CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

エネ夫の10個の特徴。エネ夫をどうにかする5個の方法


夫は自分で選んで結婚する人ではあるものの、残念ながらうまくいかないケースもあります。

離婚をしてしまえば他人になりますが、離婚をすると言うと大変なところがあります。

このようなことで夫は選べる関係性にあるにも関わらず、エネ夫に苦しんでいる人がいます。

ではエネ夫とは、どのような人を指すのでしょうか?

エネ夫についていろいろと見ていきましょう。

エネ夫を変えたい妻必見!

後に詳しいことについては触れますが、基本的にエネ夫というのは妻を苦しめる夫のことを指します。

ではエネ夫とは、どのような人たちなのかや、どのように妻を苦しめていくのかなどについて見ていきましょう。

エネ夫とは?

エネ夫とは、「エネミー」つまり英語で敵のことを指すのですが、それと「夫」を足してエネ夫と言います。

夫婦関係で敵と言うと、少々穏やかではないような感じがしますが、残念ながらそのような関係性はあります。

自分で選んだにもかかわらず、なぜ?と思うかもしれないけれど、その時は普通に夫婦になれると思っていたけれど、結婚をして本性を現したら、そのようになっていたということもあります。

やはり人間というのは色々な一面があるので、付き合ってる時だけでは、どのような一面があるのかが見えないということはよくあることです。

だからこそ、生活をしていくうちに、だんだんと「あれ?」と思うようになっていて、気がついたらエネ夫に苦しめられているということはよくあります。

色々な掲示板などを見ていても、モラハラ夫というのも結婚してから本性を表すようになってから気がついたということもあるようですね。

やはり、このような人は結婚するまでは、本性を隠すのもうまいという所があるのでしょう。

妻の敵

先ほども触れたように、つまりはエネ夫とは、妻の敵である夫のことを指します。

よくありがちなのは、妻はやはり夫の母と、どうしても対決しやすいというところはあります。

夫の母と言うと息子が好きな人であればあるほどに、その妻の存在を歓迎しにくいというところがあります。

そこで嫁姑の対決が生まれやすく、その時に姑の味方ばかりをして嫁の味方になってくれないというところで、エネ夫の特徴が出やすいです。

どちらかと言うと、夫の母よりも妻と連れ添う方が時が長いので、冷静に考えると妻の味方をしておいた方が間違いがないとは思うのですが、その一方でエネ夫はそのような考え方にはならない人が多いです。

離婚を考える妻も多い


先ほども触れたように、夫婦関係は婚姻によって生まれる関係性であるために、簡単に別れたりすることもできます。

このようなことから、離婚を考える妻も珍しくありません。

最近は奥さんも働いていることが多いので、離婚もそんなにハードルの高いものではありません。

さらには離婚している夫婦は、3組のうちの1組というぐらいに非常にメジャーなものになりつつありますので、離婚に抵抗を感じない人も多いです。

意図的or非意図的がある

このエネ夫という人が、意図的に妻を攻撃しているのか、そうではないのかというのは分かれてきます。

意図的に妻を攻撃するタイプの人もいます。

その一方で、育ってきた影響などで昔ながらの習慣から、全く意図せずに自然とやっているということもあります。

やはり育った環境というのは、その人の性格形成において影響を与えるところがあります。

具体例を挙げると、最近は男女平等の世の中になってきていますので、差別的な発言をするというのは考えられないところがあります。

しかし昔は、どちらかと言うと男尊女卑の世の中でした。

ですので、過去の非常に著名人の方であるにもかかわらず、女性を差別するような発言をする人は結構いました。

賢い人が、そんな男女差別をするなんてと思うかもしれませんが、男尊女卑の世の中が普通だったら、その価値観こそが普通なのです。

だからこそエネ夫においても、そのような扱いを女性が受けるのは当然だという価値観のもとで育っていると、そうなってしまうところもあるのでしょう。

残念ながら妻に対する愛情がない

意図的なエネ夫にしても、非意図的なエネ夫にしても、妻に対する愛情が少ない傾向があります。

非意図的に行われていたとしても、大抵の場合は女性を軽く見ているということで、そんなに愛情がないというところもあります。

このようなことから、離婚を考える妻も多いです。

専業主婦の奥様であれば、しぶしぶは我慢するかもしれないけれど、ゆくゆくは熟年離婚を考えているということもあります。

エネ夫の10個の特徴

では、エネ夫にはどのような特徴があるのでしょうか?

エネ夫の特徴を10個見ていきましょう。

妻よりも自分の両親の味方

基本的に、いつも妻よりも自分の両親の味方をするのがエネ夫の特徴です。

このエネ夫というのは育てられた環境などによって、そうなってしまった可能性も否定できません。

どちらかというと否定されて育ってきたりするなどで、自分に自信が持てないというような方であることも多いでしょう。

ページトップ