CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

コンシェルジュの意味とは?コンシェルジュに向いている人の10個の特徴


「ホテルのコンシェルジュ」「マンションコンシェルジュ」など、最近はよくコンシェルジュという職業が日本でも聞かれますよね。

このコンシェルジュとは、どのような職業で、どんな仕事内容なのか、詳しくは知らないという人もいるでしょう。

そこで今回は、コンシェルジュとは何なのか、言葉の意味や仕事内容、さらにはコンシェルジュに向いている人の特徴などをご紹介します!

コンシェルジュへの道を探ってみよう!

近年、某芸能人の住むマンションに勤めるマンションコンシェルジュが、某芸能人の自宅に侵入するという事件がありました。

その事件をきっかけとして、コンシェルジュという名称を初めて知った、という人もいるのではないでしょうか。

コンシェルジュとは、言わば人の世話をするプロフェッショナルのことです。

そのため通常のサービス業よりも、さらに顧客に対する接客サービスや細やかな気配りが求められます。

人の世話のプロと言えば、介護や看護などの仕事を想像する人も多いですが、コンシェルジュの仕事はそれらの職業とは大きく異なっています。

では、コンシェルジュとはそもそもどのような職業でどんな場所で働いているのか、まずはそこから詳しく見ていきましょう。

コンシェルジュに対する知識を深めて、コンシェルジュへの道を探ってみましょう!

日本でも増えてきたコンシェルジュ

コンシェルジュという言葉の響きからも分かるように、コンシェルジュは元々海外で始まった職業です。

日本ではおもてなしの接客サービスを昔から行っていますが、海外ではおもてなしの文化がなかったため、それに代わるものとして、人の世話をするプロフェッショナルの仕事が生まれました。

そして現在では、コンシェルジュの仕事は日本でも増えてきています。

コンシェルジュの仕事は、通常の接客業よりも、さらにお客と密なコミュニケーションを取りながら仕事をすることになります。

そのため、公的な資格は必要ありませんが、接客業が苦手な人や、人の世話をするのが不得手という人には、勤めるのは難しい仕事と言えるでしょう。

反対に、人の世話をするのが大好きな人や、人の役に立ちたいという気持ちの強い人ほど、向いている仕事かもしれません。

日本風に言えば、「最大限のおもてなしをする仕事」が、コンシェルジュの仕事です。

ホテル


コンシェルジュの仕事と言えば、ホテルの仕事を思い浮かべる人も多いでしょう。

ホテルコンシェルジュは、ホテルでお客に観光スポットの案内をしたり、チケットの準備をしたりと、お客の多くの要望を叶えるのが主な仕事内容です。

「チケットの手配まで!?」と驚く人もいるかもしれませんが、ホテルコンシェルジュともなれば、そうしたお客の個人的な要望まで叶えるために日々働きます。

よく観光地などでは、観光スポットの場所を観光客に教える案内係の人を見かけますが、ホテルコンシェルジュの場合には、そうした案内のみでなく、お客がどのように観光スポットを巡れば最も効率的に楽しめるのかを、一緒にプラニングすることもあります。

1人ひとりのお客に対して、最大限にサポートをするのがホテルコンシェルジュの務めです。

高級マンション

冒頭でも挙げたように、最近ではマンションコンシェルジュという仕事もあります。

通常のマンションではコンシェルジュを雇うことは滅多にありませんので、基本的にコンシェルジュの常駐しているマンションは多くが高級マンションです。

芸能人やセレブなどが住んでいるマンションでは、大抵マンションコンシェルジュがいることも多いです。

マンションコンシェルジュはマンションの総合的な管理を任されています。

マンションの清潔さを保つのはもちろん、フロントに選任スタッフが常駐していますので、タクシーの手配や宅配便の取次など、ホテルコンシェルジュのような細やかな気配りをマンションの住民に対して行っています。

その他にも、マンションを訪れたお客の案内係としてマンションコンシェルジュを配置しているところもあります。

コンシェルジュって英語?

コンシェルジュを英語だと勘違いしている人も多いですが、コンシェルジュとはフランス語です。

本来は「集合住宅の管理人」という意味の単語であり、この解釈が徐々に広まっていったことにより、現在のコンシェルジュとして広く活用されるようになりました。

日本でもアパートやマンションなどに必ず管理人や、仲介の管理会社がいますが、コンシェルジュの場合にはマンションに常駐しており、マンションに関するあらゆることを日頃から管理していますので、より住民との距離が身近なのが特徴です。

ただしコンシェルジュのほとんどは、実際のマンションの管理人というわけではなく、管理人が雇ったプロがマンションの管理をしています。

とはいえコンシェルジュはマンションに常駐していますので、住民は頼れる反面、あまり問題は起こせずに行儀よくマンションで生活することを暗に求められます。

コンシェルジュの仕事とは?

コンシェルジュの具体的な仕事とは、どのようなものなのでしょうか?

私たちが普通想像するアパートやマンションの管理人と言えば、同じ建物内に住んでいたり、個人で休日に建物の手入れをしていたりと、比較的身近な存在であることが多いです。

もしくは、仲介の管理会社に建物の管理を任せている管理人の場合には、住民が入居から退去まで、一度も管理人(大家)に会うことなく全て管理会社を通していることもあります。

どちらのケースでも、住民から管理人に対してあれこれと要望をすることはそう多くはありませんよね。

それどころか、自分が借りている物件を追い出されないように、管理人には気を遣うことの方が多いでしょう。

せいぜい建物の設備に不備があった時に管理人に連絡を取る程度でしょう。

しかし、コンシェルジュになると住民との距離は実際の管理人以上に近くなります。

また、住民から個人的な要望があることも多く、コンシェルジュはその1つひとつに対して丁寧に対応することが求められます。

マンションコンシェルジュであれ、ホテルコンシェルジュであれ、お客や住民のニーズに応えるのが具体的な仕事内容になってきます。

お客さんのあらゆるお世話係という広義に

コンシェルジュの仕事は、お客や住民のあらゆるお世話係です。

ページトップ