子供の性格は、その子によってそれぞれに違いがありますよね。

子育てをしていると、自分の子供の性格を生かして良い方向に伸ばしてあげたいという気持ちになるものです。

しかし子育てには正解がないために難しいものですので、どうしても迷ってしまうご両親が多いですよね。

今回は、そんな悩めるご両親のために、子供の性格を生かして伸ばしてあげるための方法とそのポイントについてをご紹介していきたいと思います。

子育ては自分1人で乗り切らず、他人の知恵も拝借して乗り切っていきましょう!

子供の性格を生かして伸ばす10個のポイント

子供の性格とは、両親の遺伝子を少なからず受けるものとされています。

それ以外では育った環境や育て方によって影響を受けていき、両親の遺伝子と合わさってその子供の性格が決まっていくようになっています。

自分の子供の性格の特性がわかってきたら、それぞれの子供にはその長所があるはずです。

親ならば我が子の性格をそのまま生かして成長させてあげたいという思いがありますよね。

親の感情と教育方針だけを子供に押し付けるのではなく、その子供の特性に合ったものを伸ばしてあげられたら子供にとっても幸せなことです。

こちらでは、そんな育児の仕方のポイントを詳しくご紹介していきたいと思います!

ポジティブ思考を身に付けさせる

ポジティブな思考の人というのは、「やればできるかもしれない」「きっと大丈夫」「少しうまくいったから明日もやってみよう」等、チャレンジ精神に満ちていて、毎日を楽しく過ごしている人が多いです。

それは子供でも同じことで、毎日楽しく笑顔で生活し、どんなことにも積極的に取り組める子供というのは、少なからず性格がとてもポジティブです。

ポジティブな思考を身につけさせることは、子供にとっていろいろな可能性を叶える自信を持たせることにも繋がるため、とても大切なことです。

なかには自分が他の子供よりも苦手なものが多い…と感じて、周りに対して劣等感を抱いてしまうような子もいることでしょう。

ネガティブな思考になってしまうと、頑張ることが恥ずかしいと思ってしまったり、どうせ出来ないからやめようとチャレンジ自体をやめてしまったりと、子供の可能性を潰してしまいます。

しかし、子供にはそれぞれの性格に個性があるため、1つのことが苦手だったとしても、必ず他の子供よりも優れていること、好きなことというのがあるはずなので、それを見つけてあげて親がたくさん褒めてあげるようにしましょう。

それを繰り返していくことで、子供もだんだんと自分に自信がつき、ポジティブな思考が身についていくようになると思います。

ダメなものも良くできる方法を考えさせる

ポジティブな思考を身につけさせて自分に自信を持って生きて欲しいと親が願っても、子供のタイプによっては苦手なものもあるかもしれませんね。

そんなときは子供と一緒に寄り添いながら、ダメなものも少しずつでもいいので良くできる方法を考えさせるようにすると良いでしょう。

「どうしてできないのかな?」とまずは考えてもらい、それを克服するまで親が一緒に励ましながら頑張らせると良いでしょう。

「できなかったことが出来た」という達成感を子供も感じることで、頑張ることの喜びを知り自分への自信に繋がっていくはずです。

自分に自信がつくことでポジティブな思考を身につけることができるので、苦手なものでもすぐに諦めさせないように頑張りましょう。

自分よりも人のためになることを考えさせる

親ならば我が子が1番可愛いものですし、他人よりも我が子が楽しく幸せならいいや…なんて思ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、その感情をそのまま子供にも教育してしまうと、子供は自分のことだけを考え、他人に思いやりを持てない優しさの足りない子供に育ってしまう可能性もあるので気をつけましょう。

