CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

拒否されてる…?男性の7個の拒否サイン!これはあきらめるしかないかも


男女の関係の中では、アプローチしても自分の気持ちが実らないということが良くありますよね。

恋愛というのは、相手が思ってくれるから、自分も応えられるとは限らないものなのです。

そんな関係の中では、相手からの拒否のサインをきちんと読みとるということが必要になります。

相手の拒否のサインを知らずにアプローチを続けていても意味がありません。

それは自分にとっても時間の無駄となってしまいますし、相手にとっては嫌がらせのような行動になってしまうからです。

男性の出す拒否のサインには分かりにくいものもありますが、きちんと見極めて、適切な対応をとれるようにした方が良いでしょう。

ここでは、具体的な拒否のサインについて見ていくことにしましょう。

この記事の目次

もしかして拒否されてる?

男性からの拒否のサインについて考えたことはありますか?

男性はあまり女性のことをあからさまに拒絶することはないかもしれませんが、アプローチを続けているうちに、何となく相手に嫌がられていることに気づくと言こともあるかもしれませんよね。

好きな人の態度を読み違えてしまうと、ただでも低かった評価がさらに下がってしまうということもあるので注意が必要です。

普段接しているつもりでも対応が違うことが多い

男性側の拒否のサインは、女性のようなあからさまなものではないこともあります。

多くは、他の人の対応と比べて、自分に対する対応がおかしいように感じるところから始まっているのではないでしょうか。

相手の態度は、そこだけを切り取ると、そこまでおかしいものではないのですが、実は他の人に対するものと違う意味が込められているということがあるのです。

他の子には優しいのに・・・

分かりやすい男性の拒否のサインとしては、他の子には優しくしているのに、自分に対しては優しくしてくれないというものになります。

自分に対しての態度を基準としていると、おかしさに気づかないかもしれません。

ですが、他の女の子に対する態度を見ていると、自分に対する物よりもずっと甘くて優しくて、おかしいなと思ったことがあるのではないでしょうか。

この場合には、確実に相手から拒否されているということになります。

男性側としては、態度の違いを見て相手に空気を読んでほしいと思っているのではないでしょうか。

いつも冷たい態度で接される

いつも冷たい態度で接されるということがあるなら、それは確実に拒否のサインだと思いましょう。

まして、他の女の子に対してはきちんと優しく接しているのなら、対応の違いから相手の拒否のサインを読み取ることができます。

冷たい態度がデフォルトだと思っていると、違いを知ってがっかりしてしまうということも珍しくありません。

自分の好きな男性が、普段は女の子に対してどのような態度で接しているのかということをきちんと考えた方が良いかもしれませんね。

もし、他の子、それも一人ではなく、数人の女の子に対して揃って優しくしているのに、自分に対してだけでは特別に冷たいということがあれば、嫌われているからと考えた方が自然です。

