どんな小さなことも時間をかけて慎重に考えたり、石橋はやり過ぎなほど叩いてから渡る(もしくは、わたらない)…そんな性格の人、アナタの周りにはいませんか?

こういった慎重すぎる人は、一見「優柔不断なのかな?」と思うかもしれませんが、実はとても「深い考えをする人」なのです。

どんな些細なことでもあらゆる状況や可能性を考え、後悔しないようにと、物事を深く考えられる人なのです。

即決や即答しないといけないシーンでは、物事をじっくりと吟味する様子に「早く決めてよ~!」「これぐらい、サクッと答えてよ」とイライラしてしまう人もいるでしょうが、深い考えをする人にとっては重要なことなので、どうしても決定や回答が遅くなってしまいがちです。

「それのどこが悪いの?」と感じたのであればもしかしたら、アナタ自身がそんなタイプかもしれません。

また、深い考えをすることは悪いことではなく、むしろとてもいいことです。

考えが浅いとしなくて済んだはずのミスや後悔をすることがあるので、考えは深いくらいがちょうどいいのです。

今回は、そんな深い考えをする人の特徴などについてまとめましたので、ぜひご覧ください!

あなたは物事を深く考える性格ですか?

アナタが自分は「何事も深く考える性格」か「パッと勢いで物事を決める性格」のどちらでしょうか?
後者の性格はノリと勢いをモットーとする若い人に多く、決断力や行動力がある人が多いですよね。

反対に、前者の場合は、周りに人から「メニュー、選ぶのに時間かかるよね」「服を1着だけ買うのにも、何件も店を回るね」なんて言われてしまうことがあるでしょう。

慎重に慎重を重ねているだけなのに、優柔不断のように思われて不本意な思いをしている人も多いことでしょうが、それは「何事も深く考える性格」だからなのです。

どちらの性格がいいかは状況や環境によって異なるものですが、深い考えを持つことはとてもいいことです。

さて、アナタはどっちの性格でしょうか?
お次は深い考え方をする人の特徴をご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

深い考え方をする人の11個の特徴とは

さて、深い考え方をする人にはどんな特徴があるのでしょうか?
深い考えを出来る人は、何事も真剣に向き合っているので、周りから信頼されている人が多いです。

自分もそんな人になりたいですよね。

ここでは、深い考え方をする人の特徴についてまとめましたので、参考にしてみてください。

心配症


深い考え方をする人は、とても「心配性」な人が多いです。

何事にも「もしものこと」を考えるので「こういう状況になった場合は、どうすればいいんだろか」「もしダメになった時は、どうするのがいいんだろうか」など、先の先のことまで心配します。

将来発生する可能性があるリスクのことを深く考え、できるだけ最善の選択がしたいだけなのです。

周りから見たら「そんなことまで心配していたら、何もできないよ!」「ちょっとした買い物なんだし、失敗しても諦めがつくよ!」と思うかもしれませんが、この心配性の部分があってことその「深い考え方をする人」なのです。

心配性を聞くとネガティブなイメージを持つかもしれませんが、深い考えをするためには「心配する」というのはとても重要なことなのです。

仕事ができる

深い考え方の人は、仕事ができる人がとても多いです。

勢いややっつけで仕事をすることがまずなく、実際に取り掛かるまでに人よりも時間がかかります。

一見「仕事が遅い人」に見えてしまうことがありますが、手を動かす前に「クライアントはどんな仕上がりを期待しているのか」「どういうふうに進めたら効率がいいか」など、作業の経過やベストな完成形をイメージすることから始めているのです。

そのため、考えがまとまってからの作業はとても速く、効率的な上にクオリティが高いです。

勢いの見切り発車で始めた仕事の場合は、作業の途中でわからないことや問題にぶつかるとそのたびに立ち止まってしまい、時間や手間がかかり、クオリティもヒドイものになってしまいがちですが、しっかりと深く考えてから始めた仕事はとてもスムーズです。

