汚嫁とはどういう意味なのでしょう?日々自分の嫁にストレスを抱える夫からの目線で生まれたネット上の言葉です。

身なりが汚い汚嫁のように思われますが、夫から見て不満が多いという意味です。

今回は汚嫁の意味、そして汚嫁といわれる人の5個の特徴を紹介します。

汚嫁を徹底解析しよう

汚嫁について徹底解析しましょう。

汚嫁と言われると、女性からすると自分そのものをまるっと否定されたような気分になり、すごく嫌な気持ちになります。

男性はわりと自分のことは棚に上げて、パートナーである妻の愚痴や批判ばかりすることも多いです。

改めて汚嫁の意味を徹底的に理解し、自分が汚嫁だと言われないように心がけましょう。

そして、汚嫁と呼ぶような男性はこちらから願い下げだというくらいの強気でいてください。

汚嫁とは?

汚嫁とは、日々の妻の態度や言動にストレスや疑問を感じる夫たちが作り上げたネット上の言葉です。

一言で色々な気持ちをシェアできて便利なので、自然と浸透していったものと考えられます。

夫婦の営み、いわゆる子作りを一切拒否し、外で何をやっているのか分からない自分の嫁のことを汚嫁という人もいます。

一切の家事をせず、ネットサーフィンや自分の趣味などにほとんどの時間を費やす嫁のことを汚嫁という人もいます。

子供をほとんど預けっぱなしで、自分のことばかりに時間を費やす人のことを汚嫁という人もいます。

夫婦はお互い協力し合って成り立つものですが、それがまったく機能してないことに不満を感じた夫側が使う言葉です。

ネガティブなネットスラング


汚嫁とはネガティブなネットスラングです。

ネット上で何かを発信するとき、人は誰しも多くの人から注目され、共感されたいと感じています。

そのためには、短い内容でぎゅっと濃い意味合いのものである必要があります。

自分の嫁の愚痴をつらつらと書き連ねるよりも、汚嫁という一言で自分の嫁にとても不満を抱えていることをアピールすることができます。

さらに、実際にどんな嫁なんだろう?と好奇心をくすぐられるような言葉でもあります。

言われている本人からすれば迷惑な話ですが、読み手側は面白おかしく読むことができるので集客力が期待できます。

自然と生まれたネガティブなネットスラングだといえます。

「汚い」という意味合いではない

汚嫁は「汚い」という意味合いではありません。

汚嫁をそのまま解釈すると、汚い嫁、つまり毎日お風呂に入っていなかったり、女性らしさを捨ててしまったような状態だったり、自分のケアがほとんどできてないような人を想像してしまいます。

