女性の皆さん、皆さんはアグレッシブな女性ですか?著者は決してアグレッシブとは言えず、どちらかと言うと引きこもり主婦です。

とはいっても、昔はアグレッシブ女子になろうとしてた時期がありました。

高校を卒業してデビューしようと思っていたのですが、やはり元々の性格というのは、なかなか変えられないものだなと思いましたね。

ですが、やはりアグレッシブな女性に関しては憧れがあります。

では、アグレッシブの女性は、どのように魅力的なところがあるのかなどを見ていきましょう。

アグレッシブな女性は魅力的!

著者もやはりアグレッシブな女性は魅力的だと思います。

自分にないものがありますので、そのような女性を見ると大変羨ましいところがありますね。

確かにアグレッシブゆえに波乱万丈になってしまうような人もいます。

もちろん、そこまでではないにしても程よくアグレッシブで非常に活発な女性という印象にとどまっており、落ち着いて見ていられるような女性もいます。

このようにアグレッシブな女性と一口に言っても、色々な女性がいますが、やはり彼女たちの共通している点としては、自分で決めて自分で行動を起こしているという点です。

だからこそ後悔もないですし、もし結果が伴わなかったとしても「でも、チャレンジして良かった」と思っているようなケースが多いです。

このような、まっすぐな生き方というのが人を魅了するところなのでしょう。

アグレッシブな女性が増えている

そのような女性は確かに昔からいたのかもしれません。

ですが、どちらかと言うと、時代が後押しをして、そのような女性が増えているようなところがあります。

基本的に最近は「女らしくしなさい」というようなことは言われなくなりました。

「大黒柱である男性を建てろ」とも言われませんし、どうすれば自立をしてやっていくようにということを、女性でも言われるようなところがあります。

ですので、元々の性格もあるにはありますが、それにプラスアルファで環境もそのようにさせているところがあります。

ですので、そのような女性が増えているというところがあるのです。

だからこそ、自分の決めた道を自分で進むという魅力的な女性が増えていると言えるでしょう。

女性が経済的にも精神的にも強くなっている


なぜそのようにアグレッシブな女性が増えているのかと言うと、まずは経済的に自立している女性が多いからです。

もちろん一般職の方と言うと、残念ながらそこまで給与が多いとは言えないところがあります。

そのような人も、うまく自立をしている人はもちろんいます。

最近は地方だと賃貸も余り気味であることから、家賃が安く抑えられるというところもあり、それでうまく自立している人もいるのです。

ですがその一方で、そのような一般職に留まらないような働き方をすることによって、経済的に強くなっている女性が増えているのです。

医療職がその最たるものでしょう。

看護師をはじめとして、検査技師やレントゲン技師など、色々な分野で女性が活躍しています。

そして何より、精神的に強いところがあります。

経済的に強いからというのもあるのかもしれませんが、精神的に強い女性が多いので、アグレッシブになっているというところがあるのです。

テレビや雑誌などの影響もある

テレビや雑誌というのは、非常に影響を受けやすい所があります。

特に10代など、非常に若いうちの吸収率が良い時に、そのような文化に触れることによって強くなっていくところはあるでしょう。

更には、どちらかというと日本人は色々と影響を受けやすい傾向にあります。

ですので、健康番組で「この食材が良い」ということが広まると、その食材は店頭から消えることがよくあります。

最近は「経済的な自立をしている女性が良い」と言われているところがあります。

著者も20代の時や10代の時は、そのような雑誌を見たことがありますが、やはり自分の道を自分で決めて生きる女性が美しいとされていました。

掲示板などを見ても、非常にそれが顕著で「あまり働きたくない」というような女性に関しては、厳しい意見が並ぶことが多いです。

やはりそのような点も、影響を受けやすい日本人だからこそと言えるでしょう。

ですので、そのような影響から女性が強くなっているところがあります。

昔の女性は大人しくて控え目だった

先ほども触れたように、昔の女性はあまり職業に選択肢は多くなく、どちらかといえば「結婚すれば、それで良し」とされていた時代だったのです。

ですので、おとなしくて控えめな女性の方がよいとされていました。

ですので、家事や育児などがしっかりとできる女性の方が、重宝されるところがあったのです。

さらに昔をと言うと、農業などで生計を立てていたので、女性も働いていました。

