日常において「提供」という言葉を見たり聞いたりする機会は多いと思います。

しかし、その意味を深く考えたことは案外少ないのではないでしょうか?

今回は「提供」という言葉についてじっくりと見ていきましょう。

「提供」の意味や使い方を学ぼう

今回は「提供」という言葉について学びましょう。

日常的によく耳にしたり使ったりしている言葉だとは思いますが、その意味や使い方を徹底的にマスターしていきたいと思います。

テレビなどで見かける「提供」

「提供」という言葉。

最も耳にする機会はテレビではないでしょうか?「この番組の提供は◯◯スポンサーがお送りします」といった具合で耳にしていると思います。

見たり聞いたりする機会が多い「提供」という言葉。

それでは説明にまいりましょう。

「提供」の読み方

まず読み方です。「ていきょう」と呼びます。

読み方的には特に難解な漢字ではありませんよね。

「提供」の意味

それでは「提供」の意味について解説していきます。

相手に役立ててもらうために何かを差し出すこと

「提供」の意味は、「相手に役に立ってもらえるもの(金品・技術・施設・道具など)を差しだす」ということになります。

相手に役に立ってもらいたいのですから何らかの目的があります。

それは喜びであり満足であります。

それらを得るための手段は特に問いません。

差しだした人が期待したものを得られるようにするための手段が「提供」となるのです。

広告主がスポンサーとなり番組を公開すること

「提供」のもう一つの意味は、スポンサーなどが費用を差しだしてテレビ番組を一般視聴者に向けて放送・公開することです。

この場合の「提供」には番組を通して知識や見聞を視聴者に広めたいという気持ちを実現させるたために、広告主がスポンサーとなって番組制作に必要な費用を差しだして(提供して)番組を放送している、という意味になります。

