CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

さわやかな人の10個の特徴と、さわやかな人になるための11個の方法


さわやかな人は、その人の持つ性質から、周りを快い気持ちにさせてくれます。

そのため、さわやかな人の周りには自然とたくさんの人が集まりますし、人間関係も良好に築くことができます。

「さわやかさを身に付けて、良い人間関係を築きたい!」と思う人も少なくはないでしょう。

そんな人のために、さわやかさを身に付けるための方法をご紹介します!

この記事の目次

さわやかな人の10個の特徴

晴れ晴れとした気持ちのときや、さっぱりとした快い気分になっているとき、私たちは「さわやかだね~」と表現することがあります。

また、人をそうした気持ちにさせてくれる人に対しても、「さわやかな人」と例えることがあると思います。

さわやかな人は、性格がはっきりしていて思い切りが良く、見ていて快い気持ちにさせてくれます。

また、内面はどうであれ、外見の印象がさわやかな人もいるでしょう。

さわやかな人と一緒にいると、自分まで晴れ晴れとした気持ちになることが多いので、さわやかな人の周りには、絶えず人が集まります。

人気者になりたい人や、周囲と良好な人間関係を築きたい人は、さわやかな人間性を目指すと良いかもしれませんね。

さわやかな人になるためには、まずはさわやかな人がどんな人なのかを知らなければなりません。

さわやかさを持つ人に共通する特徴をご紹介していきます。

清潔感のある身なり

さわやかさは、外見からあふれ出ていることが多いです。

身なりがきちんと整っているのはもちろんですが、さらに清潔感もよく感じさせます。

きちんと整えられた髪に、顔には無精ひげなどはなく、眉や肌の手入れもされていることが多いです。

また、どんな服を着る時でも、服にはシワや汚れはなく、シャツ一枚でもきれいに着こなします。

立ち振舞いもだらしなさを感じさせず、立っている時は姿勢がスッと伸びていることが多いため、服装がシンプルでも育ちの良さや上品さを感じさせます。

さわやかな人は、服装のオシャレさにそこまでこだわることをしなくても、立ち振る舞いだけでさわやかさを感じさせることも多いでしょう。

清潔感がある人は、それだけで見ている人の警戒心を解き、嫌悪感を失くし、好印象を相手に与えやすいです。

清潔感と生理的な好みとは深く関わっていますので、いくら容姿が整っていても、清潔感のない人には生理的嫌悪感を覚えてしまう人も少なくはありません。

さわやかな人は、そうした意味でも周囲の人から生理的に好まれることが多いでしょう。

清潔感のある服装

さわやかな人は、常に清潔感のある服装をしています。

シャツやパンツはアイロンでしっかりとシワが伸ばされていますし、靴もきれいに磨かれていて、隅々まで手入れが行き届いているのを感じさせます。

服の色も暗めのものよりは、好んで明るめの色を身に付けることが多いでしょう。

