「俗っぽい」という言葉はいろいろな場面で度々、耳にする機会がある言葉だと思います。

今回はそんな「俗っぽい」の意味や使い方、例文、類語について紹介していきましょう。

「俗っぽい」ってよく聞くけれど…

「俗っぽい」という言葉、友人との会話や会社でのやりとり、テレビやラジオ、新聞紙上などにおいてよく耳にする言葉だと思います。

さて何気なく聞き流している感じもする「俗っぽい」という言葉。

その意味について深く知っているかというとそうでもないのが実情ではないでしょうか。

それでは「俗っぽい」という言葉の意味についてみていきましょう。

「俗っぽい」の「俗」

まずは「俗っぽい」の「俗」という言葉からまいります。

「俗」という言葉単体が意味するものは「世の中に認知されているならわし」「習慣」「風俗」といった意味になります。

よく「俗に入れば俗にしたがえ」と言ったりします。

その土地や組織の中に入ったならばそこの習慣や決まり・ならわしに従ったほうがうまくいく、といったことを意味することわざです。

「俗」には他にも「高尚でない」「いやしい人」といった意味も含まれます。

これらのことを頭に入れつつ「俗」の話しを進めて行きましょう。

「俗っぽい」の意味


それでは「俗っぽい」という言葉についての具体的な意味の説明にまいりましょう。

通俗的であること

「俗っぽい」という意味には「通俗的である」という解釈が成り立ちます。

それでは「通俗的」とはどういった意味なのかを説明していきましょう。

通俗的の意味

「通俗的」とは「あまり高度な内容ではなく世間一般の人にもわかりやすいもの、こと、さま」という意味になります。

つまり高度な学習や専門的な知識を必要とせずとも理解できるようなものごと、ということになります。

または世間一般に認められ愛されているもの、というふうにも捉えられます。

音楽の世界を例にとればベートーベンやシューベルトなどのクラシック音楽は高尚なものという位置づけであり歌謡曲や流行歌といった類は世間一般に容易に認知されるもの、だから俗っぽいものである、ということになるのです。

