「候補」という言葉は私たちのに日常生活において頻繁に目にしたり耳にする言葉だと思います。

しかし実際の正しい意味や使い方を誤っているケースもあるかもしれません。

この記事では「候補」という言葉について見ていきましょう。

「候補」の意味って?

それでは「候補」の意味について見てまいりましょう。

「候補」の定義

「候補」とは「ある地位や資格などを得るのにふさわしいと、他から認められている人。また、ある選択の対象としてあげられている人や物。」となっています。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%80%99%E8%A3%9C/から引用

つまり「候補」の定義は何かに対して認められたと思われる人やもののことを指し、自薦・他薦を問わず選ばれた存在、ということになりますね。

「候補」は英語でどう表記するの?

「候補」を英語で表記すると「candidate」となります。

あまり馴染みのない単語かもしれませんね。

「候補」を使った例文を集めました


それではここからは「候補」を使った例文を見ていきたいと思います。

それぞれの例文をじっくり吟味して「候補」という言葉について自分なりのイメージを掴んでいきましょう。

1.最優秀賞の候補に残る

最優秀賞の候補に残るということは、何らかの作品や仕事の出来栄えに対する賞争いのレースにピックアップされた、ということになります。

分かりやすい例では、音楽番組の代表である「レコード大賞」が挙げられるでしょう。

大賞を勝ち取るためには大賞受賞曲を持っていなければなりません。

その候補に残ってはじめて賞を掴み取るチャンスが生まれます。

最優秀賞を掴むためには、自身の功績を認められて候補に選んでもらう必要があります。

2.あの作品が賞の候補から外れるなんて思いもよらなかった

この例文の「候補」は第三者が傍観する立場として使ったものです。

あの作品がどのような対象の作品かは分かりませんが、恐らく世間の多くの人が知っている名の知れた作品なのでしょう。

それが今回のコンテストで選考から漏れた、ということを表しています。

案外、世の中でよくある出来事かもしれませんね。

3.リーダー候補にあの人を入れるべきだ

今回の「候補」はリーダーになってもらう人を選択する際に使われています。

ある組織のリーダーを決めるに当たって何人かの有力候補がいるのですが、その枠の中に例文で指定された人を入れる、という意味合いになります。

リーダーという立場は誰もがなれるものではありません。

「あの人」は立派なリーダー候補と皆から認められていることを表現しているのです。

4.選挙に立候補する


「選挙」というものは多薦・自薦に関わらず「立候補」しなければいけません。

つまり「候補者」としてだけでなく、自ら「候補に立つ」という行動を起こさなければならないのです。

自身の意思表示を行ってはじめて「立候補」というものが存在するようになるのです。

そして立候補した暁には幾人かの候補者となって来たる選挙の日を待ちます。

短期間で雌雄が決する真剣勝負が選挙の舞台となるのです。

5.候補生を指導する

「候補生」とは何らかの職業のスタイルや階級に就くための指導・研修を受ける人達のことをいいます。

そして多くの場合、「候補生」という呼び方をされる人達は、厳しい競争を勝ち抜いてきた人達が大半を占めます。

例えてみますと「乗馬の騎手」や「キャビンアテンダント」といった類の職業の人達が当てはまるでしょう。

それぞれ難関な試験を通過して、それぞれの道のプロを目指す人達のことを指して言います。

6.いくつか候補日を挙げる

この例文で挙がった「いくつかの候補日」とは何かの行事やイベントを行うにあたって、それを決行できる日にちをいくつか選んで皆に提示した、という意味合いになります。

参加するメンバー全員がその候補日の中から選ばないことにはイベントや行事は決行できません。

しかしながら、各自の予定を今回の候補日に合わせてもらう必要も出てきます。

「候補日」には個人の都合を上回る拘束力があるともいえるのです。

7.候補者を発表する

「候補者」とは分かりやすく言うと、選挙に出る人達のことを思い浮かべれば分かりやすいと思います。

たった一人しか選ばれない選挙だったとして、そこに5人の人が手を挙げたらその5人が候補者として認められるわけです。

候補者はこれから選択を受ける試験や組織の人達から条件的に公認されることが必要となるのです。

8.候補に残るためにさまざまな工夫をする

この場合の「候補」は何かのコンテストや競争、大きな大会の試合の予選などを通過した人物のことをいいます。

分かりやすい例だとオリンピックの競技の代表選手になるための選考試合に勝つ、というようなケースでしょう。