あまりごちゃごちゃとした装飾品は身に付けず、服のデザインもそこまで奇抜なものを選ぶことはありません。

本人の好みでシンプルに整えていることもありますが、中には他者にさわやかな印象を与えることを心がけて、そうした派手過ぎないファッションで抑えている人もいます。

外見でさわやかさを感じさせる人は、自分の服装が他者にどのような印象を与えるかについて、考えた上でその場の服装を選んでいることも少なくありません。

それはあざとさではなく、相手への気遣いの気持ちから行動に現れていることが多いのです。

清潔感のある髪型

髪型から清潔感を感じさせる人もいます。

ワックスは控えめにして、あくまでも自然体なヘアスタイルを心がけている人も多いでしょう。

あまりワックスで固めすぎてしまうと、いかにもベタベタとした印象になってしまい、清潔感がなくなってしまいます。

また、前髪は長くてもきちんと目が見えるようにセットされていることが多いです。

長い前髪はそのまま垂らしておくと目が見えなくなってしまい、顔の印象が暗くなってしまいます。

また、会話をする際にも相手に与える印象が悪くなり、清潔感を感じさせなくなってしまうでしょう。

さわやかな人の場合は、前髪は目が見える程度の長さで整えているか、もしくは長い前髪をきちんとまとめて目が見えるような状態にしてあることが多いです。

さらに髪全体をきれいに手入れしてあるため、長い髪をまとめず、風に遊ばせている状態だとしても、清潔感を感じさせることでしょう。

よく笑顔を見せる


さわやかな人を思い浮かべる時に、笑顔を想像する人は多いでしょう。

さわやかな人は、それだけよく笑顔を見せることが多いです。

いつもにこにことしていて、見る人に安心感や好感を与えるような快い笑顔を浮かべます。

もちろん時には泣いたり怒ったりすることもありますが、基本的には喜怒哀楽の楽の感情を出していることが多いでしょう。

さわやかな人は人前で笑顔を見せる機会が多いからこそ、周りにもその笑顔に惹かれた人たちが集まってきます。

「優しそうだな」「さわやかで感じのいい人だな」と周りが思うと、自然とコミュニケーションも好意的に接することができて、お互いに初対面から良好な関係を築けることも多いでしょう。

笑顔は人を安心させる効果もありますので、さわやかな人の浮かべる笑顔で、少なからず周囲の人たちは気持ちを落ち着けたり、自分も笑顔になれたりするでしょう。

目に輝きがある

さわやかな人は、その内面からさわやかさがにじみ出ていることも多いです。

明るく前向きな性格をしていれば、活気に満ちたさまは全身から感じ取れるでしょう。

また、目にも活力が満ちているため、輝きがあります。

「これから何かを成し遂げよう」「明るく毎日を楽しく過ごしたい」といった前向きな気持ちがそのまま目に表れていますので、さわやかな人と接している相手にまで、その前向きさや活力が伝わることもあります。

そのためさわやかな人は、周りから「あの人といると元気をもらえる」と評されることも多く、同じように前向きに元気に毎日を送りたいと考えている人たちからは特に慕われることが多いです。

