あなたにとって仕事とは何でしょうか?おそらく、ほとんどの人は、生活のために働いていると言います。

しかし、生活のためとは言え、自分自身の身を仕事で削っていませんか?特に労働者生産国の日本は、生活のためなどの言い訳をいい理由に仕事に人生をかけてしまっている人が多いのです。

そのために、職場で間違ったことが起きていても、指摘せずにリークされてばれてしまうと言うことが多いのです。

なぜなら、指摘すれば自分の立場が危なくなると思っているからです。

しかし、あなたの人生です。

その人生をすべて仕事にささげてもいいのでしょうか?働き方改革とは言われていますが、まだまだ日本は働き方に変化を入れていかないといけない環境になっています。

わかっていると思いますが、もはや終身雇用も年功序列も通用する世の中ではなくなりました。

むしろ、それが邪魔をしているのです。

1つの会社で定年まで頑張ることは、他で勝負する自信がない人という感じに見られてしまいます。

また、スキルがない人という感じにも見られてしまうのです。

このように仕事に対して今までとは違った見方をしないといけないという状況になってきたのです。

そこで、今回こちらの記事では、仕事だけの人生で後悔しないためのポイントなどをまとめましたので、ぜひ、参考にしていただけまして、あなたの人生を輝かせるようにしましょう。

「私は働くためだけに生きているのかな?」そう思う時ありませんか?

仕事をしていて時々、「私は働くためだけに生きているのかな?」って思ったことはありますよね。

はっきり言えば仕事のためだけに生きているのではありません。

仕事をするかしないかはあなたが決めていいのです。

しかし、世間体を気にして仕事をしないといけないと思ってしまっているのです。

もしくは、必ずどこかの会社に所属しないといけないと思い込んでしまっているので、自分が希望しない仕事の会社に所属して渋々働いている人もいらっしゃるのです。

しかし、そんな気持ちで働いていては長続きするはずがありません。

たいていこのような人は途中でやめてしまうのですが、日本の場合、会社側もなかなか辞めさせてくれないのです。

中には、突然退職に追い込んでくる会社もあります。

最近は、会社側が強気に出てくるケースが目立っていますね。

何度も言いますが、あなたの人生です。

仕事にささげる人生ではありません。

みんな100%で頑張ろうとするからいけないのです。

100%は無理をするから100%なのです。

本当にいいのは120%です。

120%はそれをしていることが楽しいと思えることです。

つまり、天職がそれにあたるのです。

あなたがしたいと思える仕事が転職になるかはわかりませんが、生きていきながら転職を早く見つけることができればあなたの人生が仕事で埋め尽くされることはありませんよ。

仕事ばかり優先していると何を失う?


