CoCoSiA(ココシア)

同居を解消したい時にやるべき6個の...(続き2)

もしも共同で建てた家だったとしても、自分たちの都合で同居を解消するわけですので、自分たちが出て行くという形にするほうが同居解消するために交渉しやすいはずです。

また、自分達が出て行くようにしたほうが、同居解消の承諾を得てから家を出て行くまでの期間をズルズルと伸ばさずに済みます。

仮に両親が出て行くようにしてしまうと、あまり同居解消に乗り気ではない場合、ズルズルと先延ばしにされてしまう可能性が十分にあり、のちに「やっぱり解消したくない」と駄々をこねるケースも多いため、自分たちが出て行くように段取りを進めたほうがスムーズに引っ越せるのです。

きちんと配偶者と相談をして、念入りに計画を立てて話し合いに進んでくださいね。

義理の両親を追い出してはいけない

始めに同居をしてしまうと、仮に新しい新築の家の住宅ローンを義理の両親と若夫婦で折半で支払うという約束をしてしまうこともあるでしょう。

その場合に、自分たちが出て行くと今まで払ってきた住宅ローンが無駄になってしまうので、費用の面でできれば義理の両親が出て行って別の家を買ってくれたほうが、金銭面で自分たちにメリットがあると思う人もいるかもしれませんね。

しかし、自分達の都合で同居解消をするわけなので、義理の両親を追い出すというのはなるべくならばしないほうが良いと思います。

その思惑はすぐに読まれてしまいますし、義理の両親にとって心象もよくないですし、最悪の場合は他の親戚たちからも嫌われてしまう原因になります。

あくまで自分達の都合で同居解消をするわけなので、自分たちが出て行くくらいの潔さは持ち合わせるようにしましょう。

今後の関係を円満にするためにも必要不可欠な選択です。

引っ越し費用は自分達で全て負担する


もしも住宅ローンの折半などをしていた場合にも、両親たちに費用の負担があってはなかなか同居解消に首を縦には振ってくれないはずです。

費用の面でも両親たちの納得のいくようにしましょう。

たとえば、引っ越しをするためにも費用がかかりますよね。

一軒家に住んでいた場合、自分たちの荷物だけでもなかなかの量になってしまいます。

それを次の家に移動させるには、引っ越し業者などにお願いする必要があるかもしれません。

そんな場合でも、きちんとその引っ越し費用から何もかもを自分たちでなんとかすると両親に伝えるようにしましょう。

引っ越し費用さえも自分たちで賄えないのに、同居解消してからの生活をやっていけるのかという心配をされてしまうと、同居解消がスムーズに進まなくなる可能性もあります。

自分たちで自立できる意思をしっかりと義理の両親に伝えることが大切なので、費用面のこともきちんと夫婦で話し合いましょうね。

家の距離をじっくり検討する

たとえば、同居を解消したいからと言ってどの程度離れた距離に引っ越しをするのか?も重要なポイントになってきます。

たとえば、若夫婦と同居をしていた両親はもしかすると自分たちが今後年老いてからの介護などの安心面も、同居のメリットとして考えていたかもしれません。

それが突然「同居解消」となってしまい、しかもその引っ越し先が市外だったり遠方になってしまった場合は、不安で仕方がなくなるでしょう。

ただ一緒に住んでいるという距離感が嫌なのか、それとも既に両親と近くに住むことすら嫌なのか、次の引っ越し先の距離を夫婦でじっくり検討してみましょう。

仲の良さによって距離感を決める

同居していたときも、両親とはそれなりにうまくやっていて、同居解消さえ出来れば近くには住んで、たまに顔を合わせるくらいはいいかな…と思っている若夫婦もいることでしょう。

そんな場合は、同じ市内など近くに引っ越しをすれば同居解消の話もすんなりと承諾してくれるかもしれません。

仲が悪くないのなら、同居解消後も子供の面倒を見てくれたり、一緒にたまには食事をしたりすると、円満な関係が保てることでしょう。

厄介なのは、同居していた両親と同居解消することで仲がこじれてしまった場合です。

「家を出て行くなら縁を切る」「そんなに同居がいやなら、どこへでも行ってしまえ」と言って怒り出してしまう両親も稀にいるようですので、話し合いは慎重に進めていくようにしましょう。

自分たち若夫婦のほうが、もう近くにさえも住みたくないと思っているならばこれを機会にすっぱりと見切りをつけるのも1つの人生の選択かもしれません。

共同で使っていたものは置いてくる

同居解消するにあたって今まで家に住んでいて、共同で使っていた家具や家電があるはずです。

それらは、もしかすると折半で出し合ったものかもしれないですし、自分たちが購入したものもあるかもしれません。

それでも、同居解消をするならばそれらの共同で使っていたものはすべて置いてきたほうが義理の両親たちの不満も最小限に住むことでしょう。

「同居解消するから、これも持って行くね」と言って共同で使っていたものを持って行ってしまうと、同居解消するだけでも両親は嫌な気持ちになっているのに、さらにそれを買い直さなくてはならないという金銭面での負担まで義理の両親に発生してしまうことになります。

共同で使っていたものはプレゼントするくらいの心構えでいないと、もっと関係がこじれてしまう可能性があるため気をつけましょう。

心機一転、次の新居用に新しいものを自分で選んで買えるという楽しさもあるので、割り切って行動しましょうね。

同居解消しても、適時連絡を取り合う

同居をしていたことで義理の両親に対して、嫌な気持ちになったことがある人は多々いることでしょう。

それゆえの同居解消という決断なのかもしれませんが、義理の両親との関係性は義理の両親が亡くなるか、あなたが配偶者と離婚でもしない限り縁が切れることはありません。

そのため、どんなに同居解消に至って一度は不仲になってしまったとしても、随時連絡を取り合い、その後も関係修復をしてきちんと付き合っていくようにしましょう。

引っ越し直後はとくに義理の両親も何かと不安定になっているはずなので、とくにその直後には気を配り、新居に招いたり頻繁に連絡を取り合うと良いでしょう。

血はつながっていなくても親子

両親はあなたの配偶者を赤ちゃんの頃からお世話し、現在まで育ててくれた大切な人です。

どんなに相性が悪かったとしても、同居解消していきなり疎遠になるのはあまりに可哀想です。

配偶者の両親でもあるので、温かい心で今後も接し、同居が解消になったとしても円満な関係が築けるよう努力していきましょう。

また、あなた自身にとって血の繋がりはなくては義理の両親との「親子」という関係は続いていきます。

両親だけではなくその他の配偶者側の親戚との付き合いも続いていくため、トラブル回避のためにも義理の両親と不仲になることだけは避けましょう。