「目は口程に物を言う」と言いますが、さわやかな人は表情や言葉だけでなく、目にもきらきらとした活力を感じさせることがよくあります。

白い歯

白い歯はさわやかさの代名詞とも言えるでしょう。

さわやかな人の全員が必ず白い歯をしているというわけではありませんが、比較的白に近いきれいな歯をしていることが多いです。

毎日きちんと歯磨きをして歯の管理もしっかりしていますので、笑ったときに見える歯も衛生的で、相手に対して好印象を与えます。

歯は物を咀嚼して飲み込むので、きちんと手入れをしなければ、見た目も汚く、また口臭が発生してしまう可能性もあります。

口内環境が汚れている人は、どんなに外見を磨いたとしても、不衛生な印象を相手に与えてしまいます。

特に異性の場合には、歯が汚い人とはキスもしたくないと思われてしまうため、歯がきれいかどうかはかなり重要なポイントになってきます。

その点さわやかな人はきれいな白い歯をしているため、異性からもモテやすくなるでしょう。

キレイな肌


さわやかな人には透き通るようなきれいで白い肌をイメージする人も多いことでしょう。

そのイメージの通りに、さわやかな人はきれいな肌をしていることが多いです。

さわやかな人というのは、相手に与える自分の印象にも気を遣っています。

そのため、他人から見た時に自分が好印象に思われるように努めていますので、身なりや外見にも気を付けています。

また、服装や髪型だけでなく、肌や歯、髪質といった素材もきちんとメンテナンスをしていますので、元の素材もきれいな人が多いです。

肌が荒れているならクリームや軟膏を塗って落ち着かせ、女性の場合には夏場は日焼け止めなどをきちんと塗って肌質の管理をします。

男性でも肌の状態をほったらかしにすることはありませんので、まったく手入れをしていない人に比べれば、きれいな肌をしていることでしょう。

明るい性格

さわやかな人は明るい性格をしています。

いつもニコニコと笑顔で明るく過ごしているため、一緒にいる人も自然と笑顔になってしまうことが多いでしょう。

かといって、無邪気な人のように明るすぎるというわけでもありません。

明るさの中にも、年齢相応の落ち着いた雰囲気や、冷静な物腰を持っています。

だからこそ、一緒にいる人も安心感を覚えやすく、「この人と一緒なら大丈夫そう」とか「この人には本音で話せそう」など、さわやかな人に対して信頼を抱きやすいです。

さわやかな人自身もまた、周りからそう思われていることを自覚しているため、周囲の期待や思いを裏切らないように、いつも明るく優しく振舞うことが多いです。

そうした気遣いによって、さらに人望を集めることもあるでしょう。

フレンドリー

さわやかな人は、誰に対しても友好的でフレンドリーです。

もちろん個人的な好き嫌いはありますが、それをいちいち表に出すような真似はしません。

本心では苦手な人とでも、表面上はそれなりに親しく接しますし、また相手に合わせて接し方を変えることもできるでしょう。

初対面の人とも自分から積極的に話しかけて、感じの良い笑顔と明るさで相手の警戒心を解いていきます。

道をすれ違っただけの人や、バス停で一緒に待っている知らない人から急に話しかけられた時でも、感じよくフレンドリーに言葉を返して、短時間で初対面の相手とも仲良くなることができます。

フレンドリーな雰囲気を発していることも多いので、初対面でいきなり話しかけられる機会も少なくはないでしょう。

スポーツができる

さわやかな人イコールスポーツができるというイメージを持つ人も多いでしょう。

さわやかでもスポーツができない人ももちろんいますが、どちらかというとスポーツマンタイプの人にさわやかな人が多いと言えるでしょう。

運動が好きな人や、日頃から一生懸命にスポーツに励んでいる人というのは、スポーツマン精神が自然と身についているために、性格もさわやかであることが多いです。

スポーツの世界では正々堂々と勝負をして勝敗を決めるため、日常生活でも卑怯な真似はしようとせず、何事も正々堂々と行おうとするでしょう。

また、勝負の後には絆が芽生えるところからも、友達と喧嘩をしても、自分から謝って仲直りをしたりと、気持ちの良い性格をしていることが多いです。

そうしたスポーツマンらしい一面から、さわやかな印象に見られる人もいるでしょう。

明るい色が似合う

さわやかな人には明るい色がよく似合います。

人の性格を色で例えることがよくありますが、それだけ色は人の性格のイメージカラーにもなることが多いでしょう。

例えば明るい性格の人には黄色やオレンジなどの暖色系、静かで落ち着いた性格の人には青や黒などの寒色系、そしてさわやかな人には白や青空の色などがよく似合っています。

性格がどうだろうと、好きな色の服を着ればいいのですが、やはり真っ黒な服を着た人がにこにこと明るい笑顔でいると、何となく違和感を覚えてしまいますよね。

また、性格は色に影響されることもあるため、普段は明るい性格の人でも、青や黒などの寒色系のファッションの時には、いつもよりも多少性格に落ち着きが生まれることもあります。

さわやかな人の場合には、やはりその性格を表すような明るい色が似合うことでしょう。

アクティブ

さわやかな人はアクティブな性格をしています。

興味を持ったことは自分から積極的に行動しますし、休日には家でごろごろ過ごすよりも、外に出かけたり、友達と遊んだりする方が性に合っているでしょう。

時間があればその時間を無駄にせず、「何かしよう」と考えて有意義に過ごそうとしますし、自分に関心のないことでも、一緒にいる人がそれをやっていれば、自分も混ざろうとするでしょう。

