“善い行い”は、人生を豊かにしてくれる“サプリメント”です。

“善い行い”は、他の人への温かい思いやりから生まれてくる自然な行為を指します。

ですから、自分のためだけに行う自分本位の行動は、“善い行い”とは言えません。

善い行いは、他の人の人生ばかりではなく、自分自身の人生もステージアップさせる効果を生み出します。

他の人の事を大切に思える心の持ち主は、善い行いを自然な振る舞いとして行動できます。

一方、善い行いをすることが出来ない人は、他の人のことは二の次と考えがちです。

しかし、自分の事と同じく、他の人の事も大切に考えている人は、善い行いを意識しなくとも自然に出来ます。

善い行いをすることで、他の人々への温かい思いやりが伝わります。

他の人への思いやりをもつことは仕事面では、職場の人間関係を快い姿にしていきます。

家族やプライベートの面では、身近な人への思いやりをもつことで、温かい人間関係がますます育まれていき、善い行いが起きやすくなります。

善い行いを積み重ねることで、人同士の間に信頼関係が芽生えてきます。

善い行いにより育まれた信頼関係は、日々の生活の中で心の通う人間関係を広げてくれます。

善い行いをして徳を積もう

他の人への思いやりから生まれてくる善い行いは、人々の生活に明るい“灯”をもたらします。

あなたの善い行いにより、他の人々の人生が拓けていくキッカケになることもあります。

善い行いは、他の人ばかりではなく、自分自身の人生をも切り拓いてくれます。

善い行いを自然な行為として無理なく続けることで、他の人から感謝されることが多くなります。

人々からの感謝の気持ちは「徳」となって積み重ねられていきます。

善い行いをして徳を積むことで、温かい人間関係が広がっていきます。

温かい人間関係が広がることで、将来に向けた人生を豊かにしてくれる“源”になっていきます。

善い行いをして徳を積むことは、他の人ばかりではなく、自分の人生も豊かになる原動力となります。

善い行いをすると、人としての魅力が増す

善い行いをする人は、難しい物事に直面しても、前向きに取り組む積極性をもっています。

物事に前向きに取り組むことを心掛けている人は、人生を大切に考えている人です。

自分の人生ばかりではなく、他の人の人生も大切に考えていますので、善い行いが自然な振る舞いとして出来るのです。

他の人のことも考えることが出来るので、周りの人からの信頼を寄せられて、人としての魅力が増してきます。

善い心が行動に出る人は魅力的

善い行いが出来るかどうかは、その人の心の持ち方で決まります。

善い行いが出来ない人は、自己中心的に物事を判断しますので、他の人の存在は眼中に入りません。

一方、物事を判断する時に、他の人の存在も顧みることの出来る人は、善い行いが出来る人です。

善い心が行動に出る人は、信頼されるようになりますので、周りの人の目には魅力的な人として映ります。

人の“行い”は、心の表れと言われています。

人を思いやる温かい心が、善い行いとなって表われてくるのです。

職場の中での人間関係は、様々な価値観を持つ人同士の感情で織り成されています。

このため、難しい面がありますが、善い行いができる人が居ることで、職場の人間関係の“潤滑油”的存在となります。

善い心が行動に出る人は、周りからは魅力的な人として信頼されるようになります。

善い行いをする時は見返りを求めてはいけない

他の人に向ける行為には色々な動機があります。

見返りを求める行いは、“偽善的”な行為になりますので、他の人から歓迎されることはありません。

見返りは、時には相手に与えた以上のものを要求することがあります。

自己中心的な考えを心の奥に秘めた善い行いは、見返りを求めますので、偽善の行いとして、周りの人の目には映ります。

見返りを求める、“一見”善い行いには、安易に受け入れないように冷静に判断しましょう。

法外な見返りを求められることがあります。

