CoCoSiA(ココシア)

善い行いの4個の具体例。善い行いを...(続き3)

子供のお手本になる

善い行いを心がけている人は、倫理観が身に付いている人です。

ですから、物事の考え方や言動には、人の心を惹きつける奥深さをもっています。

善い行いの出来る人は、人を思いやる温かい心の持ち主と言えます。

人を思いやる温かい心の持ち主は、子供のお手本になる考え方や行動ができる人なのです。

また、善い行いが出来る人は、優れた人間性をもっていますので、物事を的確に判断できる理性も持ち合わせています。

物事を的確に判断できる理性を持つ生き方は、子供のお手本になる優れた面と言えます。

周囲の雰囲気を良くする

他の人のために善い行いが出来る人は、周りの人の立場を尊重できる広い心を持っています。

周りの人の立場を尊重できる人は、信頼を寄せられる人柄をもっていることを物語っています。

周りから信頼を寄せられる人は、温かい心の持ち主ですので、周囲の雰囲気を良くすることができます。

周囲の雰囲気を良くすることで、人間関係が改善する効果をもたらします。

特に職場での人間関係では、色々な価値観を持つ人が仕事の目標に向かって取り組みますので、立場の違いによる意見の相違が生じることがあります。

こうした状況の中で、周囲の雰囲気を良くすることのできる人が居ることで、意見の相違がスムーズに収まることもあります。

周囲の雰囲気を良くすることは、善い行いへと繋がっていくのです。

心がより強くなる

一般的に、“善い行い”と言われる行為も、受け取る人によってはマチマチです。

善い行いを快く受け止める人が居る一方で、快く思わないケースもあります。

「善かれ」と思っての行為が、快く受け止めてもらえないケースに直面することがあります。

“善い行い”は、受け止める人の考え方次第では、“善くない行い”になることもあります。

人それぞれの価値観の違いから、“善い行い”と言える行為であっても、人によっては“善くない行い”として拒否するケースもあります。

人それぞれの価値観の相違による厳しい場面を乗り越えることで、心が次第に強くなっていきます。

また、善い行いが他の人から喜ばれることが積み重なっていくことで、自分の行動に自信がついてきます。

自分に自信がつくことで、次第に心が強くなっていきます。

心が強くなることで、善い行いにも積極性が増してきます。

積極性が身に付くことで、将来に向けた人生の可能性も広がっていきます。

他の人に向ける善い行いは、巡り巡って、自分自身の人生に反映されていくのです。

善い行いをして徳を積もう

他の人への思いやりから生まれてくる善い行いは、人々の生活に明るい“灯”をもたらします。

あなたの善い行いにより、他の人々の人生が拓けていくキッカケになることもあります。

善い行いは、他の人ばかりではなく、自分自身の人生をも切り拓いてくれます。

善い行いを自然な行為として無理なく続けることで、他の人から感謝されることが多くなります。

人々からの感謝の気持ちは「徳」となって積み重ねられていきます。

善い行いをして徳を積むことで、温かい人間関係が広がっていきます。

温かい人間関係が広がることで、将来に向けた人生を豊かにしてくれる“源”になっていきます。

善い行いをして徳を積むことは、他の人ばかりではなく、自分の人生も豊かになる原動力となります。

善い行いをすると、人としての魅力が増す

善い行いをする人は、難しい物事に直面しても、前向きに取り組む積極性をもっています。

物事に前向きに取り組むことを心掛けている人は、人生を大切に考えている人です。

自分の人生ばかりではなく、他の人の人生も大切に考えていますので、善い行いが自然な振る舞いとして出来るのです。

他の人のことも考えることが出来るので、周りの人からの信頼を寄せられて、人としての魅力が増してきます。

善い心が行動に出る人は魅力的

善い行いが出来るかどうかは、その人の心の持ち方で決まります。

善い行いが出来ない人は、自己中心的に物事を判断しますので、他の人の存在は眼中に入りません。

一方、物事を判断する時に、他の人の存在も顧みることの出来る人は、善い行いが出来る人です。

善い心が行動に出る人は、信頼されるようになりますので、周りの人の目には魅力的な人として映ります。

人の“行い”は、心の表れと言われています。

人を思いやる温かい心が、善い行いとなって表われてくるのです。

職場の中での人間関係は、様々な価値観を持つ人同士の感情で織り成されています。

このため、難しい面がありますが、善い行いができる人が居ることで、職場の人間関係の“潤滑油”的存在となります。