現在の日本人は、とにかく仕事に追われすぎです。

たとえ休みの日であっても仕事を気にしないといけない状況になっているのです。

なぜ、そこまで仕事を気にしないといけないのかと言いますと、仕事をしないと生きていけないと思っているからです。

しかし、そこまで仕事というものは、重要なものなのかと言いますと、とらえ方次第です。

仕事があって人生が構成されているのであれば、重要ですが、人生の中に仕事があるというのであれば、そんなに重要ではないのです。

要は、仕事からあなたの生き方を考えてしまうからおかしくなってしまうのです。

仕事ばかりおっているとあなたの生き方そのものを見失ってしまいますよ。

では、実際仕事を優先しすぎて失ってしまうものは何なのかという部分を理解している人は、実は意外と少ないのです。

なぜかと言うと、仕事を優先している人がほとんどだからです。

しかし、少数派の人はそうではないのです。

しかも、その少数派の人こそ、ビジネスで大きく発展している人たちなのです。

つまり、仕事のとらえ方を変えるだけで、あなたの人生を大きくかえるきっかけになるかもしれないのです。

故に、まずは、失うものは何なのかをしっかり理解しましょう。

意外と簡単に見ていられないものばかりですよ。

仕事が無くなった時の心の拠り所

仕事を優先しすぎると、いざリストラや倒産などで仕事を失った時の喪失感が強いのです。

引きずりすぎて、いつまでたっても先へ進めない状況になってしまうのです。

本当ならすぐにでも違う会社などに再就職してもおかしくないのですが、なぜか先へ進めないでもがいて苦しんでいる人が多くいらっしゃいます。

ある意味、終身雇用の感覚で働いているからそうなってしまうのです。

おそらく、会社に入社する際に、会社から定年まで共に頑張ろうという感じに言われて定年まで働こうと考えてしまう人もいらっしゃるのです。

そう考えるので、突然、退職もしくは、倒産に会うと予定とは違うくなってしまって、どうしたらよいのかわからなくなってしまうのです。

故に、仕事に一生懸命になるのは良いことですが、仕事を優先しすぎても意味がないのです。

逆にこのようなタイプこそ、意外と悪知恵の働く上司に気に入られて利用されるだけ利用されて終わってしまうのです。

仕事を優先しすぎると、利用されるだけでなく、あなた自身の自信を失わさせてしまう危険性もあるのです。

仕事は不死身ではありません。

いつなくなってもおかしくないのです。

つまり、終身雇用のような考え方をするのはよしましょう。

むしろ、いつドロップアウトしてもいいような感じに構えておく方が賢明なのかもしれませんね。

恋人


仕事を優先しすぎると、恋人のことを考えられなくなってしまうのです。

そのため、倦怠期など、もしくはケンカが絶えない日々が続いてしまうのです。

仕事と恋人どっちが大切なのという究極の選択を迫られる場合もあるのです。

普通ならどちらもなるのですが、このように選択肢で迫られてしまうと、どうにも言えないのです。

また、仕事を優先していたために、恋人がご自身にとって心のよりどころになっていたと言う場合もあり、ここで失ってしまうと喪失感が半端なく大きいのです。

つまり、仕事を優先しすぎても恋人とうまくいくかどうかは科学的根拠が出ていないので、何とも言えませんが、プラスに転じることはないのかなと思えます。

なぜなら、恋人からしてみれば自分のことを忘れてしまうほど、追い込んでしまう仕事であるのであれば、辞めてほしいと思うのです。

そんなにストレスをためてしまうのであれば、他の仕事にすればいいのにと考えるのですが、仕事を優先している側がすれば、そこまで頭を働かすことができないのです。

恋人と仕事、どっちをとるかはあなたが決めることですが、どっちか選ぶのが難しい場合は、あまり仕事を優先しすぎないことが大事かと思います。

家族

仕事を優先しすぎると、家族が円満になると思っている方が多くいらっしゃいますが、そんなことはございません。

むしろ、壊してしまう危険性の方が高いのです。

なぜなら、仕事を優先しすぎて、家族の相手ができずに家族からも疎遠のような感じに見られてしまう危険性が高いのです。

つまり、家族のために仕事をしているはずが、家族を壊す原因にもなってしまっているかもしれないのです。

そう考えると本末転倒ですよね。

そう、実は仕事はあなたにとって大切な存在を失わせてしまう原因になるかもしれない怖いものなのです。