一方、安心して受け入れることの出来る善い行いは、見返りを求めません。

見返りを求めない善い行いは、純粋に他の人の事を思いやる心が基になっています。

自分の人生と同様に他の人の人生も大切にして、善い行いができる人は、ボランティア精神が根付いていますので、見返りを求めることはしません。

ボランティア精神が大切

自分の人生を大切にし、他の人の人生も大切にできる人の心には、ボランティア精神が根付いています。

他の人への純粋な思いやりから生まれる善い行いは、無償の行為ですので、ボランティア精神が息づいているのです。

見返りを求めないボランティア精神に基づいた善い行いは、人々へ明るい希望をもたらします。

ボランティア精神を貫いた善い行いは、安易な気持ちでは出来ません。

見返りを求めないボランティア精神に基づいた善い行いは、他の人を本心から思いやる行為です。

善い行いができる人は、自分の人生と共に他の人の人生も大切にしています。

他の人の人生も大切にして善い行いができる人は、ボランティア精神が根付いている人と言えます。

まずは一日一善から


善い行いを自然な振る舞いとして出来るようになるためには、一朝一夕では身に付きません。

日々の中で直面する難しい物事から逃げずに、一日一善を積み重ねることで、自分に自信がついてきます。

自分の行動に自信が持てるようになることで、自然な振る舞いとして善い行いが出来るようになります。

一日一善の行為を積み重ねることで、善い行いへと発展していきます。

善い行いを受けた立場の人にとっては、大いに役立つ物事を、もたらしてくれたことを実感することができます。

善い行いは、他の人の人生を好転させるエネルギーを持っています。

善い行いにより人生を好転できた人は、感謝の気持ちから自ら善い行いを発信する人になっていきます。

善い行いは、人から人へと引き継がれて広がっていく面をもっています。

一日一善の行為が善い行いへと広がっていき、周りの人から感謝されるようになります。

自分が感謝されることで、自分自身の人生も好転していきます。

一日一善から始めた善い行いは、巡り巡って自分自身にかえって来るのです。

一日一善の積み重ねによる“善い行い”は、多くの人にとって、将来に向けた人生を大きく飛躍させてくれます。

善い行いの4個の具体例

善い行いは、特別な場面で行うものとは限りません。

様々な状況の中での行為が“善い行い”になり、他の人のお役に立てるケースがあります。

また、日常生活の中で直面した出来事を解決するための行動が結果として、他の人に、“善い行い”として影響を与えることもあります。

1つの行動が、善い行いか否かは、その行為を受け取った人の人生を好転させたか否かで決まることがあります。

善い行いは、受け取った人の人生を明るく灯し、心を温かくしてくれます。

お年寄りや妊婦さんに席を譲る


お年寄りや妊婦さんに席を譲る行為は、当たり前の基本的なマナーでした。

しかし、今の時代では、席を譲る行為が当たり前ではなくなってきました。

電車に乗り込んできた人が、“優先席”に向かって先を争うように“我先に”と座る姿は日本人のモラルの低下を如実に物語っています。

このような状況では、お年寄りや妊婦さん、体の不自由な人が優先席に座ることはできません。

空席がないときに、お年寄りや妊婦さんに席を譲る行為は、今の時代では基本的なマナーではなく、特別な行為として映るのです。

基本的なマナーであった行為が当たり前ではなく、特別な行為とみられることは、世の中の倫理観が変貌してきたことを物語っています。

このことは、他の人を思いやる心を持つ人が少なくなってきていると言えます。

以前は、お年寄りや妊婦さん、体の不自由な人に席を譲る行為は、基本的なマナーでした。

ところが、今は席を譲る行為が“善い行い”としてみられるのです。

電車やバスに設けられている“優先席”が健常者で占められている光景は珍しくありません。