好きな人から冷たい態度が多い

好きな人から冷たい態度が多いのであれば、拒否のサインであるということを疑ってみましょう。

相手のことを心から好きであるのなら、相手の冷たい態度にも何か理由をつけてポジティブに解釈してしまいたくなることもありますよね。

相手から拒否されているということを信じたくない女性は多くいます。

好きな人に拒否されているということを考えると、絶望してしまうからです。

そんな気持ちになりたくない女性は、必死に相手の態度を良い方向に解釈しようとするのです。

ですが、相手からの冷たい態度というのは、あからさまで分かりやすい拒否のサインです。

現実を見つめたのなら、相手と距離をとるようにしましょう。

もし、相手が「特別な存在には特別に冷たく接してしまう」ツンデレタイプの男性なのだとすれば、逆に追いかけてくれるはずです。

一度、引いた態度をとって相手の反応を見てみると良いかもしれません。

自分が離れることが相手が安心しているようなことがあるのなら、それは完全に拒否のサインだったということになりますね。

男性にも好みがあることを理解しよう


女性の中には、女性であるというだけで、男性から嫌な態度を取られることはないと思い込んでいる人もいます。

女性であるというだけで、相手に拒否されることはないと勘違いしているということですね。

確かに、ある程度以上の年齢の男性は、女性に対しては優しく接してくれるものです。

それは大人の男性としては当たり前のマナーだからです。

ですが、その一方で、男性が女性を全く拒否しないということではありません。

男性側にも好みはありますから、女性であれば誰でも好きという人はいないのです。

むしろ、女性であれば誰でも良いというタイプの男性は、かなりのプレイボーイで、女性からは人気がないのではないでしょうか。

男性も一人の人間であり、好みがあるということを理解していなければいけません。

誰もがよく接してくれる訳ではない

男性は女性には優しく接することが多いと上述しましたが、実はこれも、必ずしも守られているとは限らないものです。

人によっては、嫌いな相手には男女関係なくひどい扱いをすると言う男性もいるかもしれませんね。

相手のことを嫌いになるのに、性別は関係ありません。

相手の人間性を見て判断しているのですから、女性であっても容赦なく嫌いになる人はいますし、嫌いになった相手に対しての扱いがひどい男性もたくさんいます。

誰もが自分に対して良く接してくれるものだと信じていると、その気持ちを裏切られたような気分になるかもしれません。

ですが、人間と人間の関わりの中では、人間性が一番重要なものとなります。

その人間性が合わない相手に対しては、気持ち良く接する必要がないという考え方の人もいるでしょう。

女性だからといって拒否されることがないと油断するのはいけないということになりますね。

男性の7個の拒否サイン!実は分かりやすいです

女性だからといって好かれるわけではなく、男性にも好みがあるということを理解すれば、自然と自分が拒絶される可能性があるということも分かりますよね。

自分のことを拒否している相手に縋るのは嫌だと考える人も多いのではないでしょうか。

ですが、相手の拒否のサインが分からなければ、自分の態度を改めることもできませんよね。

特に日本では、嫌いな相手にはっきりと嫌いだということはできずに、迂遠な方法を使って拒否を示すということもあります。

どのようなものが拒否のサインなのかが分かれば、相手の態度を読み違えることもないでしょう。

実は分かりやすく出ているサインを見逃さないためにも、ここでは男性側が出している拒否サインについて、その背後の心理を含めて詳しく見てみることにしましょう。

1.返信が遅い


返信が遅いというのは、男性が出している拒否サインの一つとなるのではないでしょうか。

男性は女性よりもマメではないと言われていますから、男性からの返信が遅いことについては何も考えていないということもあるかもしれません。

それが普通だと勘違いしてしまっているかもしれませんね。

ですが、この返信の遅さを普通だと思っていると、男性側からの拒否のサインが伝わっていないことになります。

確かに、男性は女性よりもずっと連絡に対してはマメではないですが、好きな人に対してはきちんと対応してくれますし、故意に無視されるということはありません。

返信が異常に遅いということがあるのなら、それは一種の拒絶のサインだと思った方が良いでしょう。

「ルーズな性格だけかもしれない」という考えはダメ!

相手がルーズな性格をしているのであれば、余計に「返信が遅い」というサインを見逃してしまう可能性は大きいのではないでしょうか。

変死が遅いのは相手の性格や気質の所為だと理解していると、それで全てを説明できてしまうからです。

相手のことをルーズな性格だと思っていても、少しは「おかしい」と感じることがあるでしょう。

ルーズな性格であるにしても、もう少し何かがあるのではないだろうか、ここまで返信が遅いのはおかしいのではないだろうかと考えたときに、その違和感を逃さないようにしてください。

