さわやかな人は、その人の持つ性質から、周りを快い気持ちにさせてくれます。

そのため、さわやかな人の周りには自然とたくさんの人が集まりますし、人間関係も良好に築くことができます。

「さわやかさを身に付けて、良い人間関係を築きたい!」と思う人も少なくはないでしょう。

そんな人のために、さわやかさを身に付けるための方法をご紹介します!

さわやかな人の10個の特徴

晴れ晴れとした気持ちのときや、さっぱりとした快い気分になっているとき、私たちは「さわやかだね~」と表現することがあります。

また、人をそうした気持ちにさせてくれる人に対しても、「さわやかな人」と例えることがあると思います。

さわやかな人は、性格がはっきりしていて思い切りが良く、見ていて快い気持ちにさせてくれます。

また、内面はどうであれ、外見の印象がさわやかな人もいるでしょう。

さわやかな人と一緒にいると、自分まで晴れ晴れとした気持ちになることが多いので、さわやかな人の周りには、絶えず人が集まります。

人気者になりたい人や、周囲と良好な人間関係を築きたい人は、さわやかな人間性を目指すと良いかもしれませんね。

さわやかな人になるためには、まずはさわやかな人がどんな人なのかを知らなければなりません。

さわやかさを持つ人に共通する特徴をご紹介していきます。

清潔感のある身なり

さわやかさは、外見からあふれ出ていることが多いです。

身なりがきちんと整っているのはもちろんですが、さらに清潔感もよく感じさせます。

きちんと整えられた髪に、顔には無精ひげなどはなく、眉や肌の手入れもされていることが多いです。

また、どんな服を着る時でも、服にはシワや汚れはなく、シャツ一枚でもきれいに着こなします。

立ち振舞いもだらしなさを感じさせず、立っている時は姿勢がスッと伸びていることが多いため、服装がシンプルでも育ちの良さや上品さを感じさせます。

さわやかな人は、服装のオシャレさにそこまでこだわることをしなくても、立ち振る舞いだけでさわやかさを感じさせることも多いでしょう。

清潔感がある人は、それだけで見ている人の警戒心を解き、嫌悪感を失くし、好印象を相手に与えやすいです。

清潔感と生理的な好みとは深く関わっていますので、いくら容姿が整っていても、清潔感のない人には生理的嫌悪感を覚えてしまう人も少なくはありません。

さわやかな人は、そうした意味でも周囲の人から生理的に好まれることが多いでしょう。

清潔感のある服装

さわやかな人は、常に清潔感のある服装をしています。

シャツやパンツはアイロンでしっかりとシワが伸ばされていますし、靴もきれいに磨かれていて、隅々まで手入れが行き届いているのを感じさせます。

服の色も暗めのものよりは、好んで明るめの色を身に付けることが多いでしょう。

あまりごちゃごちゃとした装飾品は身に付けず、服のデザインもそこまで奇抜なものを選ぶことはありません。

本人の好みでシンプルに整えていることもありますが、中には他者にさわやかな印象を与えることを心がけて、そうした派手過ぎないファッションで抑えている人もいます。

外見でさわやかさを感じさせる人は、自分の服装が他者にどのような印象を与えるかについて、考えた上でその場の服装を選んでいることも少なくありません。

それはあざとさではなく、相手への気遣いの気持ちから行動に現れていることが多いのです。

清潔感のある髪型

髪型から清潔感を感じさせる人もいます。

ワックスは控えめにして、あくまでも自然体なヘアスタイルを心がけている人も多いでしょう。

あまりワックスで固めすぎてしまうと、いかにもベタベタとした印象になってしまい、清潔感がなくなってしまいます。

また、前髪は長くてもきちんと目が見えるようにセットされていることが多いです。

長い前髪はそのまま垂らしておくと目が見えなくなってしまい、顔の印象が暗くなってしまいます。

また、会話をする際にも相手に与える印象が悪くなり、清潔感を感じさせなくなってしまうでしょう。

さわやかな人の場合は、前髪は目が見える程度の長さで整えているか、もしくは長い前髪をきちんとまとめて目が見えるような状態にしてあることが多いです。

さらに髪全体をきれいに手入れしてあるため、長い髪をまとめず、風に遊ばせている状態だとしても、清潔感を感じさせることでしょう。

よく笑顔を見せる


さわやかな人を思い浮かべる時に、笑顔を想像する人は多いでしょう。

さわやかな人は、それだけよく笑顔を見せることが多いです。

いつもにこにことしていて、見る人に安心感や好感を与えるような快い笑顔を浮かべます。

もちろん時には泣いたり怒ったりすることもありますが、基本的には喜怒哀楽の楽の感情を出していることが多いでしょう。

さわやかな人は人前で笑顔を見せる機会が多いからこそ、周りにもその笑顔に惹かれた人たちが集まってきます。

「優しそうだな」「さわやかで感じのいい人だな」と周りが思うと、自然とコミュニケーションも好意的に接することができて、お互いに初対面から良好な関係を築けることも多いでしょう。

