CoCoSiA(ココシア)

「チート」とはどういう意味?10個の使い方・例文・類義語を解説します


「チート」という言葉は、ネット上のSNSの浸透から広まった言葉の一つともいえます。

馴染みのない言葉でもあり熟知して使用している人もいるでしょう。

この記事では「チート」についてその意味や使い方、例文、類義語を順を追ってご紹介してまいります。

この記事の目次

「チート」の意味とは

それでは「チート」という言葉の意味から説明してまいります。

「チート」には2つの意味があるようですね。

2つの意味がある?

「チート」という言葉には現状、2つの意味が認識されています。

それらを詳しくみていきましょう。

プログラム改造という意味の「チート」

まず1つ目の「チート」の意味は、
「主にコンピュータゲームにおいて、データの改ざんをはじめとする不正な操作によって製作運営側が想定していない(不本意な)結果を得ることの通称である。」となっています。
https://www.weblio.jp/content/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%88より引用

つまりプログラムを意図的に改造してしまう行為、ということになります。

ある意味、「卑怯」な手段ということに取れるでしょう。

ゲームのプレイヤーに対する「チート」

「チート」のもう一つの意味は、
「ゲームやアニメ等において桁違いの能力により他を圧倒するようなキャラクター、およびその能力を指す」です。
https://www.weblio.jp/content/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%88より引用

こちらの意味はある種の尊敬の念が込められています。

つまり「強い」という事に対しての敬意です。

対象がゲームとはいえ桁違いの強さで相手を圧倒するのですから、強いものに対する怖れと尊敬が入り混じって当然でしょう。

「チート」の語源

「チート」の語源を紹介しておきましょう。

もともとは「ズルをする」「騙す」といった意味合いのある言葉なのです。

ゲームの世界で使われるケースが多いようですが、一般的な意味で解釈すれば上記のように「ズル」「不正」といった意味が語源なのです。

言葉の使われ方の変遷は興味深いものですね。

「チート」の英語表現は?


「チート」を英語で表現すると「cheat」になります。

意味的に考えると英語の「cheat」は「騙す」「不正をする」あるいは「詐欺師」といった意味が正しい意味となります。

日本語で使用する「チート」と混同しないようにしましょう。

「チート」をする人のことを「チーター」と呼ぶことも

「チートをする人」のことを指して「チーター」と呼ぶことがあります。

つまりゲームにおいて非常に強い腕前を持つ人などが典型的な例となるようです。

悪口になってしまう可能性もあるので注意

「チーター」を含めて注意したいのは「チート」が使われる場面を考えることです。

英語表記だと悪い意味で捉えらているように、うかつに使用すると相手に対する悪口に聞こえてしまう可能性があるということです。

特にゲームの場合はプログラミングの不正改ざんといったマイナスイメージと取られる可能性が高いです。

使う場面や相手をよくチェックしてから使うようにしましょう。

「チート」の使い方まとめ


それではここからは「チート」について、その使い方のまとめ的な例文を列挙して紹介していきましょう。

1.チート行為は認められていない

この例文に挙げられている「チート」は「不正」や「ズル」といった意味合いで使われています。

つまり例文中で表現されている「行為」という言い方、「認められていない」という表現から推察するに何かの大会や催しが行われようとしているにおいて、そのルールの確認の最中においての意思確認のようだからです。

「チート」という言葉がルールを無視した行為である、という意味合いで使われていることを指す例文だといえますね。

2.ゲーム内でのチートは暴かれるべきだ

こちらの例文中の「チート」も「不正」や「ズル」といったニュアンスがこもっています。

つまり「暴かれる」という表現が使われていることからして、その対象となるべきものが「正しくない」という根拠のもとに立っているからです。