何をやるかはともかく、本気になると決めたら頑張り抜きたいところです。

とはいえ、「当初の意気込みとは何だったのか…」と自分でも思うくらい、段々やる気が失せてくることは少なくありません。

頑張るというのは、そう簡単なことではないので、続けるためにはコツをおさえておく必要があります。

自分の気合いが勝手に持続してくれるなどとは過信せず、自己コントロールできるようになりましょう。

「本気でやる!」と決めたあなた!

ダイエット、掃除、仕事、婚活、お金持ちになることなど、何かに対して「本気でやる!」と決めたことは素晴らしいです。

その本気、前も言っていなければ、の話ですが…。

よくあるのは「ダイエットするぞ!」の挫折体験。

ダイエット器具を買い込んで3日くらいは使ったのに、もう物置の奥にいるなんてこと、よく聞きますよね。

決意するまでは良くても、行動し続けるのは難しいのです。

なぜなら、モチベーションなんてすぐに下がってしまうから。

過去に何かしらで挫折してしまい、今になってみれば「もっとやれたんじゃなかろうか」と思うところがある人は、何故決意が持続しなかったのかを考えてみましょう。

「本気でやる!」と決めたなら!上手く進めるための7個のコツはこれ!

本気でやり続けるコツを知っていると、挫折しにくくなります。

やむおえない事情で諦めることはあるでしょうけど、少なくとも自分の意志で放り出すことはなくなるはずです。

取り組む事柄や個人の性格によって、何が効くかは異なりますが、汎用的なコツを7つご紹介します。

1.目的を持つ


まずは言葉の違いについて解説します。

「目的」は最終的に到達したいものであり、「目標」は目的に向かっていく中での当座の道しるべです。

大学受験でいえば「◯◯大学に入学するぞ!」が目的で「今日は英単語を30個覚えるぞ!」が目標といえます。

今ある知識だけでも入れる大学に進学するなら、新たに英単語を覚えるという目標は必要ありませんよね。

ダイエットでも「体重減らすぞ!」が目的ではなく、体重を減らしたことで何を得たいのか、が目的です。

仮に「この服を格好よく着こなしたい」が目的なのだとすれば、ただ体重を減らすことではなくて、体型を美しくすることであるとか、メイクの技術を向上することであるとか、他にも必要なことが見えてくるでしょう。

このように、目的が定まらないと目標を立てることはできません。

ゴールを決めておく

ゴールは何かを考えてみます。

これを見誤ると計画が総崩れするので気を付けましょう。

たとえば、「庭つきの一戸建てに住んで悠悠自適に過ごす」がゴールだったとします。

今すぐは現実的に無理なので、60代までに達成することにしました。

そこで出てくる目標は「20代のうちはスキルアップに時間をかける」「30代までに出世する」「40代で金を稼ぎきって家を購入」「50代で早期退職」などです。

とりあえず家は購入しておき、悠悠自適な生活のために早期退職という計画は、目的からの逆算で成り立ちます。

しかし、多くの人は目的を掲げないまま目標を設定しがちです。

「出世する」のがどうして必要なのか、自分自身で分かっていないと意味がありません。

さらに、目的が定まっていないと、ただの目標が目的にすり替わってきてしまいます。

いつのまにか出世することが目的になれば、延々と地位を追い求め続けるハメになり、定年退職後、手元に何が残るのかは謎です。

夢や目標があるほど効率よく進む

夢や目的は大きなもの、かつブレないものであるべきです。

ザックリ「大金持ちになるぞ!」とか「時間に縛られない暮らしを目指すぞ!」とかがおすすめ。

これを細分化してしまって「サッカー選手になるぞ!」「漫画家になるぞ!」など特定領域に絞り込むのはやめましょう。

達成できないことが見えた時に急にやる気が失せるし、目標として立てていたものが全部ナシになってしまいます。

それに、サッカー選手や漫画家になれたとしても、そこからどう生きていくのかを考える方が重要です。

大枠の夢や目的に対して、それを達成するための目標を細分化、さらにその目標へ到達するための手段を考えるといった具合に、段階を設定して効率よく進めていきましょう。

2.情熱を持つ

情熱なんて言葉を使うと「意識高い系ね。

ハイハイ」って感じもしますが、情熱が全く無いと何をやるにも結構シンドイですよ。

超絶高い目標に向かって驀進するほどの熱意じゃなくてもいいので「これは好きだな」「もうちょっと良いやり方はないかな」「興味があるぞ」くらいの感情は付随させましょう。

