男女の関係の中では、アプローチしても自分の気持ちが実らないということが良くありますよね。

恋愛というのは、相手が思ってくれるから、自分も応えられるとは限らないものなのです。

そんな関係の中では、相手からの拒否のサインをきちんと読みとるということが絶対に必要になります。

相手の拒否のサインを知らずにアプローチを続けていても意味がありません。

それは自分にとっても時間の無駄となってしまいますし、相手にとっては嫌がらせのような行動になってしまうからです。

男性の出す拒否のサインには分かりにくいものもありますが、きちんと見極めて、適切な対応をとれるようにした方が良いでしょう。

ここでは、具体的な拒否のサインについて見ていくことにしましょう。

もしかして拒否されてる?

男性からの拒否のサインについて考えたことはありますか?

男性はあまり女性のことをあからさまに拒絶することはないかもしれませんが、アプローチを続けているうちに、何となく相手に嫌がられていることに気づくと言こともあるかもしれませんよね。

好きな人の態度を読み違えてしまうと、ただでも低かった評価がさらに下がってしまうということもあるので注意が必要です。

普段接しているつもりでも対応が違うことが多い

男性側の拒否のサインは、女性のようなあからさまなものではないこともあります。

多くは、他の人の対応と比べて、自分に対する対応がおかしいように感じるところから始まっているのではないでしょうか。

相手の態度は、そこだけを切り取ると、そこまでおかしいものではないのですが、実は他の人に対するものと違う意味が込められているということがあるのです。

他の子には優しいのに・・・

分かりやすい男性の拒否のサインとしては、他の子には優しくしているのに、自分に対しては優しくしてくれないというものになります。

自分に対しての態度を基準としていると、おかしさに気づかないかもしれません。

ですが、他の女の子に対する態度を見ていると、自分に対する物よりもずっと甘くて優しくて、おかしいなと思ったことがあるのではないでしょうか。

この場合には、確実に相手から拒否されているということになります。

男性側としては、態度の違いを見て相手に空気を読んでほしいと思っているのではないでしょうか。

いつも冷たい態度で接される

いつも冷たい態度で接されるということがあるなら、それは確実に拒否のサインだと思いましょう。

まして、他の女の子に対してはきちんと優しく接しているのなら、対応の違いから相手の拒否のサインを読み取ることができます。

冷たい態度がデフォルトだと思っていると、違いを知ってがっかりしてしまうということも珍しくありません。

自分の好きな男性が、普段は女の子に対してどのような態度で接しているのかということをきちんと考えた方が良いかもしれませんね。

もし、他の子、それも一人ではなく、数人の女の子に対して揃って優しくしているのに、自分に対してだけでは特別に冷たいということがあれば、嫌われているからと考えた方が自然です。