中には、整理整頓や掃除がほとんどできない、ゴミ屋敷のような自宅を簡単に作ることができてしまう人が汚嫁なのかと解釈する人もいます。

汚嫁とは、あくまでも妻に不満を持つ夫がその愚痴を一言で表現したいがために生まれた言葉です。

女性側からすると、自分そのものを否定されたようでとても悲しい気持ちになります。

ここはぐっとこらえて、もう少し掘り下げていきましょう。

夫視点の呼び方なので、妻だけが悪いとは限らない

汚嫁とは夫視点の呼び方なので、妻だけが悪いとは限りません。

夫婦はお互い対等な関係で、協力し合って歩み寄って初めてちょうどいい関係をキープすることができます。

どちらかだけが頑張り、一方は甘えてばかりの関係は長続きしません。

汚嫁と自分の妻そのものを否定し、いつも不平不満ばかり口にしているからこそ、妻を汚嫁へと変えてしまったのかもしれません。

釣った魚にエサはやらないという姿勢でいると、愛情は枯れてしまいます。

そのような人に愛情を注ぎ、優しくしたいとは思わなくなります。

妻から大切にされたいと思うのであれば、まず夫からそのような姿勢を貫くことも大切です。

汚嫁になるのは夫にも原因がある場合も

汚嫁になるのは夫にも原因がある場合もあります。

汚嫁だって最初から汚嫁だったわけではないはずです。

お付き合いをスタートした当初はお互いがお互いを愛し合い、大切にできていたはずです。

結婚後、妻を女性として見なくなったり、自分のことばかり考えて妻のことをまったく大事にしていなかったりすると、誰だって汚嫁になってしまいます。

汚嫁になったあとも、フォローも一切なしに自分の妻の不平不満ばかり言い続ける夫…女性だって変わろうとは思えないと思います。

汚嫁と言われたからと落ち込まず、まずは男性にもよくないところがあることを落ち着いて話し合ってください。

そうすることで2人の関係も変わってくると思います。

嫁姑問題が引き金になることも

汚嫁は嫁姑問題が引き金になることもあります。

男性から見ると自分の大事な母親であっても、妻から見ると自分をいびりたおす恐怖の存在であることがあります。

夫は妻のことを理解し、味方をしてあげたほうが家庭がうまくまわります。

にもかかわらず、自分の母親の肩入ればかりしていると、汚嫁になってしまいます。

新婚すぐの頃から孫はまだか、子供が生まれてからはアポなし訪問、2人目の催促といったことをしていると誰だって嫌な気持ちになります。

そんな大ごとでなくても、細かいことを言われたり、プライベートにまで首をつっこまれたりすると誰だって嫌な気持ちになります。

妻のことを理解せず、汚嫁だと愚痴ばかり言うから夫婦関係が悪くなるのです。

汚嫁といわれる人の5個の特徴

汚嫁といわれる人の5個の特徴を紹介します。

汚嫁と一言でいわれると自分そのものを簡単に否定されたような悲しい気持ちになってしまいます。

なぜ自分がそんなことを言われないといけないのか、怒りの気持ちが爆発しそうになります。

汚嫁といわれる人の特徴を知っておくことで、夫からそのように言われないように前もって配慮することができます。

人のことを汚嫁だと言うならば、君は汚夫だと言い返せるくらいの言葉も出てくると思います。

汚嫁といわれる人の特徴を知り、できるだけ当てはまらないようにしましょう。

結婚後でも恋愛にのめり込む


汚嫁は結婚後でも恋愛にのめり込む傾向があります。

汚嫁は結婚後も恋愛をしたいというスタンスですので、夫婦の営みを一切拒否して浮気相手との恋愛を楽しむことがあります。

そして、罪悪感はありません。

子供がいるいないは関係ないので、子供がいない間に家庭内に浮気相手を連れ込んでスリルを楽しんでいる人もいます。

一線を超えることはなくても、汚嫁は既婚者であることを隠しながら男性をたぶらかすことも平気でできます。

なぜ結婚後でも恋愛にのめり込んでしまうのか?それは夫側が愛情を注げていないからなのか?夫婦間でしっかり話し合う必要があります。

交際歴、結婚離婚歴が多い

汚嫁は交際歴、結婚離婚歴が多い傾向があります。

汚嫁は理性よりも、自分の欲望メインで行動しているとされています。

そのため、恋人がいても目の前に素敵な人が現れれば、あっという間に乗り換えてしまいます。

結婚後もそれは同じで、夫に添い遂げる気持ちはほとんどありません。

