波乱万丈な人生はスリルがありますが、あまりにも波があると心が疲れてしまいますよね。

それよりは、平凡でも心地よく人生を過ごせるほうが、気楽ですし穏やかで良いと思う人は多いでしょう。

ですが、誰にでも疲れてしまう時や、イライラしてしまう時はあるもの。

そんな時にはどんな風に過ごせば、心穏やかになれるのでしょうか?心地よく過ごすために心がけたいことを詳しくご紹介していきます!

心地よく過ごすために心がけたい8個のこと!皆さんはどの様に気をつけていますか?

あなたは普段、自分が心地よく過ごすためにどんなことに気をつけていますか?

心地よく過ごすためには、できるだけイライラやストレスを感じないようにするのが一番ですが、どんなに気を付けていても、時にはストレスが溜まってしまいますよね。

生きていれば少なからずストレスは感じてしまうものですので、それを溜め込まないように、適度に発散させることができれば、心穏やかな時間を常にキープすることもできるでしょう。

そのためには、常に自分が「心地よく過ごしたい」という気持ちを持つことが大切ですし、実際にそのためにあらゆる行動をとる必要があります。

その行動や方法にはどんなものがあるのかを、いくつかご紹介していきます。

「心地よく過ごしたい!でも中々それができない・・」という人は、ぜひこれからご紹介する方法を試してみてください。

少しは気持ちが晴れるかもしれませんよ。

1.ストレスを溜め込まない


よく「○○でストレスフリーな生活を!」という謳い文句を目にすることがありますが、人は毎日生きているだけで、多少なりともストレスを感じています。

たくさんお金があり、悠々自適で遊んで暮らせるような生活を送っている人でも、些細なストレスを感じる瞬間があるくらいですので、集団社会の中で日々生きている私たちのストレスは一体どれほどのものなのでしょうか。

きっと想像しても追いつかないほどに、毎日いろんなことでストレスを感じているのでしょう。

車の運転中や、誰かが場を乱した時にはついイライラしてしまいますし、人から傷つくことを言われたら悲しくなってしまいます。

辛いことがあればそれがトラウマとなって、幸せな生活の中でもふとそれがフラッシュバックしたことによって、瞬間的に強いストレスを感じることもあるでしょう。

そんな風に、誰でもストレスは感じるものですが、できるだけそれを溜め込まないようにすることで、心地よく日々を過ごせるようになります。

ストレスは心身の健康を害しますが、それは言い換えればストレスさえ発散できていれば、心身は健康でいられるということです。

自分が心地よく過ごすためにも、心がモヤッとした時にはきちんとストレス発散を行いましょう。

適度なストレス解消を

心地よく日々を送るためには、適度なストレス解消が必要です。

人によってその方法はさまざまですが、一般的には好きなことをしたり、運動をしたり、何もしない時間を作ったりするのが効果的とされています。

イライラしている時でも、自分の好きなことを始めればいつの間にかそれに熱中して、終わった後にはイライラもスッキリ解消できていることがよくありますし、運動して体を動かすことで、汗をかいて気分爽快になれることも多いです。

また、心がモヤモヤした時にはいっそのこと何もかもやるのを止めてしまって、一旦自分の心身を休憩させるという方法もあります。

何もせず、ぼんやりと過ごすことで頭の中をクリアにさせることができますので、気持ちが落ち着いたら冷静に物事を考えられるようになるでしょう。

他にも読書をしたり、アロマを嗅いでリラックスしたり、友達や家族に話を聞いてもらったりと、たくさんのストレス解消方法があります。

思いついた方法から試してみて、自分なりのストレス解消方法を見つけ出しましょう!

ストレスがあるとイライラして色んなミスが増える!