お年寄りの荷物を持ってあげる

お年寄りが荷物を重たそうにして持っている姿に直面したとき、荷物を持ってあげる行為は、自然な振る舞いと言えます。

お年寄りの荷物を持ってあげるような、高齢者を労わる気持ちは、基本的なマナーとして、以前は人々の心に根付いていました。

しかし、今の世の中では基本的なマナーが次第に薄れてきました。

このため、お年寄りの荷物を持ってあげる行為が特別視される世の中になってしまいました。

今の世の中では、お年寄りを思いやる行為が基本的なマナーとしてみられるのではなく、“善い行い”として映るのです。

今の日本は以前は、“当たり前の行為”であったことが、“善い行い”として特別視されています。

お年寄りの荷物を持ってあげる行為に留まらず、様々な障害をもつ人々の荷物も持ってあげることが繰り返されることで、善い行いの“輪”が広がっていきます。

善い行いの“輪”が広がることで、世の中が今まで以上に明るくなっていきます。

直接助けられない場合は寄付をする

今の世の中は、地震や台風などの自然災害の多発により、被害を受けている地域が全国各地に及んでいます。

視点を世界規模に移すと、自然災害により被災した人々は世界の多くの国々に広がっています。

また、自然災害ばかりではなく、貧困が深刻化して、子供たちが学校へも行けずに労働者として家計を支えている国も多く存在します。

一方、人間ばかりではなく、ペットとして飼われていた動物たちが飼い主から虐待されたり、捨てられたりするケースも増加の一途を辿っています。

今の世の中は、地球規模で“住みづらい”世界になっています。

住みづらい世の中で辛い思いを抱えている人が数多く居ます。

困っている人や動物たちに手を差し伸べる“善い行い”は、“大きな救い”となって役立ちます。

自分の身近に、困っている人や動物たちが居るケースでは、直接手を差し伸べることが出来ます。

しかし、距離的に大きく離れている所に住んでいる人や動物には、寄付をする方法が善い行いとして役立ちます。

被災地へ

災害が起きた被災地では、お風呂に入るなどの日常的なことが出来ずに不便さに耐えている人々が沢山います。

仮設住宅の生活を余儀なくされている人や、子供たちが転校せざるを得ない状況に追い込まれるケースもあります。

日常生活の中で、当たり前のように出来ている生活手段を得られない人たちを支援するための方法として寄付をすることは、被災者を助ける“善い行い”となります。

寄付されたお金が被災者の為に役立つ使い方がされることで、生活環境の改善のために活かされていくのです。

保護動物の施設へ

日本の国中がペットブームで沸いています。

ペットブームの中で、犬や猫が多くの家庭で飼われています。

しかし一方では、飼い主から虐待されたり、捨てられるペットが増え続けています。

無責任な飼い主から捨てられたペットたちが“処分”されるケースも増えています。

このため、動物愛護団体などが運営する保護動物の施設により、救われる動物達が増え続けています。

捨てられたペットを保護する施設では、増え続ける保護動物の増加に伴い、動物の食事などに掛かる経費が膨らみ続けています。

このため、動物保護施設の運営が費用の増大のために厳しい状況に追い込まれていると言われています。

こうした厳しい状況の中で、動物の命を大切に考えている人からの寄付行為は、動物たちを助けるために大いに役立つ“善い行い”となります。

あしながおじさん(おばさん)になる

“あしながおじさん”、“あしながおばさん”は、人知れずに善い行いをする人の代名詞のようになっています。

世の中には、足長おじさんや足長おばさんからの善い行為を待ち望んでいる子供たちや人々が大勢います。

お年寄りや障害者、食事を満足に摂れない子供たちなど、様々な生活環境の中で困っている人々の為に手を差し伸べる手段として、足長おじさんや足長おばさんになることは、大いに歓迎される行為です。

