CoCoSiA(ココシア)

京美人の8個の特徴!京都に美人が多いのはなぜ?京美人の芸能人5人も紹介


京美人という言葉が定着するほど、京都に美人が多いです。

京都そのものが奥ゆかしさがあり、どこか上品なイメージがあります。

京都に美人が多いのは本当なのだろうかと悩む人も多いかもしれません。

実際活躍している芸能人で京美人の人もいます。

昔の偉人が京都に美人を連れてきたという説もありますが、実際のところはわかりません。

京都という奥ゆかしい雰囲気が女性を美しく見せるのだと思います。

京美人の魅力と京美人として活躍する芸能人を紹介します。

京美人の8個の特徴

京美人には8個の特徴があります。

京都という土地には歴史と風情を感じるいい雰囲気があります。

一度訪れると、また春夏秋冬どの季節も京都に訪れたいと思うような魅力があります。

それはまるで、一人の女性の溢れる魅力に夢中になってしまった男性の恋心のようです。

京都という場所がもたらす京美人にも同じような魅力があり、それぞれ個性はあれど、共通する特徴があります。

京美人を目指す女性には参考にしてほしいポイントです。

京都出身でなくても、美人と呼ばれるポイントとなります。

ぜひ恋愛のステップアップのためにも取り入れてほしいです。

肌が色白


京美人は肌が色白です。

京都は三方を山に囲まれている盆地なので、地下の名水に恵まれています。

京都を代表する料理である湯豆腐、鱧、お麩、黒豆などは京都という土地が生み出した名水からできているものが多く、それらの食材は美肌をキープするうえで大切な栄養素がたくさん含まれています。

京都に都があったころから、京都の女性は美しい肌をキープするために色々な努力を重ねてきました。

お米のとぎ汁を洗顔のときに使ったり、着物に使う絹織物を使って肌の角質を落としたりしてきました。

京美人と聞くと舞妓さんや芸子さんのような色白で品のある女性を意識するため、京都の女性はそういったイメージに近い肌の美しい女性を目指す人が多いのかもしれないです。

京美人を目指すためには、日々肌のお手入れを丁寧にして、紫外線対策も念入りにすることが大切です。

切れ長な目

京美人は切れ長な目が印象的です。

京美人はぱっと見るだけだと儚げで繊細で、守ってあげないとつぶれてしまいそうな箱入り娘をイメージします。

実際はそうではなく、儚げなイメージの奥底に女性としての強さを持っています。

京都の人は品のある嫌味が上手と囁かれるのはなんとなく納得ができ、感情的になったり、強く押したりしなくても、その人が持っているオーラで周りの人を頷かせてしまうような意思の強さがあります。

それを代表する一つが切れ長な目と言えます。

じっと見つめられると、思わず目をそらすことが出来なくなりそうです。

一重の目

京美人は一重の目が美しいです。

切れ長で一重の目は意思の強さを感じさせられ、表舞台で活躍した男性たちを陰から支えた歴史を物語ります。

可愛らしく愛くるしい女性と言えば二重のくりっとした目をイメージしますが、それとはまた違った美しさがあります。

切れ長で一重の目は着物を美しく華やかに見せ、京都という歴史と風情のある場所に華を添えます。

切れ長で一重の美しい目はメイク次第でもっと美しくなります。

雑誌や化粧品カウンターの店員さんのアドバイスを参考にしつつ、色々研究してみてください。

京都弁でゆっくり話す

京美人は京都弁でゆっくり話すのが印象的です。

関西弁は元気で勢いがあるので、一緒に話していると楽しいと思われる反面、それを怖いと感じてしまう人も少数ですがいます。

京都弁は関西弁の中でもおっとりしていて品があります。

京都弁のよさを活かすには、落ち着いてゆっくり話すところがポイントとなります。

出会いの場で自分のことを見て欲しいと必死な時は、ついつい早口になってまくしたてるようになります。

どんな時も落ち着いて、ゆっくりと笑いながら上品に話すことを心がけてみてください。

京都弁でゆっくり話すことをあざといと評価する人も一部いますが、あまり気にしなくても大丈夫です。

自分の住んでいる場所の話し方を最大限活かして、自分をよく見せられるようにしてください。

京都の舞妓さんや芸子さんの話し方を参考にしたり、お茶やお花を習いに行って京都の地の人の話し方を参考にしたりするといいと思います。

黒く艶やかな髪