「本心では怒っているのにそれを上手く表現出来ない人」っていますよね。

周りの目を気にしてしまったり、感情を曝け出すことをみっともないと思ってしまったりして、さまざまな理由で怒りの感情を素直に表現出来ない人がいます。

そんな怒れない人の特徴や、怒りたいのに怒れない改善方法についてご紹介します!

怒ることができない人の7個の特徴

怒ることができない人には、どのような特徴があるのでしょうか?人それぞれに性格が違っていますが、怒れない人の多くは、他人から嫌われることを恐れていたり、もしくは自分の本心を周りに見せたがらないタイプだったりします。

喜怒哀楽の感情の中でも、怒りと悲しみはどちらかと言えばネガティブな部類に含まれます。

そんなネガティブな感情を表に出すことに抵抗がある人もまた、「怒るなんてみっともない、大人げない」と感じて、素直に自分の怒りを表に出すことができないのかもしれませんね。

怒ることができない人にはさまざまな理由がありますので、ひとつずつ特徴を見ていきましょう。

八方美人


八方美人な人は、誰とでも無難に人間関係を築きたいと考えています。

よく「世渡り上手」とも言われますが、世渡り上手になるためには、皆に良い顔をしてばかりもいられません。

自分が上手く世の中を生きていくために、必要な人に対してだけ取り入ることも多いため、世渡り上手な人はその一方で、少なからず敵を作ってしまうこともあるでしょう。

しかし八方美人な人は、できるだけ敵となる存在を作らないように心がけて行動します。

「友達と上手くやりたい」「会社の上司や部下、同僚とも上手くやりたい」という、できれば「皆と仲良くしておきたい」という気持ちが強いです。

だからこそ誰にでもいい顔をしてしまい、その八方美人ぶりを逆に叩かれてしまうこともあるでしょう。

そして八方美人な人は、自分が他人から嫌われるリスクのある行動を避けようとしますので、怒りの感情も当然抑えようとします。

本心では怒りを感じても、「ここで怒ったら相手に嫌われるかも」と考えて、表面上は無理して作り笑顔を浮かべることが多いのです。

諦めが早い

諦めが早い人は、怒る前にその感情を諦めてしまう癖がついてしまっています。

理不尽なことに怒りを覚えても、その怒りをバネにして相手に噛みつき、お互いに議論を交わし合おうとすることはありません。

ムッと怒りを感じても、すぐに「まあ仕方ないか」と諦めてしまうため、そこまで怒りのパワーが爆発することはないのです。

だからこそ、周りからは「温厚で優しい人」というイメージがついてしまいやすくもあります。

しかし、単に諦めが早いというだけで、決して怒りを覚えた対象に対して許しているわけでも、納得しているわけでもありません。

不満は確実にストレスとなって自分の中に溜まっていきますので、一見温厚に思えても心の中はどろどろと悪い感情が渦巻いてしまいます。

そのため飲み会や気の置ける相手に対しては、グチグチと日頃の不満や愚痴を零すことも多いですし、物事に対して捻くれた見方をしてしまうことも少なくはありません。

自己主張が苦手

自己主張が苦手な人っていますよね。

自分の言動や行動が、他人からどう思われるのかを酷く気にするタイプの人ほど、周りが気になって自己主張ができなくなってしまいます。

このタイプの人は、自分が怒りを覚えても、怒りの感情以上に「自分が怒ったら周りにどう思われるだろう」ということを考えてしまいます。

そして、周りを気にする余り自分の本心よりも、周りに合わせた行動を優先してしまいがちです。

本心では怒りのままに感情を爆発させたいと思っても、それを無理に押しとどめてしまうわけですので、当然ストレスは溜まってしまうでしょう。

それでも、怒りを露にして後悔するよりは、グッと堪えて自分が我慢することの方を選んでしまいがちです。

すると集団行動が求められる場合には、空気を読んで目立つ行動をとるわけでもないため、模範的な存在と周りからは判断されます。

しかし個々のアイデンティティを発揮しなければならないような場面では、自分の感情や個性を堂々と表に出すことができないため、その分周りからの評価が下がってしまうこともあるでしょう。

全てを抱え込もうとしがち

全てを抱え込もうとしがちな人も、怒りを素直に表に出すことができないことが多いです。

普通は、自分が理不尽な目に遭えば怒りますし、嫌なことがあれば悲しくなりますよね。

しかし全てを抱え込もうとするタイプの人は、そうした自分の中に生まれた感情に対して、「この感情は自分の都合だけのものだから」と考えて、表に出さないようにしてしまいます。

