皆さんは一発芸はありますか?

一発芸ができると、会社員であっても少し注目を浴びたりするなど、思いがけず利益があります。

今回は、宴会で盛り上がる鉄板ネタの一発芸をご紹介したいと思います。

一発芸で瞬時に人気者になろう!

会社員だから一発芸は必要ないとか、専業主婦だから一発芸なんて特に必要ないと考える人もいるかもしれません。

しかし、全く無いよりかは何かあった方が覚えてもらいやすいところもあります。

例えば、会社員でも取引先の方で、「マジックが上手いあの人」とか、社内で「あの人、マジックがうまい」などというような感じで、顔を覚えてもらえる可能性もあります。

中小企業などで人数が少ないということであればまだしも、大企業で人数が多ければ、なかなかみんなを覚えるということも、そこまでないということもあるかもしれません。

名前だけは知っているというようなこともあるでしょう。

しかし、ここで一発芸をして取引先と飲み会をしたとか、忘年会を社内でしたというようなことがある場合に、「マジックができるあの人」ということで名前覚えてもらえる可能性もあります。

主婦の方であっても、意外と子供会などで交流があり、子供会の役員で打ち上げで飲み会をすることも、あるようです。

そこで一発芸があると「〇〇さんは、マジックがうまい」とかそのような一発芸で覚えてもらえる可能性がありますので、何だかんだで親子で人気者になれる可能性もあります。

一発芸が出来る人はあまりいない

一発芸ができる人はあまり多くはないと思います。

一発芸ができなかったからといって、特別何か不便を被ることはありません。

しかし、できないよりかはできた方が、何かと注目を集めやすい所があるのもまた事実です。

ですので、この一発芸ができるようになることで、人気者になれる可能性もあります。

だからこそ人気者になれる!

一発芸ができる人があまりいないからこそ、逆にできたら人気者になれる可能性が高いです。

お酒の席というのは、どのような立場にしてもありますし、例え子供会の役員をしていないとか、自治体の役員をしていないというような場合であっても、ママ友同士での集まりがあったりということもあるでしょう。

このようなことから、一発芸ができるというのは意外と披露の場があるのです。

このように一発芸を披露できることによって、人気になれる可能性が高いです。

人気者になると、会社員の場合だと上司や部下などに一目を置いてもらえる可能性もありますし、主婦の方であっても、うまく地域に溶け込める可能性が非常に高くなってきます。

一発芸15選!宴会で盛り上がる鉄板ネタ!

では一発芸として宴会などで盛り上がる鉄板ネタには、どのようなものがあるのでしょうか。

一発芸の15選を見ていきましょう。

観客もビックリの手品


観客をあっと言わせることができるものとして、手品があります。

これは少し練習が必要です。

手際よく手品をしないと種がばれてしまうことがあるからです。

だからこそ、このような種が見えないような感じでやっていくようにすることで、本当に不思議なことが起こっているように思わせるような手品ができるようになります。

この時もなるべく、100円ショップなどに売っている手品の商品は極力使わないようにしましょう。

店頭でよく見かける手品セットもありますが、種が書いてある可能性がありますので、驚きという点には少々欠けるところがあります。

逆に種をあえてばらすことで、笑いを誘うということもできるにはできますが、こちらも明るい天性と話術が必要であるなど、色々とその人の持ち味が試されるところがあります。

近くで何度見ても仕掛けが分からない技を

極力近くで見ても、仕掛けがわからないというような形であった方が、観客のことをあっと言わせることができます。

さらにはあまり知られていないような化学反応を使ったような実験なども面白いと思います。

そのためには、そのような科学の本などを応用した手品などを試してみてもいいかもしれません。

ただやはり初心者であれば、応用することで危険なことになってはいけませんので、手品初心者でもできる範囲のことから試していくということをお勧めします。

風船アート


子供達は風船が好きという子が多いです。

そのようなことから、風船アートも大変おすすめです。

それはもちろん子供だけではなく、このような宴会などでは、大人でも童心に帰るような楽しい気持ちになれます。

最後は作品を観客にプレゼント!

