CoCoSiA(ココシア)

「本気でやる!」と決めたなら!上手く進めるための7個のコツ


何をやるかはともかく、本気になると決めたら頑張り抜きたいところです。

とはいえ、「当初の意気込みとは何だったのか…」と自分でも思うくらい、段々やる気が失せてくることは少なくありません。

頑張るというのは、そう簡単なことではないので、続けるためにはコツをおさえておく必要があります。

自分の気合いが勝手に持続してくれるなどとは過信せず、自己コントロールできるようになりましょう。

「本気でやる!」と決めたあなた!

ダイエット、掃除、仕事、婚活、お金持ちになることなど、何かに対して「本気でやる!」と決めたことは素晴らしいです。

その本気、前も言っていなければ、の話ですが…。

よくあるのは「ダイエットするぞ!」の挫折体験。

ダイエット器具を買い込んで3日くらいは使ったのに、もう物置の奥にいるなんてこと、よく聞きますよね。

決意するまでは良くても、行動し続けるのは難しいのです。

なぜなら、モチベーションなんてすぐに下がってしまうから。

過去に何かしらで挫折してしまい、今になってみれば「もっとやれたんじゃなかろうか」と思うところがある人は、何故決意が持続しなかったのかを考えてみましょう。

「本気でやる!」と決めたなら!上手く進めるための7個のコツ

本気でやり続けるコツを知っていると、挫折しにくくなります。

やむおえない事情で諦めることはあるでしょうけど、少なくとも自分の意志で放り出すことはなくなるはずです。

取り組む事柄や個人の性格によって、何が効くかは異なりますが、汎用的なコツを7つご紹介します。

1.目的を持つ


まずは言葉の違いについて解説します。

「目的」は最終的に到達したいものであり、「目標」は目的に向かっていく中での当座の道しるべです。

大学受験でいえば「◯◯大学に入学するぞ!」が目的で「今日は英単語を30個覚えるぞ!」が目標といえます。

今ある知識だけでも入れる大学に進学するなら、新たに英単語を覚えるという目標は必要ありませんよね。

ダイエットでも「体重減らすぞ!」が目的ではなく、体重を減らしたことで何を得たいのか、が目的です。

仮に「この服を格好よく着こなしたい」が目的なのだとすれば、ただ体重を減らすことではなくて、体型を美しくすることであるとか、メイクの技術を向上することであるとか、他にも必要なことが見えてくるでしょう。

このように、目的が定まらないと目標を立てることはできません。

ゴールを決めておく

ゴールは何かを考えてみます。

これを見誤ると計画が総崩れするので気を付けましょう。

たとえば、「庭つきの一戸建てに住んで悠悠自適に過ごす」がゴールだったとします。

今すぐは現実的に無理なので、60代までに達成することにしました。

そこで出てくる目標は「20代のうちはスキルアップに時間をかける」「30代までに出世する」「40代で金を稼ぎきって家を購入」「50代で早期退職」などです。

とりあえず家は購入しておき、悠悠自適な生活のために早期退職という計画は、目的からの逆算で成り立ちます。

しかし、多くの人は目的を掲げないまま目標を設定しがちです。

「出世する」のがどうして必要なのか、自分自身で分かっていないと意味がありません。

さらに、目的が定まっていないと、ただの目標が目的にすり替わってきてしまいます。

いつのまにか出世することが目的になれば、延々と地位を追い求め続けるハメになり、定年退職後、手元に何が残るのかは謎です。

夢や目標があるほど効率よく進む

夢や目的は大きなもの、かつブレないものであるべきです。

ザックリ「大金持ちになるぞ!」とか「時間に縛られない暮らしを目指すぞ!」とかがおすすめ。

これを細分化してしまって「サッカー選手になるぞ!」「漫画家になるぞ!」など特定領域に絞り込むのはやめましょう。

達成できないことが見えた時に急にやる気が失せるし、目標として立てていたものが全部ナシになってしまいます。

それに、サッカー選手や漫画家になれたとしても、そこからどう生きていくのかを考える方が重要です。

大枠の夢や目的に対して、それを達成するための目標を細分化、さらにその目標へ到達するための手段を考えるといった具合に、段階を設定して効率よく進めていきましょう。

2.情熱を持つ

情熱なんて言葉を使うと「意識高い系ね。

ハイハイ」って感じもしますが、情熱が全く無いと何をやるにも結構シンドイですよ。

超絶高い目標に向かって驀進するほどの熱意じゃなくてもいいので「これは好きだな」「もうちょっと良いやり方はないかな」「興味があるぞ」くらいの感情は付随させましょう。

目的に向かう中では、良いことばかりが起こるわけではないので、面倒臭いことにブチ当たったときのモチベーションをどこかに持っておくのがコツです。

情熱を持つことでどんな困難にも立ち向かえる

「どんな困難にも立ち向かえる」というメンタルでいこう、という話です。