笑顔は人を安心させる効果もありますので、さわやかな人の浮かべる笑顔で、少なからず周囲の人たちは気持ちを落ち着けたり、自分も笑顔になれたりするでしょう。

目に輝きがある

さわやかな人は、その内面からさわやかさがにじみ出ていることも多いです。

明るく前向きな性格をしていれば、活気に満ちたさまは全身から感じ取れるでしょう。

また、目にも活力が満ちているため、輝きがあります。

「これから何かを成し遂げよう」「明るく毎日を楽しく過ごしたい」といった前向きな気持ちがそのまま目に表れていますので、さわやかな人と接している相手にまで、その前向きさや活力が伝わることもあります。

そのためさわやかな人は、周りから「あの人といると元気をもらえる」と評されることも多く、同じように前向きに元気に毎日を送りたいと考えている人たちからは特に慕われることが多いです。

「目は口程に物を言う」と言いますが、さわやかな人は表情や言葉だけでなく、目にもきらきらとした活力を感じさせることがよくあります。

白い歯

白い歯はさわやかさの代名詞とも言えるでしょう。

さわやかな人の全員が必ず白い歯をしているというわけではありませんが、比較的白に近いきれいな歯をしていることが多いです。

毎日きちんと歯磨きをして歯の管理もしっかりしていますので、笑ったときに見える歯も衛生的で、相手に対して好印象を与えます。

歯は物を咀嚼して飲み込むので、きちんと手入れをしなければ、見た目も汚く、また口臭が発生してしまう可能性もあります。

口内環境が汚れている人は、どんなに外見を磨いたとしても、不衛生な印象を相手に与えてしまいます。

特に異性の場合には、歯が汚い人とはキスもしたくないと思われてしまうため、歯がきれいかどうかはかなり重要なポイントになってきます。

その点さわやかな人はきれいな白い歯をしているため、異性からもモテやすくなるでしょう。

キレイな肌


さわやかな人には透き通るようなきれいで白い肌をイメージする人も多いことでしょう。

そのイメージの通りに、さわやかな人はきれいな肌をしていることが多いです。

さわやかな人というのは、相手に与える自分の印象にも気を遣っています。

そのため、他人から見た時に自分が好印象に思われるように努めていますので、身なりや外見にも気を付けています。

また、服装や髪型だけでなく、肌や歯、髪質といった素材もきちんとメンテナンスをしていますので、元の素材もきれいな人が多いです。

肌が荒れているならクリームや軟膏を塗って落ち着かせ、女性の場合には夏場は日焼け止めなどをきちんと塗って肌質の管理をします。

男性でも肌の状態をほったらかしにすることはありませんので、まったく手入れをしていない人に比べれば、きれいな肌をしていることでしょう。

明るい性格

さわやかな人は明るい性格をしています。

いつもニコニコと笑顔で明るく過ごしているため、一緒にいる人も自然と笑顔になってしまうことが多いでしょう。

かといって、無邪気な人のように明るすぎるというわけでもありません。

明るさの中にも、年齢相応の落ち着いた雰囲気や、冷静な物腰を持っています。

だからこそ、一緒にいる人も安心感を覚えやすく、「この人と一緒なら大丈夫そう」とか「この人には本音で話せそう」など、さわやかな人に対して信頼を抱きやすいです。

さわやかな人自身もまた、周りからそう思われていることを自覚しているため、周囲の期待や思いを裏切らないように、いつも明るく優しく振舞うことが多いです。

そうした気遣いによって、さらに人望を集めることもあるでしょう。

フレンドリー

さわやかな人は、誰に対しても友好的でフレンドリーです。

もちろん個人的な好き嫌いはありますが、それをいちいち表に出すような真似はしません。

本心では苦手な人とでも、表面上はそれなりに親しく接しますし、また相手に合わせて接し方を変えることもできるでしょう。

初対面の人とも自分から積極的に話しかけて、感じの良い笑顔と明るさで相手の警戒心を解いていきます。

道をすれ違っただけの人や、バス停で一緒に待っている知らない人から急に話しかけられた時でも、感じよくフレンドリーに言葉を返して、短時間で初対面の相手とも仲良くなることができます。