どんなときでも、自分よりも人のためになることを考えるように教育することで、自然と友達や他人への思いやりを持つことができる子へと成長します。

自己中な大人にならないために

社会に出てみると、いい大人の年齢なのに自分のことばかり考え「自分さえよければ良い」と思っているのが丸わかりな人もいますよね。

そんな自己中な人は、たとえば職場や学校の保護者の集まりなどで嫌われがちです。

子供がもしも自己中な性格になってしまったら、このように周りから嫌われて辛い思いをするのは本人ですよね。

自己中な大人にならないためにも、しっかりと人のことも考えられるように教育してあげるのも親の役目です。

性格は自分では変えられないものですが、教育である程度はコントロールすることもできます。

子供の個性を伸ばしながら、人にしても良いことの善悪の区別がつくようにだけはよく教えてあげると良いでしょう。

自分さえ良ければ、という考えにならないように

一体どんな子供の考え方が自己中な大人を作り出してしまうかというと、子供に「自分さえ良ければいいや」という考え方をさせてしまうことでしょう。

子供にそんな考え方をさせないためには、日頃から自分のことよりも人のことを優先して考える力を身につけさせ、人に親切にできたときにたくさん褒めてあげることです。

自分のことだけではなく、人のことを考えて行動することが「良いこと」であると子供に認識させ、褒めてもらうためにそれを子供は繰り返し、自然とその考え方がそのまま性格へと移り変わっていく流れを作るのが良いでしょう。

人に親切にできたほうが子供自身もたくさんの人から愛される性格になるので、子供にとっても喜ばしいことでもあるのです。

たくさんの人から愛され、幸せな人生をおくれるよう子供のために今からきちんと教育してあげましょう。

得意なところをとことん褒めてあげる


子供にはそれぞれ個性があり、個々によって得意不得意があります。

もしも自分の子供に他の子と比べて少しでも得意なものがあったら、そこをとことん褒めてあげることで、その長所を生かすことができます。

しかし気をつけたいのは、得意なことと、子供が好きなことというのは別だということです。

いくら子供の出来が良くても、本人にあまりやる気がないものを強要するような褒め方はよくありません。

あくまで子供が喜んでいるものに対して褒めてあげるようにしましょう。

褒めて伸ばす

褒められるということは、大人でもされると嬉しいものですよね。

自分がされて嬉しい褒め方を子供にも同じくしてあげましょう。

子供の得意なもの、興味のあるものを見つけたらそこを褒めてあげることで、「次もまたやってみよう」と子供の自信に繋がります。

自分に自信を持つことで次も挑戦する意欲を持つことができるため、得意なものを伸ばすチャンスに繋がります。

褒めて伸ばす教育を繰り返していくことで、親子の関係も良好なものになっていくため、愛情いっぱい楽しく子供を成長させてあげることができるのです。

あまり他の子供と比較しない

「あの子はこうしているのに、どうしてあなたはできないの?」と、自分の子供と他の子供と比較してはいませんか?

子供をしつけするときに、確かに「出来る子」を見本にして教えるというのは簡単です。

つい子供に他の良く出来ている子供のやり方を真似してほしくて、親は比較しながら教育することもあるかもしれません。

ですが人と自分を比べられて嬉しいと思う人はいませんよね。

子供なら分からないと思っているならば大間違いです。

子供はちゃんと親の言うことを理解できているため、他の子供と自分を比較されたら「私はダメな子なんだ…」と自分に自信を失ってしまう可能性もあります。

どんなときでも、自分の子供と他の子供を比較してしまうことだけはやめてあげましょう。

個性を大事にするという気持ちを持たせるため

親であるあなたは、自分の子供の個性をどれくらいよく見て理解できていますか?