ですがやはり、男性と結婚しないと生きていけなかった時代ということには変わりありません。

そして高度成長期は、女性が家事や育児を担うことによって、男性が猛烈に働いた時代です。

このような点から、昔の女性というのは、おとなしくて控えめであることが良いとされていて、そのような女性が多かったのです。

女性とはそうあるべきものという価値観

なぜそのようなことになっているのかと言うと、やはり昔からの価値観というものがあったのです。

「このようにあるべき」というような教育がなされていたので、小さな頃からの躾で、そのようになっているというところがあります。

やはり幼少期のしつけというのは、大きな影響があります。

それはなぜかと言うと、基本的に子供は親の言うことを聞いていかないと生きていけないような弱い存在です。

ですので、親の望むような姿になろうと努力をしているところがあるのです。

そして躾というのは、昔から「こうであるべき」というような、ある意味刷り込みとも言えます。

ですので、女の子であれば「女性とはこういう存在であるべき」と言われるようなところがあったのです。

ですので、男性を立てて控えめであることが良しとされていたのです。

今は昔の「家事や子育ては主に女性が担うべき」という価値観と「アグレッシブで活動的であるべき」という価値観との境目が現代であるとも言えます。

アグレッシブなのは良いけれど、なおかつ家事や育児もやはり女性が主に担うべきというような風潮はまだあります。

もちろん最近は、男性でも育休を取ることができるにはできますが、やはりあまり浸透していません。

ですので、今はそのような価値観とアグレッシブな女性というような価値観の境目といったところでしょう。

アグレッシブであることにはメリットがいっぱい

女性がアグレッシブであることというのは、メリットがたくさんあります。

もちろん昔は、控えめである女性が良いとされていたという時代もありました。

ですが、なんだかんだ言って、昔から女性は強いところがあったのです。

高校時代に歴史を習ったことがありますが、三行半というような制度が江戸時代にあったといわれています。

男性が一方的に離婚を切り出すと、それを実行できるというものです。

ですので女性は「それに逆らえずに弱い」というようなイメージがありますよね。

ですが実際は、あまり実行されなかったと言われています。

それはなぜかと言うと、やはりなんだかんだ言って女性は強いのです。

ですので、怖くて三行半を実行できなかったというような背景があったと言われています。

アグレッシブな女性の13個の特徴と心理


アグレッシブな女性と言うと、どのような特徴があるのでしょうか?

アグレッシブな女性の特徴というものを13個見ていきましょう。

自分に自信がある

基本的にアグレッシブな女性は、自分に自信があります。

この自信という積み重ねが、非常に難しいところがあり、こちらは昔からの積み重ねているところがあります。

親のしつけなどもあるのかもしれません。

ただその一方で、やるべきことはやってきたということも自信であったり、たとえそうではなくても「自分は絶対に大丈夫だ」と思える自信があるというような点が、非常にアグレッシブな女性が魅力的に見える特徴でしょう。

やはり自信がなくおどおどしている人よりかは、自信満々で色々なことを試していくというような女性の方が魅力的に映るのは一理あるでしょう。

あまり自分に自信が持てないという女性の方であっても、もし生育歴に問題があったとしても、自分でそのようなことを直していくことは十分に可能です。

小さなことを目標に定め、それを達成できることに自分を褒めてあげるのです。

それを繰り返していくうちに「自分も結構できるじゃない」と思うところがあります。

そうすることによって段々と、自分に自信がついてくるところがあるのです。

ですので、「自分に自信が持てないから駄目だ」ということは思わず、小さな目標を達成して「できる自分」というのを味わってみましょう。

そうすることでアグレッシブ女性に近づけるかもしれません。

自分のことが好きである

なぜ自分に自信があるのかと言うと、基本的に自分のことが好きなのです。

ナルシストとはまた違うのですが、アグレッシブで色々なことにチャレンジできる自分を好きだと思っているのです。

自分が好きと言うと先ほども出たように、ナルシストのように思え、なんだかあまり良くないことのように思います。

ですが、やはり新しいことにどんどんとチャレンジしていく力や、人を愛する力というのは、やはり自分のことが好きである人、つまりは、自分を愛することができるということにかかっているところがあります。

