CoCoSiA(ココシア)

仕事だけの人生に後悔しないための7個のポイント


あなたにとって仕事とは何でしょうか?おそらく、ほとんどの人は、生活のために働いていると言います。

しかし、生活のためとは言え、自分自身の身を仕事で削っていませんか?特に労働者生産国の日本は、生活のためなどの言い訳をいい理由に仕事に人生をかけてしまっている人が多いのです。

そのために、職場で間違ったことが起きていても、指摘せずにリークされてばれてしまうと言うことが多いのです。

なぜなら、指摘すれば自分の立場が危なくなると思っているからです。

しかし、あなたの人生です。

その人生をすべて仕事にささげてもいいのでしょうか?働き方改革とは言われていますが、まだまだ日本は働き方に変化を入れていかないといけない環境になっています。

わかっていると思いますが、もはや終身雇用も年功序列も通用する世の中ではなくなりました。

むしろ、それが邪魔をしているのです。

1つの会社で定年まで頑張ることは、他で勝負する自信がない人という感じに見られてしまいます。

また、スキルがない人という感じにも見られてしまうのです。

このように仕事に対して今までとは違った見方をしないといけないという状況になってきたのです。

そこで、今回こちらの記事では、仕事だけの人生で後悔しないためのポイントなどをまとめましたので、ぜひ、参考にしていただけまして、あなたの人生を輝かせるようにしましょう。

この記事の目次

「私は働くためだけに生きているのかな?」そう思う時ありませんか?

仕事をしていて時々、「私は働くためだけに生きているのかな?」って思ったことはありますよね。

はっきり言えば仕事のためだけに生きているのではありません。

仕事をするかしないかはあなたが決めていいのです。

しかし、世間体を気にして仕事をしないといけないと思ってしまっているのです。

もしくは、必ずどこかの会社に所属しないといけないと思い込んでしまっているので、自分が希望しない仕事の会社に所属して渋々働いている人もいらっしゃるのです。

しかし、そんな気持ちで働いていては長続きするはずがありません。

たいていこのような人は途中でやめてしまうのですが、日本の場合、会社側もなかなか辞めさせてくれないのです。

中には、突然退職に追い込んでくる会社もあります。

最近は、会社側が強気に出てくるケースが目立っていますね。

何度も言いますが、あなたの人生です。

仕事にささげる人生ではありません。

みんな100%で頑張ろうとするからいけないのです。

100%は無理をするから100%なのです。

本当にいいのは120%です。

120%はそれをしていることが楽しいと思えることです。

つまり、天職がそれにあたるのです。

あなたがしたいと思える仕事が転職になるかはわかりませんが、生きていきながら転職を早く見つけることができればあなたの人生が仕事で埋め尽くされることはありませんよ。

仕事ばかり優先していると何を失う?


現在の日本人は、とにかく仕事に追われすぎです。

たとえ休みの日であっても仕事を気にしないといけない状況になっているのです。

なぜ、そこまで仕事を気にしないといけないのかと言いますと、仕事をしないと生きていけないと思っているからです。

しかし、そこまで仕事というものは、重要なものなのかと言いますと、とらえ方次第です。

仕事があって人生が構成されているのであれば、重要ですが、人生の中に仕事があるというのであれば、そんなに重要ではないのです。

要は、仕事からあなたの生き方を考えてしまうからおかしくなってしまうのです。

仕事ばかりおっているとあなたの生き方そのものを見失ってしまいますよ。

では、実際仕事を優先しすぎて失ってしまうものは何なのかという部分を理解している人は、実は意外と少ないのです。

なぜかと言うと、仕事を優先している人がほとんどだからです。

しかし、少数派の人はそうではないのです。

しかも、その少数派の人こそ、ビジネスで大きく発展している人たちなのです。

つまり、仕事のとらえ方を変えるだけで、あなたの人生を大きくかえるきっかけになるかもしれないのです。

故に、まずは、失うものは何なのかをしっかり理解しましょう。

意外と簡単に見ていられないものばかりですよ。

仕事が無くなった時の心の拠り所

仕事を優先しすぎると、いざリストラや倒産などで仕事を失った時の喪失感が強いのです。

引きずりすぎて、いつまでたっても先へ進めない状況になってしまうのです。

本当ならすぐにでも違う会社などに再就職してもおかしくないのですが、なぜか先へ進めないでもがいて苦しんでいる人が多くいらっしゃいます。