個性はそれぞれに違うことから、他の子供とまったく同じではなくても、その子にはその子なりの長所が必ずあるはずです。

その子供の個性を親が大事にしてあげることで、「自分が親に認められた」という子供にとっての自信にも繋がります。

「自分は他の子と比べてダメな子かもしれない」と、ときに子供がネガティブな感情になったとしても、「あなたにはあなたの良いところがあるよ」と、子供に自分の個性を大事にするよう伝えてあげましょう。

それぞれに良いところがあり、それぞれにいくらでも可能性があるということを子供に教えてあげることで、自分を大事にしようと子供も思えるはずです。

そして、どんなときでも親であるあなただけは他人と自分の子供を比較せずに、子供の良いところを探してあげるようにしてくださいね。

何でもやってあげようとせず、自分の頭で考えさせる


子供が自分で何かをしようとしているときに、大人のように初めからうまく出来ないことというものがあると思います。

うまく出来ないことの場合の多くには、それに対する幾分の時間がかかります。

そのため、忙しい日常を過ごしている親はそれを疎ましく思ってしまい、つい時間がないからと親が一緒に手伝ってしまうこともあるでしょう。

また、親が子供の可能性を潰しているケースで多いのが、「まだどうせうちの子供には出来ないだろう」と勝手に親が決めつけて、子供の何もかもをやってあげてしまうことです。

すると、もしかしたら時間をかければできるかもしれないのに、その子供にとってせっかくの成長できるチャンスを親が減らしてしまうのです。

まずは、なんでも子供のことをやってあげようとせず、子供に自分の頭で考えさせ、「どうやったらできるかな?」と挑戦させることがその子の可能性を伸ばすことに繋がるのです。

そして子供が自分でやってみて出来たときには大げさなくらい褒めてあげましょう。

そうすることで「次もやってみよう」と、どんどん自分にできることが増えていくはずです。

簡単に諦めさせない

子供にとって難しいことや、なかなかクリアできない問題に立ち向かうと、それを乗り切るためにはたくさんの努力が必要です。

出来ないことを頑張ることは、決して楽しいことではないので、できれば諦めてしまったほうが気持ちが楽になりますよね。

そして頑張っても出来ないという子供の姿を見ているのは、親にとっても辛く苦しいことです。

しかし、出来ないことを諦めることは誰にでもできる簡単なことです。

なるべくなら、結果がどうあったとしても簡単に諦めずに頑張るだけの精神力を身につけさせるようにしましょう。

頑張り続けることは子供にとって大変なことなので、それが辛いものにならないように、親が少しの成果でも褒めてあげながら、限界まで続けさせてあげるのが良いでしょう。

粘り強く取り組むことで大成できることがあると知る

簡単に出来ないことと、頑張れば出来ることの2通りがあるとしたら、そのどちらも最初の時点で諦めてしまうと、後述のほうの可能性までゼロになってしまいます。

もしかしたら頑張れば出来たことによって、それがどんどん成長していき、いずれ大成する可能性もあります。

頑張り続けることは決して簡単なことではありませんが、子供自身が粘り強く取り組んだ成果があるということを知るのはとても大切なことです。

どんなこともすぐに諦めさせず、頑張った分だけ成果があるということを子供に教えてあげながら、親も一緒にサポートしていきましょう。

「頑張れ」と言葉で言うのは親にとって簡単なことですが、親も一緒に頑張ってくれて応援してくれているということが子供にとって1番の励みとなるよう、親も自分の態度を改めてあげる必要があるでしょう。