フレンドリーな雰囲気を発していることも多いので、初対面でいきなり話しかけられる機会も少なくはないでしょう。

スポーツができる

さわやかな人イコールスポーツができるというイメージを持つ人も多いでしょう。

さわやかでもスポーツができない人ももちろんいますが、どちらかというとスポーツマンタイプの人にさわやかな人が多いと言えるでしょう。

運動が好きな人や、日頃から一生懸命にスポーツに励んでいる人というのは、スポーツマン精神が自然と身についているために、性格もさわやかであることが多いです。

スポーツの世界では正々堂々と勝負をして勝敗を決めるため、日常生活でも卑怯な真似はしようとせず、何事も正々堂々と行おうとするでしょう。

また、勝負の後には絆が芽生えるところからも、友達と喧嘩をしても、自分から謝って仲直りをしたりと、気持ちの良い性格をしていることが多いです。

そうしたスポーツマンらしい一面から、さわやかな印象に見られる人もいるでしょう。

明るい色が似合う

さわやかな人には明るい色がよく似合います。

人の性格を色で例えることがよくありますが、それだけ色は人の性格のイメージカラーにもなることが多いでしょう。

例えば明るい性格の人には黄色やオレンジなどの暖色系、静かで落ち着いた性格の人には青や黒などの寒色系、そしてさわやかな人には白や青空の色などがよく似合っています。

性格がどうだろうと、好きな色の服を着ればいいのですが、やはり真っ黒な服を着た人がにこにこと明るい笑顔でいると、何となく違和感を覚えてしまいますよね。

また、性格は色に影響されることもあるため、普段は明るい性格の人でも、青や黒などの寒色系のファッションの時には、いつもよりも多少性格に落ち着きが生まれることもあります。

さわやかな人の場合には、やはりその性格を表すような明るい色が似合うことでしょう。

アクティブ

さわやかな人はアクティブな性格をしています。

興味を持ったことは自分から積極的に行動しますし、休日には家でごろごろ過ごすよりも、外に出かけたり、友達と遊んだりする方が性に合っているでしょう。

時間があればその時間を無駄にせず、「何かしよう」と考えて有意義に過ごそうとしますし、自分に関心のないことでも、一緒にいる人がそれをやっていれば、自分も混ざろうとするでしょう。

さわやかな人はそうしたアクティブさを持っていますので、常にフットワークも軽く、思い立ったが吉日で行動に起こすことが多いです。

さわやかな人なるための11個の方法

さわやかでいると、毎日が充実して楽しくなりますし、また自然と周りの人間関係も上手くいきやすくなります。

初対面の人とも親しくなりやすいですし、物事に対しても常に前向きな気持ちになれますので、積極性も身につくでしょう。

さらに、さわやかな人柄になることで清潔感も生まれますので、異性との出会いの機会にも、好印象を持ってもらえるようになります。

そんなメリットの多いさわやかな人間になりたいと思う人は少なくはないでしょう。

では、どうすれば自分もさわやかな人になれるのでしょうか?さわやかな人になるための方法をご紹介していきます。

笑顔の練習をする

人が人に対してさわやかさを感じるとき、その理由の多くは相手の笑顔によるものです。

相手の笑顔を目にすることで、「さわやかそうな人だな」と感じるため、さわやかな人間になりたいと思うなら、まずはさわやかな笑顔を浮かべられるようになりましょう。

さわやかな笑顔とは、明るく優しい笑顔か、または晴れ晴れとした笑顔であることが多いです。

後者の笑顔は実際に気持ちが晴れ晴れとしていなければなかなかできませんので、まずは前者の笑顔の練習から始めましょう。

口角を挙げて、少し歯を見せるように口元に笑みを浮かべます。

目には本心や感情が表れやすいため、接する相手に対する好意を抱くことで、自然と優しい目で笑顔を浮かべることができるようになります。

毎日鏡の前で、口元の筋肉が疲労感を覚えるまで練習を続けていれば、いずれ自然とやわらかな印象の笑顔を浮かべられるようになるでしょう。