目的に向かう中では、良いことばかりが起こるわけではないので、面倒臭いことにブチ当たったときのモチベーションをどこかに持っておくのがコツです。

情熱を持つことでどんな困難にも立ち向かえる

「どんな困難にも立ち向かえる」というメンタルでいこう、という話です。

目的を設定し、それを達成するまでは頑張るぞと思うことで、不都合が生じても乗り越える気が湧いてきます。

たとえば先述のように「将来マイホームを手に入れるぞ!」が目的であれば、手段はどうあれお金を貯めようと思うはずです。

今月はやむおえない事情でお金を使ってしまっても、来月はちゃんと貯めようとしますよね。

節約は何の目的もなく続けるのは難しいですが「今年はいくら貯める」という目標が見えれば、過不足も分かりやすいので帳尻を合わせようとする力が働きます。

意識的に自分を鼓舞できないときでも、1つ軸となる情熱があると持ち直しやすいので、何かしら見つけましょう。

熱意がなければ続けることができない?

惰性で続けることは誰にでもできますが、同じ物事にあたるにしても熱意の有無で見えてくる世界が違います。

わずかなことでも勉強になるかどうかの違いといった方がわかりやすいでしょうか。

熱意だけ溢れてやることは全然だと意味はないものの、自分の目的に向かってまい進する中では自然と無駄を省いて効率化しようとするものです。

たとえルーティーンワークでも、効率的なやり方はなんだろうかと考えながら取り組むのと、マニュアル通りにやろうとするのとでは数か月後の成果が違ってきます。

自分の努力が加わった成果が通常より勝るとなれば、持続するモチベーションを保ちやすくなるでしょう。

3.悔やまない

後悔しやすいのが、先述の「サッカー選手になるぞ!」「漫画家になるぞ!」といった狭き門を目的にしてしまった人です。

困難に立ち向かうことは誰でもできますが、才能が問われることはやっぱり向き不向きがあります。

だからこそ、大人になるにつれて「こりゃ自分に向いていないなぁ」と気づいたときに「今までの努力の意味!」と思ってしまうのです。

目的は“頑張れば誰にでもできること”にすることをおすすめします。

それなら頑張ればいいだけなので、達成できなければ自分の努力が足りなかったと認識できるでしょう。

後悔するにしても、それを目的にしたことではなくて、自分の行動に対してですから、まだやり直すチャンスが見出せます。

決めたことは最後まで!

目的が大きいものである以上、各目標に到達し続けなければ段階を進んでいくことはできません。

その日、その週、その月にやると決めた目標は最後までやりましょう。

そうした積み重ねが大きな目的達成につながっています。

このモチベーションを持ち続けるのは、口で言うほど簡単なことではありませんが、「最後までやりきったぞ」という経験によって自信が出てくると、物事に取り組むのが楽しくなるはずです。

そのレベルになるまでは、なんとか踏ん張ってやってみましょう。

絶対に諦めない

まず大前提として、世の中には使命を持っている人なんて1人もいないということを覚えておきましょう。

政治家も医者も弁護士も裁判官も、どんな人だって、やりたいからやってるだけです。

逆に言うと、本人が「やーめた!」と決めればいつでもやめられます。

無責任だと言われようとも、本人のやめたい気持ちが強い以上、その個人の自由を侵害されるべきではありません。

当人の判断でいつでもやめられることばかりなのですから、諦めたらそれまで。

自分に言い訳をして逃げ道を作るのも自由、効率の悪いやり方でダラダラ続けるのも自由です。

自由だからこそ、数十年後の自分が後悔しないように、最短で進める方法を考えたり、今かけられる負荷はかけておいても良いのではないでしょうか。

4.終わった後はご褒美を用意する!


