CoCoSiA(ココシア)

さわやかな人の10個の特徴と、さわやかな人になるための11個の方法


さわやかな人は、その人の持つ性質から、周りを快い気持ちにさせてくれます。

そのため、さわやかな人の周りには自然とたくさんの人が集まりますし、人間関係も良好に築くことができます。

「さわやかさを身に付けて、良い人間関係を築きたい!」と思う人も少なくはないでしょう。

そんな人のために、さわやかさを身に付けるための方法をご紹介します!

さわやかな人の10個の特徴

晴れ晴れとした気持ちのときや、さっぱりとした快い気分になっているとき、私たちは「さわやかだね~」と表現することがあります。

また、人をそうした気持ちにさせてくれる人に対しても、「さわやかな人」と例えることがあると思います。

さわやかな人は、性格がはっきりしていて思い切りが良く、見ていて快い気持ちにさせてくれます。

また、内面はどうであれ、外見の印象がさわやかな人もいるでしょう。

さわやかな人と一緒にいると、自分まで晴れ晴れとした気持ちになることが多いので、さわやかな人の周りには、絶えず人が集まります。

人気者になりたい人や、周囲と良好な人間関係を築きたい人は、さわやかな人間性を目指すと良いかもしれませんね。

さわやかな人になるためには、まずはさわやかな人がどんな人なのかを知らなければなりません。

さわやかさを持つ人に共通する特徴をご紹介していきます。

清潔感のある身なり

さわやかさは、外見からあふれ出ていることが多いです。

身なりがきちんと整っているのはもちろんですが、さらに清潔感もよく感じさせます。

きちんと整えられた髪に、顔には無精ひげなどはなく、眉や肌の手入れもされていることが多いです。

また、どんな服を着る時でも、服にはシワや汚れはなく、シャツ一枚でもきれいに着こなします。

立ち振舞いもだらしなさを感じさせず、立っている時は姿勢がスッと伸びていることが多いため、服装がシンプルでも育ちの良さや上品さを感じさせます。

さわやかな人は、服装のオシャレさにそこまでこだわることをしなくても、立ち振る舞いだけでさわやかさを感じさせることも多いでしょう。

清潔感がある人は、それだけで見ている人の警戒心を解き、嫌悪感を失くし、好印象を相手に与えやすいです。

清潔感と生理的な好みとは深く関わっていますので、いくら容姿が整っていても、清潔感のない人には生理的嫌悪感を覚えてしまう人も少なくはありません。

さわやかな人は、そうした意味でも周囲の人から生理的に好まれることが多いでしょう。

清潔感のある服装

さわやかな人は、常に清潔感のある服装をしています。

シャツやパンツはアイロンでしっかりとシワが伸ばされていますし、靴もきれいに磨かれていて、隅々まで手入れが行き届いているのを感じさせます。

服の色も暗めのものよりは、好んで明るめの色を身に付けることが多いでしょう。

あまりごちゃごちゃとした装飾品は身に付けず、服のデザインもそこまで奇抜なものを選ぶことはありません。

本人の好みでシンプルに整えていることもありますが、中には他者にさわやかな印象を与えることを心がけて、そうした派手過ぎないファッションで抑えている人もいます。

外見でさわやかさを感じさせる人は、自分の服装が他者にどのような印象を与えるかについて、考えた上でその場の服装を選んでいることも少なくありません。

それはあざとさではなく、相手への気遣いの気持ちから行動に現れていることが多いのです。

清潔感のある髪型

髪型から清潔感を感じさせる人もいます。

ワックスは控えめにして、あくまでも自然体なヘアスタイルを心がけている人も多いでしょう。

あまりワックスで固めすぎてしまうと、いかにもベタベタとした印象になってしまい、清潔感がなくなってしまいます。

また、前髪は長くてもきちんと目が見えるようにセットされていることが多いです。

長い前髪はそのまま垂らしておくと目が見えなくなってしまい、顔の印象が暗くなってしまいます。

また、会話をする際にも相手に与える印象が悪くなり、清潔感を感じさせなくなってしまうでしょう。

さわやかな人の場合は、前髪は目が見える程度の長さで整えているか、もしくは長い前髪をきちんとまとめて目が見えるような状態にしてあることが多いです。

さらに髪全体をきれいに手入れしてあるため、長い髪をまとめず、風に遊ばせている状態だとしても、清潔感を感じさせることでしょう。

よく笑顔を見せる


さわやかな人を思い浮かべる時に、笑顔を想像する人は多いでしょう。

さわやかな人は、それだけよく笑顔を見せることが多いです。

いつもにこにことしていて、見る人に安心感や好感を与えるような快い笑顔を浮かべます。

もちろん時には泣いたり怒ったりすることもありますが、基本的には喜怒哀楽の楽の感情を出していることが多いでしょう。

さわやかな人は人前で笑顔を見せる機会が多いからこそ、周りにもその笑顔に惹かれた人たちが集まってきます。

「優しそうだな」「さわやかで感じのいい人だな」と周りが思うと、自然とコミュニケーションも好意的に接することができて、お互いに初対面から良好な関係を築けることも多いでしょう。

笑顔は人を安心させる効果もありますので、さわやかな人の浮かべる笑顔で、少なからず周囲の人たちは気持ちを落ち着けたり、自分も笑顔になれたりするでしょう。

目に輝きがある

さわやかな人は、その内面からさわやかさがにじみ出ていることも多いです。