この頃はSNSなどの利用もあってか、父親嫌いの意見などでネットでも多くみられるようになりました。

あんな父親いなくなればいい!などの投稿もあり、お父さんとしては寂しい気分にもなってしまいますよね。

一生懸命に家族のために働いて、子供には無視されたり口も聞いてもらえない状態の家庭も増えてきたのかもしれません。

子供から見る父親とはいったいどのように映っているのでしょうか。

そこで今回のテーマですが、父親が嫌いな子供たちの理由についてお話していきたいと思います。

もし自分が子供に嫌われているようであれば、解決の糸口が見つかるかもしれません。

️父親嫌いの子供の15個の理由

いつからか子供に無視されるようになって、声をかけても話をしてくれないなど、父親が子供から嫌われることは珍しくありません。

ちょっと前までは一緒に遊んでいたのに、急に嫌われると原因もわからないので困ってしまいますよね。

何が悪いのかと考えてみても自分では思い当たるものがないし、子供はますます自分を嫌っていってしまい、家庭の雰囲気も最悪になってしまいます。

段々と家での居場所もなくなってきて、家族がバラバラになってきたと感じている人もいるのではないでしょうか。

これは自分にとっても家族にとっても良いことは一つもありませんよね。

子供はどうような事で父親を嫌っているのかを理解する必要があります。

今までこの問題について真剣に取り組もうとしてこなかったお父さんは、これを機会に子供との関係を修復していって下さい。

家族同士でいがみ合うなんて寂しいですし、とても哀しいことです。

しっかりと子供たちの理由を理解しましょう。

1.反抗期


父親を嫌う理由として反抗期というものがあります。

中学生などになると体格も大きくなってきて大人のような気分になります。

小学校までは感じなかった大人への憧れというものは、今まで聞き入れてきた事に対して反抗したくなるという気持ちも生まれてきます。

子供の心理としては自分が大人なのか子供なのかわからず、心がとても不安定になっています。

また、中学生になると先輩後輩といった関係にも携わることになります。

小学校まではそういったことは少ないですが、中学に入れば部活などで色々な服従の関係を知ることになります。

子供たちはこういった状態でどのように対処をしていいのかが、分からなくなっているのです。

先輩に従いたくない気持ちなど色々なストレスも抱えるようになってしまい、やり場のない怒りを父親などに向けてしまう場合も出てくるでしょう。

これはある意味では仕方のないことで、時間しか解決してくれません。

反抗期の子供に対しては親は見守ってあげるしかないのです。

ウザがられても話しかけたりすることで子供も心を開いてくれるようになりますので、時間をかけて気長に待つようにして下さい。

2.思春期

反抗期の他にも思春期というのもあります。

女子の場合は子供の身体から大人の身体へと成長していきますよね。

男女の違いというものを感じる時期でもあります。

当然に父親のことも一緒に住んでいる異性という気持ちが生まれてくるのです。

それでも女子の場合はお父さんという気持ちが強いのですが、父親のふとした言葉などで男という事を意識してしまいます。

男女の性に関する話題を聞いてしまったり、女性が映っているビデオなどを見つけた時などは完全に男として認識してしまうために、今までのお父さんには見れなくなってしまいます。

父親もこういった事をきちんと考えて行動や言動をするべきであり、子供が初潮を迎えたならばそれはもう女性として接しなければいけません。

自分の子供だからという考えが嫌われてしまう原因なのかもしれませんね。

女子と男子では父親を嫌う理由が全く違ってきますが、思春期の子供に対しては慎重に接するという事も大事なことですので忘れないにして下さい。

実際に父親が娘に嫌われる理由として多いのが、このような言動なり行動などが多くなっているので、いつまでも子供扱いすることは自ら嫌わる原因をつくってしまうので注意が必要です。