子供がいてもいなくても、恋愛体質なのに変わりはありません。

好きな人が現れたら浮気をしますし、離婚だってできてしまいます。

人から見た自分や理性よりも自分の欲求を中心に生きています。

そのため、心変わりやすれ違いを理由に交際歴や結婚離婚歴が増えてしまうのだと考えられます。

その事に羞恥心は無い

汚嫁は交際歴、結婚離婚歴が多いことに羞恥心はありません。

汚嫁は人から見た自分をほとんど気にしていません。

自分の欲望のままに生きていて交際歴や結婚離婚歴が増えてしまっただけで、それを恥ずかしいとは思っていません。

むしろ、恋愛経験が豊富で男性にモテるからいつも困ってしまうといった感じのプラスのお悩みを持っているかもしれません。

汚嫁を卒業するには、まず人から見た自分を冷静に振り返る必要があります。

人の目を気にして生きるというわけではなく、カッコイイ生き方ができているかどうかを落ち着いて振り返ったほうがいいです。

夫や家族への愛情が薄い

汚嫁は夫や家族への愛情が薄いです。

夫や家族への愛情が薄いので、自然と家族のために何かをしたり、自分のことを犠牲にして愛情を注いだりといったことをしなくなります。

新婚当初は作っていた手料理、少しずつ手抜きするようになって、最終的にはほとんど外食というパターンもあります。

掃除や洗濯はしてくれていたらマシなほうで、他の家族がすることも多いです。

子供は学校行事や準備物をフォローして貰えなくて、何かと困っていることが多いです。

ネグレクトに近いパターンもあります。

色々な意味で汚嫁は夫や家族によくない影響があります。

まず、自分を振り返って変えていく必要があります。

自分は自分という気持ちが強い

汚嫁は自分は自分という気持ちが強いです。

結婚してパートナーができ、その次に子供が生まれるとたいていの女性は家族に愛情を注ぎます。

特に自分の子どもには無償の愛情を注ごうとします。

汚嫁は結婚後家族が増えても、自分は自分というドライな考えの持ち主です。

そのため、家族のことよりも自分のことを優先しようとします。

家庭があっても、好きな人が現れたら平気で浮気をすることができます。

子供の学校行事があっても、自分の趣味や好きなイベントがあればそちらを優先して当然だと考えています。

自分は自分という考え方は、些細なことだけでなく大きなことにも繋がっていきます。

家族を大事に思う気持ちはすごく大切です。

裁判や慰謝料請求になって初めて気付く

汚嫁は裁判や慰謝料請求になって初めて大きなことをしたと気づきます。

普段汚嫁は自分がどれだけひどいことをしているのか、まったく自覚していません。

それを夫に指摘されたとしても、聞く耳を持とうとしません。

自分が悪いことをしていて家族が嫌な気持ちにあっていたとしても、罪悪感がほとんどありません。

自分が一番可愛いからです。

その一番可愛い自分が被害を被るであろう、裁判や慰謝料請求になって初めて騒ぎ出します。

そして、パートナーがそれだけ傷つき、どれだけ自分が酷いことをしてきたかに気づくことができます。

本当は、そこに至るまでに気づいてほしいです。

自分さえ、その時さえ楽しければ良いという刹那的な生き方

汚嫁は自分さえ、その時さえ楽しければ良いという刹那的な生き方です。

汚嫁は目先の楽しさを優先するので、将来的なことはほとんど考えていません。

そのため、自分がした行動によって夫との関係がどうなるか、子供にどういった影響を与えるかといったことは考えていません。

もちろん将来のことばかり悲観して行動しないことはよくないですが、まったく考えていないのも問題があります。

ある程度将来の見通しを立てて行動するようにしないと、色々とダメになってしまいます。

家族が壊れてしまうリスクもあります。

いろいろなことが長続きしない

汚嫁はいろいろなことが長続きしません。

汚嫁は目先の楽しさを優先するため、飽きてくるとすぐに放り出してしまう傾向があります。

何かを達成するまで頑張ったり、幸せを作り上げるために人と協力し合ったりといったことはあまりありません。

楽しいことはしたいけれど、そのための準備やいろいろな努力はしたくないと考えています。

誰もがうらやむような素敵な家庭を持ちたいとは考えていますが、そのわりに欲求のままに浮気したり、育児を放置したりします。