善い行いをする5個のメリット

善い行いをする人は、将来に向けた人生を大切に考えながら、日々の生活を過ごしている人です。

自己中心的な考えに偏ることなく、自分の人生を大切にすると共に、他の人の人生も大切にすることを心掛けることで、善い行いをする人になっていきます。

善い行いは、安易な気持ちで取り組むことはできません。

他の人のために役立つ善い行いが出来るようになるためには、自己研鑚を心掛けることが必要です。

自己研鑽を心掛けて人間性を高めることで、“善い行い”を求めている人の存在がハッキリとみえるようになります。

善い行いを求めている人々は、様々な立場に置かれています。

お年寄りであったり、障害者であったり、人それぞれです。

善い行いを積み重ねることで、周りから信頼されるようになることがあります。

周りから信頼されることで、自信が育まれてきます。

自信は、自分の人間性を更に高めていく原動力となります。

善い行いをすることで、自身の人間性を高めて信頼される人になっていくメリットがあります。

日々の充実感が高まる

人の心は、善い行いをすると晴々としてきます。

晴々とした気持ちは“ヤル気”を起こさせます。

ヤル気を起こして物事に取り組むことで、スムーズに運ぶようになります。

日々の物事がスムーズに運ぶようになることで、充実感が高まってきます。

充実感が高まることで、将来に向けた人生の可能性も大きく広がってきます。

他の人のための善い行いは、結果として自分への充実感としてかえってくるのです。

ですから、善い行いは、他の人の生活や人生にとって役立つと共に、自分の人生にも充実感を与えてくれるのです。

自己肯定感が高まる

善い行いを繰り返すことで、周りの人からの信頼感が積み重なってきます。

自分に向けられた信頼感は、大きな自信となって育まれていきます。

自信が育まれることで、自己肯定感が高まります。

自己肯定感は、自分のもつ積極性を更に高めていきます。

また、自己肯定感は自分の可能性を拡げてくれますので、善い行いの対象範囲が益々広がっていきます。

善い行いは、自分自身を育てる“糧”となって、人生の可能性を大きく広げてくれます。

人から信頼される

善い行いをすることで、周りの人から喜ばれることが多々あります。

周りの人から喜ばれることが積み重なっていくと、信頼感を寄せられるようになります。

様々な人から向けられる信頼感は、将来に向けた人生の可能性を拡げる原動力となっていきます。

自分が発した善い行いは、周りの人から向けられる信頼感として、自分自身に“循環”してくるのです。

子供のお手本になる

善い行いを心がけている人は、倫理観が身に付いている人です。

ですから、物事の考え方や言動には、人の心を惹きつける奥深さをもっています。

善い行いの出来る人は、人を思いやる温かい心の持ち主と言えます。

人を思いやる温かい心の持ち主は、子供のお手本になる考え方や行動ができる人なのです。

また、善い行いが出来る人は、優れた人間性をもっていますので、物事を的確に判断できる理性も持ち合わせています。

物事を的確に判断できる理性を持つ生き方は、子供のお手本になる優れた面と言えます。

周囲の雰囲気を良くする

他の人のために善い行いが出来る人は、周りの人の立場を尊重できる広い心を持っています。

周りの人の立場を尊重できる人は、信頼を寄せられる人柄をもっていることを物語っています。

周りから信頼を寄せられる人は、温かい心の持ち主ですので、周囲の雰囲気を良くすることができます。

周囲の雰囲気を良くすることで、人間関係が改善する効果をもたらします。

特に職場での人間関係では、色々な価値観を持つ人が仕事の目標に向かって取り組みますので、立場の違いによる意見の相違が生じることがあります。

こうした状況の中で、周囲の雰囲気を良くすることのできる人が居ることで、意見の相違がスムーズに収まることもあります。

周囲の雰囲気を良くすることは、善い行いへと繋がっていくのです。

心がより強くなる

一般的に、“善い行い”と言われる行為も、受け取る人によってはマチマチです。

善い行いを快く受け止める人が居る一方で、快く思わないケースもあります。

「善かれ」と思っての行為が、快く受け止めてもらえないケースに直面することがあります。

“善い行い”は、受け止める人の考え方次第では、“善くない行い”になることもあります。

人それぞれの価値観の違いから、“善い行い”と言える行為であっても、人によっては“善くない行い”として拒否するケースもあります。

人それぞれの価値観の相違による厳しい場面を乗り越えることで、心が次第に強くなっていきます。

また、善い行いが他の人から喜ばれることが積み重なっていくことで、自分の行動に自信がついてきます。