【思春期の少女の特徴は、こちらの記事もチェック!】

3.頼りにならない


子供が父親を嫌う原因の一つに全く頼りにならないという理由が挙げられます。

何をするにしてもオドオドとした態度では、子供の目には頼りがいのない親に見えてしまいます。

これは父親側が自分の性格なり行動を見直さなければいけません。

子供は親の背中を見て育つなどと言いますが、父親に対しての尊敬の気持ちがないとすれば早くに対応をしないと一生慕われるという関係にはなりません。

自分がどのように思われているかを考えていき、普段の行動などが頼りなく見えるとしたらきちんと直していくようにして下さい。

4.頑固オヤジ

昔から頑固オヤジという人も嫌われる対象になっていますよね。

何を言っても自分の考えが正しいと思っていたり、人の言うことを全く聞かない人たちです。

そんな父親であれば嫌われてしまうのも仕方ありませんよね。

もう少し柔軟な気持ちと人を尊重するような心をもてなければ、子供は父親を尊敬することなど出来ないでしょうし、好意を抱くわけがありません。

確かに父親はある程度は譲れない意見があるはずですが、全てにおいて考えを変えないというのはどうなのでしょう。

母親である妻の言うことも聞かず、子供の言うことも無視していれば家族の仲が悪くなりますよね。

こうした環境を自ら作り出しているとすれば、かなり問題と言えます。

誰の意見でも聞くという事をやっていかなければ、誰からも相手にしてもらえない将来も見えてきますよね。

自分がこのようなタイプであれば性格を直す努力をして下さい。

5.お母さんと仲が悪い

子供は親の仲が悪ければ心に痛みを感じてしまいます。

お母さんとお父さんの仲はどうして悪いのだろうと考えていけば、普段家にはいない父親を嫌うケースもあって当然です。

見ていないようで子供は夫婦の喧嘩も知っているでしょうし、声を荒げれば父親に対しての嫌悪感も出てくるでしょう。

こういった仲の悪さが続いてしまったら、親としてきちんと考えることが必要になりますよね?

夫婦で話し合いをしながら関係を修復させていくことしかありません。

子供だって親の喧嘩は見たくもありませんし、家族がいつも笑顔でいてほしいと願っています。

夫婦のどちらが原因であっても子供の為には仲直りをすることが一番になります。

普段から夫婦喧嘩が絶えないような環境であれば、二人でしっかりと向き合い子供のためにもそういったことにならないようにしていくことが大切です。

6.偉そう

父親で嫌われることが多いのが、いつも偉そうにしているパターンです。

子供が何を言いても自分のことを話したり、常に上から目線で接していれば嫌われるのも当然と言えます。

自分ではそのように感じない場合もあるので、妻へ聞いてみたり行動自体を確認することも大切なことになります。

一番たちの悪いのが自覚がないということですので、必ず誰かに確認をするようにしましょう。

こういった事は後からの関係にも影響してきます。

子供が成人になった時は立場が逆転してしまったり腕力でも敵わなくなってしまい、結果として惨めな将来にもなってしまいます。

親子はいつでも仲良くしていかなければいけませんし、それが理想でもありますよね?

自分からそういった問題を出さないようにすることが大事ですから、一度自分の行動自体を見つめ直してみることも必要になってきます。

7.暴力を振るう

暴力を振るうようであれば今すぐやめるようにして下さい。

子供は一生心に傷を抱えてしまいます。

親からの暴力は誰にも相談できません。

守ってあげる立場の人間が子供を殴ったりすれば、子供がどのような気持ちになるのか分からないわけではありませんよね?

人としても暴力を振るう人間は尊敬もされませんし、自分が不幸になっていくだけです。

どんなに外で嫌なことがあったとしても、家の中ではいつも笑顔でいるのが親の務めでもあります。

全く関係のない子供に対して暴力を振るうということは、本当に最低と言える行為です。

何か理由があるにせよ話し合いで解決できるはずですし、子供に手をあげるようなことはしないようにして下さい。

8.悪口や文句ばかり

自分自身がネガティブな人間ですと、家の中でも人の悪口や文句ばかり言うようになってしまいます。

そのうちに家族の悪口も言い出すでしょうし、子供が嫌いになって当然です。

自分がマイナスな考えしか持てないとすれば、親子の仲が良くなるとは到底思えませんし、関係を正すことも出来ません。

自分自身を変えていかなければこういったタイプの人は、ずっと文句ばかりの生活になってしまいます。

さらに言えばこのような家には幸福は訪れません。

父親のマイナスのオーラが家中にあり幸せも逃げていってしまいますので、自分を成長させる努力をして下さい。

本当に家族が大事であればすぐに実行できますよね?