風船アートと言うと、作って歓声を浴びて終わりではありません。

その作品を、観客の方にプレゼントすることによって、さらにそのもらった人が喜ぶというところがあります。

もしこの風船はとか、大変素晴らしいものだとしたら、自分にも作ってほしいというアンコールがあるかもしれませんね。

このように風船アートは、子供はもちろんですが、大人であっても宴会などでは童心に返り、楽しい気持ちになるというところがあります。

100回連続けん玉

子供の頃、けん玉にはまったという経験がある人でしたら、割とすんなりとできる一発芸なのではないのでしょうか。

100回連続けん玉と言うと、ただ単にけん玉をしているだけではあるものの「次はうまくいくかな?」という緊張感が常にあって、それがすんなりと決まっていくというところに観客が喜ぶポイントがあります。

特にけん玉は、上部の棒部分に玉を入れるのが大変難しいところがあります。

多くの人は、けん玉の経験があるけれど、なかなか上手くいかなかったという経験を持っている人が多いです。

だからこそ、けん玉で上手く行くというのは、それだけすごいというのは皆理解できているのです。

このようなことから宴会においても、この100回連続けん玉は人気を博するところがあります。

腹話術

こちらもできたらすごいという曲芸に入るものの一つで腹話術があります。

腹話術というのは、口を閉じた状態でもうまく話すことができるということから、人形とまるで普通に話しているかのような錯覚を起こすところがあります。

これは習得するのは簡単ではないかもしれませんが、できると非常にポイントが高いところがあります。

特にお子さん相手ということであれば、お人形さんを通して話しかけるということで、意外と子供が言うことを聞くということもあるようです。

もちろん子供だけではなく、大人でもこのような腹話術ができる人というのは一目置かれるところがあります。

テーブルクロス引き

テーブルクロス引きというのは、できるとすごい芸当です。

ただこれはちょっと度胸がいります。

ビクビクしながらクロスを引くと、ひっくり返してしまう可能性があるので、クロスを引く際に覚悟を決める必要があります。

失敗したら大惨事!

ただ残念ながら、クロス引きのデメリットとしては、失敗をしたら大惨事になるということです。

このテーブルクロス引きですが、やはりガラスのお皿やコップがあるということから、この緊張感が良いというところがあります。

ですので全ての食器をメラミンにするわけにはいきません。

このようなことから、失敗をしたら大惨事になってしまうというところもあります。

ただ逆を言えば、この大惨事になるリスクを犯してもやるという所に、子供はもちろんのこと大人も惹きつけられる所があるのです。

純粋に真の芸!楽器演奏

楽器演奏が得意だったという人にとっては、こちらは非常に強い特技になりますので是非とも活用しましょう。

ピアノしか弾いたことがないという人も大丈夫です。

ピアノとは少々違ってくるのかもしれませんが、電子キーボードなどで聞いてみても良いでしょう。

そうすることによって、そのピアノで習った特技を生かすことができます。

さらには、フルートなどはもちろんのこと、アコーディオンピアノなどいろいろな楽器がありますが、何か一つを極めることによって、人に「おっ!」と思わせるところがあります。

できるだけ宴会の時に披露したいということであれば、持ち運びができるものにした方が良いかもしれません。

炭酸を飲んでゲップをせず喋る

炭酸を飲んでいると、どうしてもゲップが出てしまいそうになります。

そのため、ゲップをせずに喋るというのは難しいですよね。

この場合だと、特に楽器の練習をする必要もありませんし、マジックの練習をする必要もありません。

普段炭酸を飲んでから、ちょっとゲップをしない練習をするというのもありでしょう。

ただあまりにもゲップを我慢しすぎるというのは、体に良くありません。

タバコの煙で連続輪っか作り

タバコの煙で連続輪っかづくりというのも、すごい特技として認識されていますが、今の時代だとタバコがどうしても嫌だという人がいますので、ある程度観客の人が、どのような人たちなのかを意識する必要があります。