ルーズな性格をしているということだけで全てを説明できると考えていると、相手の拒否サインを完全に誤って捉えてしまうことになりますよ。

面倒だから返信をしないという人が多い

相手の返信が遅いというのは、相手のことを面倒くさいと思っているからこその行動です。

相手のことが好きであるのなら、相手へ変身することが面倒くさいと思うこともありませんし、それに対する相手の反応を面倒くさいと捉えることもありません。

相手からの反応で気持ちが上がるようなことがあるのだとすれば、面倒くさいから返信をしないようにするとことはないはずなのです。

それに対して、嫌な相手からの返信には必ず「面倒」という気持ちがついてくるので、自然と返信は遅くなってしまうのでしょう。

基本的に人間は面倒くさいものは後回しにしてしまうものですから、返信が遅いということは、相手から面倒と思われているということなのかもしれませんね。

話したくないという人もいる

相手への変身をなかなかできないのは、相手と話すのが嫌だからという人もいます。

相手に返信をすると、それに対しても必ず返信が戻ってきますよね。

最近のメッセージのやり取りはメールの時代と比べても、リアルな会話に近いような速度での返信が求められます。

また、気軽なやり取りをしやすい状況ともなっています。

嫌いな人と直接的に話すのが嫌だという気持ちがあるのと同様に、こういったメッセージのやり取りも直接的なやり取りと同じくらいに嫌いだという人が多くいます。

話したくもないくらい嫌いな相手であれば、メッセージのやり取りでさえも嫌だということですよね。

相手からの返信が遅いということは、要するに、それくらい相手に嫌われているということになるのかもしれません。

2.冷たい態度で接する

冷たい態度で接するというのは、拒否の分かりやすいサインと言えるかもしれませんね。

好きだと感じている相手に対して冷たい態度をとることができる人はそう多くありません。

相手から冷たい態度を取られているように感じたのなら、それは確実に相手から避けられていることになるのではないでしょうか。

冷たい態度を取られているときには、その態度のことを複雑に解釈するのではなく、相手から嫌われているのだとストレートに捉えてしまった方が良いですよ。

相手から嫌われていると思いたくない時には、色々な理由をつけて相手の態度を解釈しようとしますが、そうすることで、余計に相手に嫌われてしまうようになるので気を付けてくださいね。

よく「好きだと思われてる」というのは勘違いの可能性も高い

よく、「冷たい態度を取るのは相手のことを好きだと思っているからだ」という解釈を聞きますが、これは必ずしも正しいわけではありません。

いわゆる「好き避け」という現象はありますが、誰もがそう言った行動をとるわけではないのです。

また、「好き避け」の場合には、冷たく接するにしても限度があります。

他の人にはしないような冷たい態度を取られているようなときに「相手に好かれている」と解釈するのは、あまりにもポジティブなのではないでしょうか。

もちろん、ツンデレや好き避けの可能性は残っているものの、そのような解釈は勘違いの可能性の方が高いですから、あまりにも冷たくされているのなら、期待をしないで相手の気持ちを汲んであげた方が良いはずですよ。

酷い言葉を言うときもある

冷たい態度を取られているというだけではなく、酷い言葉をかけられることがあるのなら、それはもう、嫌われているのだと思った方が良いでしょう。

確実に相手から避けられている、拒否されているのだと思ってください。

もちろん、わざわざ梳いている相手に冷たい言葉をかけるような人もいないわけではありませんが、そういった性格の歪んでいるタイプの人は例外です。

普通の人間は、好意を抱いている相手に対しては酷い態度をとることはありません。

酷い態度を取るのなら、相手から拒絶されていると考えて距離を置いた方が良いはずです。

ひどくされているのに近づいていくと、自分も傷ついてしまう可能性がありますので、お互いに距離を取った方が気持ちよく暮らすことができるはずですよ。

3.他の人と仲が良い

他の人に対する態度と、自分に対する態度があからさまに違うようなことがあるのなら、それは、自分に向けられている拒否のサインの可能性があります。

他の人と仲良くしている様子を見せることで「自分は普通の人にはこれくらい良い態度で接するけれど、あなたのことは嫌いだからこんな態度では接しないよ」と相手に見せつけている可能性があるのです。

他の人とわざとに仲良くしている様子を見せつけられるようなことがあるのなら、間接的な拒否のサインだと思って距離を置いた方が良いかもしれません。

あきらかさまに分かる態度の違いは拒否されている!