すべてその場限り、そしてそのことに罪悪感すら感じていないから問題があります。

仕事や趣味、友人関係も

汚嫁がいろいろなことが長続きしないと、仕事や趣味、友人関係にもよくない影響を与えてしまいます。

まず仕事、お願いしたことを最後までしてくれなかったり、途中でフェードアウトされたりすると、何も頼めなくなります。

本人も面白くないので、すぐに転職を繰り返してしまいます。

趣味も楽しいうちはいいのですが、面倒くさくなるとすぐに投げ出したくなります。

そして、中途半端に途中でやめてしまいます。

友人関係も約束しても気分が乗らなければドタキャンしたり、楽しくないと思ったら途中で帰ったりすることが平気でできてしまいます。

いつも自分が中心で楽しめていないとすぐに不機嫌になるので、周りの人も扱いに困ってしまいます。

仕事や趣味、友人関係をうまくいくためには、人への気遣いはなくてはならないものだと気づく必要があります。

すべてなくしてから自分のやってきたことに気付いても、それらを修復することはむずかしいです。

人と人との信頼関係をお金で買うことはできません。

家事や仕事も適当にやる

汚嫁は家事や仕事も適当にやって当然と考えています。

汚嫁は自分が楽しいと感じることや興味のあることには熱中しますが、他のことは義務感で仕方なしにこなしている傾向があります。

むしろ、サボらずにしているだけでもまともだと考えています。

家事は必要最低限です。

料理はお惣菜や冷凍食品、時に外食も多いです。

家族の栄養バランスよりも、自分の手抜きを最優先に考えがちです。

掃除や洗濯も仕方なしにしています。

とりあえず洗って干して、あとは畳まずに山盛りのところから取ってくださいというスタンスでしょうか。

仕事も適当なので、責任ある立場になることはありません。

周囲の人から敬遠されていることにも気付かず、のらりくらりと続けています。

仕事が忙しくて残業続きだと言い訳して帰宅が深夜だったとしても、実は男性と遊んだり、飲み歩いたりしているだけなのかもしれません。

汚嫁はなかなか独身時代の感覚を抜け切ることができません。

少しずつ既婚者となったことの重みを自分で理解していかないといけません。

ある意味羨ましいやり方ですが、やっぱり誰かのために頑張れたほうがいいと思います。

面倒なことは嫌い

汚嫁は面倒なことは嫌いです。

汚嫁は自分の感情のままに生きたいと考えているため、自分に興味のあること、楽しいこと、美味しいことなどにはノリノリです。

その反動で、努力したり、悩んだりといった面倒なことは嫌いです。

いつも周りの人に押し付けていて、自分で何か頑張ろうということはしません。

夫婦間で貯金をして住宅資金の頭金を貯めようということになったとします。

それでも、汚嫁は面倒くさいのですべてを夫に丸投げしようとします。

子供の親同士のお付き合いや学校関係の役員も逃げようとします。

仮に当たったとしても出席せず、周囲の人に押し付けようとします。

なかなか通常では考えられないことですが、すごく図太い神経の持ち主です。

汚嫁は面倒くさいことは嫌いなので、押し付けて当たり前と思っています。

汚嫁になりやすい女性の傾向とは

汚嫁になりやすい女性の傾向を知っておいてください。

誰しも最初から汚嫁だったわけではなく、結婚当初は2人でよりよき家庭を作っていこうと頑張っていたはずです。

何らかのことがきっかけとなり、汚嫁となってしまったはずです。

あらかじめ汚嫁になりやすい女性の傾向を知っておき、自分でそうならないように気を付けてください。

男性側で言うと、汚嫁になりやすいタイプの女性を見分けることができて安心材料となるかもしれません。

汚嫁になっても誰も幸せになれないので、男女ともに気を付けましょう。

気が強い

汚嫁は気が強い傾向があります。

気が強い性格の持ち主だと、周囲の人に色々言われたり、周りの人に合わせたりといったことをあまりしません。

自分は自分、他人は他人という考え方の持ち主です。

夫や家族から家事や育児のことを言われても聞く耳を持たないのは、もともと気が強くなかなか歩み寄れないからかもしれません。

気が強いので、自分勝手なことをしていて周囲の人から批判されても、あまり気にしていません。