好きな人から冷たい態度が多い

好きな人から冷たい態度が多いのであれば、拒否のサインであるということを疑ってみましょう。

相手のことを心から好きであるのなら、相手の冷たい態度にも何か理由をつけてポジティブに解釈してしまいたくなることもありますよね。

相手から拒否されているということを信じたくない女性は多くいます。

好きな人に拒否されているということを考えると、絶望してしまうからです。

そんな気持ちになりたくない女性は、必死に相手の態度を良い方向に解釈しようとするのです。

ですが、相手からの冷たい態度というのは、あからさまで分かりやすい拒否のサインです。

現実を見つめたのなら、相手と距離をとるようにしましょう。

もし、相手が「特別な存在には特別に冷たく接してしまう」ツンデレタイプの男性なのだとすれば、逆に追いかけてくれるはずです。

一度、引いた態度をとって相手の反応を見てみると良いかもしれません。

自分が離れることが相手が安心しているようなことがあるのなら、それは完全に拒否のサインだったということになりますね。

男性にも好みがあることを理解しよう


女性の中には、女性であるというだけで、男性から嫌な態度を取られることはないと思い込んでいる人もいます。

女性であるというだけで、相手に拒否されることはないと勘違いしているということですね。

確かに、ある程度以上の年齢の男性は、女性に対しては優しく接してくれるものです。

それは大人の男性としては当たり前のマナーだからです。

ですが、その一方で、男性が女性を全く拒否しないということではありません。

男性側にも好みはありますから、女性であれば誰でも好きという人はいないのです。

むしろ、女性であれば誰でも良いというタイプの男性は、かなりのプレイボーイで、女性からは人気がないのではないでしょうか。

男性も一人の人間であり、好みがあるということを理解していなければいけません。

誰もがよく接してくれる訳ではない

男性は女性には優しく接することが多いと上述しましたが、実はこれも、必ずしも守られているとは限らないものです。

人によっては、嫌いな相手には男女関係なくひどい扱いをすると言う男性もいるかもしれませんね。

相手のことを嫌いになるのに、性別は関係ありません。

相手の人間性を見て判断しているのですから、女性であっても容赦なく嫌いになる人はいますし、嫌いになった相手に対しての扱いがひどい男性もたくさんいます。

誰もが自分に対して良く接してくれるものだと信じていると、その気持ちを裏切られたような気分になるかもしれません。

ですが、人間と人間の関わりの中では、人間性が一番重要なものとなります。

その人間性が合わない相手に対しては、気持ち良く接する必要がないという考え方の人もいるでしょう。

女性だからといって拒否されることがないと油断するのはいけないということになりますね。

男性の7個の拒否サイン!実は分かりやすいです

女性だからといって好かれるわけではなく、男性にも好みがあるということを理解すれば、自然と自分が拒絶される可能性があるということも分かりますよね。

自分のことを拒否している相手に縋るのは嫌だと考える人も多いのではないでしょうか。

ですが、相手の拒否のサインが分からなければ、自分の態度を改めることもできませんよね。

特に日本では、嫌いな相手にはっきりと嫌いだということはできずに、迂遠な方法を使って拒否を示すということもあります。

どのようなものが拒否のサインなのかが分かれば、相手の態度を読み違えることもないでしょう。

実は分かりやすく出ているサインを見逃さないためにも、ここでは男性側が出している拒否サインについて、その背後の心理を含めて詳しく見てみることにしましょう。

1.返信が遅い


返信が遅いというのは、男性が出している拒否サインの一つとなるのではないでしょうか。

男性は女性よりもマメではないと言われていますから、男性からの返信が遅いことについては何も考えていないということもあるかもしれません。

それが普通だと勘違いしてしまっているかもしれませんね。

ですが、この返信の遅さを普通だと思っていると、男性側からの拒否のサインが伝わっていないことになります。

確かに、男性は女性よりもずっと連絡に対してはマメではないですが、好きな人に対してはきちんと対応してくれますし、故意に無視されるということはありません。

返信が異常に遅いということがあるのなら、それは一種の拒絶のサインだと思った方が良いでしょう。

「ルーズな性格だけかもしれない」という考えはダメ!

相手がルーズな性格をしているのであれば、余計に「返信が遅い」というサインを見逃してしまう可能性は大きいのではないでしょうか。

変死が遅いのは相手の性格や気質の所為だと理解していると、それで全てを説明できてしまうからです。

相手のことをルーズな性格だと思っていても、少しは「おかしい」と感じることがあるでしょう。

ルーズな性格であるにしても、もう少し何かがあるのではないだろうか、ここまで返信が遅いのはおかしいのではないだろうかと考えたときに、その違和感を逃さないようにしてください。

ルーズな性格をしているということだけで全てを説明できると考えていると、相手の拒否サインを完全に誤って捉えてしまうことになりますよ。

面倒だから返信をしないという人が多い

相手の返信が遅いというのは、相手のことを面倒くさいと思っているからこその行動です。

相手のことが好きであるのなら、相手へ変身することが面倒くさいと思うこともありませんし、それに対する相手の反応を面倒くさいと捉えることもありません。

相手からの反応で気持ちが上がるようなことがあるのだとすれば、面倒くさいから返信をしないようにするとことはないはずなのです。

それに対して、嫌な相手からの返信には必ず「面倒」という気持ちがついてくるので、自然と返信は遅くなってしまうのでしょう。

基本的に人間は面倒くさいものは後回しにしてしまうものですから、返信が遅いということは、相手から面倒と思われているということなのかもしれませんね。

話したくないという人もいる

相手への変身をなかなかできないのは、相手と話すのが嫌だからという人もいます。

相手に返信をすると、それに対しても必ず返信が戻ってきますよね。

最近のメッセージのやり取りはメールの時代と比べても、リアルな会話に近いような速度での返信が求められます。

また、気軽なやり取りをしやすい状況ともなっています。

嫌いな人と直接的に話すのが嫌だという気持ちがあるのと同様に、こういったメッセージのやり取りも直接的なやり取りと同じくらいに嫌いだという人が多くいます。

話したくもないくらい嫌いな相手であれば、メッセージのやり取りでさえも嫌だということですよね。

相手からの返信が遅いということは、要するに、それくらい相手に嫌われているということになるのかもしれません。

2.冷たい態度で接する

冷たい態度で接するというのは、拒否の分かりやすいサインと言えるかもしれませんね。

好きだと感じている相手に対して冷たい態度をとることができる人はそう多くありません。

相手から冷たい態度を取られているように感じたのなら、それは確実に相手から避けられていることになるのではないでしょうか。

冷たい態度を取られているときには、その態度のことを複雑に解釈するのではなく、相手から嫌われているのだとストレートに捉えてしまった方が良いですよ。

相手から嫌われていると思いたくない時には、色々な理由をつけて相手の態度を解釈しようとしますが、そうすることで、余計に相手に嫌われてしまうようになるので気を付けてくださいね。

よく「好きだと思われてる」というのは勘違いの可能性も高い

よく、「冷たい態度を取るのは相手のことを好きだと思っているからだ」という解釈を聞きますが、これは必ずしも正しいわけではありません。

いわゆる「好き避け」という現象はありますが、誰もがそう言った行動をとるわけではないのです。

また、「好き避け」の場合には、冷たく接するにしても限度があります。

他の人にはしないような冷たい態度を取られているようなときに「相手に好かれている」と解釈するのは、あまりにもポジティブなのではないでしょうか。

もちろん、ツンデレや好き避けの可能性は残っているものの、そのような解釈は勘違いの可能性の方が高いですから、あまりにも冷たくされているのなら、期待をしないで相手の気持ちを汲んであげた方が良いはずですよ。

酷い言葉を言うときもある

冷たい態度を取られているというだけではなく、酷い言葉をかけられることがあるのなら、それはもう、嫌われているのだと思った方が良いでしょう。

確実に相手から避けられている、拒否されているのだと思ってください。

もちろん、わざわざ梳いている相手に冷たい言葉をかけるような人もいないわけではありませんが、そういった性格の歪んでいるタイプの人は例外です。

普通の人間は、好意を抱いている相手に対しては酷い態度をとることはありません。

酷い態度を取るのなら、相手から拒絶されていると考えて距離を置いた方が良いはずです。

ひどくされているのに近づいていくと、自分も傷ついてしまう可能性がありますので、お互いに距離を取った方が気持ちよく暮らすことができるはずですよ。