結婚して、子どもを持つ事を夢だと感じている人はたくさんいますよね。

良い相手と結婚して家族を持つ事が人生のひとつの幸せでもあるかと思いますが、中には子どもはあまり欲しくないと考えている人も中にはいらっしゃるかもしれません。

幸せというものは人それぞれの考え方であり、人によってそれは非常に様々な形があるかと思います。

今回はそんな子どもを持たない家庭を理想としているという考え方に着目して様々な事をご紹介していきたいと思います。

様々な考え方があるという事を知り、ひとつの意見として考えてみる事によって、いままでとは違う自分自身の意見を持てる可能性もあります。

是非今回ご紹介する内容を知って、様々な意見があるという事を知っていただければと思います。

子どもをもたない夫婦が増加している

近年では、子どもを持たない加増が急増しています。

多くの方はおそらく、子どもが欲しいと思っている家庭がかなり多いかと思いますが、中には子どもを持たない事を理想としている考え方もあります。

それでは、なぜこのような考え方の違いが生まれているのかを詳しくご紹介していきたいと思います。

様々な観点から大きな特徴を持った項目をまとめてご紹介していきたいと思いますので、是非こういった意見もあるんだなと知っていただければと思います。

女性の社会進出

近年では、今までと違い女性が社会進出した事によって、家庭のあり方も非常に変わってきました。

昔は男は外に出て働いて、女は家庭を守るというような風潮もありました。

ただ、最近では不況という事もあり、女性も外に出て働いているような状況がたくさん生まれています。

女性が外で働くという事で、当然仕事が好きな女性も中にはいますし、外に出て働く事によって、なかなか家庭での活動が出来ないという状況にもなっているかと思います。

なので、自然と子どもを持つ事に対して、あまり積極的になれないという状況も生まれているかと思います。

なので、女性の社会進出による、時代背景もこういった考え方をするに至る状況になっているんだという事をしっかりと認識していただけたらと思います。

晩婚化

こういった子どもを持たないという考え方が関わっているのは、晩婚化も大きな原因となっているようです。

晩婚化という言葉がわからないという方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、晩婚化とは世間一般の平均初婚年齢が高くなっているという事であり、どういう事かというと、結婚をする年齢がどんどん上がっているという事です。

昔は比較的若い年代で結婚をするという事が多かったようですが、最近ではある程度の年齢になってから結婚をする事が多くなっているようで、年齢があがるという事は当然ながら出産なども非常に難しくなってくるという事もあります。

若い時のほうが体力もありますので、比較的出産には有利な面がどうしても生まれてきます。

なので、晩婚化という事が原因で子どもを持たないという事が生まれている可能性も十分に考えられるでしょう。

多様な考え方

様々な考え方が生まれているのも、現代だからなのではないでしょうか。

先ほどお伝えしたように、不景気という事もあり、どうしても子どもを持つとお金がかかってしまいます。

教育費だったり、子どもを育てる上で食費だったり、服、その他諸々たくさんの経費がかかってしまうのは事実です。

なので、家庭によってはそこまで余裕がないという方も中にはいらっしゃるでしょう。

また、人によっては子ども自体があまり得意ではないという方も中にはいるかと思いますので、子どもを持たずに、夫婦だけで生活をしていくという事を考えている方も多いでしょう。

そういった多様な考え方が、子どもを持たないという考え方にたどりつくという事も少なからず存在しているといえるでしょう。

子どもが欲しくない12個の理由

子どもが欲しくないという家庭の原因についてもご紹介していきましたが、ここからはさらに具体的な理由についてもご紹介していきたいと思います。

子どもが欲しくない理由は様々ありますので、これという大きな理由だけではとどまらないかと思います。

ただ、比較的割合が大きいとされる大きい理由から色々ご紹介していきたいと思います。

様々な考え方が存在する現代において、自分はこう思っていても相手はこう思っているかもしれない可能性はあります。

なので、様々な考え方があるという事を知っておく事によって、相手に対して理解をしてあげる事も出来ますし、しっかりと相手の意見を知っているからこそ、見つかる考え方もあります。