いつか大きく大成したときには、一緒にその喜びを分かち合える関係が素敵ですよね。

兄弟姉妹がいる場合は必ず平等に愛情を注ぐ

一人っ子の場合は両親のすべての愛情がそのまま1人の子供に注がれると思いますが、兄弟姉妹がいる場合はつい愛情に兄弟姉妹で差が出てしまったりするものです。

たとえばよくありがちなケースでは、最初に生まれた1番上の子は育児の何もかもが初めての子供になるため、ついその子に対してだけ慎重になりすぎてしまったりします。

最初の子は子育ての右も左も分からない状態なので、思い入れが強くなりやすい傾向があるのでしょうね。

また、その逆でマイペースに育った末っ子がその要領の良さで勉強も運動も兄弟よりも出来が良いというケースもあります。

この場合も、出来の良い下の子ばかりを可愛がってしまったりすることもあるかと思います。

しかし、決してこれらのケースは良い見本にはなりません。

子供は他の兄弟姉妹と愛情に差をつけられることにとても寂しい思いをしているはずです。

兄弟姉妹がいるからこそ、なるべく平等に愛情を注いであげるようにしましょう。

子供は親の少しの変化にも敏感

子供は親の少しの変化にも敏感に反応するものです。

たとえば、テストで兄弟姉妹は良い点数をとったけど自分が1番点数が低かった…というときなど、つい家族みんなの前で兄弟姉妹を褒めて喜びすぎてしまうと、点数が低かった兄弟姉妹のほうは「自分は兄弟姉妹に比べてだめな子だ」と自己嫌悪になることでしょう。

叱ったりしなくても、親の態度により愛情に差を感じてしまったりと、子供ながらに敏感に反応してしまうのです。

親は自分で子供に対して同じように愛情を注いでいるつもりでも、子供のほうが「違う」と感じてしまったらそれまでなので、兄弟姉妹のいる家庭はそれぞれへの対応に十分気をつけるようにしましょう。

態度でもそうですが、ときどきは言葉でしっかりとそれぞれに愛情を伝えるようにしたり、それぞれの子供に寂しい思いをさせないことが大切です。

しかし、子供が何かをしようとしているときは、たいていそれは子供が興味を示している事柄です。

せっかく子供が興味を示して挑戦しようとしていることにも「あれをしたら危ないよ」と親が止めに入ってしまうと、せっかくの子供の関心を途絶えさせてしまうことになります。

その事柄が、他人に迷惑をかけるものでもなく、犯罪や法に触れるものではない限り、ある程度のものに関してはあまり過保護になりすぎないようにしましょう。

親が子供を心配する気持ちは当然ですし、子供を守れるのは親だけですが、過保護が行き過ぎてしまうことは子供にとってあまり良いことではありません。

子供を過保護にしすぎてしまうと、その子供のやる気や関心を途絶えさせてしまうことになるため注意しましょう。

冒険心や自信を養うため

子供が自分で「やってみたい」と思う感情は、その子の冒険心や自信を養うとても良いチャンスです。

やってみたいと思うことを、親の考えや過保護になりすぎて辞めさせてしまうと、せっかくの子供の成長がそこで終わってしまいます。

親の教育方針で、自分の子供にやらせたいことというのがそれぞれにあるかもしれませんが、それよりもまずは子供自身が関心を持っていることを見つけてあげて、それを全力でサポートしながらやらせてあげるのが良いでしょう。

冒険心や自信は、子供が自分で養っていかなくては身につかないものです。

子供の特性や性格をそのまま生かしてあげるのならば、まずは子供が何に興味を持っているのかを見つけてあげて、それを全力で応援してあげましょう。

親も頑張っている姿を見せる

世の中にはいろいろなタイプの親がいます。

たとえば、親自身がもっと子供のころに頑張って勉強しておけばよかったな…と後悔しているからこそ、子供には自分のようにならないようにと子供に幼少の頃から勉強を頑張らせるというケースもあるでしょう。

しかし、そんなとき親は子供に「勉強しなさい」と言うだけでは子供はいつか反発するときがやってきます。

子供に頑張らせるのならば、子供が頑張ろうと思えるだけの親の頑張りをまずは見せる必要があるかもしれません。

たとえば、今から親が学校に通い直すというのは困難ですので、親は子供の塾や勉強をサポートするために塾代を稼ぐための仕事を一生懸命頑張り、子供には勉強がはかどるように美味しいご飯を毎日作ってあげるなど、子供のために一生懸命頑張ってあげましょう。

