飲み会の時に「俺が払うよ。」とサラリと言えたり、みんなが喜ぶような差し入れをしてくれる人を見ると「気前がよくて、かっこいいな。」と思う人は多いのではないでしょうか?

みんなに大盤振る舞いをしている姿を見ると、「自分も気前がいい人になりたい…。」と思う人もいると思います。

しかし、気前のいい人になるには、金銭的な余力が必要です。

人に奢ったり、奢ることができなくても多めに払ったり、またみんなが喜ぶような差し入れができるのは、きちんと稼ぎがあるからこそです。

生活を送るのにいっぱいいっぱいの稼ぎだったら、気前よくいるのは難しいと思います。

気前がいい人というのは、仕事で成功してたり、きちんと稼ぎがある人である場合が多いです。

仕事が充実しているからこそ、プライベートも充実しており、気前がよくいれる余裕があるのです。

今回のテーマは「気前がいい人」についてです。

気前がいい人になるためには、金銭的な余裕も、人に何かを与える事ができる精神的な余裕も必要となります。

誰もが憧れる「気前がいい人」を徹底分析していきましょう!

気前がいい人を徹底分析しよう!


気前がいい人になるためには、金銭的な余裕はもちろん、精神的な余裕も必要となってきます。

人に何かをしてあげたいという気持ちは誰しもが抱くものですが、なかなか実現しにくいものです。

自分の事でいっぱいいっぱいになっている中で、人に何かを与えるのは難しいかもしれません。

気前がいい人は、「余裕」があるからこそなれるものなのです。

気前のいい人は、スマートに奢ることができますし、差し入れなどもみんなが喜ぶものを買ってくることができます。

特に差し入れは、値段が分かってしまいやすいです。

気前のいい人は、みんなが喜ぶ良い差し入れを知っているため、みんなから一目置かれる存在になれるのです。

気前がいい人はポジティブなエネルギーで満ち溢れている!

