友愛という言葉について聞いたことがあるけれど、単に友達に対する愛と捉えていることもあるのではないのでしょうか。

意外にもそればかりではないのです。

今回は、友愛について取り上げていきます。

「友愛」という言葉を詳しく解説

友愛とは読んで字の如く、友達に対する愛情のことを指します。

「友愛」は西洋から影響を受けた言葉?

友愛は西洋から受けたのではないかと言われています。

フランス革命について聞いたことがある人も多いでしょう。

フランス革命で、友愛というのがスローガンとして使われていたようです。

現にフランス共和国の標語は、「自由、平等、友愛」です。

「友愛」の意味


では友愛について、掘り下げてみていきましょう。

兄弟の間での愛

友に対する愛ということで、友達に対してのみの愛情かと思われるところがありますが、兄弟間の愛情のことも指します。

兄弟と言うと、親の愛情の奪い合いをするというような感じで、幼少期はどちらかと言うとライバルというような位置づけになりやすい傾向にあります。

もちろん昔からずっと仲が良い兄弟ということもありますが、多くの場合はライバルだったり、歳が離れていると面倒を見る立場と見られる立場というような感じで、明確に分かれているところもあるのではないのでしょうか。

このように、幼少期は衝突したり喧嘩をしながらも成長していくけれど、お互いに頼れる存在になってきたりすることもあります。

友人の間での愛

そしてもちろん、友達に対する愛情ということもあります。

友達と言うと、必然的に好きな人同士でお付き合いをすることから、広い意味での愛情が生まれやすい所があります。

もちろん恋愛的な愛情ではなく、何か悪いことが起これば心配をし、いいことが起こったら共に喜ぶ関係性です。

「友愛」と似ている言葉との違い


友愛によく似ている言葉は、色々なものがあります。

友愛とよく似ている言葉と、その違いについて解説していきたいと思います。

「友愛」と「友情」との違い

友愛というとなんだか友情とよく似ているような感じがしますね。

この二つに違いはあるのでしょうか。

その違いについて見ていきましょう。

「友情」の意味

友情とは友達に対する情のことを指し、友人の間に発生する感情の一つです。

こちらはよく使うことがあるので、知っている人も多いでしょう。

例えば「女の友情は儚い」というような言い方をすることもありますね。

このように友情という言葉は、色々と聞くことが多いので比較的使いやすいです。

この女性の友情が儚いという話ですが、学生時代は話が合って楽しい関係性でも、女性は色々なステージがあることから、だんだんと話が合わなくなることがあるようです。

そのため学生時代は親友のように仲良しだったけど、残念ながら大人になって疎遠になったという話も結構あるようです。

その女性のステージというのは、独身か既婚かということから始まり、子供がいるか、いないかもあります。

働いているか、専業主婦かというようなことも出てきますね。

このように様々な違いが出てきてしまうので、友としての感情を保つというのは難しいのかもしれません。

友愛よりも非常にハードルが低いように思われるところがありますが、友情関係の維持も簡単ではないことがよくわかるでしょう。

ただ男性は独身でも既婚であっても、会社員などの仕事をしているケースが多いです。

そのため、そこまで大きな差はありませんが、仮に就職に失敗をし非正規雇用となったということになると、なかなか同級生に会うのが辛くなり、疎遠になってしまうこともあります。

ですので女性ばかりではなく男性の友情においても、立場が違いすぎることによって付き合いにくくなるということもあります。

このような友情関係の保ち方の難しさというのも、男女に差はないのかもしれませんね。

「友愛」と違う部分

友愛というと、友情とともに友達に対する思いということもありますが、友愛の方がどちらかと言うと広い意味で用いられることもあります。

友情は友達としての感情ということでよく使いますが、その一方で意外にも自己犠牲を言ってもいいと思うぐらいの思いを抱いている状態に対しても、友情があるという言い方をすることもあります。

普段から友愛というような言い方をすることは、そんなにないかもしれないけれど、友情というのは常日頃よく使われるところがありますね。

「友愛」と「愛情」の違い

友愛と愛情の違いについてもなかなか悩ましいところです。

ただ友達に愛情という表現が使われることは多くはありません。

どちらかと言うと、親子の間の愛情というような言い方をしたり、男女間や恋愛関係の真柄の愛情ということを指すことがあります。

例えば子育てをしていて「それは愛情不足だ」というような言い方をすることがありますよね。

この友愛の対象が誰なのかということや、愛情の対象が誰なのかということにおいても、いろいろと違いがあります。

そのため、このように愛という言葉が入っていても、向けられる対象はちょっと違うところがあります。

「愛情」の意味

ではそもそも愛情とは、どのような意味なのでしょうか。

これは先ほども触れたように、恋愛感情における愛情や親子間への愛情を指すということもあります。

問題行動に対して、愛情不足を指摘をされることがあり、目をかけて育てているつもりの親御さんを追い詰める言葉ですよね。

ただ、やはり小さな子供であっても、見えぬ愛情というのを感じるところはあるのでしょう。

それを感じることができないというような状態になると、悪いことをして注目を集めようとすることがあります。

有名なところでは、下の子が生まれた時の赤ちゃん返りなどがありますね。

このように親子間の愛情を表すということもあります。

さらには男女間の愛情も恋愛感情という言い方をするように、愛というものがあるのです。

「友愛」と違う部分

それに対し、友愛というのは友達への愛情であったり、兄弟間での愛情であったりします。

どちらかと言うと、恋愛関係を絡まないような博愛的な感じを受けるところがあります。

先ほども触れたようにフランスの革命のスローガンにもなっているということから、この博愛的な感じが伺わせられるところがありますね。

その他「友愛」に似た言葉

この友愛に似た言葉というのは、多岐にわたります。

ではこの友愛に似た言葉について色々と見ていきましょう。

親友

親友とは読んで文字のごとく、最も親しい友という言い方をするところがあります。

大人になっていくと、友達とは環境が合わずに疎遠になっていくこともありますが、そのような距離感があったとしても、なんだかんだで友達として繋がっているというような関係性も親友なのではないのでしょうか。