もちろん、人によって態度が変わる人はたくさんいますから、その延長線上での拒否のサインということも考えられます。

あからさまに分かるような態度の違いを見せてくるようなことがあっても、気にしないという人もいるかもしれません。

ですが、その違いをきちんと読みとってみれば、そのようなことをする相手の気持ちが読み取れるのではないでしょうか。

人間はあまり、意味のない行動をすることはありません。

態度の違いを見せつけてくるのだとすれば、それなりの理由があってしているのだと思った方が良いでしょう。

特定の人には仲が良いが他には雑に接する

中には、特定の人には仲が良いものの、他の人に対しては雑に接しているという人もいるかもしれません。

この奥にあるのは単純に「良い態度で接するのは仲の良い人」「冷たく接しているのはどうでも良い人」という二つの分類だけです。

雑に接することに対して特に意味があるわけではありませんから、そのような態度を取られたときには、脈なしだと思った方が良いかもしれません。

その分類に入らないような「冷たい態度」を取られたときには、相手からの拒否のサインと受け取った方が分かりやすいでしょう。

特定の人に対する態度と、他の人に対する態度、自分に対する態度をきちんと見極めることで、相手からの拒否のサインをきちんと読みとれるようになるはずですよ。

4.無口になる

無口になるというのも、相手からの直接的な拒否のサインかもしれません。

元々無口な人であるのなら話は別かもしれませんが、一緒にいるのに全く会話が弾まないということがあれば、それは、相手のことが好きではないからでしょう。

会話をしたくないというサインになっているということかもしれません。

一緒にいて話しかけても、無口な様子で応えてくれないのなら、会話自体を拒絶されている可能性もあります。

他の人とは喋るが途端に無口に

特に、他の人とはきちんと話しているのに、自分と話しているときには途端に無口になってしまうということがあれば、それは自分に対する拒否のサインの可能性が高いです。

好きな相手には緊張して無口になってしまうという人ももちろんいますが、その場合には雰囲気が異なります。

相手のことが好きだからこそ話せなくなってしまう人は、話せない中でも、きちんと会話をしようという意図だけは見て取れるからです。

それに対して、だるそうに無口でいるような時間が長いのであれば、自分に対する拒否のサインだと思った方が良いでしょう。

話しを聞かないというようなことも多い

拒否のサインとしては、話しを聞かないということも挙げられるのではないでしょうか。

無口になって自分がしゃべらないというだけではなく、相手の話を聞こうともしないというのは、分かりやすい拒否のサインです。

相手の話を聞かない、相手と話をしようともしないというのは、相手に対してとても失礼な態度だということは誰もが分かっています。

それほどの失礼な態度をあからさまに取るのであれば、それは、相手に自分の気持ちを察してほしいと思っている可能性があります。

つまり「嫌いだから関わりたくない」というサインを読み取ってほしいと思っているのです。

だからこそ、それほどまでに、ひどく失礼と思われるような態度さえも相手に取ってしまうのです。

そのような相手の失礼な態度を「自分に対しては素の自分を出してくれるからこそ、こんな失礼な態度も取るのだ」と勘違いしてはいけません。

5.会わないように行動をする

多くの人は、嫌いな人とは遭遇しないように気をつけますよね。

相手に会わないように行動されるようなことがあるのなら、それは、相手からのあからさまな拒否のサインだと考えても良いのではないでしょうか。

会わないように行動をされるというのは、こちらからは分かりにくいサインのように思えるかもしれません。

ですが、会わないように行動をされているときには、自分から会えるようにスケジュールを組んでも、なかなか相手と顔を合わせることがないので、それとなく分かるようになります。

頑張って会えるようにスケジュールを組んでも相手と会うことができないようなことが続いたのなら、相手から避けられているということになるかもしれません。

滅多に会うことがない

相手が会わないように行動をしているときには、滅多に会うことができません。

どんなに自分が頑張っていたとしても、滅多に顔を合わせることがないのです。

そのような状態になってしまったときには、自分からも距離を置くようにした方が良いでしょう。

もちろん、ただ偶然で顔を合わせるような機会がないだけかもしれません。

ですが、もし相手が会いたいと思ってくれているのだとすれば、そのときには、相手からも連絡があるはずです。

「最近会えてないよね」というような会話があるでしょう。

相手からの連絡が全くないようなときには、相手がわざと会わないようにしていると思っていいかもしれません。

わざと時間をずらす

会わないように気を付けているということは、わざと時間をずらしているという可能性もあります。

「この時間にここに行けば会えるはず」と思っても、次からは会えないということがあれば、それはわざと時間をずらされているのかもしれません。

一度顔を合わせても、それ以降は全く顔を見ることができないというのは、避けられている可能性が高いです。

もし、時間をずらして顔を合わせることがあっても、次には相手が時間を変えているようなことがあるのなら、拒否のサインというよりは、完全に逃げられている状態だとも言えるかもしれません。