自分に自信がつくことで、次第に心が強くなっていきます。

心が強くなることで、善い行いにも積極性が増してきます。

積極性が身に付くことで、将来に向けた人生の可能性も広がっていきます。

他の人に向ける善い行いは、巡り巡って、自分自身の人生に反映されていくのです。

善い行いをする人の特徴

善い行いをする人は、「自分の人生は色々な人のお蔭」と考える心構えをもっています。

ですから、自分自身のことを第一に考える自己中心的な考えはありません。

他の人の立場や考えにも、気を配ることのできる人間性を持っています。

また、自分の人生を大切に考えると共に、周りの人の人生も大切に考える心の広さをもっています。

心の広い人は、日々の生活の中にあっても、物事を打算的に考え、損得勘定に終始することはありません。

善い行いをする人は、物事を損得勘定で判断しませんので、邪念が無いといえます。

心が清らかで邪念が無い

一見“善い行い”に観えても、打算的な損得勘定からの行為は、“偽善の行い”になります。

ですから、他の人から“善い行い”として認められるためには、邪念のない行為が求められます。

心が清らかで邪念のない行為は、他の人からも素直に喜んでもらえます。

善い行いとは、見かけ上の行為よりも、心の清らかさに基づく行為になっていることが問われるのです。

損得勘定の邪念による“見せかけの善い行い”には、周りの人が察知し、警戒して避けるようになります。

邪念をもった行為は、一見“善い行い”に観えても、周りの人は安心して受けとめることはしません。

邪念を持つ行為は、周りの人からの信頼を失う結果をもたらします。

ですから、邪念をもった考えで、“善い行い”をすることは、周りの人の目には“偽善の行い”として映るのです。

邪念は、自分の利益に固執する自己中心的な考えから生まれるのです。

自己中心的な考えの持ち主の行為は、“善い行い”になることはありません。

善い行いができる人は、他の人の生活も大切にする心の清らかさが根付いています。

周囲の人に好かれている

善い行いができる人は、物事を的確に判断できる人間性を備えています。

ですから、自ずと周りの人から好かれる存在となります。

周囲の人から好かれることで、周りの人の考えを大切にする気持ちが強くなってきます。

こうして、他の人の為に役立つことを考えるようになるのです。

「他の人のために役立ちたい」という考えが、善い行いの原動力となります。

善い行いができる人は、周囲の人との間で信頼し合える関係を心掛けている人です。

人の気持ちが理解できる

善い行いをする人は、自分の気持ちと共に、他の人の気持ちも大切にできます。

他の人の気持ちを大切にしますので、人の気持ちを理解してあげる“思いやり”をもっています。

人の気持ちが理解できることで、困っていることが何なのか分かってきます。

他の人が何に困っているのかを見極めることができるようになるのです。

他の人が何に困っているのかが分かることで、自分は“何をすべきか”がハッキリみえてきますので、的確に行動に移すことが出来るようになります。

的確に行動することで、“善い行い”として、周りの人が受け止めてくれるのです。

人の気持ちを理解できることが、善い行いの“土台”となります。

人の気持ちが理解できる人は、他の人が求めていることにマッチした善い行いができる人です。

ポジティブ思考

善い行いができる人は、他の人の気持ちを理解するための積極性をもっていることが少なくありません。

積極性は、ポジティブ思考から生まれてきます。

ポジティブに考えることのできる人は、色々な物事に興味を持つ感性をもっています。

色々な物事に興味をもつことで、広い視野が身に付いてきます。

広い視野をもつことで、他の人が何を求めているのかがみえるようになってきます。

他の人が求めていることがみえてくることで、自分は何をすべきかがハッキリと分かってきます。

ポジティブ思考の人は、自分が行うべきことを明確にイメージできます。

こうして、自分の行為が、“善い行い”として、他の人から快く受け入れられるようになるのです。

ポジティブ思考は、善い行いをするための“羅針盤”となります。

善い行いをする人は、ポジティブ思考という“羅針盤”をもっている人です。

自分よりも他人のために何かしたいと思う

自分の人生を将来に向けてより良くしたいと考えている人は、他人の人生もより良くなることを望んでいるケースが少なくありません。

自分の人生をより良くするためには、自己中心的な狭い考えは捨てなければなりません。

世の中の一員である自分の人生を大切にすることは、他人の人生も大切にすることで社会が成り立っていきます。