ストレスは誰でも感じてしまうものですが、あまり溜め込み過ぎると、情緒不安定に陥ったり、精神面だけでなく体調も悪化してしまったりします。

そうなっては病院のお世話になってしまうこともありますので、ストレスが重症化しない内に、ストレス解消を行った方がいいでしょう。

人はストレスを感じると、少なからず心が乱れ、ピリピリイライラとしやすくなります。

車を運転中に、急いでいるのに信号で捕まると「とっとと信号変われよ」と仕方のないことで気が昂ってしまったり、喋っている相手の言動でイラっとして思わず刺々しい態度になってしまったりと、誰もが心に余裕がない時には、気持ちが乱れてしまいやすくなります。

そして気持ちに余裕がなくなると、言動や行動が荒々しく雑になってしまうため、人間関係にヒビが入ってしまったり、仕事でミスを頻発してしまったりします。

まさに負の悪循環に陥ってしまうため、ストレスは溜め込まずに発散することが大切です。

2.欲しいものを我慢しない

子どもの頃は、欲しいものがあると親にダメだと言われても、駄々をこねたりわがままを言ったりして、どうにか手に入れていたという人もいるでしょう。

わがままを言ったり、強引にでも欲しいものを手に入れようとしたりするのは子どもがよくすることですので、大人になればそうした自分勝手でわがままな行動は自然と慎むようになる人が多いです。

自分の思うままに振る舞うのは、いい大人としてみっともないとする考え方が世間一般的ですので、欲しいものがあってもそれを堂々と主張できなかったり、つい我慢してしまったりすることがあるという人も、少なくはないでしょう。

しかし、欲しいものを我慢することによってストレスが溜まったり、自分が「我慢させられている」といった束縛感を感じたりすることがありますので、精神面で負担になってしまうことが多いです。

自ら我慢を強いてストレスを溜め込んでしまうよりは、欲しいものを我慢せずに、時には思うままにそれを求めることも必要でしょう。

もちろん周りの人たちに迷惑をかけないなど、最低限の気遣いは必要ですが、自分が欲しいものを得ることで誰に迷惑をかけるわけでもないのなら、我慢せずに欲しいものは欲しいと主張して求めましょう。

自分が欲しいものを得ることによって、きっと心地よい気分で過ごすことができるでしょう。

欲しいものを買うようにしている人は心地よく過ごしている

欲しいものがある時に、大抵の人はお金を貯めてそれを買い求めようとします。

生活が苦しければ「欲しくても買っている余裕はない」と我慢せざるを得ない時もありますが、それがもしどうしても心の底から欲しいものであれば、いつまでも我慢し続けることでストレスに感じてしまうこともあるでしょう。

どんなに現状が厳しくても、時々は自分への見返りやご褒美を与えてあげることができれば、欲しいものを手に入れた時には嬉しくてそれまでのストレスは吹き飛んでしまいますし、また心地よく過ごすことできるでしょう。

自分で心地よく過ごす方法をよく知っている人は、こうして定期的に自分へのご褒美を与えていることが多いです。

3.運動をする

体の健康を保っている人は、体と同時に心の健康も保てていることが多いです。

体と心とはそれだけ深く関わり合っているため、どちらかが不健康になると、もう片方もつられるように不健康になってしまうことがよくあります。

うつ病のような精神病を患っている人は、常に無気力感や倦怠感に襲われているため、自ら立ち上がって体を動かそうという気持ちにはなれません。

そして体が不健康になることで、より精神的にも落ち込んでしまうことが多いのです。

心身の健康を保つことで日々を心地よく過ごすことができるため、どんなに忙しくても適度な運動を心がけましょう。

運動といっても、何も激しいものをする必要はありません。

運動が苦手な人は毎日ストレッチをするなど、全身を軽く解すだけでも効果はきちんと得られます。

また、わざわざジムに行かなくても、家事を全力で行えばそれなりにいい運動にもなるでしょう。

もちろん運動が得意な人は、休みにスポーツを楽しむなり、日々の自主トレに励むなりしてもいいでしょう。

体を動かして汗をかくことで、気持ちがスッキリとしてその後を心地よく過ごせることでしょう。

毎朝にジョギングやランニングなど


朝少しでも時間がとれる人は、30分だけでもいいのでジョギングやランニングをすると、朝からスッキリと爽やかな気持ちで一日を送れるようになるでしょう。

走り始めた時には眠い目をこすっていても、家に帰る頃には体も頭もしっかりと覚醒していますので、起き抜けで慌しく準備をして仕事に出かけるよりも、余裕を持って明るい気持ちで一日を始められるという人も多いです。