しっかりと様々な理由があるんだという事を知った上で、相手を理解してあげる事が大事であるといえるでしょう。

1.過去にトラウマがあるから

過去にトラウマなどを経験している事から、子どもを持たないという考え方に至っている場合があります。

これは、なかなか身近にいらっしゃらないかもしれませんが、過去の受けたトラウマが原因で、なかなか出産や小づくりという考え方に励めない方も中にはいらっしゃいます。

心の傷は非常に難しい問題であり、なかなか簡単には癒せられないものになります。

なので、ずっと心の傷を持ち続けてしまい、成長した今でもなかなかその傷を癒せられないパターンが多いようです。

なかなか人にも言えない事ですし、非常に難しい問題であるといえるでしょう。

虐待などの経験がある

中には、自分自身が虐待をされていたという経験がある方も中にはいらっしゃるでしょう。

虐待を受けた事がある人はそうそうはいないでしょうし、虐待をされた事がない人からするとその痛みは想像できないくらいのものになりますよね。

実際に虐待を受けた人からすると、子どもの頃にそういった経験がトラウマとなってしまい、自分自身が子どもを作るという事を考えられないという方も中にはいらっしゃるかと思います。

もしかしたら、自分自身が子どもに対して虐待を行ってしまうかもしれない…と考えてしまう人も中には存在するかもしれません。

そういった心理描写は虐待を受けた人にしかわからない事でもありますので、非常に難しい問題ですし、なかなか治らない傷となってしまっているのかもしれません。

2.子どもを可愛いと思わないから

次にご紹介するのが、子どもを可愛いと思えないという事です。

これはけっこう中にはいらっしゃるのかもしれませんが、子ども自体が得意ではないという方です。

確かに子どもが可愛いと思う人は多いかもしれませんが、中には子どもが可愛いと思えない方も存在するのは当然ですよね。

子どもが可愛いと思えないのに子どもを作りたいとは思わないでしょうし、子育てをしていると当然ストレスに感じてしまうかもしれません。

自分があまりそういう風には考えられないという事は自分自身が一番わかる事ですし、嫌なのに無理に子どもを作らないといけないという事はありません。

なので、これも非常に大きな理由のひとつであると考えられるのではないでしょうか?

愛情をもって育てる自信がない

当然ながら、子どもがあまり得意ではないという方にとっては、子どもに対して愛情を注ぐ事が難しいと考えるのではないでしょうか。

自分自身に置き換えてみてください。

社会に出ると一人くらいはどうしても嫌いな人っていますよね?
嫌いな人を好きになろうと思ってもどうしても好きにはなれないでしょう。

それと同じで、子どもが嫌いだと思っている人は子どもに対してうまく愛情を注げないと思ってしまいます。

もしかしたら、愛情が注げない事から大きな問題に発展してしまうのではと怖くなってしまう方も中にはいるかと思います。

そう考えてみると、子どもを自然と持ちたくないと考えてしまいますよね。

なので、子どもが嫌いだという理由も大きな一つの理由になりえると思います。

3.バリバリ働きたいから

子どもを持ちたくない大きな理由のひとつとして、仕事が好きだからという理由も大きな理由になりえそうです。

仕事が好きだからこそ、どうしても子どもに対してかける時間がもったいないと考えてしまう方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?
子どもを持ってしまうと、どうしても子育てなどで時間が掛かってしまいますよね。

最初は子どもは何もできないですし、つきっきりになるでしょうし、そこから様々な負担がかかてくるのは事実です。

夜泣きもするでしょうし、起きたら寝かしつけてあげるまでこちらも起きていないといけないですよね。

そうなると当然翌日の仕事にも響いてしまうという方も中にはいらっしゃるでしょうし、それが苦痛だと感じてしまう方もいます。

そういった仕事に関係するという面を考えると、子どもを持つ事に対して積極的になれないという事が大きな理由になるのではないでしょうか?