よくあるのが、仕事でイライラして家に帰ってきてもイライラしていて、妻や子供にあたってしまう人が多いのです。

あたっても意味がありません。

いくらお金を頂いているからと言っても、そうなってしまうのであれば近くにいたいとは思えないのです。

仕事を優先しすぎると、家族を軽視してしまう危険性が高いのです。

ほとんどの離婚原因が実はこの仕事が原因になっている場合もあるのです。

たとえ仕事が優先であるのであれば、その仕事をしないといけないと思わせてくれている家族に感謝をするべきなのです。

どこか履き違えてしまっているからそうなってしまうのです。

自分の時間

仕事を優先すると一番失ってしまうのは、何を隠そうあなたの時間です。

あなたの時間のほとんどが仕事になってしまっている危険性が高いのです。

自分の人生のすべてを仕事にささげると言う方もいらっしゃいますが、働いていくうちに気づくのです。

本当にそれでいいのかと…。

最初は会社から期待されたりして、人生をささげる感じにおもってしまうのは仕方がないのです。

日本のほとんどの会社がそう考えているのですから、会社ファースト、スタッフセカンドの考え方なのです。

しかし、それが問題だと言うことになってきたのが、ここ最近なのです。

あなたの人生を会社にささげることは、いいことではありませんし、かっこ良くもありません。

しっかり仕事をして、休みの日に自分の趣味などに打ち込んでいる姿の方がかっこいいのです。

つまり、自分の時間を確保できていない人は、仕事ができていないと言っても過言ではないのです。

昔は、自分の時間を捨ててまで仕事をしている姿がかっこいい時代でもありました。

リゲインと言う栄養剤のCMがそう言っているのです。

「24時間働けます」思い出した方もいらっしゃるのではないでしょうか。

24時間働く必要はございません。

それよりも24時間の間にいかにあなたの時間を確保するかが大切なのです。

当てはまったら注意!仕事だけの人生ってどういうこと?

それではここからは仕事だけの人生になってしまっていることなどについて説明していきたいと思います。

おそらくほとんどの人は、仕事に追われてしまっているので、仕事だけの人生ってどういう人生と考えてしまう方は多くいらっしゃると思います。

故に、仕事だけの人生ってどんな人生という方が多いのです。

もしくは、自分はしっかりワークライフバランスが取れていると思っている方も多いはずです。

しかし、本当にそうでしょうか?なぜなら、確かめることができないのです。

これから説明する項目に1つでも当てはまったのであれば、もしかしたらあなたは仕事だけの人生になってしまっているかもしれませんよ。

ぜひ、チェックしてみましょう。

仕事にやりがいを感じている

おそらくほとんどの人が仕事をするうえで大切にしていることがこの部分だと思います。

特に日本人は言葉の国で生まれ育っているので、やりがいがあるという言葉には弱いのです。

そのためか、いくら給料が低くてもやりがいがあるということに惑わされて仕事を続けてしまうのです。

海外からすれば、とても稀です。

海外の場合は、報酬が第一なので、しっかり仕事に会った報酬を頂けないと簡単に仕事を辞めてしまいます。

要は、それだけ仕事を重点にしていないのです。

このやりがいという言葉には気を付けましょう。

毎日笑うことが少ない

仕事に追われすぎて、いつしか笑うこともなくなったと言う方も多いのではないでしょうか?おそらく、思い当たるという方がいらっしゃると思います。

人間笑わなくなると、そこから気力と言うものがなくなってしまうともいわれています。

また、笑いは万病の薬ともいわれているので、笑わないと健康とは言えない状況に陥っている可能性がございます。

つまり、笑うことができない時点で病気と言ってもいいのです。

とにかくなんでもいいので、笑うようにしましょう。

常に仕事の事を考えている

休みの日なのに、仕事のことが頭から離れないという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?要は、仕事のことしか考えられない状況になってしまっているのです。

ある意味、会社にとっては犬です。

このような人は、カレンダー通りの生活でも、土曜の午前はぐったり、日曜の午後は休息と言った感じになってしまうので、自由な時間は土曜の午後と日曜の午前しかなくなってしまうのです。

