あなたの部屋は綺麗ですか?清潔に、そして綺麗に部屋を保つことは精神衛生上良いことなんです。

ただ、仕事や勉強、家事に追われてなかなか部屋を片付ける暇がない…。

いつの間にか、部屋の中が散らかってしまっているという方も多いはず。

汚部屋になりやすい傾向としては、男性よりも女性の方が多く、実家暮らしよりも一人暮らしに多く見受けられるように思います。

物が多いというのも大いに関係していると思うのですが、とにかく物を捨てられないという人が、汚部屋になりやすいんですよね。

あなたは、物を捨てられますか?思い出の品をいつまでも取っておいていませんか?その思い出の品物は本当に必要なものですか?ゴミではありませんか?本当に必要で、大切な物と、そうでない物の区別を付けること、物を増やさない努力をすることも大切ですよね。

自分一人で部屋を片付けられなかったら、友人や家族、もしくは業者に手伝ってもらうのもアリですよね。

一体どんな汚部屋が存在するのか…あなたの部屋は汚部屋ではありませんか?

汚部屋ってどんな部屋?

汚部屋は、字から想像できるように汚い部屋のことを指します。

ただ汚いだけではなく、“片づけられなくて汚くなってしまった部屋”という方が適切かもしれませんね。

実際に汚部屋を見たことはありますか?私の周りには汚部屋と呼べる状態を維持している人はいないのですが、テレビなどで目にしたことがあります。

一時期テレビ番組で汚部屋に突入し、綺麗に改造してしまおうという企画をやっていたことがありました。

その際もやはり女性が多く、特に若い女性に多かったと記憶しています。

今は、“断捨離”という言葉をよく耳にしますよね。

私自身も部屋を放っておくと、どこまでも散らかすことができるタイプなので、定期的に断捨離を心がけるようにしています。

「私の部屋も汚部屋なのかもしれない。」「どんな部屋が汚部屋なの?」という方もいると思うので、実際の汚部屋はどんな状態になっているのかを見ていくとしましょう。

物やゴミが溢れている部屋


汚部屋=汚い。

というよりも、とにかく物が多いんです。

そして散らかったゴミが散乱している。

これは汚部屋に共通する事項と言って良いでしょう。

食べ終わった物の袋は捨てない。

ゴミをゴミ箱に入れない。

そもそもゴミ箱がない。

という仕組みが多いのでしょうね。

本人は、使う物とゴミとの区別は付いているのですが、他人からみると全てがゴミの山に見えてしまうんですよね(笑)。

ひとり暮らしだと誰からも注意されることがないので、余計に汚部屋化が進んでしまうのだと思うのですが、ゴミを放置しておくのは、やはり良いことではありませんよね。

ゴミは季節によって凄まじい臭いを放つこともあります。

そうなってくると隣人などに迷惑をかけることになってしまいますよね。

ゴミと共存することは、良い生活環境とは言えません。

とはいえ、汚部屋予備軍の方も多いと思います。

例えば、床ではなく、台所に限った話をすると、食べたものを一応流しには持ってくるのですが、鍋やフライパン、お皿、コップまで洗うことなく放って置いている状態。

もちろん生ごみを処理することなく、そのまま放置。

飲み終わったペットボトルやお酒の缶も放置…。

炊飯器の中にはいつのかわからないお米が…。

この状態になってしまうと、危険水域ですね。

疲れているときなどは、お皿やコップを放置しやすくもなると思いますが、炊飯器の中身をいつのかわからない状態で放置しているのはとても危険です。

汚部屋への入口が台所からだったという方も多いと思います。

足の踏み場も見つからない

物やゴミが床に散乱している状態だと、あっという間に足の踏み場がなくなりますよね。

片付けられない人に多いのが、物を床に置くということ。

テーブルや本棚などはただの置物と化し、床こそが物置になってしまっているのです。

そんな中でも、寝床だけは確保しているという人が多いんですよね。

もちろん布団やベッドは何年も日の目を見ていない状態です。

洗濯物もたたむことはせず、洗いあがったものをそのまま着るという。

そして、布団と同じように何年も日の目をみていない洋服たちも多いはず…。

汚部屋を育ててしまう方の多くが、部屋の中での自分の生活カテゴリーを1か所に決めてしまっているという傾向があります。

布団の上だったり、コタツの中だったり。

その場を中心として、そこから動かなくても手を伸ばした範囲内で全て事足りるような部屋を作っているのです。

また、“~しっぱなし。

”というのが非常に多いんです。

漫画を読みっぱなし、ご飯を食べっぱなし、服を脱ぎっぱなし。

動作を途中で諦めてしまうので、最後の片付けの段階に辿りつけていないんですよね。

これを見てドキッとした方もいるのでは?