女性の場合育休、産休などで仕事を休んだり辞めたりしなければならない

特に、女性の場合を見てみると、どうしても子育ては女性がメインになって行動をするという事が現代の風潮でもあります。

本来であれば、夫と妻、両方が平等に子育てに関してしっかりと行っていかなければいけませんが、どうしても妻の負担が増えてしまうのが現状です。

そうなった時に、育休や産休を取ったりする必要が生じてきますよね。

最近では企業も女性の社会進出という背景もあるので、積極的に育休制度や産休制度を取り入れていますが、現実として、なかなか女性の負担がおおきかったり、仕事にもどりづらい状況が生じてしまうのは事実です。

そういった背景から、女性としては、なかなか子どもを持つ事に対して積極t系になれないという事も生じてくるのではないでしょうか?

4.経済的に厳しいから

現代では、不況と言われているので、なかなか世帯でも収入が上がらないという現実があります。

事実、不況になってから収入はかなり落ちてしまっており、夫婦共働きでないとやっていけないという家庭も中には多く存在するのではないでしょうか?
どうしても子どもを持つと様々な面でお金がかかってしまうのは事実なのではないでしょうか?
なので、経済的に厳しいからという理由も含めて、子どもを持たないという決断にいたる事は少なくはないのではないでしょうか。

確かに子どもを持ってしまうと、非常に大きなお金がかかりますよね。

夫婦の生活も考えてみると、負担が大きくなるのは明白ですし、ある程度の余裕がないとやっていけないのも事実です。

そう考えると、非常に大きな問題ですし、こういった理由による子どもを持たないという家庭は今後も増えてきそうな感じがしますよね。

子ども1人を成人まで育てるのに必要な養育費とは

具体的に子どもを育てる養育費などが、どれくらいかかるのかという事を計算した事はありますか?

もちろん育てる環境によって非常に変わってくるかとは思いますが、平均してどのくらいのお金がかかるのかという事くらいは知っておいても損は何のではないでしょうか?
なので、簡単にどれくらいお金がかかるのかという事をご説明しておきましょう。

子どもが通う学校が私立なのか、公立なのかという事に関連して大きく金額なども変わってくるかと思います。

一般的には3.000万円から6.000万円くらいまで大きく幅があるというような形になります。

ただ、最低でもそれくらいの金額が必要になるという事を踏まえて、あなたはどのように感じますか?

思っているよりも多くかかるんだなという印象を持たれたのではないでしょうか。

かなりの金額が必要になりますので、そう考えるとどうしてもお金がたくさん必要になるという事を意識してしまいます。

生活していく自分達でも必死なのに、そこから子どもの教育費などを考えると、余裕がなくなってしまうという事も非常に痛感しますよね。

そういった背景もあり、なかなか子どもを持つ事に積極的になれない方も多いのではないでしょうか。

5.親になりたくないから

子どもを持ちたくないという考え方の中で、親になりたくないという方も中には存在するかもしれません。

親になりたくないというのは、責任を負いたくないという事にも繋がります。

例えば、子どもを持ってしまうと子どもを育てないといけない、不自由ない暮らしをさせないといけない等、新しい家族が増えるからこそ持たないといけない覚悟だったり、状況が生まれてしまいます。