また、朝から体を動かすためにも否応なしに早起きをするので、シャワーを浴びたり身支度をしっかりと整えたり、忘れ物の確認をしたりと、家を出るまでに十分に時間をかけて身支度を整えることもできます。

人によってはメイクのノリが悪かったり、髪型が決まらなかったりすることで朝からテンションが低くなり、仕事に行くのが憂鬱になってしまうこともありますので、朝からきちんと身支度を整えられれば、それだけ気持ち良く家を出られることでしょう。

4.規則正しい生活を送る

毎日を心地よく過ごすためには、常に精神を安定させておく必要があります。

とはいえ、些細な出来事でイライラしたり、ストレスを感じたりすることは多いため、その都度ストレス発散をする必要があるでしょう。

人は他人や周りの言動によって、たやすくストレスを感じてしまう生き物ですので、余計なストレスを感じないためにも、日頃から規則正しく健康的な生活を送るように心がけましょう。

規則正しい生活を送ることは、そう難しいことではありません。

できるだけ早寝早起きを心がけたり、三食きちんとバランス良く食べたり、適度な運動をしてさえいれば、少なくとも不健康になることはありません。

仕事が忙しくて寝る時間が遅くなったり、決まった時間に食事がとれなかったりした時でも、ダラダラと余所事をやらずに寝られるタイミングでしっかりと睡眠を摂るように心がけ、食べられるタイミングで少しでも食べるようにすれば、そこまで生活習慣が乱れることはありません。

要するに、自分の心がけ1つで規則正しい生活が送れますので、「心地よく過ごすためにも健康的な生活を送ろう」と常に意識して毎日を過ごすようにしましょう。

生活習慣に気を遣っている

生活習慣は、放っておけば乱れますし、毎日きちんと意識していれば乱れることはありません。

自分のことを大切にせず、だらけた生活ばかり送っていると、気付いた時には病気が手遅れの状態まで進行している可能性もあります。

病気になってから後悔したところで遅いですし、きちんと健康的な生活が送れるようになるまでには、時間もお金もかかってしまうでしょう。

一方で、生活習慣に気を遣って日々を過ごしておけば、病気になることもないため時間がとられることもお金がかかることもなくて済みます。

日頃のちょっとした心がけや行動一つで、何十年と健康で心地よい生活が送れるようになりますので、最も身近な生活習慣から気を配るようにしましょう。

病気になることが少ない!

規則正しい生活を送っていれば、病気になるリスクを大きく減らすことができます。

健康的な生活を心がけたところで、病気や事故に遭ってしまう時には遭ってしまいますが、それでも不要な病気のリスクを減らすことはできるでしょう。

自堕落な生活を送っていると、生活習慣病になるだけでなく、肝臓や腎臓病、心筋梗塞や糖尿病といったさまざまな病気になる可能性が高まりますので、いつまでも健康的で元気な生活を送りたいと思う人は、日々の生活から健康的に送れるように意識しましょう。

5.毎日の習慣を作る

あなたには、決まった毎日の習慣がありますか?毎日の習慣がある人は、日々を規則正しく送っていますので、大きな変化こそないものの、安定した心地良い過ごし方ができるでしょう。

刺激を求めている人にとっては、毎日同じような習慣では代わり映えがなく、退屈に思えてしまうかもしれません。

しかし、刺激に疲れてしまった時には、誰もが安定や平穏、心地よさを望むものですので、波乱万丈の日々よりは、心地よい日々を望む人の方が多いでしょう。

毎日の習慣と言っても、何も難しいことではありません。

朝は何時ごろに起きて、夜は何時ごろに眠るという、大体の同じ時間帯で生活を送ればいいのです。

仕事が忙しければ夜遅くなる日もありますが、そうでない日の過ごし方を自分なりに習慣を作ることで、心の安定を得られるようになります。

起床時間や就寝時間だけでなく、時間はずれても三食きちんと食べることなどを徹底して習慣づけることで、それが当たり前となり、ストレスのない心地良い過ごし方ができるでしょう。