タバコに関して嫌煙家という方のタイプであれば、こちらは披露するだけでブーイングを受けてしまう可能性があります。

仮装してダンス

もしダンスが得意であれば、仮装してダンスというのもオススメです。

ダンスがすごく上手い人であれば、それだけでも一目置かれるというところがあります。

だからこそ、ダンスを極めてみるというのもありかもしれませんね。

ただダンスについては、リズム感などはある程度、天性のものがあるというところもあります。

うまくできる人もいますが、その一方でどうしてもリズムを取るのが苦手という人もいるでしょう。

ただそのような苦手を売りにするという方法もありますので、こちらで極めてみるというのもありです。

そしてさらには仮装するということで、さらにウケを狙うことができます。

早口言葉

滑舌がいいというタイプの人であれば、早口言葉がおすすめです。

早口言葉であれば、練習も家でするという程度でも済みますし、身一つでできるということから、いきなり「何か芸をやってほしい」とか「面白いことをやってほしい」と言われた時も、すんなりとできるところがあります。

マジックや楽器演奏も大変素晴らしいところがあるのですが、その一方でやはりある程度の準備が必要だというところも否定できません。

しかし早口言葉であれば、もう自分の身一つあれば、すでにできることですので、そのような意味でも大変オススメです。

首がガクンと落ちるマジック

種を知ればなんてことはないのですが、ただ見ただけだとあっと驚くことができるというものとして、首がガクンと落ちるようなマジックがあります。

こちらは動画などでも見ることができますので、是非とも参考にしましょう。

ただこちらは種明かしをすれば、道具がいります。

だからこそ、ある程度準備をしておく必要はあるのですが、見ようによっては本当に首が落ちているように見えるという不思議なマジックです。

もちろんこちらは本当に首が落ちるというわけではなく、視覚を錯覚させることによって、そう見えるというマジックです。

知識のない状態で見ると本当に驚きます。

大食い

もし食べる量には自信があるということであれば、大食いにチャレンジするというのもいいと思います。

例えば3人分をぺろりと平らげるというようなことで、あっと言わせることができると思います。

特に細い人や、若い女性の方がやると非常に驚かれるところがあるでしょう。

ですので特に細い人や若い女性でたくさん食べられるという人は、大食いで「あっ」と言わせるという手もあります。

アイマスクをして食べたものを当てる

食べる前は、見て食べるというのが普通です。

そのため、目を隠されてしまうと、一体何を食べているかが分からなくなってしまうということもよくあります。

よく、どちらが一流の料理店の食事なのか、どちらが一般のスーパーで売ってある食事なのかというのは、食べ比べるというのがありますが、これもアイマスクをすることによって分からなくなってしまうのです。

ですので、アイマスクをした上で食べたものを正確に当てることができるというのは、非常に強い特技です。

特に味覚が鋭く、目隠しをされても食べるものを間違えずに正解ができる方にとっては、非常に強い特技になることでしょう。

もちろん逆に、外しまくってウケを狙うというのもありかもしれません。

キレキレのダンス

基本的に、ダンスは大人になればなるほど、あまりしなくなってくるものですので、だんだんと運動がうまくできなくなってくるところがあります。

そんな時に、大人にも関わらずにキレキレのダンスをすることができるというのは、ある意味特技です。

体力に自信があり、ダンスに自信がある人であれば、是非とも試してみましょう。

もしかしたら会社でも、ダンスの上手いあの人というような感じで、一目置かれる可能性があります。

さらには、キレキレダンスというのも、基本的に体ひとつあればできることです。

最近はスマホを持っている人も多いですので、ある程度を取る音楽を入れておくことで、スマホで音楽を鳴らすながら踊るということも十分に可能です。

このような意味では、急に何か一発芸をやってほしいと言われても、全く問題なく対処できるという点でも非常にお勧めです。

ロシアンルーレット

よくテレビ番組でもありますが、ロシアンルーレットというのは、ある程度ドキドキするものがありますね。

一見普通のものに見えても、中にはわさびがいっぱい入っているとか、唐辛子がいっぱい入っているような感じで、何が当たるのかというのは非常にドキドキするところがあります。

