが、できるだけそれを溜め込まないようにすることで、心地よく日々を過ごせるようになります。

ストレスは心身の健康を害しますが、それは言い換えればストレスさえ発散できていれば、心身は健康でいられるということです。

自分が心地よく過ごすためにも、心がモヤッとした時にはきちんとストレス発散を行いましょう。

適度なストレス解消を

心地よく日々を送るためには、適度なストレス解消が必要です。

人によってその方法はさまざまですが、一般的には好きなことをしたり、運動をしたり、何もしない時間を作ったりするのが効果的とされています。

イライラしている時でも、自分の好きなことを始めればいつの間にかそれに熱中して、終わった後にはイライラもスッキリ解消できていることがよくありますし、運動して体を動かすことで、汗をかいて気分爽快になれることも多いです。

また、心がモヤモヤした時にはいっそのこと何もかもやるのを止めてしまって、一旦自分の心身を休憩させるという方法もあります。

何もせず、ぼんやりと過ごすことで頭の中をクリアにさせることができますので、気持ちが落ち着いたら冷静に物事を考えられるようになるでしょう。

他にも読書をしたり、アロマを嗅いでリラックスしたり、友達や家族に話を聞いてもらったりと、たくさんのストレス解消方法があります。

思いついた方法から試してみて、自分なりのストレス解消方法を見つけ出しましょう!

ストレスがあるとイライラして色んなミスが増える!

ストレスは誰でも感じてしまうものですが、あまり溜め込み過ぎると、情緒不安定に陥ったり、精神面だけでなく体調も悪化してしまったりします。

そうなっては病院のお世話になってしまうこともありますので、ストレスが重症化しない内に、ストレス解消を行った方がいいでしょう。

人はストレスを感じると、少なからず心が乱れ、ピリピリイライラとしやすくなります。

車を運転中に、急いでいるのに信号で捕まると「とっとと信号変われよ」と仕方のないことで気が昂ってしまったり、喋っている相手の言動でイラっとして思わず刺々しい態度になってしまったりと、誰もが心に余裕がない時には、気持ちが乱れてしまいやすくなります。

そして気持ちに余裕がなくなると、言動や行動が荒々しく雑になってしまうため、人間関係にヒビが入ってしまったり、仕事でミスを頻発してしまったりします。

まさに負の悪循環に陥ってしまうため、ストレスは溜め込まずに発散することが大切です。

2.欲しいものを我慢しない

子どもの頃は、欲しいものがあると親にダメだと言われても、駄々をこねたりわがままを言ったりして、どうにか手に入れていたという人もいるでしょう。

わがままを言ったり、強引にでも欲しいものを手に入れようとしたりするのは子どもがよくすることですので、大人になればそうした自分勝手でわがままな行動は自然と慎むようになる人が多いです。

自分の思うままに振る舞うのは、いい大人としてみっともないとする考え方が世間一般的ですので、欲しいものがあってもそれを堂々と主張できなかったり、つい我慢してしまったりすることがあるという人も、少なくはないでしょう。

しかし、欲しいものを我慢することによってストレスが溜まったり、自分が「我慢させられている」といった束縛感を感じたりすることがありますので、精神面で負担になってしまうことが多いです。

自ら我慢を強いてストレスを溜め込んでしまうよりは、欲しいものを我慢せずに、時には思うままにそれを求めることも必要でしょう。

もちろん周りの人たちに迷惑をかけないなど、最低限の気遣いは必要ですが、自分が欲しいものを得ることで誰に迷惑をかけるわけでもないのなら、我慢せずに欲しいものは欲しいと主張して求めましょう。

自分が欲しいものを得ることによって、きっと心地よい気分で過ごすことができるでしょう。

欲しいものを買うようにしている人は心地よく過ごしている

欲しいものがある時に、大抵の人はお金を貯めてそれを買い求めようとします。

生活が苦しければ「欲しくても買っている余裕はない」と我慢せざるを得ない時もありますが、それがもしどうしても心の底から欲しいものであれば、いつまでも我慢し続けることでストレスに感じてしまうこともあるでしょう。

どんなに現状が厳しくても、時々は自分への見返りやご褒美を与えてあげることができれば、欲しいものを手に入れた時には嬉しくてそれまでのストレスは吹き飛んでしまいますし、また心地よく過ごすことできるでしょう。

自分で心地よく過ごす方法をよく知っている人は、こうして定期的に自分へのご褒美を与えていることが多いです。