ですので、新しいことに飛び込んで行くようなタイプの人は、自分のことが好きで「自分は絶対に大丈夫だ」と思えるようなところがあるのです。

逆に否定されて育っているような人は、なかなか新しいことにチャレンジできないところがあります。

それは何自分のことが好きで自分に自信があるということは非常に大切なことなのです。

楽しいことが大好き

基本的に楽しいことが好きだからこそ、そのような楽しいことにどんどんと踏み込んでいくというようなところがあります。

このようなタイプの人は、楽しいことについてどんどんと踏み込んでいくうちに、それが仕事になっていたというようなこともあるような人たちです。

ですので楽しいことが大好きということから入っていくので、色々なことをどんどんと吸収をしていて、ともすればそれをお金に変えるような力すら持っているようなケースがあります。

ですので、自信家で新しいことにどんどんと進んでいくというようなところから人を惹きつけるところがあります。

テンションが上がりやすい

このようなアグレッシブなタイプの人は、基本的にテンションが上がりやすい所があります。

著者にも昔、高校生の時にそのような楽しいことが大好きでテンションが上がりやすいタイプの人がいました。

このような人は大抵は色々な新しいことにチャレンジしていき、学園祭などのことについてもテンションを上げて、いろいろと周りを引っ張っていくようなタイプでしたね。

このような人は楽しいことが大好きということで、その好きというのが原動力になっているところがあるのです。

ですので、色々なことを喜々として成し遂げていくところがあります。

このようなところは著者もいいなと思ったものですが、やはり著者はそのような人間にはなりそうにないなと同時に思ったものです。

ネガティブ思考が嫌い

人間はやはり、生きている以上はポジティブばかりというわけにはいきません。

時にはネガティブになってしまうこともあるでしょう。

ただネガティブな思考があまり好きではないということで、すぐに切り替えができるところがあります。

ネガティブと言うとあまり良くないようなイメージがありますが、やはり危機回避というような意味合いからある程度はネガティブ思考も重要です。

ですが、ネガティブ思考というのは、時にその人の足を重くし、ともすれば足を引っ張るところがあります。

ですがアグレッシブな女性は、それをも一蹴できる力があります。

悩まず勢いで決めることが多い

基本的にそのような人は、悩まず勢いで決めるような人が多いです。

悩むのがあまり好きではないということで、どちらかというと直感で選んでしまうところがあります。

ともすれば、それが、失敗の種になるような可能性もあるにはありますが、とりあえず進むということで、色々な経験を積むことができるのも、このような女性の特徴です。

色々な失敗があるということは、次にどうしたらよいのかというような手を打つことができるので、決してそれは悪いことではありません。

もし仕事を勢いで決めてしまい、それが合わなかったとしても、次はそのような仕事を選ばなければ良いというような選択肢によって、同じ失敗は回避できますので、そのような点もアグレッシブ女性の良い点の一つです。

気持ちの切り替えが早い

仮に勢いで決めてしまって失敗してしまったとしても、次の気持ちの切り替えが早いですので、だんだんと「次はこのようにしよう」というような感じにすることができます。

確かに失敗と言うと、痛い経験ですし、あまりしたくないものです。

ですが、この失敗を元に、色々なことにチャレンジできますので、それさえも早めに切り替えて新しい選択をしていくことによって、成功へ近づいていくことができます。

著者もどちらかというと、ネガティブ思考なのですが、やはり自分にはだめかもしれないからやめようというようなことを繰り返していくうちに、段々と選択肢が狭まっていくというような経験もしたことがあります。

ですので失敗も早く切り替えて新たなチャレンジができる点は、アグレッシブな女性の大きな利点の一つです。