喜怒哀楽の感情は、ある程度素直に表に出さなければ、周りからは「何を考えているのかよく分からない人」になってしまいます。

すると「この人は何を言っても怒らない」と判断されてしまい、軽々しくバカにされたり、その人個人の自尊心を周りから軽視されてしまったりすることもあります。

全てを抱え込もうとしがちな人は、自分に対してストイックで、プライドが高いことが多いです。

それが余計に素直に怒りの感情を表せないことにも繋がってしまっています。

平和主義

平和主義の人は、争い事を嫌います。

争い事というのは大抵意見のぶつかり合いや、価値観の相違から生まれますが、そこには怒りの感情が含まれることも多いです。

「何で自分の意見を受け入れてくれないのか」「どうして自分を分かってくれないのか」といった我の強さは、大抵怒りの感情を伴って相手にぶつけられますので、平和主義の人にとって怒りの感情というのは、自分の理想とする主義と相反するものに思えてしまうでしょう。

すると周りが争うことに対して否定的なのはもちろんですが、それ以上に自分から争い事を作るような真似は決してしようとはしません。

誰かと意見がぶつかりそうになれば、本心では納得していなくても一歩引いて、相手の意見に合わせようとします。

相手の意見に理解できなかったとしても、それでも「争いになるよりは良かった」と安堵するのでしょう。

感受性が強い

感受性が強い人は、良くも悪くも他人の感情に敏感で、影響を受けてしまいやすいです。

喜びや楽しさといった感情は素直に自分の中に受け入れて、自分も同じように喜んだり楽しんだりできるでしょう。

しかしそれが、怒りや悲しみといったネガティブな感情になると、途端に感受性の強さは厄介な存在になります。

誰かがしくしくと悲しみに暮れていたら、自分も相手の立場を想像して、同じように悲しんだり同情したりするでしょう。

また、人に対して怒りの感情を覚えることがあっても、「怒りの感情をぶつけられた側の人」の気持ちをつい考えてしまって、「自分なら怒られたら嫌だなぁ」と思った結果、相手の気持ちを考えることで自分の怒りの感情を抑えてしまうのです。

感受性の強い人は、無意識に自分と対峙する人の気持ちを考えてしまいます。

そして相手の立場や気持ちを考えてしまうことで、どうしても相手を考慮してしまい、自分の感情は抑えがちになってしまうことが多いのです。

人見知り

人見知りの人は、よく知らない相手を前にすると途端に緊張したり、萎縮したりしてしまいます。

誰でも初対面の相手に最初から心を開くことは難しいですが、人見知りの人は特に、よく知らない相手にいきなり自分の感情を素直に見せることができません。

「どうも・・」と軽い挨拶や社交辞令はできても、自分のプライベートを話そうとはしませんし、また自分の感情や本心を相手に見せることにも強い抵抗があります。

そのため、初対面の相手やよく知らない相手から仮に罵られたり、バカにされたりすることがあっても、怒りの感情以上に相手に対して心を閉ざしてしまうため、素直に怒りを表すことができません。

むしろ自分をバカにする相手に対して怒りを覚えるどころか、先に苦手意識を覚えてしまって、ろくに向き合って怒ろうとはしないでしょう。

怒ることができない人ってどんな人?


怒ることができない人とは、どんな人なのでしょうか?これまでご紹介してきたような、怒れない特徴を持った人も、怒ることができない人に含まれるでしょう。

しかし、怒れない人の特徴は、あくまでもその人の特徴の1つであって、性格ではありません。

人を怒れない人というのは、根本的な性格が怒ることに不向きであることが多いです。

例えば優しい性格の人は、怒りを覚えても怒られる相手の気持ちを考えてしまって、あまり怒ることができないでしょう。

また、自尊心が強い人は、怒ることで見っともない自分を曝け出すのが嫌で、怒りを覚えたときには他の形でそれを発散させることもあります。

怒ることができない人にもさまざまなタイプがありますが、一般的にはどのようなタイプの人が他人に対して怒れないのでしょうか?いくつかご紹介していきます。

気弱

気弱な性格の人は、怒りの感情を覚える機会が気の強い人よりも少ないです。

何故なら、一瞬怒りを覚えたとしても、すぐに相手の勢いに飲まれてしまって、怒りの感情がしぼんでしまうことが多いからです。

例え自分が正しくて、トラブルになっている相手の方が間違っていたとしても、相手が「何だとこのやろう!」と勢いよく怒りをぶつけてきたら、怒りよりも相手に対する恐怖心で気持ちが負けてしまって、怒れなくなってしまうのです。