さわやかな人はそうしたアクティブさを持っていますので、常にフットワークも軽く、思い立ったが吉日で行動に起こすことが多いです。

さわやかな人なるための11個の方法

さわやかでいると、毎日が充実して楽しくなりますし、また自然と周りの人間関係も上手くいきやすくなります。

初対面の人とも親しくなりやすいですし、物事に対しても常に前向きな気持ちになれますので、積極性も身につくでしょう。

さらに、さわやかな人柄になることで清潔感も生まれますので、異性との出会いの機会にも、好印象を持ってもらえるようになります。

そんなメリットの多いさわやかな人間になりたいと思う人は少なくはないでしょう。

では、どうすれば自分もさわやかな人になれるのでしょうか?さわやかな人になるための方法をご紹介していきます。

笑顔の練習をする

人が人に対してさわやかさを感じるとき、その理由の多くは相手の笑顔によるものです。

相手の笑顔を目にすることで、「さわやかそうな人だな」と感じるため、さわやかな人間になりたいと思うなら、まずはさわやかな笑顔を浮かべられるようになりましょう。

さわやかな笑顔とは、明るく優しい笑顔か、または晴れ晴れとした笑顔であることが多いです。

後者の笑顔は実際に気持ちが晴れ晴れとしていなければなかなかできませんので、まずは前者の笑顔の練習から始めましょう。

口角を挙げて、少し歯を見せるように口元に笑みを浮かべます。

目には本心や感情が表れやすいため、接する相手に対する好意を抱くことで、自然と優しい目で笑顔を浮かべることができるようになります。

毎日鏡の前で、口元の筋肉が疲労感を覚えるまで練習を続けていれば、いずれ自然とやわらかな印象の笑顔を浮かべられるようになるでしょう。

オシャレを勉強する

さわやかな人は、一見シンプルなファッションでも、それなりにデザインや色合い、着まわし方には気を遣っています。

服のシワを伸ばしたり、靴を磨いたりするのは当たり前で、それ以外にもある程度オシャレの勉強をしておきましょう。

できれば自分の年代に合った雑誌を選び、その中から自分なりに「さわやかだな」と思えるモデルを見つけたら、そのファッションを真似てみます。

最初は難しくても、さわやかなイメージのあるモデルのファッションを参考にしていれば、その内に自分でもどんなオシャレがさわやかな印象になるのかが何となく分かってくることでしょう。

オシャレもさわやかさも、一朝一夕で身に付けることはできません。

時間をかけて少しずつ磨いていくことで、本物のさわやかさを身に付けることができるでしょう。

髪型を変える

髪型一つで、人の印象はがらりと大きく変わります。

長い髪の人は落ち着いたイメージがありますし、一方で短い髪の人は活発なイメージがあるように、その人の髪型によって性格も印象付けられることも少なくはありません。

そこで、さわやかな人を目指すためにも、髪型からイメージづくりを始めるのもおすすめです。

ヘアスタイルはさまざまですし、その人に合ったヘアスタイルもあれば、合わないものもありますので、無理して理想のモデルとまったく同じ髪型にする必要はありません。

ただ、自分で思うさわやかなイメージに近づけるように、プロにお願いをしてなるべくさわやかな印象になるヘアスタイルを作ってもらいましょう。

「こうなりたい」という具体案があれば事細かに美容師に伝えた方がいいですし、特に希望がなければモデルのヘアスタイルからさわやかな印象のものを選び、それに近づけてもらいましょう。