俗気があること

「俗っぽい」の他の意味は「俗気があること」です。

俗気がある。

俗っぽいと同様に日常的に耳にする機会は多いのではないかと思います。

「俗気」と「俗っぽい」はほぼ同じ意味合いであると想定できますね。

俗気の意味

それでは「俗気」の意味について紹介しておきます。

「俗気」とは「俗っぽい気持ち」と定義されます。

つまり「名誉」や「金銭」といったものにひかれる気持ちを表しています。

ということは「俗気」には人間誰しもが持つ本能的な「欲」の部分が気持ちになって表れたものと解釈できるでしょう。

「物欲」「名誉欲」「出世欲」「金銭欲」などは個の部分の欲望の表れであり他者に対する貢献といった意味合いは含まれません。

俗っぽいということは「己」=「自身」を最優先させた私利私欲に近い心の表れの一種なのかもわかりませんね。

ただ、程度は個人差が大きいですよ。

品位に欠けること

「俗っぽい」の意味には「品位に欠ける」という意味も込められています。

それでは「品位」というものを詳しく掘り下げてみましょう。

品位の意味

「品位」とは「気高さ」「上品さ」「尊敬に値する」ということで、人やものに備わっているものであるのです。

つまり己の欲望だけで動いたり発言するのではなく全体を尊重し周囲に対して礼儀を尽くし、他者の意見や人格を敬い、決して批判したりしない姿勢。

多くの人が模範としたくなるような振る舞いや行いを総じて「品位」と呼ぶのです。

ある時は自身を犠牲にしてでも組織やチームのために自分を律する。

これが品位ある人のスタイルだといえるでしょう。

「俗っぽい」の使い方


それではここからは「俗っぽい」の使い方についてみていきましょう。

「俗っぽい」を間違いなく使い分けてボキャブラリー量を増やしていきましょう。

物事を形容する言葉

「俗っぽい」は物事を形容するときに使います。

形容とは「~のようだ」というように他のものを引き合いに使って伝える方法です。

それでは「俗っぽい」の使い方について説明していきましょう。

人に対して使う「俗っぽい」

「俗っぽい」は人を形容する時に使います。

この場合、形容される人はあまり偉人でもなくヒーローでもない。

世の中のどこにでもいそうなごくありふれた一般の人、という意味を持ちます。

要するに「喜怒哀楽」を億尾にも出さず表現している人のことですね。

お腹が減ったら何か食べたい。

好きなアイドルや歌手がテレビに出て来たらかじりつく。

このような行動などを人に当てはめて使うのです。

作品批評などの「俗っぽい」

小説や絵画のような芸術性のある作品、あるいは音楽や陶芸などある専門分野に属する作品の出来栄えを第三者がチェックして評論する際に用いる使い方もあります。

そしてこのような場合に「俗っぽい」と使ったならば「ちゃちな」「並みの作品」というようにあまり秀でていないもの。

といった解釈になります。

作品批評で「俗っぽい」と判断されるということは金品的に値打のない、どこにでもあるような大量生産品、という評価だということです。

褒め言葉としての「俗っぽい」

「俗っぽい」を褒め言葉として使う場合もあります。

人は自分を飾らないためにわざと俗っぽいこと、下世話な話し、芸能ゴシップなどを話して自分の性格は裏表のないありのままの姿なのですよ、という部分をアピールしようとすることもあります。

そのような人を相手取って、わざと「あの人は俗っぽく自分を装っているね」などという感じでわざと謙遜したような言い方に使われる時もあります。

ただ、このような褒め方で使う時は相手の人格、人間性、素の部分をよく吟味して失礼のないように言うことが求められます。

相手の人となりを見もしないでいきなり使ったら後味の悪さを残してしまうかもわかりません。

基本的にネガティブな意味を持つ

「俗っぽい」という言葉。

基本的にはネガティブな意味で使われることも多いでしょう。

つまり低級な芸能ネタや他人の隠し事やもめ事などを好んでいる人間に使われてしまう言葉だということです。

他人の不幸やもめ事に興味を覚える行為。

とてもポジティブな発想とはいえませんよね。

「俗っぽい」は人間としてのレベルを格下扱いしている要素も多分に含まれているのです。

よって自分自身のことを「俗っぽい人」と言われないように気をつけるべきだといえるでしょう。

「俗っぽい」の例文

それではここからは「俗っぽい」を使った例文をご紹介してまいりましょう。

彼女は俗っぽい部分がある

彼女、つまり人に対して「俗っぽい」を使った場合は「あまり感心しませんねえ」という意味と「意外と彼女は素朴で庶民的なんだ」という褒め言葉的な要素とがあります。

通常ならば人に対して俗っぽいと言ったりしたらその人の評価を下げるような場合が多いのですが、普段は高貴そうでおしとやか、そして上品なムードを漂わせているような人物であった場合、「俗っぽい部分がある」という意味合いは逆にその人に隠された大いなる魅力がある、とも解釈できるのです。

その人の日頃の行いやふるまいだけで判断して使うと間違った意味にとられてしまうケースもあるということですね。

俗っぽい行動は周りに嫌われる

「俗っぽい行動は周りに嫌われる」。

つまりその組織やチームにおいての規則やルールを守らず自分勝手で程度の低い行動や言動を行ってしまった結果、周囲の人たちから浮いてしまって要注意人物というレッテルを貼られてしまった、という解釈が成り立ちそうです。