団体行動が苦手で、一人でやりたいように行動したほうが楽だと思っています。

プライベートはそれでもいいですが、仕事をしたりお付き合いをしたりしていく上では、色々と大変です。

気が強い一面は本当に大事なものを守りたいときだけに発揮すればいいと思います。

あとのことは歩み寄り、自分の考えを変えることも必要です。

ある意味すごく生きやすく、羨ましいかもしれません。

しかし、周囲の人とうまくやっていくためにはやはり協調性はあったほうがいいです。

熱しやすく冷めやすい

汚嫁は熱しやすく冷めやすい性格の持ち主です。

結婚当初は夫のために尽くして、家事を頑張って、仕事も頑張って、将来は2人の子供が欲しいと理想的な家族を想像していたかもしれません。

汚嫁でない女性なら、そんな未来のためにコツコツと夫婦2人で頑張ります。

汚嫁は熱しやすく冷めやすいので、最初の理想はあっという間に忘れてしまいます。

そして、自分の楽しいことや興味のあること中心の生き方へと変わってしまいます。

家計管理を任せることはできないでしょうし、目の前にお金があれば勢いでお買い物をすることもしょっちゅうあります。

楽しいことがあって、高額な買い物をしたとします。

それでも、飽きるとすぐに放ったらかしにしてしまいます。

家族を大切に思う気持ちを維持することで、少しでも熱しやすく冷めやすい性格を改善したほうがいいです。

そのためには、夫からも妻へきちんと愛情を注いだほうがいいです。

他の男性に目移りしやすい

汚嫁は他の男性に目移りしやすい傾向があります。

汚嫁は「結婚したら夫に添い遂げて、他の男性は見ない」といった世間一般常識はあまり気にしていません。

自分の楽しいことが優先されますので、目の前に好みの男性がいれば目移りしがちです。

既婚者であることを偽って、独身男性といい雰囲気になろうとするかもしれません。

自分からLINE交換をして、好きに近いことをアピールします。

夫のいない時間、仕事中、いつだってチャンスさえあれば浮気したいと考えています。

そのリスキーな感覚すら楽しんでいます。

夫婦の家庭内に浮気相手を連れ込むことも平気です。

結婚後は他の男性に憧れることはあっても、行動に移してはいけません。

夫婦間できちんと愛情確認できる関係をキープしたほうがいいです。

決してモテているわけではありません。

都合よくすぐに関係を持ってくれる女性として、都合よく扱われているだけだと知りましょう。

自己中心的

汚嫁はいつも自己中心的な傾向があります。

汚嫁は自分さえ楽しければいいと考えがちで、自分勝手な行動を取ることで家族が嫌な気持ちになったり、周囲の人に負担がいったりすることはあまり気にしていません。

自己中心的な生き方なので、家族のこともほったらかしの傾向があります。

人に流されやすい

汚嫁は人に流されやすく、自分というものを持っているようで持っていません。

汚嫁は誘惑という甘い蜜にとても弱い生き物です。

よくないことだとわかっていても、目の前に楽しいことがあればふらりと行ってしまいがちです。

夫が帰宅する時間でも、誘われれば男性と2人きりで平気で飲みに行くこともあります。

貯金するために残しておこうと夫婦間で決めていても、誰かが持っているものが欲しくなってさらっと買ってしまいます。

目の前に誘惑があると自分で断るということがなかなかできません。

強い気持ちで断るということを大事にしたほうがいいです。

特に男性の甘い言葉に感化されやすい

汚嫁は特に男性の甘い言葉に感化されやすい傾向があります。

遊んでいる男性は、相手の女性がさほどに好きでなくても平気で甘い言葉をささやきます。

それは、自分の欲求を満たしてくれる都合のいい女性が欲しいからです。

遊んでいる男性にとって、既婚ですぐにノッテくれる女性ほど都合のいい存在はありません。

独身女性に手を出すと、適齢期で結婚を言われるようになります。

いつまでも遊んでいたい男性にとって都合が悪いです。

既婚女性は「お互いその場だけ遊んでいたい。この関係は公にしたくない。」という気持ちをシェアすることができ、アッサリした関係でいられます。

夫よりも目の前の甘い時間を楽しめる男性との時間を優先して、都合のいい女性になることはいいことではありません。

女性としての価値を下げているだけです。

