CoCoSiA(ココシア)

コンシェルジュの意味とは?コンシェ...(続き2)

それもデパートや会社の入り口で、受付案内だけを行うような仕事ではありません。

ホテルコンシェルジュの場合には、お客のチケットの手配から旅行のプランニング、観光スポットの案内をするなど、客側の多くの要望に応えるのが仕事です。

毎日大勢のお客の世話をするわけですので、その忙しさはまさしく目が回るほどでしょう。

また、ホテルには外国人も多く訪れますので、英語を始めとして、さまざまな国の言語を流暢に操れるスキルが必要とされることも少なくはありません。

また、マンションコンシェルジュの場合には、マンションの全体的な管理から、住民の個人的なタクシーの手配、荷物の取次、各種案内など、マンションに常駐して住民の要望に細かく応えていくのが具体的な仕事内容です。

他にも駅や病院、レストランや百貨店など、さまざまな場所でコンシェルジュは活躍しています。

向き不向きの大きい仕事

コンシェルジュの仕事は、通常のサービス業よりも向き不向きの大きな仕事です。

何故なら、一般的な接客業よりも、お客とのコミュニケーションがより密接で、かつお客からの要望も多岐に渡るからです。

例えばコンビニの接客業であれば、商品の販売や納品、品出しなどが主な仕事であり、お客と関わるのはほんの短時間に過ぎません。

しかしコンシェルジュの仕事では、1人のお客と接する時間が長く濃密である上に、1人のお客からの要望も少なくはありません。

また、同時に何人ものお客の要望に応じなければならないため、同時にいくつものことが出来る人でなければ、パニックになってしまうでしょう。

それでも人の役に立つのが好きな人や、器用に立ち回りが出来る人などには向いている仕事と言えます。

「人と接するのはあまり・・」というタイプの人にはまず向かない仕事です。

反対に、どんどん人と関わりたいと思う人にとっては、天職と言えるかもしれませんね。

コンシェルジュに向いている人の10個の特徴


コンシェルジュの仕事は、誰にでもできるわけではありません。

必死で努力すればできるかもしれませんが、どうしても性格上不向きな人などは、仕事を続ける内に精神的に病んでしまうこともあります。

コンシェルジュとはそれだけ接客に対して気配りの求められる仕事ですので、それならばやはり気配り上手な人や、世話好きな人が仕事をした方が充実感や楽しさを感じられるでしょう。

とはいえ、コンシェルジュはただ世話好きならば出来る仕事というわけでもありません。

では一体どのような人ならばコンシェルジュに向いているのでしょうか?コンシェルジュに向いている人の特徴をご紹介していきます。

「ちょっとやってみたいかも・・」と考えている人は、自分がコンシェルジュに向いているかどうかを先に確認しておきましょう!

細かな気配りができる

細やかな気配りができる人はコンシェルジュの仕事に向いています。

常に周囲の様子を観察して現状を把握していますので、周りで何か変化があったときにはすぐにそれに対応することができます。

また、自分だけでなく周囲に対しても常に気を配って行動していますので、人を不快にさせたり、不安がらせたりすることはあまりないでしょう。

細やかな気配りができる人というのは、元々そうした性格をしていますので、周囲に気を配ったり、人に気を遣ったりすることをそこまで苦とは捉えていないことが多いです。

多少気疲れすることはあっても、少しすれば回復しますし、人から感謝の言葉をもらえれば疲れも吹き飛んでしまうようなタイプの人が多いので、一喜一憂していては中々やっていけないコンシェルジュの仕事でも十分に活躍することができるでしょう。

また、他人のスケジュールを組んだり、予定を管理したりするのもどちらかと言えば得意な方ですので、そうした一面からもコンシェルジュに向いていると言えるでしょう。

人の気持ちを理解できる繊細さが必要

コンシェルジュの仕事では、人の気持ちを理解できる繊細さが必要です。

お客が何時までにどこに行きたいのか、どこで何をしたいのかという気持ちを汲んだ上で予定を立てたり移動手段を手配したりしますので、常に相手の気持ちになって考えて行動できる人がコンシェルジュには向いています。

「自分だったらこうしたいから」という考えで仕事をするよりは、まず「このお客様はどのような性格の人なのか」を探り、その上で相手が考えるであろう行動パターンを推測して仕事をします。

その結果が違っていることもありますが、それはそれで経験として自分の中に積み重ねていけばいいだけの話です。

基本的に、何をするときでも「自分がこうしたいから」ではなく、「自分が相手だったらどうしたいか」と、相手の都合や事情を優先して思考を働かせることができる人がコンシェルジュには向いているでしょう。

結婚式や旅行のプランナーは、「お客様がどうしたいのか」という気持ちを考えて常に仕事をしています。

そのため、上手くいけばお客から「こちらの希望に沿ってもらえた」と感謝されることも多いでしょう。

コンシェルジュの仕事もそれと同じように、常にお客の立場になって仕事をする必要がありますので、相手の気持ちを理解できる繊細さや細やかな気配りの有無が仕事では強く求められています。

責められても落ち込まない

コンシェルジュの仕事をしていると、時には理不尽なことでクレームを受けたり、責められたりすることもあります。

例えばホテルのお客から、いきなり「今から〇〇へ行きたいから2時間後の飛行機の予約をしておいて。」と頼まれても、直近の便のチケットを確実に手配できるとは限りませんよね。

オフシーズンなどでは飛行機もかなり混み合っているので、お客の要望に沿えないこともあるでしょう。

そのような時に、仕方のない事情であってもお客から責められたり、クレームを入れられたりすることがあります。

しかし、それで一々落ち込んでいるようではコンシェルジュの仕事は勤まりません。

1日の間で10件コンシェルジュに対する意見があるとしたら、その内の何割かはクレームであることもあるのです。

責められたことは反省すべきですが、いちいち落ち込んだり、いつまでも引きずったりしていては仕事になりませんので、気持ちの切り替えが早い人の方が向いているでしょう。

わがままや怒りを上手に受け止められる

お客や住民にはいろいろな人がいますので、親切で優しい人ばかりではないでしょう。

時にはわがままを言う人もいますし、理不尽に怒ったり、怒鳴ったりする人もいます。

そうしたわがままや怒りを上手に受け止められる人であれば、コンシェルジュとしてもやっていけるでしょう。