人間関係は最低限のルールやモラルを守っていくことによって成り立ちます。

それを守らずに低次元の行動を起こしていたら確かに自分の首を絞める結果になってしまうでしょう。

この例文の「俗っぽい」は明らかに会社や職場における慣習や規範というものから逸脱した行為を指しているといえるでしょう。

随分と俗っぽい趣味だなあ

この例文からは親しい友人関係、もしくは職場内において一応の人間関係が成り立っている背景が見受けられます。

語尾に「だなあ」という締め方をしていますから俗っぽい趣味をもっている相手とはそれなりの良好な人間関係を連想させます。

相手の日頃の人間性からかなりかけ離れた、イメージと合わない趣味をもっているからこのような発言となったのでしょう。

ただ、発言した人は相手の人に対して傷つけないよう最大限の配慮を忍ばせているところも見逃してはいけないでしょう。

予想以上に俗っぽい映画だった

この例文は怒りの気持ちを代弁するかのように、観た映画のことを批判しています。

つまりこの「俗っぽい」は「つまらない」という意味になっているのです。

せっかく休みを利用して期待して観にきた映画が全く面白くなかった。

予想をはるかに裏切られたうっぷんを第三者の人に伝えるために使った、ということですね。

世間にその俗っぽさがウケている

この例文の対象となっている人は、本人の持つイメージ的なギャップを逆手にとって人気を博しているのでしょう。

恐らくこの人の通常のイメージは真面目とか博識の方なのでしょう。

しかし、逆にわざと面白い事を言ったり3枚目の役回りをするなど外見からくるイメージを壊すことによってウケているのです。

そのような戦略を周囲の人は「俗っぽい行動」ととっているのでしょう。

この場合の「俗っぽい」は褒め言葉として使われているのです。

「俗っぽい」の類語

それでは次にまいります。

今度は「俗っぽい」の類語をご紹介していきましょう。

下品

下品。上品の反対ですね。

品格や品性が劣っている人、さまを表します。

または卑しいという意味もあります。

まさしく「俗っぽい」と意味を同じにする言葉です。

ただどちらかというと「下品」の方が日常的にはより忌み嫌った表現となるでしょう。

下品には本当に「嫌う」という要素が盛り込まれていますから。

そういった意味においては「俗っぽい」という表現の方がまだかわいい感じがするのです。

低俗

「低俗」とは「下品」「俗っぽい」「程度が低い」「趣味が悪い」といった意味があります。

まさに「俗っぽい」と瓜二つの言葉といえるでしょう。

テレビの世界でも昔から食べ物を粗末に扱ったりむやみやたらに女性の裸を見せる番組は低俗扱いされてきました。

俗っぽいにも多分にその要素を含んでいるということになります。

卑劣

「卑劣」とは「人格的に低級」「品性や行動は下劣」という意味になります。

つまり人間として許されないような行為・行動を行う人のことをいいます。

「俗っぽい」にも「低級」という意味合いはあります。

そのあたりをもって「下劣」という扱いにされることもありますので、大義でみれば類語となってしまうでしょう。

洒落っ気のつもりで俗っぽく見せるとこういった判断をされることも忘れないようにしましょう。

はしたない

「はしたない」は「礼儀」や「慎み」に欠けた品格のない人のことを指していいます。

「俗っぽい」とは「慎み」「礼儀」の部分で共通項を見出してしまうでしょう。

つまりはしたないような行動・行為を好んで行っている人というように見られてしまう、ということです。

「俗っぽい」という言葉の範疇が広いことを表していることがわかるでしょう。

いやらしい

「いやらしい」は「様子や態度がいやみで不愉快な漢字を与える」や「好色性を伺わせる」といった意味になります。

つまり相手の嫌がることを面白がってやる行為全般を指して言います。

確かにいやらしい行動を日常的に行う行為は俗っぽい人物、という評価をもらってしまうでしょう。

「俗っぽい」が世間一般の人から忌み嫌われる理由の一端をみる思いですね。

賤しい

「賤しい」の意味は「身分や社会的地位が低い」という他に「品位に欠ける」「下品」「みすぼらしい」「さもしい」といった意味も含まれます。

「俗っぽい」にも「品位に欠ける」「下品」といった要素が含まれています。

そういった意味において「賤しい」は「俗っぽい」と類語扱いされるのです。

「俗っぽい」にはまだ多少なりともかわいさも感じますが、こういった見方をされていることも忘れないことです。

ありふれた

「ありふれた」とは「どこにでもありそうな」という意味になります。

どこにでもある、ということは「並みの品」「大量生産品」ということになりさして優秀さを誇示できない「俗っぽい」と同じ意味となるのです。

「俗っぽい」と評されるということは、ありふれていてどこにでもいそうな人ということになりますね。

大衆的

「大衆的」とは「大勢・一般」の人に受け入れられるさまをいいます。

つまり世間一般というものは「俗っぽい人」が過半数以上を占めているということになります。

世の中の人の構成比率は上位数パーセントの人を除いてほとんどの人が大衆文化を受け入れている庶民です。

よって俗っぽい人が世の中にあふれているということはそれだけ世の中が平和である、ということになりますね。

これで「俗っぽい」を使いこなせるかも!

今回は「俗っぽい」という言葉を解説し、その使い方や例文、類語をご紹介していきました。

「俗っぽい」は世の中の慣習であり一つの慣わしにもなっています。

しかしそれらは時として下劣な場合もあり、ネガティブな表現として扱われてしまいます。

「俗っぽい」を正しく理解して適宜、上手に使いこなせるようになってあなたのボキャブラリー量を豊富にしていきましょう。