毎日の習慣は調子を保つことができる

毎日同じような生活習慣を送っていると、刺激はあまりないですし、日々大きな変化というものも訪れないことが多いため、つまらなく感じてしまう人もいるでしょう。

しかし、心身の健康を保つ上では、不規則な生活を送るよりも、決まった毎日を過ごしていた方が自分自身のためになります。

毎日決まった生活を送っていると、それだけ精神状態は安定しますし、また体調も崩し難くなります。

時々、旅行や留学などで遠方へ出かけている時でも、家にいる時とまったく同じ過ごし方をしようとする人がいますが、そうしたマイペースさを持っている人の方が、案外非日常の中でも安定した精神状態でいられることが多いです。

例えば家に友達が泊まりに来た日であっても、早朝いつも通りランニングに出かけたり、海外旅行に出かけている時でも、毎晩30分やっているストレッチをホテルで行ったりと、決まったルーティンを崩さない人の方が、いつもとは違う場所でもいつもと同じ調子を保つことができます。

毎日の習慣はそれだけ自身の心身に影響を与えますので、自分なりの決まった習慣を保つことは大切です。

6.我慢をしない

子どもの頃は、何でも自分の思う通りにわがままに振る舞っていた人も、大人になればある程度は我慢を覚えます。

自己主張を抑えるべきところでは、何か言いたくても我慢したり、欲しいものがあっても家計を気にして我慢したりと、大人になればなるほど、我慢する機会が増えてしまうという人は多いでしょう。

何かを我慢するということは、己を律するということですので、その行動は素晴らしいものと考えられていますが、あまり我慢し過ぎてしまっても、自分自身の心にストレスが生まれてしまいます。

我慢し続けるということは、どんなに頑張っても何のご褒美も賛辞ももらえない状態と同じようなものですので、我慢したところで得られるものがなければストレスで無気力になってしまったり、捻くれた考えになってしまったりします。

心は明るく豊かになることで、心地よい気分も生まれます。

心の豊かさを保つためには、我慢し過ぎるよりも、適度に自分のわがままに従った方がいいでしょう。

周りの迷惑にならない程度で、自分の欲しいものを手に入れたり、自己主張したりして、自分に正直に行動しましょう。

無理をしない

何もかも我慢し過ぎる生活を送っていると、自分でも気付かない内に心に無理をさせてしまいます。

そして無意識の内に、自分の心が「強いられている」「縛られている」といった窮屈な気持ちに陥り、どんどん気力がなくなってしまったり、落ち込みやすくなってしまったりします。

どんなものでも我慢した結果、その先に得られるものさえあれば、我慢した苦労も報われるというものです。

しかし、ただ一方的に我慢を強いられるだけで、その先に何一つ得られるものがなかったとしたら、一体自分が何のために生きているのかさえ分からなくなってしまうということになりかねません。

真面目な人や落ち込みやすい人ほど、つい我慢してしまいがちですが、時には自分の思うままに振舞ったり、わがままに過ごしてみることも大切です。

7.日々の幸せを感じ取る

あなたにとっての幸せとは、どのようなことでしょうか?「自分の夢を叶えること」や「一生お金に困らない生活」といったとても大きな目標が幸せなのであれば、それを叶えられない限り、あなたは幸せにはなれませんし、自分が幸せだとも思えないのでしょう。

幸せというのは、人の感じ方、受け取り方次第でいくらでも身近な存在にすることできます。

例えば今日も健康で生きていられることや、食事を口にできること、家族と笑い合えることなど、日常の当たり前に思えることでも、それら一つひとつを自分が幸せだと心から感じられるようになれば、毎日たくさんの幸せを得ることができるでしょう。