スキンケアをする

さわやかさを身に付けたいのなら、外見を磨くことも大切です。

毎日スキンケアをして、なるべくきれいな肌を保ちましょう。

女性でスキンケアをする人は多いですが、男性でもスキンケアは必要です。

日中強い日差しを浴びた肌は荒れてしまっていますので、しっかりスキンケアをしてあげることで肌荒れや、シミなどを防ぐことができます。

お風呂上りにパックをするなど肌の手入れを行いましょう。

肌細胞は一定周期で新しく生まれ変わりますが、年齢と共に段々と肌質は低下してきてしまいます。

それをスキンケアで補う必要がありますので、さわやかさを身に付けたい人は、今日からでもきちんとスキンケアを行っていきましょう。

汗対策をする

さわやかな人は汗をかいてもさわやかですが、その汗が臭ったり、脇に汗染みができていたりすると、あまり清潔感があるようには見えなくなってしまいます。

そこで、汗をかきやすい人、もしくは汗をかきやすい時期には、しっかりと汗対策を行いましょう。

具体的には、常に汗拭きシートや制汗剤などを持ち歩き、汗をかいたときにはすぐさま拭き取って、汗の臭いがしないように気をつけます。

また、たくさん汗をかきそうな日には着替えを用意しておいたり、汗染みが目立たないような服装を心がけたりします。

夏場は特に汗対策が必要ですが、春から夏、もしくは夏から秋にかけてもじんわりと汗をかきやすい時期ですので、いつでも汗対策ができるようにしておきましょう。

積極的に挨拶をする

さわやかな人は、いつも自分から積極的に他者へとコミュニケーションをはかろうとします。

会社で同僚や上司を見かけたら、相手が口を開く前に自分から笑顔で挨拶をしますし、道で一瞬関わっただけの人に対しても、丁寧に挨拶やお礼を言って相手に好印象を与えます。

さわやかな人になりたいと思ったら、周りからそう思われるためにも、積極的に人に対して挨拶をしていきましょう。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、自分から声をかけることに慣れてしまえば、今度は声をかけないことに違和感を覚えるようになるでしょう。

声をかけられた人も、笑顔で挨拶をされれば悪い気はしませんし、相手によっては挨拶をきっかけにして親しい関係を築けるようになるかもしれません。

いずれにしても、自分からは話しかけられず、おどおどした人には誰もさわやかなイメージを持つことはありませんので、まずは自分から頑張って挨拶をするように心がけましょう。

喋り方を変える

さわやかな人に思えるかどうかは、その人の喋り方でも変わってきます。

どんなに外見がさわやかでも、口から出る言葉が乱暴だったり、下品だったりすれば、一瞬でさわやかなイメージは崩れてしまいます。

反対に、外見は強面でも、口を開いた時にとても丁寧な言葉遣いが出てきたら、「意外と良い人なのかな?」とギャップに驚きつつも、良い印象へと変わるでしょう。

喋り方一つで、相手の印象が良くも悪くも変わってきます。

そのため、さわやかになりたい人は、喋り方にも気をつけなければなりません。

雑な喋り方はせず、乱暴な言葉や下品な言葉は使わないようにしましょう。

かといって丁寧過ぎても堅苦しい印象になってしまうため、敬語で接するのは初対面で、ある程度親しくなれそうなら敬語ではなく、普通の柔らかい言葉遣いに変えて話すなど、意識して言葉を選ぶようにしましょう。

ポジティブになる

さわやかな人がいつも明るく笑顔で過ごしていられるのは、その心が前向きだからです。

ポジティブに物事を考えるため、悪いことがあっても引きずりませんし、ピンチもチャンスに変えてしまいます。

また、自分が行動すれば良い結果になると信じているため、自然と言動や態度も前向きで、周りもそれに感化された結果、自分の予想通りに物事が良い方向へと進むことも多いでしょう。