そうなってしまうと、なかなか自分達の余裕がなくなってしまいますし、それが原因で働き詰めになってしまい、自分達の幸せなどをおろそかに考えてしまう事にも繋がります。

人は誰でも自分自身が幸せでありたいと思う物ですよね。

なので、当然ながら親になる事で、生まれる責任や不安から逃れたいと思う方も中には存在します。

自分自身が幸せになるために、そういった選択肢を取るという方も中にはいるという事を是非知っておいてくださいね。

自分の幸せや夫婦の関係を維持したい

自分自身の幸せであったり、夫婦の関係を維持したいと考える事がある事もあります。

先ほどお伝えしたように、まずは自分自身の幸せをしっかりと考える事が大事です。

その結果、子どもを持たないという決断に至る場合もあるかと思います。

また、子どもが出来てしまうと、どうしても夫婦の時間はなくなってしまいがちになります。

夫婦の時間は非常に大切なものであり、一般的に考えても、夫婦の時間をまずは満喫したいから子どもは作らないという家庭は多いかと思います。

なので、それが延長戦になり、ある程度の年数がたっても、子どもは作らないでこのまま生活していこうかという考え方にもなるかと思います。

そういった夫婦が現在ではたくさん存在していますし、それもひとつの幸せの形になるのではないでしょうか?
人それぞれなので、自分自身の考え方を大事にしてみるのも非常に重要なポイントになるかと思いますよ。

6.精神的に大変だから

精神的に大変だという理由も大きな理由になるのではないでしょうか?
子どもが生まれてしまうと、どうしても様々な面で世話をしたりしなければいけませんが、精神的にも肉体的にも非常に大変な理由になりますよね。

なので、子どもが生まれてしまう事によって、起こりうる苦痛を回避したいという理由も大きな理由の一つに当たります。

自分自身がある程度予想して、こういう風にはなりたくないと思うのであれば、子どもを持たないという選択肢も立派な選択のひとつですよね。

子どもを持つという事に対して、責任を負う必要はないですし、自分自身の人生なので、どのような自分が決断をするかという事は、自分自身が決める事であり、誰かに言われたからとか、みんなそうしているからといった感じで物事を決めない事は非常に大事な事なのではないでしょうか?

子育てに伴う問題に対して余裕を持てない

事実、子育てをするにあたって非常にたくさんの問題が生じます。

例えば、お金の面でもそうです。

先ほどお伝えしたように、子育てをするにあたってたくさんのお金が必要になります。

当然誰かが子どもの面倒を見ないといけないわけですから、片方が稼いでくる必要がありますよね。

そういった背景もあり、なかなかお金を稼ぐ事に対して難しいという現状も生まれてきます。

また、子育てをするにあたって、自分自身の時間も消費される事になります。

自分が好きな趣味だったり、好きな仕事などが出来なくなってしまう可能性も生まれます。

それでも誰にも文句は言えないですし、自分が決めた事なので自分自身が頑張らないといけないのです。

そういった事を考えると、自分自身に余裕がもてるのかどうか不安になりませんか?
そうやって自分自身をしばりつけてしまうという事を考えると、なかなか子どもを持つという事に対して積極的になれない事もありそうですね。

7.子どもが嫌いだから

次の理由は、けっこう単純な理由になるのかもしれませんが、子どもが嫌いだからという理由です。

子どもが嫌いな人ってけっこう身近にもいませんか?
もちろん子どもが大好きだという人も中にはいらっしゃるでしょうから、反対に嫌いな人も存在するのは当然ですよね。

子どもが嫌いな人にとっては、あまり子どもがいるという状況に耐え難いものがあるのではないでしょうか。

子どもは無邪気で、どうしても状況を読めない行動を行ったりもします。

もちろん悪気があるわけでわけではないのですが、どうしてもその行動が嫌いだと感じてしまう人も中にはいるかと思います。

子どもが嫌いだからという理由が原因で子どもを作らないという方も多くいらっしゃるという事を理解しておきましょう。

うるさいのが苦手である

子どもはどうしても大声で泣いたり、夜泣きをしたりといった事をしてしまいますよね。

子どもに悪気がないのは誰でも承知しています。

ただ、どうしてもその状況になってしまった時に、受け入れられない人も中にはいます。

子どもが泣いている家庭を見た事がある方も中にはいるかと思いますが、誰でも表面上はっ気にしていないふりをしますが、中にはうるさいなぁと感じてしまう方も多くいるかと思います。