幸せを感じた時に、人の心は満たされますし、心地よい気持ちで今を過ごすことができます。

せっかくならば、当たり前だと感じている一つひとつのことを振り返ってみて、それらを自分が幸せだと実感できないかじっくりと考えてみましょう。

日々の小さな幸せから感じ取れるようになれば、きっと今までよりも充実した人生を送れるようになるでしょう。

小さなことでも幸せに感じるようにする

毎日笑顔で生き生きと過ごしている人は、日常のちょっとした小さなことにでも敏感に幸せを感じ取って生活しています。

道で100円を拾っただけで「ラッキー」と思ったり、友達と大声で笑い合った時に「いい友達に恵まれて幸せだなぁ」と感じたり、ほんの些細なことに幸せを感じているからこそ、毎日を笑顔で送れているのでしょう。

そんな風にあなた自身も過ごすことができれば、きっと直ぐにでも幸せを実感することができるでしょう。

そのためにも、あなたが今「当たり前だ」と考えているものたちに対して、まずは「当たり前」というフィルターを外しましょう。

当たり前だったものが当たり前でなくなった時に、きっと自分がどれだけ恵まれているのかが分かるようになるはずです。

8.夢や目標を叶える

人生を充実した、心地よいものにしたいのなら、夢や目標を作り、それを叶えるのがおすすめです。

夢や目標は、人生における大きな張り合いです。

「夢があるから辛くても乗り越えられる」「目標があるから大変だけど頑張れる」これらの気持ちがあることで、例え苦しい時には気持ちが落ち込んでも、夢や目標を叶えた時には気持ちがグンと向上しますので、メリハリのある人生を送れるでしょう。

人は夢や目標がなければ、何のために生きているのか分からなくなってしまうこともありますし、気持ちに張り合いも生まれずにただ何となく日々を送るだけの毎日になってしまいます。

それでは折角の一度きりの人生がもったいないですし、限りある時間を無駄に費やしてしまうことになります。

何よりも、生きていることを楽しいと思えなくなってしまうため、心地よい気分になることもできないでしょう。

夢や目標を作ることで、それに向けて頑張ろうと努力する気持ちが生まれます。

例えその気持ちが途中で挫けてしまいそうになったとしても、諦めずに努力し続けた結果、自分の夢を叶えた時には感じたこともないような達成感や充実感、快感などを味わうことができるでしょう。

できるものから叶えていく

夢はちょっとやそっとでは叶えられないような、大きな内容のものが多いですが、目標は小さなものから一つずつ作っていくことで、無理なく叶えていくことができます。

とくに夢そのものを目的と考えるのに対して、その目的を叶えるための道筋として、いくつもの目標を立てるのが一般的です。

そのため、目標はあまり大きすぎず、身近で叶えやすいものから作っていくと、少しの努力で確実に叶えることができるでしょう。

ちょっと頑張れば叶えられることであっても、実際に叶えた時には「よし!やった!」という達成感や充実感を味わえます。

それを毎回のように繰り返していくことで、少しずつ自分に自信がつきますし、また大きな目標まで少しずつでも、確実に近づいていくことが可能でしょう。

心地よく過ごしたい!でも辛いと思うことが多い?

毎日を憂鬱に過ごすよりは楽しく過ごしたいと思う人が多いように、辛いよりは心地よく日々を送りたいものですよね。

毎日を心地よく過ごせれば、いつも気持ちが明るく前向きになれますし、何をやっている時でも充実感や気力を感じることができるでしょう。

また、仕事のように生活のためにやらなければならないことであっても、前向きにその仕事に取り組めるのなら一日があっという間に過ぎますし、仕事でも積極的に成果を出していくことができるでしょう。

とはいえ、そんな理想的な毎日を誰もが送れるわけではありません。

ちょっとしたミスが重なって気分が落ち込んでしまうこともありますし、時には気持ちがモヤモヤとして、人間関係でトラブルが起きてしまったり、イライラしてしまったりすることがあるでしょう。

特に自分がどんなに前向きに過ごそうと思っても、周りの人たちや物事は自分の思う通りには動いてくれませんので、自分の理想とは噛み合わない現実に、辛さを感じる人の方が多いかもしれません。

だからこそ人生は酸いも甘いも噛分けるものですし、楽しい時があれば辛い時もあるのでしょう。

日々の生活で気をつけるべきところがある!