するとどれだけ自分が正しくても、間違った相手に毎回負けてしまって、自分の立場や自信がどんどんなくなり、余計に気弱な性格になってしまうでしょう。

また、気弱な性格のために人との争い事を避け続けた結果、常に自分が相手に譲り、理不尽な怒りを我慢しなければならなくなってしまう人もいます。

皆から好かれたい

皆から好かれたいと思っている人は、怒りを感じてもそれを表に出すような真似はしません。

何故なら、人に怒ることで「自分が嫌われてしまうかもしれない」というリスクを背負うことになるからです。

皆から好かれたいと思っている人にとって、そのリスクは自分の望みとは正反対の行動になります。

だからこそ、例え内心では怒りを覚えることがあっても、それ以上に「相手から好かれたい」という気持ちが優先して、相手に怒っているということを伝えることはしないのです。

八方美人な特徴を持つ人は、特にこの手のタイプが多いです。

誰とも無難な関係を築いておくためには、誰からもある程度好感を持たれていることが一番得策です。

そのためには、誰とも揉めてはならない、つまり自分が怒りを露にしてはならないのです。

確かに人を怒らなければ人から嫌われるリスクは減るかもしれません。

しかし、同時にこのやり方は自分に大きなストレスをかけてしまうことにもなります。

自分に自信がない

自分に自信がない人は、怒れることがあっても、「自分には相手を怒るような資格はないかもしれない・・」と考えて、怒りをグッと堪えてしまうことが多いです。

どんなことで怒れるのかは人それぞれですが、どんな場合であれ、怒っている人には「自分には怒るだけの理由も資格もある」と考えています。

だからこそ顔を真っ赤にしたり、大声を上げたりして堂々と自分の怒りを解放できるのです。

一方で自分に自信がない人は、周りよりも自分の方が劣っていると考えがちです。

だから誰かにバカにされてムッとしても、「でも、この人よりも自分の方が劣っているかもしれない。それなら反論もできないかも・・」と考えてしまって、怒っても相手にそれをぶつけることができません。

自分に自信がないからこそ、自分の考えを棚に上げて他人を怒ることもできなければ、堂々と自分の怒りを相手にぶつけることもできないのです。

怒る人が嫌い

怒る人が嫌いな人は、怒ることで自分自身も嫌いな人と同じになってしまうため、ムッとすることがあっても自分の怒りを表に出そうとはしません。

怒る人に対して嫌悪感を覚える人は、過去に自分が怒られたことで何かしらのトラウマを持っていることが多いです。

例えば子どもの頃に両親から怒られてばかりだったという人は、自分を怒る人間に対してとてもネガティブな感情を抱くようになります。

そのため、例え自分に対して向けられた怒りではなくても、平気で怒りの感情を表に出している人を見ると、子どもの頃の思い出と重なって、相手に対して嫌悪感を抱いてしまうことがあります。

また、「子どものように怒りを露にすることはみっともない」という意識が強い人も、怒っている人を見ると、「いい歳してみっともないなぁ」と感じることが多いため、それと同じような行動を決して取ろうとはしません。

怒る人が嫌いだからこそ、自分は怒らないようにしようと意識することで、怒れることがあってもそれを素直に表に出すことができないのです。

怒られることにトラウマを感じている

過去に怒られたことでトラウマを抱いている人は、直ぐにカッとなって怒るタイプの人に強い苦手意識を持ちやすいです。

例えその人自身を嫌いではなくても、その人が怒っている姿に苦手意識を抱くため、結果としてその人のことが苦手、もしくは嫌いに思えてしまうことがあります。

特に幼少期に親から強く怒られたり、学校で先生から叱られたりする経験が多かった人は、大人が怒る姿に恐怖心を感じてしまい、それが大人になってからもトラウマとして心に残ってしまうことがよくあります。

そのため、例え相手が真剣に自分の意見を伝えようとした結果怒る形になってしまっても、相手の大声や態度に恐怖を覚えてしまって、相手の真意までは伝わってこないことが多いです。

相手が何を思って怒っているのかまでは考えが至らずに、ただ「怖い」と感じてしまうため、結局のところはお互いの意志が通じ合えずに、同じようなことを繰り返してしまうこともあります。