CoCoSiA(ココシア)

善い行いの4個の具体例。善い行いを...(続き4)

善い心が行動に出る人は、周りからは魅力的な人として信頼されるようになります。

善い行いをする時は見返りを求めてはいけない

他の人に向ける行為には色々な動機があります。

見返りを求める行いは、“偽善的”な行為になりますので、他の人から歓迎されることはありません。

見返りは、時には相手に与えた以上のものを要求することがあります。

自己中心的な考えを心の奥に秘めた善い行いは、見返りを求めますので、偽善の行いとして、周りの人の目には映ります。

見返りを求める、“一見”善い行いには、安易に受け入れないように冷静に判断しましょう。

法外な見返りを求められることがあります。

一方、安心して受け入れることの出来る善い行いは、見返りを求めません。

見返りを求めない善い行いは、純粋に他の人の事を思いやる心が基になっています。

自分の人生と同様に他の人の人生も大切にして、善い行いができる人は、ボランティア精神が根付いていますので、見返りを求めることはしません。

ボランティア精神が大切

自分の人生を大切にし、他の人の人生も大切にできる人の心には、ボランティア精神が根付いています。

他の人への純粋な思いやりから生まれる善い行いは、無償の行為ですので、ボランティア精神が息づいているのです。

見返りを求めないボランティア精神に基づいた善い行いは、人々へ明るい希望をもたらします。

ボランティア精神を貫いた善い行いは、安易な気持ちでは出来ません。

見返りを求めないボランティア精神に基づいた善い行いは、他の人を本心から思いやる行為です。

善い行いができる人は、自分の人生と共に他の人の人生も大切にしています。

他の人の人生も大切にして善い行いができる人は、ボランティア精神が根付いている人と言えます。

まずは一日一善から


善い行いを自然な振る舞いとして出来るようになるためには、一朝一夕では身に付きません。

日々の中で直面する難しい物事から逃げずに、一日一善を積み重ねることで、自分に自信がついてきます。

自分の行動に自信が持てるようになることで、自然な振る舞いとして善い行いが出来るようになります。

一日一善の行為を積み重ねることで、善い行いへと発展していきます。

善い行いを受けた立場の人にとっては、大いに役立つ物事を、もたらしてくれたことを実感することができます。

善い行いは、他の人の人生を好転させるエネルギーを持っています。

善い行いにより人生を好転できた人は、感謝の気持ちから自ら善い行いを発信する人になっていきます。

善い行いは、人から人へと引き継がれて広がっていく面をもっています。

一日一善の行為が善い行いへと広がっていき、周りの人から感謝されるようになります。

自分が感謝されることで、自分自身の人生も好転していきます。

一日一善から始めた善い行いは、巡り巡って自分自身にかえって来るのです。

一日一善の積み重ねによる“善い行い”は、多くの人にとって、将来に向けた人生を大きく飛躍させてくれます。

善い行いをする人の特徴

善い行いをする人は、「自分の人生は色々な人のお蔭」と考える心構えをもっています。

ですから、自分自身のことを第一に考える自己中心的な考えはありません。

他の人の立場や考えにも、気を配ることのできる人間性を持っています。

また、自分の人生を大切に考えると共に、周りの人の人生も大切に考える心の広さをもっています。

心の広い人は、日々の生活の中にあっても、物事を打算的に考え、損得勘定に終始することはありません。

善い行いをする人は、物事を損得勘定で判断しませんので、邪念が無いといえます。

心が清らかで邪念が無い

一見“善い行い”に観えても、打算的な損得勘定からの行為は、“偽善の行い”になります。

ですから、他の人から“善い行い”として認められるためには、邪念のない行為が求められます。

心が清らかで邪念のない行為は、他の人からも素直に喜んでもらえます。

善い行いとは、見かけ上の行為よりも、心の清らかさに基づく行為になっていることが問われるのです。

損得勘定の邪念による“見せかけの善い行い”には、周りの人が察知し、警戒して避けるようになります。

邪念をもった行為は、一見“善い行い”に観えても、周りの人は安心して受けとめることはしません。

邪念を持つ行為は、周りの人からの信頼を失う結果をもたらします。

ですから、邪念をもった考えで、“善い行い”をすることは、周りの人の目には“偽善の行い”として映るのです。

邪念は、自分の利益に固執する自己中心的な考えから生まれるのです。

自己中心的な考えの持ち主の行為は、“善い行い”になることはありません。