毎日を心地よく過ごしたいのに、中々思うように過ごせない人は、その原因を周りに対してだけ求めてはいませんか?

「同僚がミスをしたから・・」や「友達が空気の読めない発言をしたから・・」など、自分の浮かない気分を誰かや、何かのせいにしていては、いつまでも心地よい生活など送れなくなってしまうでしょう。

一日を心地よく過ごせない時には、ひょっとしたらその原因は自分自身の中にあるのかもしれません。

自分のどんなことに気をつければいいのか、日々の生活の中で気を付けるべきところをしっかりと抑えておきましょう!気を付けるべき点をいくつか挙げていきます。

だらしない生活をしていないか

毎日規則正しい生活習慣を送っている人は、真新しい刺激を得る機会こそあまりないですが、その分安定した心地よい精神状態で日々を過ごすことができます。

もしあなたが毎日気分の浮き沈みが激しかったり、すぐに情緒不安定になってしまったりすることが多いのなら、それはあなたの今の生活習慣が影響しているのかもしれません。

不規則な食事や睡眠、暴飲暴食やアルコールの過剰摂取、運動不足などの生活の乱れがそのまま心の乱れに表れてしまうことはとても多いです。

「ちょっと睡眠不足なだけで大袈裟な」と思うかもしれませんが、たかが睡眠不足で集中力は切れやすくなりますし、思考力は低下して、ちょっとしたことでもすぐにイライラと攻撃的になってしまいやすいのは確かです。

睡眠不足だけでもそれだけ心身に影響を与えますので、他にも不健康な生活を送っていれば、当然心地良い日々を送ることなどできなくなってしまうでしょう。

自分がだらしない生活をしていないか、しっかりと自己を省みることは大切です。

引きこもっていないか

他人との関わりを極力避けて一人でいたり、家に引きこもっていたりすると、健康にも精神にも良くありません。

時には一人だけで静かな時間を過ごすのも気持ちのリフレッシュになりますが、日頃から引きこもってばかりいると、身の回りで大きな変化こそ起きることはなくても、充実感や心地良さを味わうことはできないでしょう。

余程一人が好きな人は、引きこもっている方が精神は安定するかもしれませんが、少なくとも健康には良くありません。

また、変化のなさすぎる一人きりの生活を送っていると、心の豊かさや潤いがなくなってしまうため、充実感や幸福感といった、外に出て誰かと何かをする楽しさや喜びの感情を得られなくなってしまいます。

すると人間らしい輝きや感情の変化に満ちた日々を送ることはできなくなってしまうため、引きこもる癖がある人はそれを見直した方が良いでしょう。

心地よく毎日を過ごそう!

毎日過ごしていると、さまざまなことが起こります。

人間関係でトラブルがあると気持ちが激しく乱れて、ストレスが溜まってしまうことも多いでしょう。

どんなに心地良く、平穏に毎日を送ろうと思っても、自分以外の存在は自分の思う通りには動いてくれませんので、思うようにいかないことで心の平穏が崩されてしまうこともよくあります。

しかし、集団社会の中で生活していれば、それは仕方のないことです。

また、その日の体調や気分によっても、自分の感情が乱れてしまうこともあるでしょう。

そんな時には、負の感情に振り回されないように、一度その場で立ち止まって、深呼吸をしてみましょう。

そして気持ちを落ち着けたら、自分なりにそこから心地よく過ごせるように気持ちを切り替える努力をしましょう。

考え方を変えてみたり、行動を変えてみたりして、自分で自分の気持ちを明るく前向きにすることができれば、日々を心地よく過ごせるようになるでしょう。