子供もこんな家には居たくないと思っているでしょうし、取返しのつかない事態になる前に自分を変えていきましょう。

9.過保護すぎる

子供が可愛いのはわかりますが、あまりにも過保護になると嫌われる原因になってしまいます。

子供もある程度の年齢になれば自分の考えで行動することも覚えなければいけません。

いつまでも親が手助けをしていればウザがられますし、子供の成長にも良いことはありません。

自分の子供をきちんと信じてあげることも大切な親の役目です。

いつまでも子供の自立を邪魔するような父親では嫌われるのも当たり前です。

普段の行動はどのようなものであるかをきちんと考えてみて、自分が過保護であるとすれば嫌われている可能性が高いと言えますのでご注意下さい。

10.放任すぎる

過保護とは反対に放任すぎるというのもいけません。

子供もある程度であれば許してくれますが、何もしないといった時には我慢の限界にも達してしまいます。

一人でやらせるということも大切なことなのですが、全く関わりを持たないということも間違っています。

理由はどうであれ向き合うべき所はしっかりと子供と話をしなければいけませんし、放っておくだけでは関係も悪化してしまいます。

自分がこういったタイプの人はしっかりと子供と向き合う努力をしていって下さい。

11.加齢臭がきつい

男性の場合は年齢と共に加齢臭の対策もするようにしましょう。

子供が娘の場合は、特に父親の匂いに対して敏感です。

自分では気がつかないことでも家族は不快に感じているかもしれませんよね。

こういった匂いは子供に嫌われる原因にもなり、険悪な仲を招いてしまう原因にもなってしまいます。

娘は「お父さんの洗濯物と一緒に洗わないで!」など、かなりキツイ言葉を言ってくることもあるので、父親もこういった子供の気持ちを理解してあげることも必要になってきます。

自分で匂いに対する対策をしなければ、子供はますます寄りつかなくなってしまい、家族の関係も悪化してしまいます。

加齢臭の元となるものはノネナールという物質が原因となっていて、年齢を重ねるごとに増えていくと言われています。

きちんと入浴の際には加齢臭対策用の石鹸などを使い、食事の内容にも気をつけて下さい。

肉類が多いメニューですと匂いも出やすくなる傾向があるので、和食をメインとしたものへ変えてみたりと気をつけるようにしましょう。

12.ギャンブルをする

自分の父親がギャンブルをするせいで生活が苦しいような場合、これは父親が嫌いになって当然です。

父親は家族を守るという責任がありますし、ギャンブルなどで借金をしたりすれば普通の生活をすることさえ難しくなってしまいます。

ギャンブルで日頃のストレスを発散する方が多いですが、熱くなってしまい気がついた時にはお金を借りていて借金だらけになってしまう人も沢山いますよね?