つまり、自分の時間がほとんどないという形になってしまいます。

また、自分の人生、自分次第という考えではなく、自分の人生、会社次第になってしまっているのです。

あなたの人生であることは忘れてはいけませんよ。

夢の中でも仕事している

結局、常に仕事のことしか考えていない人は、夢の中でも仕事している風景になってしまっているのです。

ある意味、休憩していても仕事という感じになってしまっているのです。

これでは休めた気になれませんよね。

つまり、あなたの状況は回復していないと言うことになってしまっているのです。

ただ、自分では気づいていないので、無意識のうちに疲労がたまってしまって大変なことになってしまいますよ。

ぜひ、気を付けましょう。

残業や休日出勤が多い

仕事に追われると残業や休日出勤が多くなるのです。

しかもそれが当然のような感覚になってしまうと、もうあなたの人生は仕事だけになってしまっている状況とも言えます。

特に日本人の場合、一昔前に残業や休日出勤することがかっこいいと言うような感じの見方があり、それを押し付けてくる上司もいらっしゃいます。

しかし、全然かっこよくなんかありません。

残業するって言うことは、仕事が時間内にできていないと言うことのアピールになってしまいますよ。

残業や休日出勤をしないような仕事の進め方をしましょう。

プライベートでも仕事の話しかしない

「最近仕事どう?」「どんな感じで仕事をしているの?」とか、常にプライベートの時間であるにも関わらず、出てくる話が仕事のことばかりなのです。

これでは、プライベートも楽しいはずがありません。

プライベートは希望のある話をしましょう。

なぜこのような話になってしまうのかと言いますと、先が見えなくなってしまうのです。

子どものころは未来を見るのが楽しかったのに、大人になると過去を見るのが楽しくなってしまう人が多いのですが、これはやばいですよ。

食事や睡眠の時間を惜しむ

食事をしていてもなんだかうかない顔をしていたり、寝ることに抵抗を覚えてしまっている方は結構多くいらっしゃると思います。

なぜかと言いますと、そのようなことをしているよりも仕事をしなくてはと思い込んでしまっているのです。

これでは意味がありません。

要は、全然休めていないのと一緒です。

そのために、常に仕事のことしか考えていないのです。

しかし、本当に仕事ができる人は食事や睡眠はしっかりとりますよ。

そちらを補うことで仕事の効率の良さにつながるのです。

友人や恋人より仕事を優先する

もうこの際、仕事と一緒に心中すればいいのにと思ってしまうほど、仕事のことしか考えていない人っていらっしゃいますよね。

そのために、友人や恋人よりも仕事を優先してしまう人が多いのです。

確かに仕事は大切ですが、今のあなたが無事に仕事ができているのは、友人や恋人のおかげなのです。

つまり、友人や恋人を大事にできない人は、仕事を大事にしていないのと一緒ですよ。

ぜひ、友人や恋人は大事にしましょう。

仕事だけの人生に後悔しないための7個のポイント

ここまでの説明で仕事だけの人生になってしまっていると改めて思ってしまった方は何人いらっしゃいましたでしょうか?そうなのです。

実は気づいていないだけで、日本は労働者生産国なのです。

つまり、文句を言わずに働く人が欲しいわけです。

要は、この記事の項目のとおり、仕事だけの人生になっている人がほしいのです。

故に、人生の生き方などを教えてくれる人はいらっしゃらないのです。

そこで、ここからは仕事だけの人生にならないためのポイントなどをご紹介します。

自分を労わってあげる

まずは働いている自分を労うことが大切です。

要は、報われない自分をいつまでも続けているのは、体に毒なのです。

ストレスが溜まってしまって、癌などの難病にかかってしまうこともあるのです。

つまり、しっかり自分を労う必要があるのです。

そうでないと、いつまでたっても仕事に追われ、ストレスをため込んでしまう自分になってしまいますよ。

労うことに抵抗を覚えてしまっている人もいらっしゃるでしょうが、何も恥ずかしいことではないですよ。

残業をやめる

まだまだいらっしゃるのかとは思いますが、残業をすることはかっこいいことではありません。

むしろ、恥ずかしいことです。

なぜなら、時間内に仕事が終わっていないということなのですから、故に残業を辞めるようにしましょう。

中には、お客様優先などと言うこともあるかもしれませんが、そのような場合も、お客様にこちらの営業時間をしっかり伝えることが大切なのです。

お客様は神様なので、しっかりこちらの思いを伝えることも大切ですよ。

仕事を断ることを知る

どこかで教わったわけでもないのに、仕事を断ってはいけないという考えになってしまっている方は多くいらっしゃいます。

しかし、本当にそうだと思いますか?むしろ、そう考えているせいで、仕事だけでなく、友人などのお誘いも断ることができずにいる人は多くありませんか?はっきり言えば、断るのもありなのです。