気前がいい人というのは、ポジティブなエネルギーで満ち溢れているといえます。

仕事で成功しているからこそ、金銭的な余裕もあり、また気前の良さから、人から好かれる存在でもあります。

そのため、自分にも自信があり、前向きな気持ちで生きているため、ポジティブなエネルギーを維持することができるのです。

そもそも、気前よくいるためには、ポジティブでいることが大前提です。

ネガティブな人だと、人にしてあげたことの見返りを求めてしまうケースも多く、「奢ってあげたのに…。」「差し入れをしてあげたのに…。」という気持ちになりがちです。

しかし、気前のいい人というのは、自分がしてあげたこともあまり覚えていないくらい、無意識に気前が良い振舞いができているのです。

周囲にどんどん人が寄って来る

ポジティブなエネルギーで満ち溢れている人は、周囲にどんどん人が寄ってきます。

気前がいい人というのは、人気者であることが多いです。

一緒にいるとポジティブな気持ちになれたり、自分も他人のために何かしてあげることができる人間になろうという気持ちにさせてくれるからです。

そもそも奢ってくれたり、差し入れをくれる人であっても、何かしらの見返りを求めている恩着せがましい人の場合は「気前がいい人」とは言えません。

気前がいい人というのは、見返りを求めていないからこそ、周囲の人から尊敬される存在であるのです。

万が一、自分が他人のために何かしてあげたことの「見返り」を求めているタイプなのであれば、それは周囲から求められていないことをしている可能性があります。

「奢ってもらったから、恩返ししなくては…。」という気持ちにさせてしまっているようでは、気前のいい人とは言えません。

むしろ無言のプレッシャーが、人を不快な気分にさせている可能性もあります。

利用しようとする人も集まって来る

気前のいい人というのは、性格がいい人も多いため、利用しようとする人も集まってきやすいです。

人気にあやかりたいと思う人や、奢ってもらうためにいつもヒョコヒョコついてきたり、おねだりを平気でする図々しい人も中にはいます。

とはいえ、気前のいい人は察しがいいので、利用しようとしている人には気付くもこともあります。

気前がいい人というのは人間力が高いため、「都合のいい人間」にはならないように振舞うことができるのです。

気前がいい人は周囲の人に良い影響を与える

気前がいい人というのは、周囲に良い影響を与えることができるカリスマ性がある人が多いといえます。

周囲から「あんな人になりたい。」と憧れられていることが多く、人気がある人が多いと言えるでしょう。

一緒にいると、モチベーションが高まり、やる気を起こさせてくれる人が多いと言えます。

物心両面で助けてくれる

気前がいい人というのは、奢ってくれたり、差し入れをしてくれたりするだけではなく、物心両面で助けてくれます。

人が困っていたら手助けを自然とできたり、「大丈夫ですか?」と声をかけることができるいい人であるため、周囲からも一目置かれる存在であるといえます。

また、恩着せがましくなく、ナチュラルでいい人。

その人のことを悪く言う人がいたら、悪く言っている人に問題があると思ってしまうくらい、誰からも認められている存在であると言えるでしょう。

気前がいいことは無駄遣いとは違う

当たり前ですが、気前がいい人と無駄遣いは違います。

人に良く見られたいがために、大盤振る舞いをしてしまい、破産をしてしまう人も多くいます。

しかし、気前がいい人になるためには、継続するということが大切です。

単発でしか、気前よくいれないのであれば、それは自分に合っていない振舞いを周りにしているということです。

無駄遣いをする人の多くが、臨時収入があったときにパーッと使ってしまったり、収入と支出が逆転しているような生活を送りがちです。

気前がいい人というのは、きちんと貯蓄もしたり、趣味などに費やすお金や、自己投資などもきちんとしたうえで、人に振舞う余裕もあります。

単なる浪費家とは見分けるべき

単なる浪費家というのは、将来のことを考えずに、無駄遣いをしている状態であるため、いつか破産をしてしまう可能性もあります。

気前がいい人と浪費家の違いは、自分に見合った振舞いができているかどうか。

単なる浪費家というのは、信じられないような額を一気に使い、人に注目してもらいたいと思う人が多いですが、気前がいい人というのは無理した振る舞いはせず、自分の身の丈に合った振る舞いをします。

単なる浪費家と見分ける方法ですが、身に着けているものと、振舞っている額がアンバランスではないかどうかで判断するのが良いでしょう。

単なる浪費家ですと、身に着けているものがボロボロであったり、またひと昔前の流行りのブランドを身に着けていて、他の洋服とアンバランスな状態になっていたりするケースが多いです。

また、気前がいい人は仕事もプライベートも充実していますが、浪費家の人は、仕事もプライベートも上手くいっていないケースが多く、だからこそ自分を大きく見せようとしてしまいがちです。

会話の節々でボロが出てくるため、痛々しい印象を受けるのではないでしょうか。

気前がいい人の13個の特徴


気前がいい人なのか、それとも恩着せがましい人なのか、区別がつかないという人も多いのではないでしょうか。

人に何か与えられたら、何かをしてあげなくては文句を言われるのではないかというプレッシャーに悩んでいる人も多いでしょう。

気前がいい人というのは、共通点があります。

「気前がいい人」なのか「恩着せがましい人」なのかを見分けることで、その後の対応も変わってくるはず。

では、気前のいい人の共通点を具体的にお伝えしていきましょう。

見返りを期待していない

気前のいい人というのは、見返りを期待していません。

自分がしたことに対して、「普通の行い」だと考えているため、見返りという概念がないのです。

みんなの喜ぶ顔を見ることが幸せだと考えており、自分のやったことに対して、何かをしてもらおうとは思っていません。

みんなの笑顔が見れるだけで満足なのです。

自分が少しでも力になれたら良いなと思っている

見返りを期待しないのは、自分が少しでも誰かの力になれれば良いと考えているからです。

例えば、残業続きで仕事が大変そうな人を見たら、少しでも癒しを与えたいと差し入れをしたり、頑張ったご褒美として奢ってあげたりしたいと思っているからこそ、行動に移すことができるのです。

気前がいい人というのは、周囲の事をよく見ており、気遣いができる人が多いです。

大変そうな人の力に少しでもなりたいと純粋に思っているからこそ、手助けをスムーズにすることができ、人を幸せな気分にさせてくれるのです。

成金ではなく努力をして豊かになった人が多い

気前がいい人というのは、「努力家」の人が多く、自分の力で成功を掴んだ人多いと言えるでしょう。

そのため、努力している人や頑張っている人には、少しでも力になってあげたいと思っており、手を指し延ばせるのです。

コツコツとした努力を重ねて、着実に揺るがない成功を収めたからこそ、周囲に還元ができる心の余裕があるのです。

きちんと地に足をついた日々を送っているため、身の丈に合った気前の良さを発揮できているといえるでしょう。

成金は見返りを求めたり逆にケチな人が多い

一方で成金というのは見返りを求めたり、ケチな人が多い傾向があります。

いわゆる「一発屋」の人も多く、お金は稼ぎはしたものの、地に足がついていない状態であったり、いつ失敗に結びついてしまうか分からないくらい不安定な状態であることが多く、精神的に余裕がないことが多いと言えるでしょう。