親が自分のために頑張っている姿を見せることで、子供もそのために頑張ろうと思ってくれるものです。

親を尊敬する子供は伸びる

「うちの親はすごいんだ」「うちのお父さんとお母さんが大好きだ」という子供はとても良い環境で育っていますよね。

親を尊敬できている子供は、どんなことにも前向きに挑戦する精神力を持っており、それを伸ばすための努力をすることができます。

毎日一緒に暮らし、長い時間を一緒に過ごしている親は、子供にとって1番影響力のある大人です。

自分にとって1番身近な存在の大人を尊敬できているからこそ、毎日同じ家で暮らしているだけで子供にとっても良い刺激となっているのです。

子供を成長させるためには、口だけでしつけするのではなく、親自身が自分を見つめ直し、子供にとっての良い見本となるよう自分の生活を改直すと良いでしょう。

ペットや下の兄弟などの世話をさせる

子供は親が面倒をみてあげるものですが、子供自身にも誰かの世話をさせるというのはとても大切なことです。

下の兄弟姉妹がいるならば、下の子のお世話を上の子に手伝ってもらうようにするだけで、上の子は「自分よりもか弱い子には優しくしよう」と思えるので、とてもよい体験となります。

兄弟姉妹がいなくても、犬や猫などペットの世話を毎日させることで、動物を大切にできる気持ちの優しい子供になります。

また、お世話というのは毎日の習慣でもあるので、「面倒くさいな」「今日は学校で疲れているな」という子供自身がさぼって甘えたいときなどでも欠かさずする必要があるため、忍耐力も身につけることができます。

自分だけのことではなく他人のことを大切にするという気持ちを学べる良い機会ですので、子供に良い刺激を与えたいのなら、ペットや下の子のお世話をさせることはとてもおすすめです。

子供の性格を生かして伸ばそう

親御さんはどれくらい自分の子供の性格を理解できていますか?

おとなしく何事にも消極的な子供、明るく友達も多いけど少し喧嘩っ早い子供、飽きっぽく1つのことが続かない子供など、子供にはそれぞれの個性がありますよね。

しかし、親ならば一貫して自分の子供には「良い子に育って欲しい」という願望があるはずです。

「良い子」という定義にもそれぞれの親の考え方があると思いますが、それぞれの親の考え方があるのは当然ですが、子供にもそれぞれの性格の個性があることを改めて自覚しておきましょう。

現代ではいろいろな教育方法がありますが、必ず「こう教育すればこう育つ」というものはありません。

どんなに親が一生懸命教育をしても、子供の性格によってはその通りにならないものですので、その場合は親も子供もどちらも悪くないのです。

親にとっても子供にとっても最良なのは、その子供の個性をきちんと見つめ、その子供の性格をそのまま生かして成長させてあげることでしょう。

愛情と信頼が子供を伸ばす

子供の教育に一生懸命な親も多いと思いますが、つい子供の気持ちを無視して「こうしなさい」「あれはやめなさい」と親が子供の進むべき方向を決めてしまってはいませんか?

そして子供がだんだんと自分の意見が言えなくなっていることに気がつかず、親の思うままに子供が成長していると勘違いをしている親も非常に多いのです。

しかし、このようなケースでは子供が本当にやりたいこととは異なっているため、いつか子供の努力にも限界がやってきます。

子供の性格を生かしてあげたいのならば、親が強制させるのではなく、ただ子供に愛情をたくさん注ぎ、子供のやりたいことを親が信じてあげることが大切なのです。

そうすることで、子供は勝手に自分で成長していくものです。

子供がしたいようにさせてあげて、それを影でサポートしてあげるというのが子どもにとって1番ベストなことで、親ができる最高の愛情のある教育なのです。

しっかりと言葉と態度で示そう

子供は、言葉と態度でしっかりと示してあげないと、親から自分がどれほど愛されているか、親に認めてもらえているかというのが意外と分からないものです。

「できたんだね!すごいね!」と子供の頑張りと成果のたびにきちんと言葉で伝えてあげて、そのたびに抱きしめてあげたり、愛情もしっかりと態度で示してあげることが大切です。