要は、自分ができないことを断らずにいることがおかしいことなのです。

できないのを断らずにやって失敗したらどうなると思いますか?ぞっとしますよね。

つまり、そういうことなのです。

信頼出来る人を見つける

仕事だけになってしまうのは、ある意味、仕事しか考えない感じになってしまっているからです。

つまり、それは自分しか頼りになる人がいないと言うことなのです。

それはどういうことなのかと言いますと、信頼できる人がいないと言うことです。

職場に相談できる人がいない。

けど、仕事をしっかりしていれば問題はないと思ってしまっているのです。

このようになってしまうと、仕事しかしないようになってしまうのです。

こうなる前に、信頼のできる人を見つけるようにしましょう。

プライベートでの楽しみを見つける

仕事に追われてしまう原因の1つにプライベートをしっかり楽しんでいないと言うことがあります。

要は、メリハリがつけられていないのです。

プライベートはあくまでも仕事とは別の時間ではあり、あなたが活用する時間なのです。

それなのに、その時間に楽しみを見つけることができないでいるのは意味がないのです。

ぜひ、プライベートは楽しむようにしましょう。

そうすることで、仕事の効率化にもつながりますよ。

プライベートで仕事の話ばかりしない

プライベートでも結局話題にしてしまうのは、仕事になってしまっている方はいらっしゃいませんか?しかし、それではプライベートの意味がありません。

仕事の話よりも、夢や目標の話をする方が建設的な話になっていますよ。

要は、先が見えていないから仕事の話ばかりしてしまうのです。

大人になっても、子どものころのように夢の話をしてもいいのです。

してはいけないと言ったルールはございませんよ。

仕事とは関係ない目標を作る

先を見るためにも、仕事とは関係のないルールを作ることが大切です。

なぜかと言いますと、夢や目標がないのです。

日本人の場合、ほとんどの人が○○の仕事に就くが夢になってしまうので、社会人になってしまうと夢を持てなくなってしまうのです。

しかし、社会人になって夢を持たなくていいのかと言いますと、そうではありません。

夢はいくつになっても持って良いもので、また、持っていい数に制限はありません。

ぜひ、仕事とは関係のない夢や目標を持つようにしましょう。

仕事仲間以外の人とも遊ぶ

社会人になってしまうと、同じ職場の人間と遊んでしまうことが多いのですが、それではいつもと同じメンツなので、遊んでいるような感覚になれませんよね。

つまり、同じ職場の人と遊ぶのは問題ありませんが、たまには職場の違う人など、仕事で関わることのない人と一緒に遊んでみると仕事のことを忘れることができますよ。

同じ職場の人と顔を合わせると、どうしても仕事のことを考えてしまうのです。

夢中になれる趣味を見つける

どうしても仕事のことが頭から離れないと言う人は、この際、何か夢中になれる趣味を見つけることです。

なぜかと言いますと、夢中になることで仕事のことを考えないで済むからです。

要は仕事以外のことで頭の中を埋め尽くす何かがあれば、仕事だけの人生にならないのです。

仕事だけの人生になってしまっているのは、頭が仕事だけになっているからです。

そうではなく、夢中になれる趣味を見つけるようにしましょう。

そうすることで、あなたの新しい才能を見つけることができるかもしれませんよ。

要は、仕事以外のことからチャンスを見つけることもできるのです。

仕事人間になりやすい人の特徴とは

これまでの説明でなぜ仕事だけの人間になってしまうかが何となくわかったと思いますし、そうなってしまうととんでもないことだと言うことが分かったと思います。

しかし、なぜそうなってしまうのかと言いますと、実は誰もが持っている特徴などが原因なのです。

ここからは、仕事人間になりやすい人の特徴をお教えします。

じっくり読んでくださいね。

高いモチベーションを持っている

仕事に対して高いモチベーションを持っている人は、仕事人間になりやすいのです。