分からないことも最初の段階で調べて解決しているし、問題がありそうなら作業に入る前に根回ししたり対策を取ったりしているので、つまづくことなく最高のパフォーマンスをすることができます。

結果として、スピード重視の浅い考えで仕事をしているよりも仕事が早く、仕事のできもいいので、周りから一目置かれている人が多いのです。

慎重

深い考え方の人は、自他ともに認める「慎重派」です。

軽はずみな言動は一切せず、1つ1つのことをよく考え、慎重に行動します。

この慎重さが、時に「自分はなんて融通の利かないんだとう」と落ち込んでしまうこともあるでしょうが、深い考えをするためには慎重さは不可欠です。

この慎重さがなけれな、先々のリスクについてまで考えが回らないですし、失敗したときの解決法なども考えられないものですよね。

慎重さは考えが深い人の多いな長所です。

考えてから返答するので返答が遅い

深い考え方の人は、どんな些細な質問でも慎重に返答します。

仕事についての質問ももちろんそうですし、プライベートでの約束もそうです。

例えば「来月、みんなで出かけるんだけど、アナタもどう?」と友達から聞かれたとします。

普通の考えの人であれば「1ヶ月後ならまだ予定入ってないし、大丈夫!」「今のところ大丈夫だと思う!」と返答することでしょうが、深い考え方をする人はそうではありません。

「1ヶ月後か…まだ先だから他の予定は入っていないけど、急な仕事の案件が入った場合はどうしよう…」「1ヶ月後は毎年インフルエンザが流行っているシーズンだから…もしかたらヤバいかも」など様々なことを考えるので、二つ返事で返答することはまずありません。

自分の中でしっかりと考えがまとまってからでないと返答することができないので、返答が遅くなることが多く、周りからは「あの子、結局どうするのかな?」「予約したいのに、返答がないから動けない!」なんて思われてしまうことも。