子供が頑張っていることが、だんだん当たり前のようになってしまう親もいますが、子供が頑張っているのをそのたびにきちんと褒めてあげることで子供と親の信頼関係も生まれます。

決して子供が頑張ることが当たり前だとは勘違いせずに、子供の頑張りを親自身が認めてあげるようにしましょう。

たくさん褒めて適度に叱る

子供は褒められることで自分に自信を持ち、次の成長に繋がります。

そのため、親が子供をたくさん褒めるということは大切なことです。

しかし、「褒めることが大切」だと思いすぎてそれが子供の甘やかしに繋がらないよう気をつけるようにしましょう。

もちろんたくさん褒めることは必要ですが、ときに適度に叱ることも大切です。

親が子供を叱ってあげないと、善悪の区別がつかない子供になってしまうので、それはとても危険なことです。

他人には優しくして決して傷つけないこと、嘘をつくのはいけないことなど、特に対人関係に影響の出そうな事柄のときは、きちんと叱ってあげましょう。

叱ることが決して悪いことではないので、たくさん褒めて適度に叱るというバランスを保つと良いかもしれませんね。

その子が持つ性格という個性を花咲かせるのが親の役目

人間にはそれぞれに性格という個性があります。

自分の子供の性格を1番よくわかっているのは、育てている親だと思うので、子供が持つ性格という個性の花を咲かせるのは親の役目でもあります。

最近は共働き家庭も増えてきて、親子の会話が減ってしまっているケースも多いようですが、親子できちんと毎日会話はできていますでしょうか?

まずは、自分の子供たちのそれぞれの性格をしっかりと見てみてください。

兄弟姉妹でそれぞれに良いところ、悪いところがあるかと思いますが、それぞれの性格がまったく違っているのは当たり前で、それを同じように揃える必要はまったくありません。

たまに「お兄ちゃんを見習いなさい」と兄の良いところを下の子に強要してしまう親もいますが、それもやめましょう。

強要して変えるのではなく、その子が持つ性格をそのまま生かしてあげて、良い方向に導いてあげるのが親の役目なのです。

それぞれの違う長所を生かしてあげることで、それぞれに違った未来が生まれます。

結果的にどれが正解だったかというのは誰にも分からないことなので、それぞれの可能性を信じて後押ししてあげましょう。

性格を世のため人のために活かす方法を考えよう

人は生まれながらに、1人では生きていけません。

学校や仕事など、人は生涯で人と関わって生きていくのです。

それが逃れられない定めならば、どうせなら誰にでも好かれる人のほうが幸せですよね。

子供の性格にはそれぞれに個性があるので、その性格をどうしたら人に快く受け入れてもらえるか?を考えてみましょう。

性格を世のため、人のために活かすことができれば、その人はどんな場所に行っても気に入られ、人から好かれることで人から優しくしてもらえます。

どうせなら我が子をみんなから愛される子へと導いてあげましょう。

まとめ

親である自分だって他人と性格が違うように、子供の性格もそれぞれに個性があります。

親の気持ちとして、出来れば「こういう子に育ってほしい」という願望があったりするかもしれませんが、それは親が考え決めていることであり、子供にとっての本望ではありません。

子供には生まれながらに性格があり、それぞれに好きなこと、嫌いなこと、得意なこと、苦手なことがありますので、それを無理に強要してしまうのは親のエゴとなってしまいます。

まずは親がそれぞれの子供の性格や特性をしっかりと見つけてあげて、それをそのまま生かしてあげましょう。

その子供が関心のあることならば、喜んで努力を惜しまないでしょう。

親は縁の下の力持ちとして、たくさんの愛情を子供に注ぎながら全力でサポートしてあげることで、子供自身が勝手に成長していくでしょう。

限りある子供の可能性を信じて、これからも愛情いっぱい育てていきましょうね。