子供はやりたいことや買いたいものも買えずに辛い思いをします。

食事も満足に食べられない状況になってしまえば憎まれるようにもなります。

家計に負担のない遊び方であればいいですが、家族にも影響が出てしまうようなお金の使い方は絶対にやめるようにして下さい。

13.酒癖が悪い

普段は良い父親でもお酒が入ってしまうと乱暴になったり暴力を振るってしまう人は、自分にとっても良いことはありません。

お酒をやめるようにしなければいけません。

お酒で人生を台無しにしている人は沢山いますし、家族も怖くて一緒に住むことが出来なくなってしまいます。

子供にしても乱暴な父親の姿は見たくありませんし、妻にしてもそういった男性との縁は切りたくなっても仕方ありません。

酒癖が悪い人が良くなるということはあまり期待できませんし、酔ってしまえば理性もきかなくなってしまいます。

重大な問題を起こすかもしれませんし、会社関連のお酒の席で失態をしてしまえば自分の地位も危うくなってしまいます。

家族にもまだ受け入れてもらえる状況であれば、これ以上家族を苦しめないようにお酒を断つという選択をするようにして下さい。

14.家に全然いない

父親が仕事で忙しくて家にいないというのは仕方ありませんが、休みの日も自分一人で出かけてしまったりすれば、子供に嫌われても仕方ありませんよね。

会社の取引先とのゴルフの接待などもあるでしょうが、家族と過ごす時間を作っていくことも大切です。

子供も母親だけではなく父親に聞いてほしい話もあるはずです。

息子であれば男性同士の話も会話が弾むでしょうし、娘も父親と話すことは嫌いではないはずです。

色々な用事があるでしょうが、何も予定などがないときには家族と共に過ごしていくことが必要なのです。

15.なんとなく不潔

男性もある程度の年齢になってしまうと、普段の身だしなみなどが無頓着になってしまう人が増えてきます。

休日はいつまでもパジャマを着ていたり、無精ひげのままで過ごすようであれば改善するようにして下さい。

子供はこういったなんとなく不潔に感じる父親にも嫌悪感を抱きます。

それは子供の成長と共に大きくなっていくので、早めの段階で直すようにしなければいけません。

子供が父親に求める姿はいつでもかっこいいお父さんのはずですよね。

あまりにもだらしなく思えたり、不潔と感じることはしないようにすることが大切です。

️子供に嫌われない父親になるには

子供に嫌われている、またはそのようになってしまうかもしれないという方はどのような父親を目指せばいいのでしょうね?

色々な子供なりの理由があるということはお話してきましたが、次は嫌われない父親になる為にはどのようにするべきなのかという点についてお伝えします。

身だしなみを整える

一番の基本となるのは身だしなみになります。

いくら家族といえども、子供の中ではいつまでもかっこいいお父さんであってほしいはずです。

きちんと清潔にするように心がけて、体臭などにも気をつけるようにして下さい。

特に娘をもった父親であれば加齢臭には気をつかって下さい。

匂いというのは家族であっても不快になってしまい、身内だからこその憎しみという気持ちも出てきてしまいます。

男性がある程度の年齢になれば加齢臭は避けられないものであり、どんな男性でもある程度の匂いというものは持っています。

ですが、匂いを抑える努力をしてみたり、食事で体質改善ということは簡単にできるはずですから、やれることから変えていくようにして下さい。

そういった姿を見れば嫌いであるという気持ちもなくなり、大好きなお父さんへの想いも出てくるはずです。

家族を大切にする

父親が最初に考えなければいけないことは、家族を大切にするという気持ちを忘れないことです。

外で働いていれば嫌なことも多くなりますし、仕事のストレスなども溜まってきます。

そういった時でも自分を支えてきてくれたのは、家族であったと思い返すことも大切ですよね。

朝が早くでもお弁当を作ってくれたり、子供が玄関まで見送りにきてくれたりと楽しい思い出はたくさん記憶に残っているはずです。

自分の生活がどのようなものなのかを見つめ直すチャンスでもありますし、変えなければいけない所はどのようなものかも知るきっかけにもなりますよね。

いつでも家族を大切に思うのであれば、しっかりと家族を守っていくことが大事ですし、これは一生続くことです。

自分の想いをわかってもらうためにもやるべき事は実行し、きちんと家族も守れるようにしていって下さい。

過干渉はしない

子供のことが可愛すぎて過干渉になってしまい嫌われるという父親もいます。

色々と心配する気持ちはわかりますが、ある程度までは子供の考えを尊重していくことも大切になってきます。

子供は大人との堺目という難しい位置にいるために悩んでいることも多くなってきますが、自分で乗り越えようという気持ちにもなっているはずです。

そんな時に父親がレールを敷いてしまって、何も出来なくするということは子供のためにもなりません。

過ぎた行為は嫌われる原因にもなりますし、子供を信じることも大事ですよね?

