言葉は日々新しいものが生まれていきます。

今回は、その新しく生まれた言葉の中から「レベチ」という言葉についてご紹介していきます。

何度も聞いたことがある人も居れば、全く聞いたことも無い人も居るかもしれません。

聞いたことがなかった人は、これを機に覚えておきましょう。

若者言葉「レベチ」を解説!


今回ご紹介させていただくのは、『レベチ』という言葉です。

この言葉を聞いてすぐに意味を理解する事が出来る人は、若いという証拠なのかもしれません。

今の日本において新しい言葉は、若い人の中から生まれている傾向にあります。

その為、新し言葉を知るには若者の文化を知る気持ちが重要かもしれません。

年代によって考え方は様々です。

だからこそ、若者が当たり前に思っている文化も、他の年代の人が見る事によって全く理解出来ない事もあるでしょう。

きちんとした日本語を使えばいいのにと思われる事もあるでしょう。

ですが、それもまた偏った考え方なのかもしれません。

一見ノリで作られた言葉の中には、その後長い期間使用されるような常識的な言葉になる場合も多々あります。

まずは受け入れる気持ちも大切です。

『レベチ』という言葉を使う事によって、今の若者文化を少し知る事が出来るかもしれません。

日々増えゆく若者言葉

私たちが今当たり前に使用している言葉の中には、最近作られたような言葉も沢山あります。

10年前は若者言葉として使用されていた言葉がいつの間にか浸透し、結果的に日本語の新しい言葉として認識されている場合も多々あるのです。

その為、若者言葉だからという理由でその言葉を学ぶ事を拒否していると、あっという間に時代に取り残されてしまう事もあるでしょう。

だからこそ、フランクな気持ちで知る事が重要なのです。

私たちの生活の中には、沢山の若者言葉があふれています。

その中で、自分たちは何を学びどう受け入れていくかを考える事が重要なのでしょう。

今の生活にその言葉が全く必要なかったとしても、知っておくという事は素晴らしい事です。

いつかその言葉が派生して他の言葉につながる事もあるかもしれないからです。

どんどん新しい言葉が出てくる若者言葉を、是非楽しみながら学んでみてはいかがでしょうか。

若者言葉とは?


