CoCoSiA(ココシア)

道徳とは?道徳心のある人の12個の特徴


物事の善悪を判断して、自分が正しいと思う道を進む人に対して、「あの人は道徳心があるね」などと言うことがあります。

道徳心とは道徳を守ろうとする心ですので、そうした人は正義感が強く、常に真っ直ぐで嘘偽りのない生き方をしようとすることが多いです。

そんな道徳心のある人には、具体的にどのような特徴があるのでしょうか?道徳心のある人の特徴や、自分も道徳心を持つための方法についてご紹介します!

道徳心ってどういう意味?

道徳心とは、道徳を守ろうとする心のことです。

道徳そのものは、社会の中で物事の善悪を判断して、善を成そうとするための規範ですので、道徳心がある人はすなわち、「物事の善悪を判断する力を持ち、また常に善を成そうとする人」のことです。

道徳心がある人は、自分が常に正しくあろうとするため、悪いことに手を染めることがなく、また悪事を働く人に対して厳しくそれを糾弾することがあります。

そのため、悪事を成そうとする人とは根本的に考え方が違い、分かり合えない部分も多いです。

道徳心が強い人は、自分の道徳心を正しいものだと信じて疑わず、常に正しいことを行おうとしますので、時には「正義感が強すぎる」と周囲の人から非難されることもあるでしょう。

皆が何となくその場の雰囲気に流されてしまう時でも、一人だけ「それは間違っている!」と主張する強さを持っているために、その道徳心の強さが浮いてしまうこともあります。

しかし、道徳心そのものは素晴らしい心であり、社会が正しく回っていくためにも必要な心ですので、道徳心のある人は周りの人たちから悪意や敵対心よりも、敬意や好感を持たれることの方が多いでしょう。

道徳心のある人の12個の特徴


道徳心のある人は、常に善悪を判断して、正しい行動をとろうとします。

その行動は見ていてとても明快で、かつ尊敬できるものが多いでしょう。

疚しい気持ちを持っている時には、道徳心のある人の側にいることで気まずさを覚えたり、罪悪感を覚えたりすることもありますが、自分も同じように正しく生きたいと考えている人にとっては、目標とすべき人物である場合も多いです。

そんな道徳心のある人には、どのような特徴が見られるのでしょうか?具体的な特徴を挙げていきます。

正義感が強い

道徳心がある人は、常に物事の善悪を判断して、正しいことを行おうとします。

その気持ちは正義感に溢れているため、悪事に手を出そうとすることなく、いつも正しい道を進もうとするでしょう。

正義感が強いと、自分が常に正しいことをしようとするだけでなく、悪事を働く人を見たら厳しくそれを糾弾しようとします。

そのため、悪いことをしている自覚はあってもそれに流されている人や、善悪の中間のあたりをふらふらとしている人にとっては、道徳心がある人の正義感は気まずいものに思えたり、何となく距離を置いたりしようとすることもあるでしょう。

また、正義感の強さが仇となり、場合によっては孤立無援になってしまうことや、周りの人たちから責められてしまうこともあるかもしれません。

しかし、本当の意味で正しいことを成そうとしているのはどちらかということは、その場にいる誰もが承知していることがほとんどでしょう。

正義感が強い人は、例えどんな状況下でも決して自分の正義を曲げることはない意志の強さを持っています。

人の悪口を言わない

道徳心のある人は、人の悪口を言うことがありません。

もちろんいくら道徳心があったとしても、他人に悪口を言われたり、不愉快なことを言われたりすれば、嫌悪感や苛立ちの感情を持つことはあります。

しかし、だからといって自分まで人の悪口を言うことは良くないことだと考えているため、目の前で人から悪く言われたとしても、大人気なく言い返すような真似はしないでしょう。

悪口に悪口で返すことはしなくても、冷静に相手の言葉に反論して、理論的に相手を言い負かそうとすることはあります。

傍から見れば言い争いに見えるかもしれませんが、よく見ればどちらが有利でどちらが正しいのかは誰が見ても分かることでしょう。

不愉快に思うことがあっても、それを口に出すのは良くないことだと分かっているため、少なくとも人が見ている前では決して悪口を言おうとはしないでしょう。

約束は必ず守る


道徳心がある人は、一度交わした約束は必ず守ります。

もしどうしても約束が守れなさそうな時でも、出来る限りのことはして、相手との約束を守ることを優先させようとするでしょう。

その姿勢は相手にもしっかりと伝わるため、例え約束が守られることがなかったとしても、道徳心のある人を責めようとする人はいないでしょう。

道徳心がある人は、約束を交わしたことは何としてでも守ろうとします。

それが約束した相手に対する誠実さや礼儀の表れであることを自覚しており、また自分の道徳心を貫くために必要不可欠なことであるとよく理解しているからです。

そのため、どんなに些細な口約束だとしても、約束したことは必ず守ろうとするでしょう。

義理人情に厚い

道徳心がある人は、同時に義理人情にも厚いです。

困っている人がいればさっと手を差し伸べようとしますし、助けた相手に対して見返りを求めるようなこともしません。

困っている人を助けたという自分自身の行為に自己満足をしているため、相手に対して明確な見返りが欲しいという感情がないのが特徴的です。

職場で大量に仕事を抱えている人がいれば、自分がそれを手伝うことで何のメリットもなかったとしても、進んで手伝おうとしますし、悩んでいる人がいれば積極的に相談に乗ろうとするでしょう。

その一方で、もし自分が助けてもらうことがあれば、その恩を忘れることなく、必ず何かの形で相手に返そうとします。

与えられずとも与え、また与えられれば必ずその恩に報いようとする情の厚さから、周りの人たちからの人望も集まりやすいでしょう。

空気が読める

道徳心がある人は、常に正義感を持って行動していますが、さらに空気が読める人が多いです。

明らかに間違いを犯している人たちがいれば、それを恐れることなく糾弾する意志の強さを持っていますが、例えばそれが今この場でするべきではないと感じた時には、きちんとその場の空気を読んで黙っています。

そして悪いことを「悪い」と口にしてもいい状況になった時には、堂々と間違いを指摘することでしょう。