自分に追い込みをかけてエンドレスに進んでいく人もいますが、それができるのは、ある意味才能なので平均的には無理です。

たまにはご褒美を用意して盛大に自分を甘やかしましょう。

リラックスして脳を空にすることで、また新たな視点で物を見れるようになる、というメリットも含んでいます。

より本気で取り組むことができる

ご褒美を旅行とした場合、調査によると計画段階の幸福度が平均8週間持続したとのことです。

ご褒美を得た後は2週間もすれば幸福度が下がるようですが、計画段階の気持ちが高まるのであれば、ご褒美を用意すること自体に意味があるといえます。

目標ごとにご褒美を設定

さて、ご褒美を与えるのは目的を達成したときではありません。

それでは遠すぎます。

もっとこまめにモチベーションを上げてやらないと持続できなくなるので、目標毎に設定しましょう。

小さな目標には小さなご褒美、大きな目標には大きなご褒美というように緩急をつけて自分の気持ちをコントロールするのがコツです。

罪悪感をもたらさないご褒美の選出が重要

何がご褒美向きかは人それぞれです。

貯金をするという目標があるのに、節約のご褒美が数万円もする豪華旅行では、豪華旅行をすることを目的に節約していた感じになってしまいます。

同じように、美しいプロポーションを手に入れるためにダイエットをしているのにケーキバイキングで死ぬほど食べる、スッキリした部屋を目指して断捨離しているのに大型の買い物をするというのも本末転倒です。

自分で自分に与えるご褒美はお金や時間を消費することですから、罪悪感を抱くことなく短時間で幸福感が得られるものにしましょう。

あるいは、それを見るだけでテンションが上がるような趣味の小物などでもOKです。

5.弱音を吐かない

全然ツラくないときに「あぁ~ツライわぁ~」と言ってみてください。

なんだかツラい気がしてきます。

これは音読による暗記と同じ効果があって、自分の口から出た音を自分の耳で聞くので、アウトプットとインプットの2度も同じ言葉を処理することになり、定着してしまうことになります。

弱音を吐くと、実際はそれほどではなくても、そういう気がしてくるので、せめて口には出さないようにしましょう。

イライラがつのって声を出したいときは「あぁ!!」など無意味な音にするべきです。

後ろ向きの姿勢は本気度を下げてしまう

形から入るというのは結構大切。

普段はめちゃくちゃだらしない人でも、スーツを着ると気がビシッとしたりしますよね。

やる気はまだ出ていなくても、姿勢を正して、口から出まかせでも構わないので「やれる気がしてきた」とでも言ってみましょう。

後ろ向きにあぁでもないこうでもないとやっているより、勝手にやる気が出てきます。

あとは、そのちょっぴり出たやる気に任せて着手さえすれば、少なくとも進行するので何もやらないよりマシです。

なるべくポジティブな発言をする

後ろ向きなことを言うと先ほど説明したように、自分の中で意識が強くなってしまいますから「めちゃくちゃ楽しい!」「幸せだ!」「かなりできたぞ!」といった明るい言葉を発しましょう。