ですから、自分の人生と共に他人の人生も大切にしなければなりません。

他人の人生を良くするためには、自分が何をすべきかを考えていくことが必要になります。

自分がすべきことを考えていくに従い、自分よりも他人のために何かしたいと思うようになります。

他人が喜ぶ姿をみることで、自分も喜ぶことができるという心境になっていきます。

他人のために善い行いができる人は、自分よりも他人のために何かしたいと思う人生観をもっている人です。

欲が無い

自己中心的な考えを持つ人は、自己満足のための“欲”を追い求め続けます。

自己満足することを追い求める人は、他の人の存在は眼中に入ってきません。

他の人のことは、“二の次”になっています。

自己中心的な人は、他の人の為に、善い行いをすることはありません。

一方、自分のことと共に、他の人の存在にも心配りのできる人は、自己中心的な考えを持つことはありません。

ですから、自己満足だけのための“欲”を求めることはありません。

自分のことを最優先に考える、我欲はもっていません。

欲が無いため、他の人のために役立つことを考えるようになります。

ですから、他の人のための善い行いを自然な振る舞いとして出来るのです。

人が喜ぶ顔を見るのが好き

自分のことばかりではなく、他の人のことも気に掛ける心の持ち主は、人が喜ぶ顔を見るのが好きです。

人の喜びが自分自身の喜びとして受けとめる心の温かさと広さを持ち合わせているのです。

他の人が喜ぶ顔を見るのが好きな人は、日々の生活の中で、人の為に役立つことは何かを常に考えている人です。

自分が善い行いをすることで、人が喜ぶ姿を見ることに大きなやり甲斐を感じる人は、他の人への思いやりの心の持ち主です。

出しゃばらず、こっそりと行う

自然な振る舞いとして、善い行いができる人は、“他の人から褒められたい”という望みは持ちません。

足長おじさんや足長おばさんのように出しゃばらず、こっそりと行うことを心掛けます。

善い行いを特別の事として考えずに、当たり前の行為として考えますので、目立たないように振る舞うのです。

こっそり行うことで、善い行いを受け取った人に気を遣わせることもなくなります。

善い行いは、人が困っていることを乗り越えるための手助けとなります。

ですから、困っている人の精神的な負担が生じないようにするために、出しゃばらない心遣いが必要になるのです。

気持ちにゆとりがある

人生に多くの課題を抱えている人は、気持ちにゆとりがありません。

このため、他の人の事まで考える余裕がありません。

自分の課題を解決することに全神経を集中していますので、周りの出来事には無関心になりがちです。

ですから、身近に困っている人が居ても気づかずに通り過ぎてしまいます。

一方、気持ちにゆとりのある日々を送っている人の中には、自分の得意分野を活かして、他の人の役に立ちたいと考えている人がいます。

また、自分自身の人間性を今以上に高めるために、他の人のために善い行いをしたいと前向きな考えをもっている人もいます。

自分自身のことで頭の中がイッパイになっている人は、他の人のための善い行いは頭の中には浮かんできません。

しかし、気持ちにゆとりを持った人生を送っている人は、自分自身のことで頭の中がイッパイになることはありません。

ですから、善い行いを考えて、行動に移す気持ちのゆとりを持つことができるのです。

まとめ

他の人のために善い行いをすることは、自分の人生の可能性を広げてくれます。

善い行いは、他の人のためですが、巡り巡って周りの人からの信頼感として、自分自身にかえって来ます。

ですから、善い行いのメリットを享受できるのは、他の人ばかりではなく自分自身も享受できるのです。

善い行いを発信する人と受け取る人との間には、信頼関係が築かれていきます。

信頼関係は、人間関係を発展させるためには欠かせない大切な“原動力”となります。

“善い行い”と信頼関係、人間関係は社会の中で人が生活していくための大切な“潤滑油”としての働きをもちます。

善い行いをすることで、人同士の間に信頼関係が生まれて、人間関係を発展させる流れとなり、社会を発展させることに繋がっていきます。

善い行いは、一個人から発信されて、受け取る人々が増えるに伴い、大きな流れとなっていきます。

善い行いは、“一粒の種”から、世の中を発展させるための大きな広がりとなっていくのです。

個人が蒔いた、“善い行い”という“一粒の種”は、職場や社会の人間関係を大きく発展させていきます。

善い行いのメリットは、個人レベルに留まらず、社会レベルにまで発展していくエネルギーをもっているのです。

あなたが意図せずに行った“善い行い”は、自分と共に、他の人の日常生活の環境も“善く”していく大きな効果をもっています。