特に新入社員の方で張り切っている人などはこのような感じなので、仕事人間にして働かせられるというような時期が着ますよ。

仕事がすべてではありません。

どこでモチベーションを上げるかはあなたが考えることです。

真面目

特に日本人に多いのがこの真面目タイプです。

真面目は雇う側すれば格好の獲物です。

安心して仕事を任せることができるという感じでもありますが、トップダウンの会社にとっては言うことを聞いてくれるので、ストレスを感じないのです。

まあ、いい労働者ですよ。

度がひどすぎると奴隷のようなものに捉える人もいるので気を付けましょう。

完璧主義

なんでもかんでも完璧でないと気が済まないと言う方はいらっしゃいますが、まさにこのようなタイプは仕事人間になってしまいます。

このようなタイプは、仕事に対して一直線になってしまいますので、他のことを考えることができなくなってしまうのです。

完璧は悪いことではありませんが、柔軟な姿勢を持てるようにしましょう。

曲がったことを嫌う

とにかくルールに従うことになれてしまっている人は、とにかく曲がったことを嫌います。

また、特に厄介な方だとほんの少しでも違うと嫌だと思ってしまうのです。

このような人は簡単に仕事だけの人生にしてしまう可能性が高いのです。

なぜなら、仕事をしないことが曲がったことだと思い込んでしまっているのです。

仕事をするしないは個人の自由です。

そこはわきまえましょう。

言い訳をしない

何かあった際に言い訳をしてしまうのが日本人ではあります。

そのため、言い訳をしないことが美徳のような感じに見られてきましたが、言い訳をしすぎないのも実は、仕事に洗脳されているような状況と言えます。

要は、言い訳をしないことがベストですが、でも、してしまうのが日本人としての本能なのです。

つまり、言い訳をしないと言う状況になっていることがあなたでなくなってしまっているのです。

言い訳もたまにはいいのです。

責任感が強い

責任感を強く持ちすぎると、仕事に対して一生懸命になってしまいます。

それは悪くないことなのですが、しかし、あまりにも仕事だけになってしまう危険性があるのです。

要は、勤勉な人ほどそのような状況になってしまうのです。

ある意味、労働者生産国である日本にとってはこのように誘導させられてしまう人は結構多くいらっしゃいますので気を付けましょう。

人に頼らない

人間は頼りにされてこそ人間なのです。

つまり、あなたは普段から誰かに頼りにされていることがあるかもしれませんが、あなたが相手を頼りにすることはございますでしょうか?

おそらくないと言う方が多いのではないでしょうか?このような方は仕事に熱心なのですが、肝心な部分での妥協を知らないのです。

ぜひ、人に頼るようにしましょう。

頼られることが人間として最高の価値なのです。

几帳面

とにかく何に対して細かい人っていらっしゃると思います。

しかし、このような方こそ仕事に一生懸命になってしまうので、仕事だけの人生に陥りやすいのです。

なぜなら、几帳面故に仕事を完璧にしないといけないという考え方になってしまっているのです。

趣味がない

趣味がないと言うことは、ある意味仕事以外を考えることができないという状況になっているのかもしれません。

それではせっかくの人生台無しです。

ぜひ、趣味を持ってバリエーションのある人生をお送りしましょう。

付き合いが悪い

仕事に追われすぎて友人たちとの付き合いが悪くなっていませんか?これでは、仕事に友達を奪われてしまっているような状況です。

このような状況はよくありません。

付き合いは悪くさせないようにしましょう。

仕事のオンオフの付け方が下手

平日も仕事!休日も仕事というような感じになっていませんか?はっきり言えば、仕事のことを考えなくてもいい時間を作るべきなのです。

オンとオフはしっかり付けましょう。

仕事だけの人生も自分次第で良くなる!

いかがでしたでしょうか?確かに仕事は大事ですが、あなたの人生なのです。

自分の人生自分次第で行きたいですよね。

仕事だけにならないようにしましょう。

すべてはあなた次第です。