人間関係は深く狭く

深い考え方をする人は、物事だけでなく「自分の人間関係」についても深く考えているものです。

「その場が楽しければいい」という考え方はしないので、軽いノリで人と遊びに行ったり、仲良くなったりすることはありません。

そんな様子が、周りから見れば「とっつきにくい」「ノリが悪い」「心を開いてくれない」というふうに映ってしまうこともあるでしょう。

ですが、それは色々を深く考えた結果なのです。

「広く浅く」の付き合いよりも、信頼できる人数人と「深く狭く」の付き合いをする方が、自分も安心できるし、将来も踏まえてより親密になれると考えたからです。

その場のノリのみで知り合いばかり増えて、いざ困ったときに助けてくれるような深い仲の人がいないなんて、さみしすぎますよね。

また、浅い付き合いの人だと、将来も仲良くできるとは限りません。

環境が変わってしまえば、街ですれ違っても気付かないという知り合いもいるでしょう。

そんな付き合いの浅い知り合いばかりを増やすよりも、狭い範囲で数人の人とより濃密な関係を築くのがいいと考えついたのです。

たくさんの知り合いに囲まれたて楽しく過ごすのもいいですが、今もこれからも仲良くしてほしいと思う人とだけ親密になるのもいいことですよ。

聞き上手

深い考え方をする人は、発言や返答などは遅いですが、とても「聞き上手」な一面があります。

人の話しをよく聞き、その話に対するアドバイスもとても的確です。

人間関係の悩みや仕事の相談などすると、その話をしっかりと踏まえて深く考えてくれるので、有意義な返答をもらうことができるでしょう。

また、話し好きな人でよくある「私も!私が!」という、こっちが話している途中で自分の話しをぶっこむような横やりもしてこないので、話していてとてもスッキリします。

相手の話しを聞きながら、その悩みや相談の問題やアンサーを深く考えるので、控えめな相槌のみで最後までしっかりと話を聞いてくれます。

そのため、話しているうちに自分なりに考えがまとまることもあります。

深い考え方の人に話すだけで色々解決することもあり、まさに「聞き上手」と言えるでしょう。

ボキャブラリーが豊富

深い考え方をする人は、じっくりと物事を考えるため、その考えたことを人に話すとボキャブラリーの豊富さに感心されることが多いです。

深い考え方をする人は、とても真面目で慎重派なので、物事を考える過程で調べものをすることも多く、色んな知識や語彙を吸収しているものです。

それがしっかりと自分の身についているので、人と話すときには自然とそのボキャブラリーが発揮されてしまうのです。

多くの知識と語彙を持っているので、周りの人は深い考え方をする人に、とても知的なイメージを持っていることでしょう。

計画的に行動する

深い考え方をする人は、何かするときはしっかりと計画的に行動することができます。

浅い考えの人の場合は「なんとかなるさ!」「ヤバくなったら、その時はその時!」と計画も何も立てずに行動して後悔することが多いですが、深い考え方の人はそんなことになりません。

例えば、ウインドウショッピングをしているとときに、とてもいいものを見つけて「買いたいな」と思ったとします。

そのときはその物を買う予定ではなかったのですが、考えが浅い人は「ここで買っとかないと、次はなくなってるかも!」「コレを買ったら今月ピンチになるけど、ほかを削ればなんとかなる!」と勢いで購入してしまう人がほとんどです。

しかし、深い考えをする人は「ここでこれを買ってしまうと、今月の予算が…」「コレを買うためにはどうしたらいいのだろうか?」とじっくりと考えることができます。

その結果、衝動で買うのを控えて、その欲しい物を買うための計画を立て始めます。

もちろん「計画を立てたりお金をためている間に売り切れてしまうかも」というリスクも考慮しており、その時は「諦める」という選択肢のほかにも「似ているものを探す」など、次の1手を考えているものです。

また、計画的に購入したものは手に入れたときに達成感や充実感はスゴイですし、納得して買っているので後悔もありません。

その反面、浅い考えで購入した人は「コレ、買ったけど、あんまりよくなかった…」「何も考えず買ったから、今月は貯金を削ることになった…」など、いいことはありません。

一度立ち止まって深く考え、色々を考えていれば起きなかった問題ですよね。

納得できるまで考える


深い考え方をする人は、どんな物事も自分が納得できるまで考えるクセがついています。

じっくりと色んな角度からその物事について考え、先々のリスクやメリットまで予想し、自分を納得させることができるまでが「考える」という工程なのです。

そのため、納得してから出した答えは自信を持って答えることができるし、仕事なども効率よく、サクサクとこなしていくことができます。

納得できるまで考えるので、即答を迫られているシーンなどでは相手から反感を買ってしまうこともあります。

ですが、中途半端な返答をするほうが相手に失礼ですし、その返答が間違っていたら大変なことになる場合があるのも知っているので、深い考え方をする人は急かされても急いで返答することは少ないでしょう。