失った信用や信頼というものは家族であっても取り戻すことは非常に難しいので、きちんと子供の人格を認めてあげて干渉しすぎないようにして下さい。

年頃の子は放っておく

最初に成長期という事についてお話ししましたが、ある一定の時期には誰でも反発するといった気持ちが生まれてきます。

普段はきちんと受け答えをするようであれば、それほど心配ではないので放っておいても大丈夫です。

あまり心配をしすぎてもかえって逆効果になりますし、子供は自然と家族の元へともどるはずです。

成長期のように心が不安定な時期は誰にでもやってきますので、子供のすきなようにさせてみましょう。

優しく接する

子供に対して暴力を振るったり攻撃的な態度をとれば嫌われることも当然であり、子供は心に深い傷を負うことになります。

もし、そういった傾向が少しでも認められるのであれば、今すぐにでも改善しなければいけません。

大人としても父親としても、子供には優しく接するようにしなければ、将来的な関係にも影響が出てきてしまいます。

そうならないためにも、日頃から気分を落ち着かせるような趣味を持ったりと出来ることは色々とあります。

感情的にならないようにして、子供にはいつも笑顔で接するようにしましょう。

子供もそういった環境で育てば父親を嫌いになるということはありませんし、優しい大好きな父親のままでいてくれるはずです。

父と子の信頼できる関係は家族全体の幸せにもなってきますので、優しさを常に持って子供に接するようにして下さい。

頼もしいかっこいい父親になる

お父さんはいつでも子供の憧れでありたいですよね。

いつでも頼もしいかっこいい父親であって下さい。

子供から大人へ変わるときは、心の不安定さから父親を一時的に避けるような場合も出てきますが、いつでも頼もしい父親であれば心配はいりません。

そうした態度に子供は安心するでしょうし、自分を信頼していると気がつけば前のようなお父さんが大好きな子供に戻ってくれます。

どのようなときもかっこいい父親でいることを実行していって下さい。

子供が男の子でも女の子でも、その時期には大人の男として意識し始めます。

男の子であれば同じ男性として見習うべき点を見つけるでしょうし、女の子なら好きになる人は父親のような男性と思うでしょう。

そういった関係になれれば一番素敵なことですし、子供も父親を嫌いになんかなりませんよね。

常にかっこいい父親ということを忘れずに、子供の手本となることが、大切な家族の関係を守ることにも繋がってきます。

️父親と子供の関係、壊れる前に予防しよう

今回は子供が父親を嫌う理由というものをお話してきました。

どんな場合でも子供は色々と考えることがあり、嫌いという気持ちを選んでしまいます。

父親が出来ることは一つです。

今現在、子供のことで悩んでいるようであれば今すぐ行動をして下さい。

時間がかかってしまえばそれだけ問題も大きくなってしまい、取り返しのつかない状況も考えられます。

子供にとっての理想の大人は、一番身近である母親と父親です。

子供たちはその夫婦の姿を見て育っています。

普段から友人などに自慢できる夫婦であれば、子供が父親を嫌いになるような気持ちにはなりません。

何かしら問題があるから子供たちの気持ちが揺れ動いてしまうのです。

素敵な子供との関係を続けるためには夫婦の仲はとても大切です。

父親が嫌われる原因は母親にも問題があると言っても大袈裟ではありません。

自分の子供がどのように思っているのか心配であるのならば、夫婦の仲はどうであろうかという事についても話し合ってみて下さい。

一人では難しい問題も二人であれば簡単に解決できるはずです。

そして、その努力は家族全員の幸せに繋がり、自分たちの将来を必ず明るいものへと変えてくれるはずです。

【パパが家族に好かれるためには、こちらの記事もチェック!】