人妻という甘美な言葉、ただただ都合よく利用されているだけです。

本気の男性なら、まずは離婚するように迫ってくるはずです。

男性から甘い言葉を囁かれたとしても、それは本心からではないと知ってください。

それよりも、一緒に生活してくれている夫のことを大事にしてください。

感情の起伏が激しい

汚嫁は感情の起伏が激しい傾向があります。

汚嫁は理性よりも感情を優先して生活することが多いです。

自然と感情の起伏が激しくなり、人前でも泣いたり怒鳴ったりしがちです。

周囲の人も感情の起伏に振り回され、機嫌の悪いときは腫れ物に触るような扱いになってしまいます。

そして、よくない影響を与えられます。

感情の起伏が激しいことで、夫は扱い方がむずかしいと本音で物を言わなくなります。

子供は人の顔色を見るようになり、自分の言いたいことを親に言えないようになります。

その場は汚嫁にとってよくても、長い目で見るとよくありません。

夫との関係は冷えていき、子供からも母親はどうでもいい存在だと思われてしまいます。

できるだけ感情の起伏はセーブするようにして、他でストレス発散するようにしてください。

そして、落ち着いて対応することが大事です。

外でも同じように感情の起伏が激しいと、人間関係にもよくない影響を与えてしまいます。

仕事場では責任ある立場は任せづらいですし、友人も一緒にいるとしんどいと離れていってしまう可能性があります。

罪悪感を感じにくい

汚嫁は罪悪感を感じにくいです。

自分のことを優先して自分勝手なことをしていても、それに対して罪悪感を感じにくいです。

そのため、自分優先の生活を長い間平気で続けることができます。

夫を裏切っていると分かっていても、それが悪いことだとは分かっていません。

夫から三下り半を叩きつけられるまで、同じことを続けるでしょう。

子供のことを構わず自分のことを優先していて、将来どうなるかといったことは考えず、目先のことを優先しがちです。

罪悪感を感じるようにするのは、簡単なようで結構むずかしいです。

まずは家族を大切にすることで、その人たちを傷つけないように行動することからスタートしてみてください。

夫から離婚を叩きつけられて、親権も主張されるような事態になってはいけません。

その前にできることは修復したほうがいいです。

すぐ開き直る

汚嫁はすぐに開き直り、自分で謝ることをしません。

夫や周囲の人から色々と批判を受けたり、アドバイスを受けたりしても自分の非を認めることがありません。

そして、すぐに開き直って自分は悪くないと逃げてしまいます。

家事や育児をほとんどしないのは、他のことで忙しいからだと逃げてしまいます。

そして、全ての責任を夫に押し付けようとします。

夫婦関係が悪化したのは夫のせいだとすべての責任を夫に押し付けます。

そして、自分から歩み寄るということをしません。

悪いことをしているという自覚がほとんどないので、何を言われても私が正しいの一点張りです。

人の意見はきちんと受け入れ、開き直る前に冷静に振り返ってください。

そして、その都度気を付けることで最悪の事態を避けることができます。

人を信用しない

汚嫁は人を信用しません。

自分が正しいと思っています。

人を信用しないので、誰の言っていることも受け入れようとしません。

そして、誰かと協力したり、何かを頼んだりといったこともしません。

夫婦間でも同じで、夫婦で協力したり、夫に大事なことを相談したりといったことがほとんどできません。

家族なのに他人のような関係です。

家族以外の人にも同じで、いつも自分が正しいと思っています。

そして自分の非を認めることがないので、人間関係が悪化してしまいます。

色々あると人を信用できなくなることもあると思います。

しかし、全てをシャットアウトせず、受け入れることは大事です。

まとめ

汚嫁について紹介させていただきました。

汚嫁と言われるとショックですが、客観的に自分を見つめ直すと意外と思い当たることが出てくるかもしれません。

家族が壊れてしまう前に、汚嫁を卒業してください。

そして、夫も協力してお互い歩み寄るようにしましょう。

汚嫁なんて言われるより、きちんと自分というものを持ってください。

そして、愛される女性になってください。

女性らしく美しく生きたほうがカッコイイです。