最近どの会社の新入社員研修で言われていることですが、指示された仕事にプラスアルファして仕事をすると評価が上がるとこっぴどく言われます。

ある意味、指示された仕事だけをするのは公務員だけのような状況になっています。

しかし、そうは言っても何がプラスアルファになっているのかわからないまま仕事をして余計なことをするんじゃないと言った感じに怒られてしまったと言う方も結構多くいらっしゃるのではないでしょうか?

特に、プラスアルファの仕事をしろと言ってきた人に注意されると言うことが多いと思います。

まだまだ日本はトップダウンの国なので、トップが想定していないことをされると対応ができなくて怒ってしまうのです。

そうなると「言われたことだけしていれば安全」と思ってしまっても仕方がありません。

まあ、仕方がないのです。

リーマンショック以降の日本では自分の立場を守ることしか考えていない上司が多いのです。

つまり、下手なことをする部下よりも自分の言うことを聞いてくれる部下が欲しいわけです。

しかし、それでは上司が良くても会社を大きくさせることができません。

つまり、自分だけの考えになってしまっているのです。

ただ、余計なことでもプラスアルファで仕事ができると言うことは価値のあることなのです。

裏を返せば、それだけ物事を早く進めることができると言うことです。

しかし、それでプラスアルファで仕事をすると損を被ってしまうと考えてしまっている人は多いのです。

そこで、今回こちらの記事では、プラスアルファの仕事をするために意識すべきことなどをまとめましたので、ぜひ、参考にしてプラスアルファで仕事ができるようにしましょう。

プラスアルファの仕事ができる人は評価される!