もうこの際嘘でもいいです。

そんな気がしてくる言葉で自分を鼓舞することに意味があるので「いや…全然できてないし…」というのは考えないことが大切。

また、周りを巻き込まないと達成できないような仕事なのだとしたら、明るいことを言っていた方がいいです。

リスクヘッジの部分はいちいち口に出さなくても、やることをやっておくしかありません。

周囲があまりにも楽観視しすぎて準備不足というのでもない限りはモチベーションを高く維持することに努めましょう。

6.考える前に行動をする

何も考えずに手を出してみろ、という話ではありません。

それはただの無鉄砲である上に、非効率極まりないでしょう。

「考える前に行動する」ことを勧める理由は、やると決めた時点で考えは整っているはずだからです。

何かをやろうと思うとき、それを紐解いてみれば、何故やろうと思ったのかという動機が必ずあります。

そして何から始めるかというおおよその見込みも、意識しないまでも脳内で整理されています。

そこからさらに考えてから行動するというのは、時間がもったいないです。

決心に至った自分を信じて取り組み始めましょう。

行動をしないと先に進むことができない

計画を練りに練ってから行動する慎重さも否定はしませんが、計画段階というのは大体完璧に見えて、実際にやってみると抜け漏れがあるものです。

これは旅行の計画とも似ています。

移動時間まで含めた完璧なプランをつくっても、現地に行ってみると魅力的な観光地の案内をみつけたり、美味しい食べ物に出会ったり、なんだかんだしている内に計画が狂っていくことは少なくありません。

やると決めたことも、進めていく中で見えてくる手法が当初の計画よりも効率的であったり、思わぬ協力を得てスピードアップできることがあります。

行動しながら練り直すくらいの柔軟性を身に着けながら、できることから先に進めましょう。

7.行き詰ったら身体を動かそう!

ご褒美とは別に、たまには身体を動かしてリフレッシュすることも大切です。

頭をつかうことをしているときほど、肩や首筋が凝り固まってストレスを感じがち。

これを解消しないと、後々より辛い状態になるかもしれません。

運動して血行をよくすれば、いくらか改善することができますし、肉体的な疲労があることでぐっすり眠れるという嬉しさもあります。

心もスッキリしてまた新たに取り組むことができる

血流がよくなると脳が活性化され、思考力が高まるといわれています。

また、普段からそれほど運動していない人にとっては、いつもとは違う刺激を得ることにもなるので、気分転換にもってこいです。

座りっぱなしよりは体力もつくため、今後取り組むことに対するフットワークの軽さにも繋がってくるでしょう。

プロポーションが整うことで自信を得られる可能性もあります。

身体を動かすことでヒントも得る?

カナダのクイーンズ大学で、運動を10分間行ったグル―プと座ったままのグル―プに同じ心理テストを行いました。

その結果をもとに、運動をした方のグループでは物事に対する脅威を感じる度合が低く、運動にはストレスや不安感を取り除く効果がある、と結論づけています。

運動をしてストレスを発散し、不安を抱えにくい状態に持って行くことができれば、悲観的な状況に陥っても、その中から希望を見つけ出すことができるでしょう。

本気でやるために必要な覚悟

モチベーションの保ち方はコツをおさえるだけで持続しやすくなりますが、決意の段階でしておきたい覚悟があります。

下記で解説する覚悟の内、1つでも漏れていれば、それは決意したとは呼べないかもしれません。

やりたいことだけはできない

目的を達成しようと思えば、それに付随して嫌なこともたくさんあるはずです。

やりたいことだけをやって達成できる目的というのは、まず無いと考えましょう。

もちろん、気の持ちよう次第では「これも経験」くらいには考えられると思いますが、夢に向かっている間はずっとキラキラしてひたすら楽しい、なんていう幻想は抱かないことです。