だからこそ、やる側としてはすごくドキドキしますよね。

さらには、もし外れをひいてしまってもポーカーフェイスをしろと言われたら、多くの人は難しいのではないのでしょうか。

わさびがツンとしたら、ついつい顔をしかめてしまうかもしれませんし、唐辛子でもつい「辛い」と言ってしまったり、汗をかいてしまったりもします。

このようなことから、つい顔に出してしまうというところがありますよね。

辛いものをポーカーフェイスで食べる

そこで何が一発芸なのかと言うと、辛いものが出てきたとしてもポーカーフェイスで食べるということができるというのが特技になるのです。

確かにあんなに唐辛子がいっぱい入ったものを食べてるはずなのに、まったく表情ひとつ変えてないということで驚きを感じさせるところはあるのです。

多くの人が難しいことだからこそ、それがすごいことだということがわかり、この人は凄いということになります。

こちらはどちらかと言うと、辛いのが得意という人に大変向いています。

よくテレビ番組でも、激辛料理を食べるというような趣旨のものがありますよね。

大抵の人は辛いという表情をしたり、水をかぶ飲みしたりします。

ただ中には表情ひとつ変えず「美味しいです」と言って食べている人がいますよね。

このような人に驚きの声をあげられるようなところがあります。

だからこそ辛いものが平気という人であれば、驚きを人に与えることができます。

こちらは体質にもよりますので一概には言えませんが、どのような辛いものが大丈夫な体質の人であれば、是非ともこちらを特技をしましょう。

一発芸にはメリットがいっぱい!

一発芸と言うと、芸能人ぐらいしかあまりないような気がしますけれど、一般の人でも一発芸ができることによって、いろいろなメリットがあります。

やはり仕事でも家庭でも、色々な場面で自分を覚えてもらわないといけないという場面もあります。

このような時に、一発芸ができることで人気を博することができます。

このようなことで、いろいろなメリットが生まれます。

では一発芸には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

瞬時に多くの人の注目や期待を集めることができる

基本的に一発芸と言うと、飲み会などで行われることが多いですが、このようなことで瞬時に多くの人の注目や期待を集めるということができます。

このような注目が嬉しい人であれば、一発芸をするというだけですごくメリットがありますよね。

ただその一方で、注目を浴びるのは苦手という人もいるかもしれません。

ですがこの一発芸で、注目を浴び、さらに成功すれば、もしかしたら今後、上司に目をかけてもらえるかもしれませんし、地域の行事の場であったとしても、どこどこの何々さんという感じで目をかけてもらえる可能性もあります。

会社で上司に目をかけられることによって、もしかしたら出世のチャンスにもなってくる可能性がありますし、さらに言うと地域の集まりだとしても、どこどこの何々さんということを知ってもらうことによって、非常に大きなメリットがあります。

それは基本的に何か災害が起きた時は、地域で協力し合うという形になります。

確かに隣だけど誰が住んでいるのかわからないという状態よりかは、お隣の何々さんという状態で名前を覚えてもらっていることによって、避難情報なども入ってきやすいところがありますし、ご近所の人と良好な関係性を築くことができれば、協力をしあって災害を乗り越えて行くこともできますよね。

最近は、どちらかと言うと、このような地域の繋がりが少なくなってきているご時世です。

しかし著者は、とある局地的な災害を経験したのですが、やはり最終的には地域で協力しあっていかなければならないということを体験しました。

基本的に賃貸物件が多く、人とすれ違ってもそんなに挨拶をしないというぐらいでしたが、このような災害が起きた時は、見知らぬ人に避難所の場所を聞かれたりするということもありましたし、子供を連れて歩いていると「大変な時だけど、こんな時こそ頑張らなきゃね!」とおばあさんに声をかけられたりということもありました。

確かに遠くに友達がいるというのは非常に良いのですが、このような局地的災害にあって、電車もバスも止まっているというような状態の時は、近所の人たちの協力がものをいうところがあります。