提供するものの具体例

それではここから具体的に提供されるものを紹介していきましょう。

お金


「お金」は提供されやすいものだと思います。

お金に困っている人に対してお金を提供するというのは、今も昔も変わらぬ人間の不変の行為です。

そして「提供」はお金の貸し借り、という概念は含みません。

どちらかといえば無償提供に近い形で捉えられます。

お金を提供することによってその人のお役に立ちたい、という気持ちがあるからこそ「提供」というべきなのです。

役立ちたい、という気持ちがなかったら(例えばお金を貸して利子をもうけよう、という気持ち)それは別の形の表現となるでしょう。

技術

技術の提供は近い将来への投資という見方もできます。

例えば先進国が発展途上国に対して技術提供するような場合、多くは遠くない近未来にその提供した分だけの見返りを国益として還元したい、という思惑もはらんできます。

ただ、技術を提供するためにはお互いの信頼関係と相互扶助の精神がなければ成り立たないでしょう。

それほど「技術」というものは金で買えないもの、という意味合いもあるからです。

時間


「時間の提供」とは差し迫ったビッグプロジェクトや作品を完成させるために与えられた契約的な側面が垣間見えます。

完成に10年も費やすような大掛かりな仕事や芸術品には時間が当然ながら必要です。

よって仕事の依頼を行った側はある程度の時間を提供して作品の感性に注力を注いでもらいたい、と思うのです。

ここにも両者の間に有益な信頼関係がないことには時間の提供はあり得なくなってくるでしょう。

場所

「場所」を提供する行為。

これにも契約的な匂いとその人に対する期待感とが入り混じっています。

例えばミュージシャンにとっていい音楽を創作するためにはスタジオという場所が必要になるでしょう。

またアイススケートの選手にとってリンクがないと練習できません。

このように場所を提供する側の期待、相手の人の成功、それを素直に喜ぶ気持ちがあってはじめて場所の提供という行為が発生します。

ということは何にも期待していない人に対して場所を提供してあげるような人は世の中にまずいない、ということになりますね。

料理

料理の提供は美味しい料理を食べてもらいたい。

ただそれだけの気持ちです。

人は空腹時は勿論、食欲を永遠に追求する生き物です。

そしてそれはただ空腹を満たしたらいい、というだけのものではありません。

美味しいものを食べたい。

これが人間が持つ食べることへの本能です。

よって料理を提供する側は、その本能を満たすべく腕によりをかけて料理をつくります。

そして食べ終わったあとの「ああ。おいしかった」という人声を聞くために頑張るのです。

美味しい料理を提供したときの皆の幸せそうな笑顔。

それが料理人の醍醐味なのです。

情報

情報の提供は何かを行おうとするときに必要となる欠かせない行為です。

情報なき作戦遂行は根拠なき実りのない行動となって無駄な時間を経過させてしまうでしょう。

情報というものは本来は人から提供されるべきものではなく、自分の目と耳と足を使って集めるもの。

それを提供してもらえるのですから恩義を感じてありがたく頂戴するべきでしょう。

またどうしてそのような貴重な情報を提供してもらえるのか。

理由を正しく理解しておくことも大切ですね。

サービス

サービスの提供という意味は主にサービス業などの仕事において無償で施されるもの、という意味合いが強いでしょう。

但し、サービス業においてサービスというものが正しく提供されなかったら、その仕事は顧客からそっぽを向かれます。

そういった意味から考えると売り上げや利益をあげるための必要欠かせないもの、という重要な位置づけにもなります。

サービスというものは本来、無償で提供されるものではないということがわかりますね。

そこには仕事以外の人間として持っておきたい正しい「モラル」というものがあるからです。

血液

「血液」は提供される代表格のような扱いを受けます。

それもそのはず、血液は販売されるべきものではないからです。

このように「提供」という本質にはお金を払って取得するようなものではない、という外面が含まれているのです。

臓器

「臓器」もお金によっての売買は禁止されているはずです。

但しそれは日本国内の話であって、海外に目を向けると不正ながら行われているのが現実のようです。

とにかく我が国の通念に従えば臓器は提供されるものの一つとして考えられています。

臓器を提供するという行為ほど「何かの役に立ってほしいから」という人間の尊い観念と信頼というもの感じずにはいられないでしょう。

「提供」の使い方と例文

それではここからは「提供」の使い方と例文をみていくことにしましょう。

有償、無償共に提供は使える

「提供」という言葉は有償、無償のどちらの場合にも使えます。

つまりお金儲けという意識が働くか否か、ということですね。

提供という言葉は使用範囲が非常に広いということがいえるのです。

「提供」の例文

では「提供」を使った例文をいくつかご紹介してまいりましょう。

事業に必要な資金を提供する

「事業に必要な資金を提供する」ということは、その資金の出資者が何らかの目的を持って相手の人に提供している、ということになります。

出資の名目が事業なのですから、その事業を成功させて利益の還元を目的としていると考えれば話は分かりやすいでしょう。

ただ反対に出資する人に対して非常に恩義や男意気を感じていて、ただ同然で出資金を提供している場合もありえます。

文章の前後をよく把握して文章の意図するところを理解しましょう。

2人の顔合わせの場を提供した

このケースはお付き合いを開始したい異性の二人のためにそのきっかけを作るための場所を第三者が提供した、という意味合いになるでしょう。

恋の始まりは偶然もありますが、こうやって意図的に顔合わせの場所を提供してもらってスタートすることも多い、ということですね。

店をパーティー会場として提供する

自身の知り合いや会社の同僚のために、自分が懇意にしているお店を貸し切ってあげた、ということでしょう。

このケースはお店をパーティー会場として提供しているのですから「無償」という意味合いは薄いと思われます。

ただ、提供したご本人はそれで儲けようとは思っていないはずです。

パーティーに参加する人達に楽しんでもらいたい、という気持ちが最優先されているからこのような形をとっているだけのはずですよ。

データとなる資料を提供する

データとなる資料を提供する行為は、当然ながら双方に信頼関係がなければ成り立ちません。

それほどデータや情報はお金以上に貴重なものなのです。

データを提供された側はその意図をくみ取って大切にそのデータや資料を扱い、要件が済んだら元の状態にして正しく返却する必要があるでしょう。

オーダーから提供までが早かった

この場合の「提供」はオーダー(注文)した料理があまり時間もかからずに出来上がって自分の席に届けられた、という意味合いですね。

お店で料理をオーダーされたら、お店サイドはなるべく早くお客様に料理を提供するのがサービスの基本となっているからです。

「提供」の類義語

それでは次に「提供」の類義語について紹介していきましょう。

供給

「供給」とは「必要に応じて物を与える」という意味になります。

経済の話のときは「需要と供給」とよくいいますが、世の中に物が不足すればその物を投入する、つまり与える、という行動をとります。

供給には「必要性」という部分が重要になるのです。

そういった意味において「供給」は相手のために役に立つことである「提供」と類義語扱いとなるのです。

供与

「供与」とは相手が欲しがっている金品や利益・情報などを与えることをいいます。

この意味合いから判断すると「供与」には限りなく「お金や欲」といった匂いがしてきます。

ただ広義的に考えれば何かを与える・渡す、という行為となるので「提供」と類を成す言葉として扱われます。

用意

「用意」とは「必要なものを準備する、取り揃えておく」といった意味になります。

よって「提供」とは細かい部分まで追求すればちょっと意味合いは変わりますが、必要なものを手に入れるための行動という部分を解釈すれば類義語として成り立つでしょう。

ただ提供は他者から受けるのに対して用意は自分自身でも行える点が違ってくるでしょうね。

支給

「支給」とは「払い渡す」という意味があり、それは金品などを給与・給付という形で受け取る形態をいいます。

大局的に考えれば支給を受けるということは自分にとって役に立つものであり「提供」の意味するところと同義となりますので、類義語扱いで問題はないと思います。

進呈

「進呈」とは「差し上げること」です。

差し上げるものは「モノ」であってもいいし「お金」であっても構いません。

どんなものであるにせよ、差しあげられて役に立たないものはないと思われますので、これも大義的にみれば「提供」と類疑を成す言葉だといえます。

ただ「進呈」にはご褒美とか慰労を称えて贈られるもの、という意味合いもありますので突き詰めて考えたら提供と全く同じ、とはいいにくいかも分かりませんね。

献上

「献上」とは主君や仕えている上司などに対して貢物や贈り物を差し上げる行為です。

そこには自分の印象を上げたり出世に対する根回し的な要素も絡んできます。

よって大義的には「ものをあげる」という意味で類義語としてもいいでしょう。

ただ、受け渡しする対象者が限定されてくるので、完全な同意語とはいいにくい部分もあります。

局面に応じて使い分けた方がいいでしょう。

譲渡

「譲渡」とは法律に則っとた権利・財産・地位などを第三者に譲り渡す行為です。

そこには有償・無償の区別はありません。

広い意味で捉えたら「提供」とかなり意味を同じにする言葉といえるでしょう。

ただ「譲渡」には契約という概念が付随してきます。

その点が提供よりも堅苦しさを覚える言葉でもあるでしょう。

「提供」を正しい意味で使用しよう!

今回は「提供」について紹介してまいりました。

「提供」は日常生活においてもよく耳にする言葉だと思います。

それだけに言葉の意味をしっかり理解して他の類義語と使い方を混同しないように使い分けたいものですね。