そう言った相手のことは、無理に追わない方が良いのではないでしょうか。

6.友達から話しを聞く

友達から話を聞いたときにも、相手からの拒否のサインをきちんと読みとることができます。

相手が共通の友人と話している内容がどのようなものだったのか聞いてみれば、その中に自分の話も出てくるかもしれません。

共通の友人も、直接的な悪口を伝えてくることはないかもしれませんが、嫌われているということをそれとなく伝えてくれるかもしれませんね。

しっかりと注意して読み取っていれば、相手からの拒否のサインがあちこちに散らばっているかもしれません。

相手が普段はどのような人なのか、相手が自分に関してどのようなことを話していたのかなど、もしかすると嫌われているかもしれないと思った相手の内容については、センサーをきちんと働かせておいた方が良いですよ。

苦手なタイプなどを噂で聞いた際に自分のような人だったとき

特に気を付けて聞いておかなければいけないのは、相手の苦手なタイプについての話です。

共通の友人から苦手なタイプについて聞くことがあったのなら、それが自分に当てはまっていないかをきちんと確認しておいた方が良いでしょう。

苦手なタイプが自分のような人だった場合には、それは間接的な拒否のサインです。

噂が耳に入ることも承知で、むしろ、耳に入ってほしいという気持ちで分かりやすい特徴を挙げているのかもしれません。

そこで相手から苦手だと思われているかもしれないと思ったのなら、普段の相手の態度に気を付けて見ていると、相手からの拒否のサインを分かりやすく受け取ることができるかもしれません。

7.常に女性と行動しているとき

常に他の女性と行動をしているようなことがあるのなら、それは、相手から拒絶されているということかもしれません。

男女の関係において、他の異性を優先されるようなことがあり、それを見せつけられるというのであれば、それほどわかりやすい拒否のサインはありませんよね。

常に他の女性と行動をしているようなところばかりに見るのであれば、きっぱりと諦めてしまった方が良いかもしれません。

他の異性ではなくその人だけといたいという気持ちの表れ

特定の女性と常に一緒にいるようなことがあるのであれば、それは、他の異性ではなくその人だけと過ごしたいという気持ちが表れているということになります。

これは、特定の誰かに対する明確な拒絶というよりも、他の異性全てに対する拒否のサインと捉えてもいいかもしれません。

自分は誰と一緒にいたいのかということを明確に意思表示していることになるからです。

そんな男性に対して近づいて行こうとしても、もっときっぱりとした拒否のサインを見せられるだけですので、そういった男性に対しては距離を取って接した方が良いでしょう。

空気を読まずに近づいていくようなことはしない方が自分の身のためにもなりますよ。

近づいても直ぐに離れたりすると拒否されている可能性

他の女性と常に一緒にいるような男性に対して近づいても、すぐに離れられたりしてしまうはずです。

そんなときに「ほかの女性とはずっとくっついていたのに」と思うのではなく、自分が明確に拒否されているということに気づきましょう。

常に特定の女性の傍にいる男性と言うわけではなくても、自分が行くとすぐに離れられてしまうというようなことがあるのなら、それは拒否のサインの可能性が高いです。

拒否のサインは直ぐに見極めるように!

男性側の拒否のサインについて理解することはできましたでしょうか?

拒否のサインを出しているのに空気を読めない女性は、厄介者扱いされる可能性もあります。

きちんと拒否のサインは見極めて行動できるようにしましょう。

その方がダメージは少なくなり、自分のためにもなりますよ!

ページトップ