真面目

深い考え方の人は、慎重で計画的な面から見てもわかるとおり、とても「真面目」なのが特徴になります。

軽はずみな行動はせずに、ちゃんとルールに則って真面目に行動する人が多いです。

ですが、別に真面目だからと言って堅苦しいような雰囲気ではなく、ちゃんと付き合いやすい節度ある人なのです。

深い考え方の人は、どのように過ごせばいいのかということを先々まで考えているので、悪ノリしてみいいことがないことを分かっています。

そこも踏まえて、真面目な人と言えるでしょう。

責任感が強い

深い考え方をする人は、真面目であるがゆえに責任感もとても強いです。

自分の発言や行動にはちゃんと責任を持ち、任されたことは最後まで投げ出さずに頑張ります。

自分が納得できるまでしっかりと考えて起こした言動なので、イレギュラーに対する動揺や後悔も少なく「自分で考えて決めたこと」と責任を持つことができるのです。

そんな深い考えをする人の姿に、周りの人は心強さを尊敬を覚えることでしょう。

約束は守る

「約束は守る」ということは、人付き合いにおいてはとても大切なことですが、考えが甘かったり浅かったりすると、思うようにいかず約束を守り切れないこともあるでしょう。

ですが、深い考え方をする人の場合は、自分が深く考えた末にした約束であれば、その約束は必ず守ります。

約束を守れるかどうかも最初の段階でしっかりとよく考えているので、よほどのやむを得ない事情が発生しないかぎり、約束はしっかりと守ろうとします。

ノリで無理な約束や急な約束はそもそもしないので、約束した場合はちゃんと守ってくれる真面目さがあります。

キチンと約束を守るので、周りからの評価も高く、安心して約束することが出来る人だと思われています。

勉強ができる

深い考え方の人は、物事の本質をよく考えるので勉強ができる人がとても多いです。

どんな問題でも「どうしてコレはこういう考え方をするのか」「出題の意図は何なのか」をじっくり考えるので、勉強がしっかりと身につくのです。

刹那的な考えの人なら「方程式さえ覚えていれば問題は解ける!」「問題のパターンに当てはめていけばOK!」とその場しのぎのような勉強をしがちですが、それでは自分の身にはなりませんよね。

深く考える人は、学んだことを確実に自分のものにしているので、とても優秀な人が多いのです。

本音を言わない

深い考え方する人は、自分の発言にとても慎重です。

よく考えないで発言をしてしまうことで、変な誤解を産んだり、発言が意図が上手く伝わらず、意味を曲げられて周りに伝わったりすることを警戒しています。

そのため、自分の本音は簡単に言わないようにしているのです。

会話のノリで「実は私って…」「オレ、ぶっちゃけると…」と本音が明かせるほうが、人と仲良くなりやすいという一面があるのは確かですが、そこからトラブルに発展したり、誤解を産んだりするのも事実です。

先のことまでを考えると、簡単に本音を言わないのが「深い考え方」と言えるでしょう。

深く考えることのメリットって?

ここまでは、深い考え方をする人の特徴についてご紹介してきました。

多少の融通の利かなさはあるものの、総合して見てみてると、とてもステキな人であることがよくわりますよね。

これまでは衝動で動いていた人や「何とかなる!」とノリで考えていた人は、深く考えて行動することをおすすめします。

ここでは、深く考えることのメリットをお伝えしていきますので、参考にしてみてくださいね。

臨機応変に対応できるようになる

ノリで動いていると、自分が考えてもいなかったようなイレギュラーな事態に陥ると一気にパニックになってしまいますよね。

上手くいくことしか考えていないので、少しの問題が発生しただけでもてんてこ舞いになってしまう人もいるでしょうが、最初にじっくりと深く考えていれば、「コレをすると、こういうことも起きそうなだ」などど。

色んなことを想像できるようになります。

こういった想像をしておくことで、不測の事態のシミュレーションができるのため、何があっても臨機応変に対応できるようになります。

これまでのように「こんなはずじゃなかった!」と慌てふためくことが少なくなりますよ。

先の事を考えて行動できる

物事を深く考えると、当面のことだけではなく、1手2手先のことまで考えて行動できるようになります。

勢いで行動していると、思い立って動くのはいいのですが「次、どうする?」となると立ち止まってしまう人が多いですよね。

例えば、無計画に「みんなで遊びたい!」と思って集合をかけても、いざ集まったときに無計画だと「何する?」となって困ってしまうこともあるでしょう。

遊びの場合はノープランならそれもまた楽しいものですが、これが将来にかかわる大きな選択であったり、仕事に関することであったりしたら、大変なことになってしまうことがあります。