若者言葉とは、書いて字のごとく若者が使用する言葉の事です。

一般的な言葉では無く、若い人を中心として使用されている言葉だからこそ、時代を反映している反面多くの人に受け入れられるには時間がかかるという場合もあります。

そのせいで、つい良くない言葉として認識されている事も多々あります。

若者は、若者にしかない勢いがあります。

その勢いのせいで時に周りの人から誤解されてしまう事もあるかもしれません。

本当はまっすぐな気持ちを持って行っている事も、悪いことをしているように思われてしまう事もあるのです。

そうならないようにする為にも、物事の本質をしっかりと見れるようにならなければいけません。

若者言葉の中の一つ「レベチ」

若者言葉にはいくつかの種類があります。

それらは使用している人からすると若者言葉とは思えないのかもしれません。

自分の状況を客観的にみる事が出来ないと、自分の今の状況が変わっているかどうかは分からないからです。

だからこそ、自分たちが当然と思って使用している言葉の中にも、実は大きな年齢間のギャップが存在している事を理解しなければならないのかもしれません。

そんな若者言葉の中で、最近よく耳にする言葉があります。

それが『レベチ』です。

レベチという言葉を聞いて意味をすぐに理解する事が出来る人も居れば、全く理解する事が出来ない人も居るでしょう。

もし、意味をすぐに理解する事が出来、既に使用しているという人は是非周りの人すべてがその言葉の意味を知っていると思わずに行動して欲しいと思います。

よく、年齢によって会話が噛み合わないと言われる事があります。

ですが実際には年齢によって会話が噛み合わないのではなく、双方の気持ちによって会話が噛み合わなくなっているという事を理解しましょう。

どんなに年齢が離れていたとしても、互いに相手に自分の話を伝えたいという気持ちさえあれば、それだけでどんな言葉も伝える事が出来ます。

年齢が高い人の中でも、若者言葉をきちんと理解している人は沢山います。

それは、それだけ相手の事を知ろうとする気持ちが強いからなのかもしれません。

そんな気持ちを持って行動する事が、新しい言葉を学ぶという意味では大切な事なのではないでしょうか。

「レベチ」の意味

ここからは『レベチ』という言葉の意味について説明したいと思います。

レベチという言葉は若者言葉の中でも、特にインターネットの世界でよく使用されている言葉です。

だからこそ、例え年齢がそれほど若くない人だったとしても普段からインターネットの掲示板などを利用している方は、比較的簡単に意味を理解する事が出来るかもしれません。

このように、言葉とは同じ環境に居る人同士には簡単に伝わるという事もあります。

だからこそ、年齢によって言葉が噛み合わないという問題も、実際の年齢に問題があるのではなく普段生活している環境の違いが大きな問題となっているのかもしれません。

「レベチ」=「レベルが違う」

『レベチ』とはいわゆる略語です。

その言葉の意味は『レベルが違う』という意味です。

このレベチという言葉はいろいろなタイミングで使用する事が出来ます。

さすがにオフィス用語と使用するのはいかがなものかとは思いますが、通常の会話であれば違和感なく使用する事が出来ると思います。

ここで学んだ事をキッカケに生活の中に取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

新しい言葉を積極的に知り、どんどんと自分の中にある言葉を増やしていきましょう。

格が違いすぎる様子

生活していると、同じ事をしていても明らかに出来が違う人という人は居るものです。

それは運動であっても勉強であったとしても、なんにでも言える事です。

どんなシチュエーションだったとしても、努力ではどうする事も出来ない差を感じる瞬間があります。

そんな時に『レベチ』という言葉を使用しているのです。

いわゆる『格が違いすぎる』ということです。

格の違いを感じる事で、自信が無くなり落ち込んでしまう人もいるかもしれません。

自分自身に自信を持って行動している人であればあるほど、その人との差に悩むものなのでしょう。

ですが、人生にはそんな時がいくつも登場します。

一度も挫折を味わった事が無い人などいないはずです。

『格が違う』と言うと、圧倒的な敗北を感じてしまうものです。

ですが『レベチ』という軽い言い方をする事によって、その事実を軽く受け止める事が出来るかもしれません。

実際の事実が変わる事は無かったとしても、そうした言葉一つの言い方で、自分の中に感じるストレスを少し軽減させる事が出来るのかもしれません。

また、相手に話をする時も同じ事です。

『格が違う』と言ってしまえば角が立つような事も『レベチ』と言うだけで一気にフランクな言葉として受けとめる事が出来るのです。

実際には二人の関係によっても、相手が思う気持ちは変わってくるでしょう。

ですが、そうだとしても、やはり言葉を選ぶ基準によって相手に与える影響は変わるのかもしれません。

比べ物にならない様子

『レベチ』には他にも色々な捉え方があります。

その中には、『比べものにならない様子』という物も含まれています。

基本的な意味合いは格が違うという意味で同じ事です。

しかしながら、使用するタイミングによってその微妙な言葉のニュアンスの違いで、相手が感じる印象も変わってくるのかもしれません。

だからこそ、受け取る人によって自分自身に感じる言葉の意味は変わって来るのです。

比べ物にならい様子とは、それだけ差が歴然としているという事でしょう。

その差を感じれば感じるほど、この言葉を使用しているのです。

相手との差を感じた時は誰にでもある事でしょう。

そんな時にこそこの言葉を使用してみてください。

そうすると、周りの人にも自分の状況を軽い形で伝える事が出来るようになるかもしれません。

圧倒的なさを感じると、人はどうしても卑屈になってしまうものです。

相手の事を妬んだりうらやんだりしてしまう事だってあるかもしれません。