そうしたポジティブさは、元の性格がネガティブな人ほど身に付けるのは難しいかもしれません。

けれどもポジティブ思考になれなければ、さわやかな人にもなれませんので、毎日地道に努力を続け、ポジティブな思考を身に付けていきましょう。

自分に自信を持つ

ポジティブさを身に付ける手っ取り早い方法は、自分に自信を持つことです。

とはいっても、いきなり自信を持つことはできませんし、根拠もないのに自信を持ってしまっても、中身がなくプライドだけが高い人間になってしまいます。

そうならずに自信を持つためには、毎日小さなことから目標を立てて、それを地道にクリアしていきましょう。

最初はどんな些細なことでも構いません。

とにかく目標を立てて、それをクリアすることが大切です。

内容は何であれ、地道に目標を達成させていくことで、自然と自分の中に自信が生まれてきます。

達成した目標の数が多いほど、自信も大きく膨らんできます。

「あんなことができた」「これがやれた」という自信は、いざという時の自分の強みや勇気になります。

また、「やればできる」という気持ちからポジティブにもなれますので、自分に自信がない人は、まずは自信を身に付けることから始めましょう。

規則正しい生活をする

さわやかさと正しい生活習慣とは一見関係がないように思えますが、実は深く関係しています。

毎日三食きちんと食べて、睡眠時間をたっぷりとっていれば、一日一日を心身共に余裕をもって過ごせるようになります。

さわやかさを身に付けるためには、見なりに気を遣ったり、喋り方や態度に気を付けたりと、それなりの努力をしなければなりません。

いくら「さわやかな人になりたい」という目標があったとしても、毎日努力し続けるのは大変ですし、ストレスも溜まってしまいます。

もしそこに睡眠不足や空腹などが加わると、とてもではありませんが気持ちに余裕をもって行動に気をつけることなどできなくなってしまうでしょう。

確実に自分の目指す姿になるためにも、日頃から規則正しい生活を送ることが重要なのです。

運動習慣をつくる

さわやかな人を目指すのなら、心身共にさわやかな人を目指しましょう。

スポーツが得意になるまで技術の向上を目指す必要はありませんが、さまざまなスポーツにまんべんなく触れて、いつでも体を動かせるようにしておきましょう。

具体的には、ウォーキングやマラソン、ストレッチなどを行い、運動習慣を作るようにします。

その上で休日などには友達を誘って軽くスポーツを楽しむことで、精神的肉体的にさわやかな人を目指せるようになるでしょう。

さわやかな人になりたい!

さわやかな人にはたくさんのメリットがあります。

自分がさわやかでいることによって、周りとの人間関係も上手くいきやすいです。

初対面の人とも上手くやれますし、自分を信頼してくれる友人もたくさん作ることができるでしょう。

さわやかな人は、その人自身が前向きで明るい性格をしていますので、周りにも同じように前向きで感じの良い人たちが集まりやすくなります。

その結果友人や人間関係に恵まれるため、悪い出会いや自分を陥れようとする人からは自然と距離を置くことができるようになるでしょう。

そうしたことからも、さわやかな人になりたいと憧れる人は少なくありません。

さわやかは好印象を持たれやすい

さわやかな人は、誰からも好印象を持たれやすいです。

例えそれがさわやかに見えるように計算された笑顔や言動であっても、相手がそれを「さわやかだな」と感じれば、やはり好印象になるでしょう。

さわやかな人は、「この人となら仲良くなれそうだな」「この人なら安心して頼れそうだな」と周りから思われやすいです。

そのため、さまざまな理由から周りには人が集まってきます。

また、最初から好印象で人と接することができれば、相手と親しくなるのにさして時間はかかりません。

最初の印象が悪いと、そこから親しくなるにはそれなりの時間が必要ですが、さわやかな人はそれがないため、一気に相手と親しくなることができるでしょう。

モテるためにも重要なさわやかさ

さわやかな人というのは、異性からもよくモテます。

それもさまざまなタイプの異性からモテますので、出会いや恋愛をする機会も少なくはないでしょう。

さわやかな人は一緒にいて居心地がいいですし、いつも明るく前向きですので、落ち込んでいる時にも励ましてくれそうなイメージがあります。

優しい笑顔と明るく前向きな性格、一緒にいる居心地の良さから自然と同性のみならず、異性からもモテることが多いでしょう。

ただしさわやかな人というのは、誰に対してもさわやかですので、恋人ができた時には自分以外にも平等に接することで、相手が不満を覚えてしまうこともあるかもしれません。

しかし、そうした些細な問題を抜いても、さわやかな人はそうでない人に比べればモテやすいのは確かでしょう。

さわやかな人の共通点を習ってみよう!

さわやかな人には、共通するいくつかの特徴があります。

それらをしっかりと把握して手本にすることで、自分自身も同じようにさわやかな人を目指すことができます。

実際にさわやかさを身に付けられるかどうかはその人の努力次第ですが、本気でさわやかな人間になりたいと思っている人は、あなたの周りのさわやかな人を参考にしつつ、行動を共にして自分も同じようなさわやかさを身に付けていきましょう。

ページトップ