CoCoSiA(ココシア)

善い行いの4個の具体例。善い行いを...(続き2)

被災地へ

災害が起きた被災地では、お風呂に入るなどの日常的なことが出来ずに不便さに耐えている人々が沢山います。

仮設住宅の生活を余儀なくされている人や、子供たちが転校せざるを得ない状況に追い込まれるケースもあります。

日常生活の中で、当たり前のように出来ている生活手段を得られない人たちを支援するための方法として寄付をすることは、被災者を助ける“善い行い”となります。

寄付されたお金が被災者の為に役立つ使い方がされることで、生活環境の改善のために活かされていくのです。

保護動物の施設へ

日本の国中がペットブームで沸いています。

ペットブームの中で、犬や猫が多くの家庭で飼われています。

しかし一方では、飼い主から虐待されたり、捨てられるペットが増え続けています。

無責任な飼い主から捨てられたペットたちが“処分”されるケースも増えています。

このため、動物愛護団体などが運営する保護動物の施設により、救われる動物達が増え続けています。

捨てられたペットを保護する施設では、増え続ける保護動物の増加に伴い、動物の食事などに掛かる経費が膨らみ続けています。

このため、動物保護施設の運営が費用の増大のために厳しい状況に追い込まれていると言われています。

こうした厳しい状況の中で、動物の命を大切に考えている人からの寄付行為は、動物たちを助けるために大いに役立つ“善い行い”となります。

あしながおじさん(おばさん)になる

“あしながおじさん”、“あしながおばさん”は、人知れずに善い行いをする人の代名詞のようになっています。

世の中には、足長おじさんや足長おばさんからの善い行為を待ち望んでいる子供たちや人々が大勢います。

お年寄りや障害者、食事を満足に摂れない子供たちなど、様々な生活環境の中で困っている人々の為に手を差し伸べる手段として、足長おじさんや足長おばさんになることは、大いに歓迎される行為です。

善い行いをする5個のメリット

善い行いをする人は、将来に向けた人生を大切に考えながら、日々の生活を過ごしている人です。

自己中心的な考えに偏ることなく、自分の人生を大切にすると共に、他の人の人生も大切にすることを心掛けることで、善い行いをする人になっていきます。

善い行いは、安易な気持ちで取り組むことはできません。

他の人のために役立つ善い行いが出来るようになるためには、自己研鑚を心掛けることが必要です。

自己研鑽を心掛けて人間性を高めることで、“善い行い”を求めている人の存在がハッキリとみえるようになります。

善い行いを求めている人々は、様々な立場に置かれています。

お年寄りであったり、障害者であったり、人それぞれです。

善い行いを積み重ねることで、周りから信頼されるようになることがあります。

周りから信頼されることで、自信が育まれてきます。

自信は、自分の人間性を更に高めていく原動力となります。

善い行いをすることで、自身の人間性を高めて信頼される人になっていくメリットがあります。

日々の充実感が高まる

人の心は、善い行いをすると晴々としてきます。

晴々とした気持ちは“ヤル気”を起こさせます。

ヤル気を起こして物事に取り組むことで、スムーズに運ぶようになります。

日々の物事がスムーズに運ぶようになることで、充実感が高まってきます。

充実感が高まることで、将来に向けた人生の可能性も大きく広がってきます。

他の人のための善い行いは、結果として自分への充実感としてかえってくるのです。

ですから、善い行いは、他の人の生活や人生にとって役立つと共に、自分の人生にも充実感を与えてくれるのです。

自己肯定感が高まる

善い行いを繰り返すことで、周りの人からの信頼感が積み重なってきます。

自分に向けられた信頼感は、大きな自信となって育まれていきます。

自信が育まれることで、自己肯定感が高まります。

自己肯定感は、自分のもつ積極性を更に高めていきます。

また、自己肯定感は自分の可能性を拡げてくれますので、善い行いの対象範囲が益々広がっていきます。

善い行いは、自分自身を育てる“糧”となって、人生の可能性を大きく広げてくれます。

人から信頼される

善い行いをすることで、周りの人から喜ばれることが多々あります。

周りの人から喜ばれることが積み重なっていくと、信頼感を寄せられるようになります。

様々な人から向けられる信頼感は、将来に向けた人生の可能性を拡げる原動力となっていきます。

自分が発した善い行いは、周りの人から向けられる信頼感として、自分自身に“循環”してくるのです。