中には、長く付き合いがあるというようなことでも、親友という位置付けになる可能性は高いです。

もちろんそのような付き合いの長さだけではなく、どのような関係性を築いているかにもよります。

何でも打ち解けて話すことができるかどうかというのも、判断の基準です。

付き合いが長くても、この人に言ったらなんかバラされてしまうのではないかというような、警戒してしまう人は親友とは言い難いところがあるでしょう。

嫌なことがあっても嫌だと言うことができずに、我慢して付き合うような関係性だと親友とは言えません。

このように何でも打ち解けて話すことが出来、最も親しい友というような時に親友という言葉を使うとことはあります。

親友と言うと大抵は一人や二人ぐらいではないのでしょうか。

それぐらいに相性の合う友達と出会うのは難しいのかもしれません。

特に女性の場合は、環境が大きく変わることで話が合わなくなったり、思ったことが言えなくなったりするということもあるので、親友関係の継続は難しいということが言われています。

心友

こちらも、心の友というようなことで心が繋がっている友達のことを指します。

心は繋がっているという点で、心友と言えるでしょう。

またなかなか友達関係を築くのが苦手だけど、ネット上で思ったことが何でも話せるような友達がいる人もいるかもしれませんね。

顔を見たことがなくても、心が繋がっているという意味合いでは、この心友と該当するのではないのでしょうか。

真友

真の友ということで、真友という言い方もあるのです。

ともすれば少し親友と同じとも思えるところがありますが、もしかしたらこの人は自分を裏切るのではないかというような不安を抱くことなく付き合うことができる相手に相応しい表現でしょう。

このような友達であれば親友のように少数というわけではなく、もっと複数人いるというような人もいるかもしれませんね。

ただ世代にもよりますが、10代前半の子供の話を聞くと女の子は表面上で付き合うということも多く、なかなか信じられるような友達というのが見つかりにくいのが現状のようです。

信友

信友も読んでみてなんとなく想像がつくように、信じられる友達ということを指します。

親友も非常によく似ているところがあるでしょう。

ただ信じられる友達というのは、たまに会って話す程度であっても、口が硬そうだなとか信じられそうだなと思ったら、信じられる友達になるということで、親友よりもっと多いかもしれませんね。

朋友

こちらは「ほうゆう」と読みます。

こちらも友達という意味合いです。

朋は同門の友というような意味合いの言葉です。

この朋友という言葉は、中国で主に用いられているところもあります。

朋友は、友達が困った時に抵抗なく手を差し伸べられる関係であるかどうかが基準です。

よく日本だと「お金を貸して」と友達に言われたら、「お金は貸さずに突き放すのが本当の友達だ。もしここでお金を貸したら、その人が立ち直るきっかけが遅くなる」というような考え方が主流ですよね。

ただここで中国の朋友というような関係性の人だと、抵抗なくお金を貸すのです。

さらにはその人が宿無しになってしまう事態になったら、抵抗なく自分の家を使わせてあげられるような関係性の人を朋友と言います。

困った時に、お金や家など重要なものも差し出すことができるのが、本当の友というような意味合いです。

しかし、日本人は薄情なのかというと決してそうではありません。

ここには、日本と中国独特の環境の違いがあるようですね。

日本は困った時の最終的なセーフティーネットとして、生活保護があります。

もしどうしても生活が苦しいということで、貯金もなく家賃を払うのが厳しい状態になった時、いざという時は生活保護があるのです。

だからこそ友達にお金を借りるというような事をしなくてもいい一面があります。

生活保護とまでいかなくても、親にお金を借りるとか、そのようなことで対処できることもあります。

どちらかというと、日本は友人よりも家族を頼りにする文化もあるのでしょう。

しかし中国においては、基本的にお役人はそのように市民の相談事に乗るようなタイプの人達ではありません。

だからこそ、朋友のような関係性を維持をしつつ、お互いに迷惑をかけ合いながらも助け合ってやっていくというのが、中国のスタイルなのです。

朋友の意味合いについても、ここまで生活環境の背景も違って、考え方も違うところがあるのですね。

交友

これは「こうゆう」と読み、友達付き合いのことを指します。

ですのでこの友達が、ただ気楽にランチをするだけのママ友的な関係性であっても、親友との付き合いにおいても、このように友と付き合う意味で使われることもあります。

よく「この人の交友関係は?」というような感じで、刑事もののドラマのストーリーが進んでいく事もありますよね。

友好

こちらも色々な条約の名前についても使われることがあるので、よく見たことがある人もいるのではないのでしょうか。

友達同士との親しい関わりというようなことを指すことがあり、普通に人間関係としての親しい関わりというような意味を指すこともありますが、他の意味もあります。

例えば友好国というような感じで、国同士で仲がよいというような感じのニュアンスで使われることがあります。

またお住まいの県や市によっては、友好都市というのもあるかもしれませんね。

このように住んでいる所も、親しみがある付き合いがあるというところは友好という言葉があったりします。

さらには、中学校でも姉妹校のような感じで、友好関係を築いているような学校もあります。