虫などが出てくる場合も


虫…みなさん、虫は大丈夫なタイプですか?私は虫が大の苦手です。

虫が出たら捕まえるまで眠れなくなってしまうほど。

虫と一緒に暮らすなんて無理です(笑)。

汚部屋は、見た目にも汚いだけではなく、虫が湧くという可能性もあるのです。

人を呼べたものじゃないですよね。

先ほど台所の炊飯器の話をしましたが、炊飯器や鍋の中、冷蔵庫やシンクなどは放置しすぎると虫の住処になってしまいます。

台所に湧きやすいのはコバエですよね。

私も一度バーベキューをした後に、食べ終わった貝を放置してしまい、コバエが湧いて恐ろしい思いをしたことがあります。

また、敷きっぱなしの布団の下や、床にもいつの間にか虫が潜んでいる可能性がとっても高いのです。

汚部屋に成り果てている部屋は、空気の入れ替えも怠っている傾向にあるため、湿気がたまりやすく、虫にとって居心地がよい環境になってしまっている可能性があるのです。

部屋主は「汚い」自覚なし

虫が湧いてしまうことも非常に恐ろしいのですが、それ以上に恐ろしいのが、住んでいる人が、汚部屋だと自覚していないことです。

自覚があれば、ある程度の汚さに到達したら片付けようという気にもなるはずなのですが、汚部屋になってしまう人は自覚があまりない為、とことん汚さが進んで行ってしまうのです。

好きな人や、部屋にあげたい人ができたら意識が変わるのでしょうか。

それはあまり見込めないことが多いです。

というのも、自分の今の汚部屋の居心地の良さというのもありますし、何よりも片付け方がわからない・片付けてもまた元に戻ってしまうというところにも原因があるのかもしれません。

汚部屋が進行していくと、ゴミ屋敷へと進化を遂げてしまいます。

ゴミ屋敷は問題になりよくテレビでも取り上げられたりしていますよね。

ゴミ屋敷の場合はたいてい一軒家の場合が多く、家中に入りきらなくなった物が玄関や道に溢れ出すことで、周りに気付かれることが多いですよね。

人に注意されて初めて自覚が生まれることが多く、それまでは周りに迷惑をかけていることにも気づかないパターンが多いのです。

おすすめの汚部屋ブログ10選

汚部屋を所持している人がやっているブログがあるのをご存じですか?みなさん色んな気持ちを抱えながら、ブログをしています。

汚部屋に居続けたいと願う人は少なく、どうにか脱出したいという気持ちでブログをしている人が多いのです。

こうしたブログをしている人は、汚部屋だという自覚がある方々です。

何をきっかけとして汚部屋からの脱出を目論見たのか、実際に汚部屋から脱出することはできたのか。

ひとつのブログの中にある葛藤や、部屋で繰り広げられる物語を覗いてみましょう。

写真や、日々綴られる心の内から、リアルな状況を垣間見ることができるので、あなたの気持ちも、掃除や片付けに対して前向きになれることでしょう。

1、アラサー女子が汚部屋を脱出するまで

http://blog.livedoor.jp/obyjs/
こちらのブログは「アラサー・ややこのお掃除奮闘記」として電子書籍にもなっています。

このブログは主人公である、ややこさんが汚部屋から脱出するまでを記録しています。

ややこさんは、ブログを始めるときに、自分にルールを設けました。

そのルールとは、毎日何かしら更新すること・平日のおそうじは朝の1時間だけ(休日は別)・無理しない。

この3つです。

また、このブログをなぜはじめようと思ったのかということも記していて、いつも片付けようと思って何もできなかった、人の目に触れることで奮起するため、ということを理由としています。