実際にうるさいのが苦手な人からすると、そういった状況が生まれるのは嫌でしょうし、嫌とわかっているのにわざわざそういった状況を作る必要はないですよね。

無理に子どもを作る必要はありませんし、子どもを作ってそういう状況になってしまって、かっとなってしまう事が怖いと感じるなら、受け入れられるまでは作らないでおくべきですし、作る必要もないという事になります。

8.夢を叶えたいから

自分自身の夢を叶えたいと思っている人も、子どもを持たないという選択を取る場合があるかと思います。

自分自身の夢を持っている人は、どうしても子どもが出来てしまうと、自分自身の時間がなくなってしまうと考えてしまう事もあるようです。

もちろん、子どもを持つ事によって夢を見れないという事はありませんが、子どもが出来る
事によって、ひとりだけの時と比べるとどうしても行動が制限されたり、責任が生まれてしまいますよね。

そうなると自分だけの時と比べると夢を追いづらい状況になってしまうのは確かです。

なので、自然と夢を叶えたいから、子どもが欲しくないという考え方になってしまうのは誰でも理解できる事なのではないでしょうか?

子どもができたことによって夢を諦めたくない

子どもが出来てしまう事により、自分自身の夢をあきらめたくないという思いが強い方は、自然と子どもが生まれてくる事を避けてしまうのかもしれません。

たった一度の人生なのでどうしても自分自身の幸せを大事にしたいという考え方になるのは当然です。

確かに子どもがいるからこそ感じられる幸せもあるのかもしれませんが、幸せというものは人によって感じ方は様々ですし、何に重きをおくかという事は自分自身が決める事です。

周りにこうしろと言われて決める事もでありませんし、自分の人生を楽しく生きていくのは自分自身の後悔がない選択が必要です。

なので、自分自身を大切にしたいから、夢を大切にしたいからという理由は非常に大事な理由になるのではないでしょうか。

9.子育てに自信がないから

子どもが出来てしまう事により、様々な事が起こりますよね。

その中でも一番大変なのが子育てだと思います。

先ほど記載したように、夜中に起きてもあやさないといけないですし、子どもは予想しない行動を取るので、そこから生まれるストレスなどは当然ながら存在します。

そう考えた時に、子育てに自信を持って出来るという人はなかなかいないでしょう。

それでも家庭を持ちたいと思う方もいる反面、子育てに自信がないから子どもはそこまで欲しいと思わないという考え方は大事です。

なので、自分自身がどのような感じているのかという事をしっかりと意見を持って、選択をする事が非常にだいじな事になるのではないでしょうか?

自分にコンプレックスを抱いている

自分自身にコンプレックスを抱いている方も中には存在するのではないでしょうか?
育児に関して、なかなか上手に出来ない、不安だと感じている方も実際に多く存在するように、育児をする前の段階から不安に感じている人は多いと思います。

なにもかも初めての事ですし、初めてする事ってうまくいかない事とか、難しい、実際にできるか不安だと感じる事が多いのは当然ですよね。

だからこそ、コンプレックスとして感じてしまいがちになりますし、自信がない時ほど失敗する可能性は高いです。

ストレスが溜まって、誤った行動をしてしまい、後悔に繋がってしまうくらいなら初めからしたくないと考えている方も多いと思います。

一つの選択肢として、ある程度自信を持てるようになるまでは子どもを持たないという事も非常に大事な事になるのではないでしょうか?

10.1人の時間を大切にしたいから

自分自身の時間を大切にしたいからという事も大きな理由のひとつになるのではないでしょうか?