そのため、ケチな人が多く、恩着せがましい人が多い傾向にあります。

人の痛みや悲しみが理解できる

気前の良い人は、人の痛みや悲しみを理解することができる人が多く、「気付く」ことができる人が多いといえます。

人が悩んでいたり、悲しんでいたりする時は、誰よりも一番最初に気付くことができ、手を指し延ばせることができる優しい心の持ち主だといえるでしょう。

周囲の変化に敏感な人が多く、何かあった時に、真っ先に行動ができる人であるとも言えます。

相手が安心するような手の差し伸べ方ができるため、接していると心が軽くなったり、元気を与えてくれる存在であると言えるでしょう。

自分も辛い過去を経験している

人の痛みや悲しみが理解できるのは、自分自身が辛い過去を経験しており、乗り越えた経験があるからです。

だからこそ、相手に寄り添った対応ができますし、相手が求めていることを差し出すことができるのです。

自分が辛かった時に、周りの人にどういう振る舞いをしてほしかったかという事を考え、同じような人を見たら自分が率先的に動こうと考えています。

見返りを求めない優しさは、自分がつらい過去を経験しているからこそできるのです。

人との出会いや時間を大切にする

気前が良い人というのは、人との出会いや時間を大切にすることが出来る人が多いです。

自分と過ごした時間は、みんなに楽しいと感じてもらいたいと思っているからこそ、気前の良い振る舞いができるのです。

また、自分といる時間は、みんなに特別なものを与えてあげたいという風にも考えています。

いい意味でおせっかい焼きだからこそ、人が喜ぶ気前の良さを発揮できるのです。

人生を楽しみ充実させたいと思っている

気前のいい人のモットーは、人生を楽しみ、充実させたいと考えています。

そのためには、自分の周りの人にはいつも笑顔でいてもらいたいと思いますし、身近な人には幸せでいてほしいと思っています。

そして、自分がその手助けが少しでも出来たら、自分自身の心も充実すると考えているため、見返りを求めない振る舞いができると言えるでしょう。

人にも良い影響を与えたいと思っている

また、周りの人に良い影響を与えたいとも考えているため、自分が周囲からどう見られているのかは、常に気にしているタイプだとも言えます。

いつでも、周囲の人に恥じるような姿は見せないという高いプライドを持っているため、良い振る舞いを継続することができるのです。

気前がいい人間でいることで、周囲の人がハッピーでいられたら、それだけで幸せだと考えるタイプであるといえます。

他人に良い影響を与えることこそが、人生の喜びだと考えているのです。

周囲の人に好かれている

気前のいい人は周囲の人から好かれている人気者だと言えます。

いつも周囲には人が集まっており、笑顔が絶えない雰囲気を醸し出しています。

悪口を言う人はおらず、みんなが口をそろえて「いい人」と言う人格者でもあります。

万が一、悪口を言う人がいたら、人気があることに妬んでいたり、本当は憧れているのにも関わらず、自分がそうなれないジレンマからの悪口を言っているケースが多いと言えるでしょう。

