CoCoSiA(ココシア)

モラル違反をする人の11個の特徴(続き4)

変なプライドを持つことは辞めて、謝罪できるようにしましょう。

先に謝罪した方が実は有利な場合が多いですよ。

ぜひ、ここは頭を固くするのではなく、柔らかくしていきましょうね。

常識がない

どう考えてもそんなことしないだろうという行動をとってしまう人っていらっしゃいますよね。

いわゆる常識のない人と言いますが、常識はそのテリトリー内でしか通用しないものがほとんどですが、万人に共通しているようなものもあり、それができていない人は結構多いのです。

いわゆる当たり前のことなのですが、モラル違反をする人のほとんどが当たり前のことができていないのです。

厄介なタイプには、逆にこの当たり前を利用して、モラル違反している自分の行動を当たり前と言ってくる人もいらっしゃるので気を付けましょう。

挨拶ができない

当たり前のことですが、挨拶ができないのは人としてどうかと思います。

刑務所に収監されている牢人でさえ、挨拶はしっかりと行いますよ。

つまり、挨拶ができないことがどれだけ常識から外れているのかを認識した方がいいのです。

でないと、この先の社会で生きていくことは難しいですよ。

挨拶をすることが恥ずかしいと思っている方はいらっしゃいますが、そんなことはございません。

挨拶をすることで、恥ずかしさが吹っ飛んでしまうこともありますので、ぜひ、するように心がけましょう。

言葉遣いが悪い

なぜか常に誰に対してもタメ口の方っていらっしゃいませんか?おそらく、思い当たる人もいらっしゃるかもしれませんが、このような人は外から見ていると、すごく印象が悪く見えてしまいます。

なぜかと言いますと、大人の場合、敬語で話すのが普通なので、タメ語で話している光景を見るとものすごく違和感を感じてしまうのです。

例え、それが年下であってもです。

言葉遣いの悪さはあなたの評価を下げてしまう行為ですので、辞めるようにしましょう。

ポイ捨てをする

どう考えてもおかしいと思うのですが、平気でタバコのポイ捨てをする人がいらっしゃいますが、路上はあなたのモノではございませんよ。

故にしっかりごみ箱に捨てるべきなのですが、なぜそれができないのでしょうか?タバコを吸っている人の中には思考回路がおかしくなっているともいわれていますが、そうではございません。

見られていないとか、自分だけではないと言った考えが充満しているのです。

なぜなら、タバコを吸っているのは自分だけでないからです。

ただ、ポイ捨ては子供のやけどや火事につながってしまう危険性があるので、辞めるようにしましょう。

というよりも立派な軽犯罪になっていますよ。

自分以外もしているでは済まされない行為なのです。

その辺りをしっかり自覚に持ちましょう。

タバコを吸ってはいけないと言うわけではございません。

大声を出す

とにかく大きな声で話す人っていらっしゃいますよね。

まあ、大きいことに罪はありませんが、場をわきまえて声のトーンを調整してほしいとは思います。

しかし、それができない人が多いのはモラル違反をするタイプの人なのです。

このような人は内容はどうでもいいけど大きな声で話しておけば問題ないと思っているのです。

なぜなら、声の大きい人の言うことを聞いてしまうと言う例が多いからです。

半分は脅しのようなものなのですが…。

ミスをしても開き直る

モラル違反をする人は、ミスに関してもそんなに重く受け止めていません。

なぜなら、自分が犯してしまったことに関して責任を持つことができないのです。

このような人は、企業側から見ると雇いたいと思えないのです。

なぜなら、ミスを受け止められないのであれば、成長ができていないと言うことになるのです。

成功は失敗のもとと言いますが、ミスを受け止められない時点で、成功へは向かうのは難しいのです。

思ったことをすぐに口に出す

モラル違反をする人は、何も考えていない可能性があります。

なぜなら、思ったことをすぐに口に出すのです。

これを言ったら相手が傷つくのではないかと言うこともわかっていないのです。

口に出す前に一旦考えればセーブできることなのですが、それができていないのです。

なぜかと言うと、考えていないからです。

考える力を持っていれば、思ったことをすぐに口に出すことはなくなりますよ。