重要なことほど、先の事を考えて行動するということはとても重要です。

そのときにちゃんと動けるようにするためにも、深く考えることが大事なのです。

先の事を考えるというのは刹那的に生きている人には難しいことかもしれませんが、ちょっとずつでもいいので「この次はどうしよう」ということをあらかじめ考えるクセを付けておくといいですよ。

冷静になれる

物事を深く考えられるようになると、あらゆる方向に考えをはせることができるので、何か起きても慌てることなく、冷静になれます。

何も考えずに無計画に仕事を進めていると、想定外の事態になったときに大慌てしてしまうものですが、計画をしっかり立てて起き得る事態を想定してから仕事に取り掛かっている人は、いざという時が訪れても冷静に対処することができます。

冷静さを欠くと、しなくてもいいミスを連発してしまいますし、周りからの信頼度も落ちてしまいます。

ですが、深く考えて冷静な気持ちを持つと「緊急事態でも狼狽えない冷静さがある」と信頼してもらえますよ。

理解力が高まる

深い考え方ができると、物事を色んな角度から見ることができます。

片面から見ていると1つの答えしか出すことはできませんが、見る角度を変えると、その面ことにそれぞれの答えがあることがわかりますよね。

そのため、深い考え方をすると色んなことを知れるので「理解力」を高めることができます。

1つの考えに縛られず、あらゆる面からあらゆる事態を想像し、理解するのはとても大きなメリットと言えるでしょう。

物事の根本まで知ることができる

物事を深く知ろうとすると、その根本まで理解する必要に迫られる場合があります。

ちゃんとした理解をするためには、しっかりと全体や根本も知っておかないといけないからです。

物事を深く考えるとなると、身近な人から聞いた話しやネット情報だけでなく、専門的な本を読んだり専門家の意見なども参考にしたりすることもあるので、かなり根本まで物事を知る機会に恵まれることでしょう。

人からすると「何か大事になっているね」「そこまでしなくても…」と思う人もいるでしょうが、深く考えることで「知るチャンス」を得ているので、誰も知らないことを知れるメリットとも言えます。

正反対!?深く考えない人の特徴とは?

ここまでは深く考えることについてを徹底的にご紹介していましたが、その反対の「深く考えない人」はどんな人なのかも気になりますよね。

ここでは、深く考えない人の特徴についてご紹介していくので「自分はどうなのかな?」ということも踏まえてチェックしてみてくださいね!

思い込みが激しい

物事を深く考えない人は、思い込みが激しいという特徴があります。

自分がそうなんだと思ったら「それしかない」と思いこんでしまうので、他の可能性や意見があるかを考えることをやめてしまうのです。

自分の中で答えがでたら、その固定された自分の考え方のみで行動するので、深く考える機会もありません。

もう思い込んでしまっているので周りの意見も行かないため、狭い視野や浅い考えで行動してしまうことでしょう。

楽観的

物事を深く考えない人は「何とかなるさ!」「明日のことは明日考えよう」と楽観的に構えている人が多いのが特徴です。

深く考えるのが面倒なので「なるようになる」と自分をごまかしている一面があります。

運よく、これまで上手くいってしまっているので、深く考えなくても何とかなってしまっていたのも問題かもしれません。

今までは偶然にも楽観的で何とかなってきたかもしれませんが、その考えがずっと通り続けることはありませんよ。

他人に流されやすい

他人の流されやすい人は、自分で物事を考えることを放棄してしまっていることが多いです。

「友達がこう言ってたから、自分もそうする」「今周りで流行ってるから、自分もそうする」などは、数ある他人の意見を選択して決定しているだけであって、自分でしっかりと考えて出した意見ではありません。

他人から「アナタもこうしようよ~」「アナタなら、コレがいいよ」など、人から自分のことを決めてもらうのがとても楽なので、それに流されて生きている人は、決して深い考え方を持っているとは言えません。