ですが、そんな時でもこのように簡単な言葉を使用する事によって、自分自身を守る事が出来るようになるのかもしれません。

そんなメリットもこの言葉にはあるのではないでしょうか。

ハイクオリティな様子

レベルが違うという事は、それだけ素晴らしいという事でもあります。

ハイクオリティなものは、そう何度もあるものではありません。

だからこそ、より一層他との違いを感じる事も出来るのでしょう。

その違いを一番分かりやすく表現する形として、レベチという言葉を使用する事もあるのかもしれません。

レベチというと、どこか軽い印象に捉えられてしまう事もあるでしょう。

その為、その凄さを相手が理解出来ないという場合もあるかもしれません。

けれど、その中でも自分が思う形を表現する事が出来るのであれば、それはそれでいいのではないでしょか。

それぞれの年代によって使用する言葉は違ってくるものです。

大切な事はその言葉を否定するのではなく受け入れていく事です。

素晴らしく優れている様子

素晴らしく優れている状態もまた、レベチという言葉を使用されるタイミングとしては間違ってはいないと思います。

きっと多くの人がその言葉を使用する事によって、その素晴らしさを相手に伝える事が出来るのかもしれません。

ただし、この言葉は使用するタイミングが重要です。

というのも、いくら自分の中で褒め言葉として使用している言葉だったとしても、相手にはそう捉えられない事もあるかもしれません。

言葉の軽さを理解していないと、結果的に相手を傷つけてしまう場合もあります。

だいたいは良い意味で使われる

『レベチ』の場合、悪い意味で使用される事はあまりありません。

レベルが違うという時に使用される言葉なので、一見相手を卑下する際に使用する言葉だと思われる事もあるかもしれません。

ですが実際には、相手を褒める時や状況が良いときなどに使用される事が殆どです。

「レベチ」の類語

言葉には類語というものが存在しています。

似ている言葉を知っていれば、自分の言いたいことに合わせて話の内容を変える事が出来るようになります。

ここでは「レベチ」の類語をご紹介します。

段違い → 「ダンチ」

段違いも、略語にしてしまえば『ダンチ』という言葉になります。

いきなり『ダンチ』という言葉を使われても、相手はいまいちピンとは来ないかもしれません。

ですが、前後の言葉を知る事によってその言葉の意味をきちんと推察する事が出来るようになる事でしょう。

レベチもダンチも結局意味としては同じです。

あえて言えば、ダンチとの方が少し近い距離にあるのかもしれません。

レベルと段階では英語と日本語としての違いで、それほど意味の違いはないようにも見えますが、あくまでも相手が受ける印象としてはちょっとした差を感じるのかもしれません。

次元が違う → 「ジゲチ」

レベルが違うという意味で使用されるレベチに対して、ジゲチとは次元の違いを示しています。

その差を感じさせる事によって、更に大きな差を示す事が出来るのでしょう。

その為、ジゲチの方がレベチよりも更に高い違いを示している言葉になります。

しかしながら、言葉はあくまでも多くの人が使ってこそ意味があるのです。

ジゲチの方がその差をはっきり示す事が出来るのにも関わらず、レベチという言葉の方が浸透しているのは、それだけレベチという言葉の方が使用しやすいからなのではないでしょうか。

ジゲチという言葉は濁音が多い事もあり、なんとなく言いにくい印象です。

ぱっと略されているという印象を持つ事も出来ず、周りの人からすると意味を推測しにくいという難点もある事でしょう。

だからこそ、どれだけ意味がしっかりしているとしても使用する人が居なければ意味がないのです。

その点レベチという言葉は、元がカタカナという事もあり意味を推察しやすい言葉となっています。

そんな所もあり、多くの人が気軽に使用する事が出来る言葉として使用されているのでしょう。

「レベチ」の具体例3個

それではここからはレベチを使うにあたっての具体的な例についてご紹介したいと思います。

言葉の意味を知っていても、その使い方がうまくイメージする事が出来ないと言葉の意味を学ぶ事は難しいかもしれません。

上手く言葉を自分のものにする為にも、具体例を知っておくと役立つと思います。

オシャレすぎるファッションを見て

オシャレ度合いは人によって違うものです。

あまりにおしゃれな服装は、逆に周りの人が理解できないなんて事もあるかもしれません。

だからこそ、おしゃれすぎるファッションを見ると次第にその差に驚いてしまう事もあるでしょう。

そんな驚きを表現するうえで、この言葉はとても有効なのかもしれません。

演技力の高い俳優に向けて

若者言葉だからこそ、相手から失礼だと思われてしまう事もあるでしょう。

けれどメディアの中の人であれば、多少失礼な言い方をしても問題はない場合も多々あります。

その為、俳優さんなどに向けてであれば、レベチという言い方を年上の人のしてもいいのかもしれませんね。

頭が良すぎる友達に向けて

レベチとは相手を褒める言葉の一つです。

その褒める内容は人によって違います。

たとえば頭の良さもその一つです。

頭が良い人にとってみればなんて事は無い問題も、他の人がみればそれが出来るに感動する事だってあるかもしれません。

そんな状況の際にこの言葉が使用できます。

「レベチ」を会話で使ってみよう!

いかがだったでしょうか。

レベチという言葉の意味やその使い方について理解する事は出来たでしょうか。

今まで当たり前に使用していた人からすると、その言葉はわざわざ説明を受けるまでも無く、当たり前の言葉だったかもしれません。

初めて知った方はせっかく意味を理解したのですから、この機会にレベチという言葉を使用してみてはいかがでしょうか。

通常の会話の中に盛り込む事で、どこかフランクな形で周りの人と会話を楽しむ事が出来るようになるかもしれません。

そんなきっかけになる事もあるのが、若者言葉の良いところなのではないでしょうか。