プラスアルファで仕事ができる人は評価される人なのです。

しかし、多くの人は、上司に余計なことをしやがってと言う感じに怒られてしまうパターンが多いと思います。

なぜかと言いますと、あなたがプラスアルファでしたことに関して上司にとってはプラスでない場合は、プラスアルファにはならないのです。

では、やる前から上司を気にしないといけないのかと言いますと、そんなことはございません。

では、どうすればいいのかと言いますと、あなたがプラスアルファでしたことを上司に納得させればいいのです。

つまり、あなたがしっかりなぜこれをやったのかの理由付けができればいいだけなのです。

そんなこと言っても上司は聞く耳を持っていただけないと言うケースが多いかもしれませんが、部下の意見に耳を傾けない上司のもとで働いていても意味がありませんよね。

ある意味、このような行動をとった時に上司の器がわかってしまうのです。

つまり、そのように発言ができない会社にいても意味がありませんよね。

駒使いされてしまっていると言うことがわかるのです。

口では良いことを言っていても、行動などでわかってしまうのです。

何度も言いますが、余計なことでもプラスアルファで仕事ができることは価値のあることなのです。

1つの物事に対する消費時間が他の人よりも早いことを証明しているのです。

言われたことだけをする人は早く終わらせてさぼろうとするのです。

つまり、さぼる時間があるのであれば、その時間にできることをすればいいのです。

よくタバコを吸う人は、まずはいっぷくと言いますが、そんな暇があるのならばさっさと仕事を終わらせてしまった方がいいのです。

タバコを吸う人にとっては、タバコがプラスアルファなような者みたいですね。

要は、プラスアルファでしたことをどう見せれるかが鍵になってきます。

ぜひ、プラスになるプラスアルファをしましょう。

プラスアルファの仕事をするために意識すべき7個のポイントとは


それではここからはお待ちかねのプラスアルファの仕事をするために意識すべきことをお教えします。

大きくピックアップして7個のポイントがございますので、じっくり読んで覚えて頂けましたら幸いです。

ただ、いきなりすべてを覚えようとしないことが大切です。

早く覚えたいと言う気持ちはわかりますが、1つ1つ深く覚えていくことに意味があるのです。

短期的に考えるよりも長期的に考えることで物事を焦って捉えることはなくなりますよ。

まずは、ぜひ読んでいてビビットきたもの、もしくは、あなたにとって身近に感じることのできるポイントなどから覚えていきましょう。

おそらくこれからは1つのことに頑張る人よりも手広くなんでもこなせる人の方が生きていける社会になっていくのです。

日本でも副業が解禁されただけあって、1つのことでできる収入だけで暮らしていくのが難しくなってきてしまっています。

最近ではセブンポケットなどと言われるようになってきて、安定した生活を行いたいのであれば7つの収入を手にしていないといけないと言われるほどです。

しかし、なかなか7つの収入を手にすることができないのであれば今いる会社でできることを増やして収入を増やしていくしかありません。

そのためにもプラスアルファで仕事ができた方が断然有利なのです。

ぜひ、プラスアルファで働くようにしましょう。

そのためにも1つか2つ得意分野を持っていると良いかもしれませんね。

まあ、まずはポイントを知ってスキルを上げていきましょう。

難しいことや忙しいことから先に終わらせる

いくつも仕事を持っていた場合、あなたなら難しいことから終わらせますか?それとも簡単な方から終わらせますか?

人によって考え方は別々だと思いますが、効率が良いのは難しい方から終わらせることだと言われています。

よくあるのが簡単なことから終わらせて勢いに乗って残りのモノを終わらせてしまうと言いますが、難しいことはどれだけ勢いに乗っても難しいことになってしまうのです。

つまり、早めに終わらせておかないと難しいことで期限に追われてしまうと言う大きなプレッシャーに襲われてしまうのです。

そうなってしまっては物事を早く終わらせることはできませんよね。

また、外から見ていれば追い込まれているようにしか見えないのです。

つまり、効率の悪い人になってしまう危険性が高いのです。

逆に難しいことを先に終わらせて、簡単なことをしていれば、余裕しゃきしゃきのような姿を見せることができるので、周囲もあの人は仕事ができる人という感じに見えてしまうのです。