自分自身の時間って非常に大事ですし、何かを整理する時だったり、自分が充実していると感じるための時間って非常に大事です。

だからこそ、自分自身の時間を邪魔されたくないと感じる人は多いかと思いますし、それが理由で子どもを持ちたくないと考えている人も多いと思います。

事実、子どもをもってしまうと自分自身の時間が激減してしまうのは確実です。

育児などに時間もかかりますし、休みの日なども子どもの相手をしないといけないのは当然です。

子どもは最初は何もできないので、してあげる事もたくさんあります。

だからこそ、自分の時間を大切にしたい人には、非常に負担が大きいものになるのではないでしょうか。

趣味に没頭したい

自分自身が楽しいと感じている趣味を持っている人からすると、子どもを持ちたくないという考え方にたどりつく事が多いと思います。

どうしても仕事は大事ですし、そこは削れないとしても、それ以外の自分の時間の部分から捻出して子どもとの時間を作り出さないといけないですよね。

そう考えると、自分自身の趣味の時間などは当然ながら減っていってしまいます。

そう考えると自然と趣味を大事にしたい人にはリスクが高いと感じてしまうのかもしれません。

子どもを持たないという事もそういった事を考えると非常に適した選択になるのかもしれませんね。

11.高齢出産が怖いから

高齢出産が怖いという事も大きな理由の一つになるのかもしれません。

先ほどご紹介した、晩婚化というものもあり、だんだんと高齢化していく社会にもなっています。

自然と、高齢化になると出産自体が非常に難易度が高い事にも繋がります。

高齢出産となると、懸念してしまう事がたくさん出てきてしまうので、中にはほしくてもあきらめないといけないという家庭も生まれてきてしまうのかもしれません。

そういった意味では、高齢出産が怖いから、子どもを持たないという選択肢になってしまう事もあるのかもしれませんね。

高齢出産のリスクとは

高齢出産のリスクをあまり知らないという方も中にはいらっしゃるかもしれません。

高齢出産自体は、35歳を過ぎてからの出産が主に表現されている定義になり、まずは妊娠率が下がってしまうという事があります。

なので、妊娠自体が非常に難しくなってしまうという事になり、さらにダウン症などの染色体異常児が生まれてきてしまいやすいという事にもなります。

障害を持った子供が生まれてきてしまう確率が高くなるので、なかなか小づくりに励めない家庭もあるそうです。

また、妊娠中に病気になったりとか、流産や早産難産になる可能性もありますので、高齢出産自体が非常にリスクが高い事だというイメージから、子どもが欲しくないという考え方になってしまうのかもしれませんね。

12.妻に変わってほしくないから

結婚をして、子どもが出来てから妻が変わってしまったという人には中には多く感じている方がいらっしゃるのではないでしょうか?
確かに子どもが出来てしまうと、変わってしまうのは当然ですよね。

見た目であったりとか、考え方、言動なども変わってしまう事はよくある話です。

もちろんこれが悪い事ではありませんが、中にはいつまでも綺麗でいてほしいし、恋人気分でいたいと感じている人も多いと思います。

だからこそ変わってほしくないから子どもを持たないという考え方の方も中にはいるかもしれませんね。

母親になり子ども中心になるのが嫌である

子どもが出来て、母親になるとどうしても子どもにつきっきりの状態になりますよね。

当然ながら、子どもは最初は何もできないですし、つきっきりで面倒を見てあげないといけません。

夫の面では、自分への対応がおろそかになったり、育児が原因でトラブルになったりとか、喧嘩になったりするのも嫌だと考える方もおおいかと思います。

また、妻の面では子どもが中心になり、他の事が出来なくなるのが嫌だと感じる方も多いかと思います。

なので、自然と自分への対応をおろそかにしてほしくない、いつまでも自分にかまってほしいと感じている方は、妻に変わってほしくないからこそ子どもは作らないという考え方になる人も多いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回ご紹介した内容を聞いていただき、改めて子どもを持つという事の大変さを気づいたという方の中にはたくさんいるのではないでしょうか?

子どもを持つ事で得られる幸せはたくさんありますが、逆に、負担に感じる事が多いのも事実です。

だからこそ自分自身がどのような事を大事にして、どういう意見を持つのかという事が大事であるという事をしっかりと意思して、自分はどうなりたいのかという気持ちを大事にしてくださいね。

間違っている事は何もないので、自分自身の意見を大事にする事が大切であるといえるでしょう。