CoCoSiA(ココシア)

「されている」とはどういう意味?敬語の使い方を解説


皆さんは、「されている」という使い方について聞いたことはありますか?

よく使われることがあるからこそ、一度は耳にしたことはあるでしょう。

ではこの「されている」という使い方をマスターしていくために、意味などについていろいろと見ていきましょう。

「されている」の使い方をマスター

敬語は尊敬語、謙譲語、丁寧語などがあり少々難しいところがありますが、この「されている」の使い方は比較的使いやすい所があります。

敬語の初心者であっても、比較的使いやすい所があるでしょう。

目上の人への敬語でよく使用される

どちらかと言うと、目上の方よく使われる敬語です。

だからこそお客様に対してとか、上司の方などに対して使うことが多いのではないのでしょうか。

敬語は覚えないと使用がムズカシイ

比較的使われている敬語だからこそ、応用が効きやすい所があります。

しかし、その一方でちょっと違うと感じさせてしまうこともありますので、ある程度覚えておく必要があります。

そうでないと不自然な感じになってしまうこともあります。

新社会人であれば、ある程度のことは聞き流してもらったうえで、「以後気をつけろよ」というような感じで言ってもらえる可能性もあります。

しかし、やはり30代40代以降になると段々と厳しい目で見られるようになってきます。

このような年代になってくると、敬語が使えて当然と思われる一面があるからです。

だからこそ敬語は正しく覚えておきましょう。

特に若い方であれば若いうちに覚えておいた方が、後に修正をするよりかはずっと直しやすい所があります。

「されている」の意味


ではこの〇〇されているという言葉は、どのような意味があるのでしょうか。

この敬語の意味について取り上げていきましょう。

「〜している」状態を指す敬語

最近よく敬語として使われていますが、〇〇しているという状態を指す言葉です。

例えば具体例を挙げると、買い物に行くとティッシュ配りをしている人がいます。

この方が「一軒家で太陽光発電のパネルを利用されていますか?」という質問をされることがあります。

このように〇〇しているというような状態を指す敬語は、色々な場面で使われます。

仕事でもよく使われますし、自分が客として何かにサービスを受けたり商品を購入するときにも、この言葉を言ってることがあります。

それほどに色々と使われている場面があります。

「されている」のその他の意味

もちろんこの「されている」という言葉は、敬語だけではありません。

色々な言葉として使われているところがあります。

この「されている」のその他の使い方について見ていきましょう。

受け身の状態を表す言葉

これは、受け身の状態を指す言葉として使うことがあります。

知られているとか、愛されているというような感じで、その人はどのような扱いを受けているのかというような受け身の状態を示す言葉です。

その状態こそが、「されている」という言葉の意味になっているところがあります。

決められた内容を表す言葉

またすでに、このように決まっているというような感じで表すところがあります。

例えば世の中には法律もあります。

会社であれば会社の規定などもありますよね。

このような感じで、もうすぐに決められた内容について表す時によく使われます。

具体例を挙げると、制服着用が規定されているというような感じで使います。

このように決められた内容について表す時に、この「されている」という言葉を使います。

慣習や伝統を表す言葉

こちらも決められた内容と大変近いところがありますが、もう関係や伝統になっていて、そのようなものと定められているものに使われることが多いです。

「されている」の例文


では「されている」の例文について見ていきましょう。

お話しされている

お客様とお話しされているということであれば、この「お話しされている」という言葉を使うことがあります。