ある意味、何をしたかというよりも、どう取り組んだのかという部分の見せ方が重要になってきます。

ぜひ、仕事に追い込まれているような姿を見せるのではなくて、余裕しゃきしゃきな姿を見せて仕事をしましょう。

そうすればプラスアルファで何をしても評価されますよ。

しっかりと計画を立てる

何事においてもそうですが、計画をしっかり立てることで、物事はスムーズに進むのです。

計画も立てずに行き当たりばったりで行くと意味がないし、大抵物事はうまく進みません。

つまり、プラスアルファで進める場合も計画通りに考えないといけないのです。

要は、プラスアルファですることを計画に入れておくべきなのです。

そうすれば、難なくこなすことができますよ。

よく勘違いしている人は、自分がするべきと決めたことが早く終わって余裕があるからプラスアルファのことをしようと考えますが、それは大きな勘違いです。

たいてい人間は、早く終われば休むことを考えるのです。

プラスアルファなことをしようなんて考えないのです。

つまり、プラスアルファの部分を計画にしっかり埋め込んでしまうことが、プラスアルファに仕事をするうえで大切になってくるのです。

余った時間にしようと考えているうちはまだまだプラスアルファなことはできませんよ。

ぜひ、プラスアルファな部分も計画に盛り込んでいきましょう。

期限を明確にする


計画と同様に大切なのが期限を明確にすることです。

要は何かを達成している人は、期限を明確に持っています。

期限を設けることで、意識しなくても動いてく入れると言うほど、人間は期限に対して敏感なのです。

つまり、プラスアルファで仕事をしようと思う時も、期限をしっかり決めておくべきなのです。

そうすることで、プラスアルファを意識することなく、プラスアルファで仕事をすることができますよ。

何度も言いますが、相手からは余計なことと見られても、プラスアルファで仕事ができることには何の損はございません。

余計なことをして怒る上司がいれば、それは上司の想定外のことなのです。

もしかしたら、キャパシティがせまいと言うことなのかもしれませんよ。

まずは、期限を決めて取り組んでみるべきです。

そうすることで、プラスアルファで仕事をすることを意識することなく進めることができるので、外から見れば効率よく進めている人と言った感じに見えてしまうのです。

効率よくと言いながら、効率よくする方法を考えてしまう人がいらっしゃいますが、そういう人ほど、物事を効率よく進められていないのです。

指示通りにされたことだけをしない

公務員ならば指示されたことだけをしていればいいかもしれませんが、民間はそんなわけにはいきません。

常に想定外のことが起こるということを意識していないといけないのです。

なぜなら、1つのプロジェクトに進めるに当たり、必ずしも想定した通りに動くとは限りません。

あらゆる可能性が出てくることがあるのです。

つまり、指示されたことも頭にいれてさらにそこへ自分の考えもプラスさせておかないといけないのです。

失敗が怖くてそれ以上のことができないと言う方もいらっしゃいますが、失敗とは結果ではありません。

挑戦しなかったことを失敗というのです。

結果はプラスであれ、マイナスであれ結果でしかないのです。

たとえ結果がマイナスに終わったとしても、それはマイナスな結果を起こす例を作ったと考えればいいだけなのです。

結果云々で物事を考えてしまう人は多いかもしれませんが、結果よりもやったかやらなかったかが大切になってくるのです。

指示されたことも大切ですが、やはりそこにプラスアルファをつけることで、もしかしたら想定した以上のことが起こるかもしれないのです。

ぜひ、指示されたことにプラスアルファをつけるようにしましょう。

失敗を恐れずにとりあえずやってみる

日本人に足りないのがまさにこの部分です。

失敗を恐れずにやってみると言うことです。

よくやってみないとわからないと言いますが、言っているだけで挑戦している人は結構少ないのです。

ほとんどは失敗を恐れてしまうので、先へ進めていないのが現状です。

まあ、日本の場合、完璧を求めてしまうことがほとんどで失敗を許すと言うことに頭が働かないので、できないと思えば手を出さないのです。

しかし、それでは会社や組織以外にも、自分自身も大きくなることはできないのです。

世で成功者と言われている人たちは、周囲が無理だと言われていることに耳を傾けずに挑戦して今があるのです。

始めるのであれば、周囲を説得してからと言う人はいますが、やりながらもしくは、やってみて説得した方が早いのです。

失敗は結果でしかありません。

つまり、失敗する方法を学んだと思えばいいのです。

周囲から失敗してバカにされたとしても、この世の中で失敗しない人などいないのです。

自分は完璧だと言っている人ほど、何事にも挑戦してこなかった人が多いのです。

ぜひ、失敗を恐れずに挑戦しましょう。

死ぬこと以外はかすり傷です。

先を読んで行動する

プラスアルファの仕事をするためには、先を読んで行動する必要があります。

要は、先を読んで行動することで、あらゆることを考えることができるし、余裕を持って行動することができるのです。

最近は先を読むのを苦手としている人が多いのです。

なぜかと言うと、失敗したらどうしようという考え方が強いので、なかなかその場から先のことを考えるのが難しいのです。

しかし、本来であれば先を考えて行動することが普通の働き方と言えます。

しかし、2009年のリーマンショック以降、失敗したら後がないという感じの風潮になってしまっているので、なかなか先を読んで行動する人が減ってきてしまったのです。

要は言われたことだけをしっかりやっていれば良いと言うな感じになってしまったのです。

そのため、プラスアルファの仕事をする人が重宝されるようになってきたのです。

先を読むことが大切なのに、なぜかそこの部分をマイナスに考えてしまう人が多く、先を読んで行動すると、なぜ勝手なことをしたという感じに指摘してくる人もいらっしゃいます。

しかし、プラスアルファで仕事をするためには、先を読んで行動することが大切なのです。

ぜひ、先を読んで行動するようにしましょう。