清濁併せ呑んで到達した先に、やっと少し、キラキラした瞬間がある、くらいに考えて、それでも突き進みたい道ならば持続して取り組むことができるでしょう。

一人で出来ることなんか何一つないと知る

さて、本気でやるとは決めたものの、自分一人で出来ることってあるでしょうか。

「受験は孤独な戦いだ」なんていいますけど、勉強に専念できる環境を与えてくれている周囲の存在というものがありますよね。

仕事で成功しようと思えば会社に関わる多くの人たちの協力が必要だし、個人的な商いをするにしたって取引先が懇意にしてくれなきゃどうにもなりません。

本当に一人っきりで出来ることなんか、何一つないでしょう。

これを知らないと、頑張っている自分ばかりに注意が向いて感謝を忘れてしまうので要注意です。

巻き込む力が無いことを自覚する

目的を決め、目標に向かって突き進んでいくのは自由ですが、他者の協力を得なければならない場面で周囲が離れてしまうことは多々あります。

そういうとき、当人は頑張っているので「どうして協力してくれないの!」と非難したくなる気持ちが湧き上がるでしょう。

しかし、それはひとえに自らの力不足です。

自分がやりたいことに付きあわせるのではなく、相手が自発的にやりたいと思わせる努力が足りていません。

人を巻き込む力が無いことを自覚し、協力してくれる方法を考えることが大切です。

褒められることも何一つない

よく、頑張っているアピールをする人がいますが、なんでそんなことをする必要があるのでしょう。

褒められるとでも思っているのでしょうか。

人がやることは、全てやりたいからやっていることだと先述しました。

「そんなことない!親の期待に応えるために頑張っているんだ!」「子供のために頑張っているんだ!」という人もいるかもしれませんが、立ち止まりましょう。

親の期待に応えたいのは自分だし、子供を作ったのも自分です。

反論の余地はないかと思います。

やりたいことをやっているのに褒めてくれというのは妙な話です。

褒めて欲しいからやるのであれば本気とは呼べません。

既に自分の意志で掴んだものには誠意を持つ

ごく稀に、というか稀であってほしいのですが、「夢に向かって本気でやるぞ!」と決めて家族への相談も無しに仕事を辞め、我が子の人生を路頭に迷わせる奴がいます。

それはダメです。

イメージしやすいように極端な例を出しますが、自分の親が「最強のギャンブラーになる夢を追いかけたいから、仕事を辞める。

中学出たら就職してくれな」って言って来たとしたらどうでしょうか。

じゃあなんで子供作ったんだよって思いますよね。

結婚することも、子供を作るということも、今までの人生全てが自分の選択だったということを忘れてはいけません。

そして、子供だけに限らず、既に自分の意志で掴んだものがあり、それに他者の人生を巻き込んでいるなら、夢を追っている場合じゃないわけです。

というか、たぶんその夢はただの現実逃避です。

本当に大事なことを忘れてしまうような人は、何をしたって成功できるはずがないので、もう少し考えましょう。

それでも、どうしても夢を追いかけたい気持ちが勝ってしまったなら、言い訳せずに見事な土下座をして、誠心誠意、相手が納得する結論を見出してからにしてください。

それができなければ、気持ちが引っかかり続けて何事も失敗します。

もしも途中で心折れそうになったら…?

どんなにメンタルが強い自信がある人も、ときには心が折れそうになるかもしれません。

ストレス解消の方法を用いて対処するのも手ですが、その手段の中には抱えているものを手放して気楽になるというのも含まれるため、目的すらも手放してしまう可能性があります。