まるで、ダイエットを決意した人の日記のようですよね。

写真を載せて、自分の部屋を晒すことで、自分のやる気を奮い立たせるという作戦は、凶とでるか吉とでるのか。

ややこさんは汚部屋からどう脱出したのかを、ぜひみてみて下さいね。

2、汚部屋お片付けブログ

http://oheya.onrainshop.com/
こちらは、“汚部屋のヌシ”さんが開設したブログです。

汚部屋のヌシさんは、自らを典型的な片付けられない女と自覚しています。

また、来客があると部屋を片付けられる!ということに気付いているため、ブログで人目に晒されていれば、部屋を片付けられることができるのではないかという動機を持ってブログをはじめています。

捨てる物の写真を撮ってブログに載せていたりと、自分以外の人にも、片付けをしていることを示し、ヌシさん自身も、見ているひとも励まされるようなブログを書いているのが特徴的です。

3、シンプル大作戦~汚部屋からの脱出~

http://uminoie.link/
こちらのブログを記しているのは、主婦であるumiさん。

umiさんの目標は、「生活を整えること」です。

umiさんは、節約やお金の管理にも興味をもっているため、汚部屋を片付けながら、家計の管理や返済に関してもブログに記しています。

結婚をして、子供をもうけたことで、意識改革が起き、「生活を整えたい」というところに落ち着いたそうです。

汚部屋を片付けていく過程だけではなく、生活自体をさらけだしているので、似た境遇の方は共感できる部分がたくさんあると思います。

特に主婦業をしているけれど、片付けることや家事全般が苦手という方。

毎日の暮らしの中でどうしても切り離すことができない家事に対して思うところがある方は、umiさんと一緒に頑張ってみよう!という気持ちになれると思います。

一人で悩まず、同じ境遇人のブログを見て共感することも、とても大切なことですよね。

4、汚部屋じゃなくてお部屋と呼びたいのッ!

http://obeyaoheya.xyz/
このブログのタイトルだけでも、汚部屋に対する思いが伝わってきますよね。

こちらのブログも主婦の方がやっているブログです。

汚部屋になるのはなぜだろう・お掃除記録・汚部屋掃除記録・体も掃除したい・雑記・汚部屋の主の日々の愚痴と、内容によってフォルダ分けしているので、とても見やすくなっています。

雑記などは、汚部屋とは関係ないことが綴られているのですが、それがまた箸休めになっていると言いますか、部屋の片づけのことを考えるのに疲れた時に読むと、「ああ、なんかわかるな~。」と共感できる内容が多く揃っています。

こちらのブログはひとつが短めで、淡々と書かれているので、長い文章を読んでも頭に入ってこない!という方に非常に向いていると思います。

5、ふつの生活を取り戻す記録

http://nico2note.com/
こちらは既婚のnicoさんが日々の生活の様子を綴っているブログです。

nicoさんの場合は、nicoさんのお母さんも、片付けや掃除が苦手という中で育ってきたこともあり、nicoさん自身も片付けを苦手としているようです。

その様子が写真からリアルに伝わってくるので、非常に親近感が湧きます。

nicoさんは、このブログとは違った形で、ダイエットの記録を公開しているそうです。

そのダイエット記録が結果を残せるものとなっていたこともあり、掃除に関しても人に公開すれば、成功するのではないか、というところに至り、掃除のブログもはじめました。

目標は「人を呼べる家」。

写真だけではなく、最近では動画にして、掃除前と掃除後の様子を載せているので、非常にわかりやすく、見やすいブログになっています。

「こんなに綺麗に片付くなら、私もやってみよう!」そう前向きに思わせてくれるブログです。

6、汚部屋片付け リバウンドしたくない!

http://kireinisitai.blog.fc2.com/
こちらのブログは汚部屋の片付けを中心に記したブログです。

汚部屋をどうすれば綺麗にできるのか、寄せられたアドバイスを実施してみたり、その効果を記してみたりと、かなり実践的なブログとなっています。

物が溢れやすい方の中には、ストック癖がある方も多いと思うのですが、こちらのブログの“かなさん”も、まとめ買いをすることが多く、ストックがたくさんあったという話をしています。

そこから意識を変えることで、行動が変わってきたという実体験を書いてくれているので、「私にもできそう!」と思わせてくれる部分があります。

写真はあまり載せていませんが、文章が軽快で読みやすいのが特徴的です。

7、汚部屋が20年間片付きません

http://katazuket.seesaa.net/index-2.html
ブログの題名がインパクト大!こちらのブログの主さんの目標は、いつの日か「インテリアブログ」に生まれ変わらせることです。