人の話を聞いていない

深く考える方の人は聞き上手な人が多いのに対し、深く考えない人は人の話しをあまり聞いていない人が多いです。

深く考えない人は「考えるよりも早く行動したい」というタイプの人が多いので、話しもそこそこに早く行動に移りたがります。

そのため、人の話しの中にある意味や重要なこと深く考えることも出来ず、突っ走って自滅することが多いです。

深く考えようという気持ちがあれば、人の話しも考える材料として真剣に聞くものですが、深く考えない人にとっては人の話しというのはあまり意味がないものなのです。

自己中心的

深く考えない人は、自己中心的な人が多いです。

自分のことが大好きで、自分さえ良ければいいと思っているので、周りがどんな気持ちになるのか、どれだけ困るのかということを考えることができないのです。

例えば、チームでやる仕事などの場合、自分の都合で動けば必ず周りに迷惑やしわ寄せが行くものです。

ですが、自己中心的な人は「自分のやりたいようにやる」がスタンスなので、周りのことなどお構いなしです。

物事を深く考えていれば、周りに迷惑がかかると自分の印象が悪くなることや、チームの仕事が滞ってしまうなどは簡単に想像がつくはずです。

この結果、仕事がうまくいかなったとしても「自分は頑張ってたのに、ほかの人は何をしていたんだ」と周りを責めるのも、自己中心的な人です。

自分のことだけ考えて、ほかのことは浅くしか考えられないというような特徴があります。

衝動的に行動する

深い考え方をする人は「慎重」なのが特徴的ですが、その反対に深く考えない人は「衝動的」であることが特徴です。

「思いついたら即行動!」をモットーをしている人も多いことでしょうが、その中には深く考えず、衝動的に行動をしている人も多いです。

とにかく動かないと始まらないのは確かですが、その「行動」には「深く考える」ということも含まれているので、まずは実行するのでなく、考えることから始めしょう。

言われたことだけしかやらない

深く考えていない人は、自分で考えて動くということに慣れていない人もいるため「言われたことだけしかやらない」という特徴があります。

コレは職場などでよく見かける「深く考えない人」です。

上司や先輩から仕事を頼まれても、指示された内容のことしかやりません。

ちょっと考えれば「ここまでやったほうが、先輩たちも後々ラクかな」「この内容なら、もう少し掘り下げた資料をつけてもいいかも」などと言われた仕事のプラスアルファまで考えが至りそうなものですが、深く考えない人はそんなところまで気付くことはありません。

とにかく「言われた範囲」の仕事しかやりません。

社会などでは「自分で考えて自発的に動ける人」がとても重宝されています。

自分で考えることをしない指示待ち族ではいけませんよ。

計画を立てるのが苦手

深い考え方をする人が計画的であるのに対し、深く考えない人は計画を立てるのが苦手な人が多いのが特徴です。

後先を深く考えていないので、計画を立てることをしないです。

身近なところでいけば友達と遊ぶ計画やデートプラン、仕事の進め方などもそうですし、お金のことや将来の計画に関しても計画を立てられません。

計画性の無さに、周りからは「あの子、いつもノープランだね」「将来のこととか、ちゃんと考えているのか?」と心配されてしまうこともあるでしょう。

時には深く考えることも大切!!

いかがだったでしょうか?
深く考えるということは、とても大切であることがお分かりいただけたことかと思います。

考えすぎて融通が利かなかったり、行動が遅くなってしまうこともありますが、それはしっかりと自分が納得できるまで考える力があることはとてもいいことです。

「自分は深く考える方ではなかったな」という人は、これからはちょっとずつでもいいので、時には深く考えてみることもしてみてはどうでしょうか?
深く考えることで悪い方向には行きにくいので、1度物事を真剣に徹底的に深く考えてみることをしてみるといいですよ。

そうすることで深く考えることの良さや重要さを理解することができるでしょう。

まずはプライベートの計画や仕事の進め方などの身近なところから「深く考える」訓練を始めてみるといいですよ!

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718