心身の健康を第一に考えれば、それはそれで構わないとしても、息抜きをしすぎることに懸念がある人は次の手段を講じてみましょう。

自分の輝いている未来を想像する

想像できないことを実行するのは不可能です。

逆に、想像が追い付かないところが不足していると理解できるため、今補うべきものが見えてきます。

これは学生時代に歴史の勉強をしていれば誰でも実感があるのではないでしょうか。

急に「終戦は○○年です」と言われたって「ちょっと前まで戦争してたのに!?なんで!?」と思うはず。

それで調べてみると、さまざまな登場人物が各地で活躍したことがわかって「なるほどね」と納得できるわけです。

これが大事なこと。

話を戻すと、輝いている未来に至るまでに必須の要素を具体的に想像し、計画することで自分を納得させることができます。

過程が不明瞭なために心が折れそうになっていることを自覚し、細かく目標を設定しましょう。

それをクリアしていけば自信は蘇ってきます。

一旦休憩してみる

毎日追い立てられるように動いていたのでは心身ともにもちません。

とにかく疲れ果ててしまったのであれば、一旦休憩しましょう。

ここでいう休憩は、作業中にとる数分間の休憩のことではなく、落ち込んだメンタルを回復させるために必要な、一定期間のお休みのことです。

休憩の仕方は自分が癒されれば何でOK。

遊び倒す、エステに行く、温泉に行く、何もしない、など選択肢は色々とあります。

これはご褒美とは違うので、休憩している間は「これを糧に頑張るぞ」とすら思う必要はありません。

休みは休み。

目的に向かっている自分を一旦切り離しましょう。

休む期限を決める

心身共に完全に癒されるまで休みたいところですが、達成したい目的にもある程度の期限があるでしょうから、休みにも期限を設けましょう。

何日間は休んでも大丈夫、とった目安はないので、各自で決めるしかありません。

あと1年で達成したい目的があるのに1カ月も休むというのは長いでしょうし、10年かけて達成すればいいことなのに1日しか休まないというのはストイックすぎる気がします。

どの程度なら罪悪感をもたずに、思いっきり休めるかを考えてみてください。

上手くいっている人に話しを聞いてみる

目的に向かって順調に物事を進めている人が近くにいれば、話を聞いてみましょう。

その人も全てが順風満帆だったわけではないでしょうから、心が折れそうなときの持ち直し方を教えてくれるはずです。

とはいえ、突然相手に「話聞かせてください」と言っても「どこから?何を知りたいの?」と言われてしまします。

話を聞くときは、まず「相談させて欲しいのですが、お時間はありますか」と言い、十分な時間をもらいましょう。

そして、いきなり聞くのではなく、こちらかが何に悩んでいるのか、どうして心が折れそうになっているのか、自分なりに考えたものを提示するところから始めるのがコツです。

そうすれば、その人も自分の経験の中から近しいものを思い出すことができるので、的確なアドバイスを得られる可能性が高まります。

話を聞いた上で、自分とは状況が違うと感じたり、あまり当てはまらないと思うこともありますが、自分にはない考え方を得るだけでも物事の見え方は変わるはずです。

自己分析する

説明しがたい漠然とした不安に襲われるなどしたときは、冷静に自己分析をしてみましょう。

力強く突き進もうとしている間に、自分が大切にしていることを見失っている恐れがあるからです。

これを放置すると、頑張っているのに虚無感が強くなっていき、精神的にやられてしまいます。

早めの対処が肝心です。

自己分析の方法は数多くありますが、まず心の中にある言葉を支離滅裂でかまわないので紙に書き出してみることをおすすめします。

数々のワードや文章が出てきたら、関連がありそうなグループごとに分けていきましょう。

そうすると、自分の中で駆け巡っていた思考や感情が整理され、可視化することで客観視することができるようになります。

初めから論理的に解決策を考えだそうというのは難しいので、まずは自分の中にあるものを全部外に出してみましょう。

今できることはやっておく

本当は休憩したり、自己分析をして頭を整理した方がいいのですが、何かしていないと落ち着かない時ってありますよね。

それでも「もうダメかもしれない」と思って取り組む元気はなかったり…。

しかし、「もうダメかもしれない」ということは、まだダメという確証もないという状況です。

確証がない内に諦めても、もったいないので、とりあえず計画の中で今のメンタルでも出来ることに手をつけましょう。

何かしらできることがあるはずです。

大事なのは続けること!本気でやるなら最後まで!

本気でやると決めてから数日で成果が出るようなものなら、瞬間的な火力でOKです。

しかし、年月のかかることに同じ火力で挑むと燃え尽きます。

モチベーションは高めを維持しつつ、適度に息抜きして、自己コントロールしましょう。

最後までやりきったとき、手に入れるものは成果だけではありません。

達成感がもたらす自信、協力や応援をしてくれた人との密な関係など、今後の人生にプラスになるものがたくさんあるはずです。

そして、見える世界が広く深くなることで、また新たな目的が生じます。

そうして様々なことに挑みながら、今よりも幸せな未来に向かっていきましょう。

「悩んでいる事には必ず原因と解決方法があります」

記事下_カリス電話占い