単なる浪費家なら嫌われたり妬まれる

単なる浪費家の人は、見返りを求めてしまったり、恩着せがましい人が多いため、嫌われていたり妬まれている人が多いと言えます。

そもそも、本当はお金がないにもかかわらず、自分を大きく見せるために、大盤振る舞いをしていることは、周囲にもばれています。

むしろ、お金を払わなければ、人が集まって来ない可哀想な人でもあり、お金が無くなった瞬間に人が去って行ってしまうタイプであると言えるでしょう。

気前がいい人で、周囲から好かれている人は、何かあった時に、何も言わなくても周囲が助けてくれます。

無意識に周囲に幸せを与えられたからこそ、何かあったときは周囲の人も自然と助けてくれるのです。

義理や人情を大切にする

気前がいい人は、義理や人情を大切にする人が多く、人から何かしてもらったときは、きちんと恩返しをしようと考えます。

winwinの関係を築きたいと思うからこそ、人から与えてもらった時は、きちんと恩返しをしたいと考えるのです。

人からの恩は忘れない

ほとんどの人は、人から与えてもらったものは、忘れてしまいがち。

どこかで与えられて当たり前という気持ちがあるからこそ、人が良くしてくれたことは忘れてしまうのです。

しかし、気前がいい人は、人からの恩は決して忘れません。

その時は恩返しができなったとしても、恩返しができるタイミングになったら、きちんと恩返しをします。

感謝の気持ちは、きちんと態度で示したいと考えるのが、気前のいい人の証。

口でも感謝を伝えますが、それ以上に感謝の気持ちを示したいと考え、与えられたもの以上に返すのが気前のいい人の証であると言えるでしょう。

決断が早くて的確

気前のいい人というのは、躊躇することがありません。

決断が早くて、的確な対応が出来ます。

普段から、人が求めていることに対して敏感だからこそ、どんな対応をしたら正解なのかが分かっているのです。

また、自分に自信を持っているからこそ、躊躇なく行動ができます。

お金の払い方がさりげない

気前のいい人というのは、対応がスムーズ。

お金の払い方もさりげなく、トイレに行っている間に支払いを済ましたり、立ち上がってばれないように支払を済ませておくことができます。

知らない間に会計を済ますことで、相手に財布を出す隙を与えない。

「お金は?」と聞かれたときに、「今日は大丈夫だよ。」とスマートに返すことができます。

これ見よがしに払っていない

大概の人が、支払いの時に「俺が多めに払うよ。」「今日は奢るよ。」と周囲にアピールをしがち。

周囲から感謝されたい、すごいと思われたいという気持ちが溢れてしまいがちです。

周りの人からしてみると、気を遣ってしまいますし、何度も「ありがとうございます。」と伝えなくてはいけないプレッシャーや恩返しをしなければいけないのではないかという気持ちになってしまいがち。

無言のプレッシャーを与えてしまうのは、スマートではなく、恩着せがましい対応だと言えるでしょう。

偉ぶらずプライドも高くない

気前がいい人は、偉ぶらない人が多い傾向にあります。

無駄にプライドも高くなく、謙虚な振る舞いができる人が多いといえるでしょう。

周りの人と対等で付き合いたいという気持ちが高たいめ、無駄に偉ぶったりはしないのです。

良い人ぶらない

また、気前がいい人は無駄に良い人ぶりません。

自分軸がしっかりしているため、嫌なもの嫌だときちんと伝えることができますし、自分にとって悪影響だと感じた時は、バッサリ切ることもできます。

小さなことでも動じない強い心を持っている

多くの人は、何かあったときに慌ててしまったり、気が動転してしまい、誤った行動をしてしまいがちです。

しかし、気前のいい人は、小さなことでは動じない強い心を持っています。

きちんとした努力をして、成功をするためにコツコツと頑張ってきた人であるからこそ、自分の行動に自信を持っています。

多少の失敗には動じず、挽回することができるという自信をもっているのです。

人脈が広い

気前のいい人は、周りの人を幸せにするため、良い人間関係を築きあげることができます。

結果、良い人間関係が、新たに良い人間関係を呼びこみ、仲間が増えていきます。

人脈が広いため、プライベートも充実していきます、仕事でも頼ることができる人が増えていくため、成功のチャンスが自然と増えていくのです。

人に騙されたり利用されても気にしない

気前のいい人の周りに集まってくる人は、いい人ばかりではありません。

中には利用しようという悪い人も紛れていたり、人気があることを妬んで、良くない噂を広めたりする人も近づいてきます。

しかし、気前のいい人というのは、例え騙されたり利用されたりしたとしても、気にしない強い気持ちを持っています。

「仕方ない。」と割り切って、引きずらず、次に進むことができるのです。

人に騙されたり利用されたりしても気にしない強い心をもつことができるのは、自分の中に「ぶれない軸」があるから。

また、悪い事よりも良い事に目を向ける事ができる、強い意志があるからだといえるでしょう。

まとめ

気前のいい人というのは、コツコツと努力を積み重ね、辛いことも経験したからこそ、他人に幸せを与えることができます。

また、自分勝手な人生を過ごしておらず、自分に関わった人は、幸せになってほしいという気持ちで日々過ごしています。

周囲を幸せな気持ちにさせることは、自分の人生をより充実させてくれると考えているのです。

また、気前のいい人を継続させるためには、金銭的にも精神的にも余裕が必要になります。

余裕を持つためには、積み重ねた努力が必要。

誰しもが成功を収めることはできません。

自分軸をしっかりもち、目標に向けて努力したからこそ、成功を収めることができるのです。

気前のいい人になりたいと思うのであれば、周りの人を幸せにできるくらい器の大きい人間を目指す事。

そして見返りを求めないという強い心を持つことが大切です。

コツコツと努力を積み重ねることが、周囲の人を幸せにできる強い人間になれるのです。

一目置かれる存在になるために、自分を成長させていきましょう!