このような意味では、ご近所の人に目をかけてもらえるのは、大変大きなメリットがあるのです。

この時の助けになるのが一発芸です。

もちろん一発芸が全てではありませんが、やはりできないよりかはできた方が良いところがあります。

マスターするのに然程時間はかからない

一発芸と言うと、大抵はちょっとした練習でできるものがあります。

中には得手不得手がありますので、なかなか習得ができないというものもあるかもしれません。

そんな時は覚える一発芸のタイプを変えましょう。

比較的得意なもので一発芸を極めることによって、うまくできるようになる可能性がありますよ。

設備や道具などにお金が殆どかからない

色々なものがありますので一概には言えませんが、基本的に設備や道具などにそんなにお金はかかりません。

楽器が好きということであれば、それにちなんだ楽器を持っていらっしゃることもあるでしょう。

もし持っていなかったとしても、比較的お金がかからないものにするという手もあります。

特にピアノだった場合は、ピアノを購入するとしたらかなりの出費にはなりますが、キーボードだと中には5000円程度から1万円程度で手に入るというものもあります。

このようなことから、そんなにお金がかからないという特技もあります。

さらには、ボイスパーカッションとかのように、体を使ったような特技ということであれば、中にはそのような設備は道具がいらないというものまであります。

淀んだ空気を一気に明るくできる

色々な集まりがありますので一概には言えませんが、会社の集まりにしても地域の集まりにしても、基本的に気が合う仲間同士で集まっているというような場所でない場合は、空気が淀みがちです。

特に「早く帰りたいな」という気持ちになっていたりというところもあるかもしれませんね。

もちろん楽しく忘年会ということであればまだしも、これから何かを始めるということになるとある程度、後ろ向きな人というのもいるかもしれません。

そんな時に一発芸をしたりするということで、あっと驚かせるような楽しいことをすることによって、一気に雰囲気が明るくなるということもあります。

特に小学校時代だと子供会があるという地域も大変多いですが、特に子供会の役員に当たってしまった人というのは、どちらかというと落ち込みがちであるというところもあります。

あまり張り切ってやるという人は、そこまで多くありません。

そんな時に集まりが楽しいということになると、段々とやる気になってくるというところもあるでしょう。

このような意味では一発芸はその助けになるところがあります。

上司に気に入られるきっかけができる

もちろん、会社関係でもそれは活用されるところがあり、忘年会や新年会で「あの一発芸をした部下」ということで名前を覚えてもらえる可能性もあります。

そして上司に気に入られると、仕事の悩みが相談しやすくもなります。

さらには大きな仕事を任せてもらいやすくなったりもするでしょう。

このようなことから、仕事に意外な利点が出てくる可能性もあります。

もちろん一発技ばかりということで、仕事がおろそかになるというのは考えものですが、その一方でこの一発芸が仕事の潤滑性になるということもあります。

よく自転車においても遊びがないとうまく走らないということは言われたりしますよね。

確かに仕事を真面目にするというのは大変良いことではあるのですが、仕事を真面目にというばかりだと、遊びがなく余裕がなくなってしまいます。

そんな時に一発芸でちょっとその緊張の糸を緩ませるということによって、もしかしたら意外なチャンスが舞い込む可能性もあるかもしれないのです。

お客さんの記憶に残る人になれる

中には、多くのお客様の前で何かをお話するというような大役を任されることもあるでしょう。

もちろん、どのような話をするのかにもよりますので、一発芸ができる雰囲気かどうかというのも大変怪しいところがあります。

もし、そのようなお堅い雰囲気の中でやれと言われたら、この一発芸をやるというのは少々ピント外れな可能性があります。

しかし、ある程度自由に話すことが認められていたりというような場だと、むしろこの一発芸をすることによって、お客さんの記憶に残る人になる可能性があります。

もしかしたら、あの一発芸をした何々さんという形で指名して頂ける可能性もあるかもしれませんよね。

色々なお仕事がありますが、ホステスやホストの方など、指名をしてもらうというような仕事ということであれば、是非ともこの一発芸を抑えたいものです。

まとめ

一見、自分にはそのような一発芸なんて関係ないと思うような場面でも、もしかしたらこの一発芸をすることによって、目をかけてもらえるようになったりする可能性もありますので、是非とも押さえておきたいものです。

特に、外に働きに行っていないという主婦の方も、もしかしたら地域のつながりにおいて、一発芸が助けになる可能性もあります。

著者の妻を見ていると、意外と主婦の方であっても、子供会の役員の飲み会など色々な場でも飲み会はあるようです。

このようなことを見ると、一発芸を磨くことによって、だんだんとそのような地域の場でも注目を集める可能性があります。

無理のない範囲で、一発芸を磨き、皆の注目を集めましょう。