勝つために様々な工夫を凝らしてライバルたちを蹴落とします。

勿論、正々堂々と戦うことが前提条件になります。

9.落第候補になってしまった

この「候補」は試験か何かの選考に落ちる「落第」に該当するメンバーに入ってしまうこと、を意味していますね。

なので、この「候補」は決してありがたいものではありません。

できるならばもっと頑張って、この「候補」の枠組みから脱出したいところでしょう。

10.勤務地の候補を教えてもらった

この「候補」はこれから自分が働く場所、つまり「勤務地」としてあり得そうな地域のことを指しています。

勤務地というものは一般的には「都道府県」という枠組みで考えられます。

大きく振り分ければ「関東圏」「関西圏」などとなりますし、もう少し細かくすれば「東京」「埼玉」となりますし、さらに細かくすれば東京のどこかの「区」、あるいは埼玉のどこかの「市」といった具合です。

これらの具体的な場所が「勤務地の候補」となるわけです。

「候補」の類義語まとめ

今度は「候補」の類義語について紹介してまいります。

1.推薦

「推薦」とは「人をその地位・名誉に適している者として他人にすすめること。」「よいものとして人にすすめること。」という意味になります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E6%8E%A8%E8%96%A6/より引用

つまり既に認められている「候補」の人の次の段階が「推薦」ということになるでしょう。

「候補者」としての資質がなければ「推薦」は起こりませんので、両者は表裏一体、裏表の関係といえるのです。

2.推奨

「推奨」とは、「すぐれている点をあげて、人にすすめること。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E6%8E%A8%E5%A5%A8/より引用

つまり「すぐれている点」があるから「候補」にされる、というわけになるので両者は類義語扱いとなるのです。

「推奨」の対象となるものとしては「書籍・本」が多いと思います。

文部省推薦、といった文言をお目にしたことも多いのではないでしょうか?

「推奨」にはある権威を持った組織や人物からのプッシュが大事、ということになるのでしょう。

3.推挙

「推挙」とは「ある人をある官職・地位・仕事などに適した人として推薦すること。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E6%8E%A8%E6%8C%99/より引用

つまり「推挙」は推薦したい人物を何らかの職位・地位などに就けようとする動きなのです。

分かりやすい例を出すならば大相撲における横綱への推挙でしょうか。

大相撲の理事たちが全員一致で推挙した人物を横綱審議委員会に推薦する、という動きです。

「推挙」にはある種の強い拘束力が働いているようですね。

そういった具合に考えると「推薦」よりも更に強いもの、といえるでしょう。

4.ノミネート

「ノミネート」とは「候補に指名すること。推薦すること。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%88/より引用

意味的には「推薦」とほぼ同じと捉えられます。

つまり「ノミネート」も「何人かいる候補者の中のあくまで一人」という位置づけです。

しかしながらふるい落としの末に勝ち残っているのですから、立派な候補者の1人です。

「候補」と大きく意味を同じにする類義語として認知されるでしょう。

5.指名

「指名」とは「名をあげて、その人を指定すること。なざし。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E6%8C%87%E5%90%8D/より引用

つまり、かなり強権的であり占有権を持った「候補」となるのです。

例えてみますと野球のドラフト会議が挙げられます。

各球団にとって1位候補は何名かいますが、指名できるのはたった一人です。

そして「指名」された人はその使命先球団と契約上、独占的な占有権が発生します。

つまり「指名」は「候補」の域から1歩も2歩も踏み出したものであり「候補」よりもはるかに強い地位の保有権を持つもの、ということがいえるでしょう。

6.押し立てる

「押し立てる」とは、「推挙する。むりやりに行わせる。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E6%8A%BC%E7%AB%8B%E3%81%A6%E3%82%8B/より引用

つまり「押し立てる」は「推挙」とほぼ同じ意味を持つ言葉といえます。

そういった意味においては「候補」よりも更に強い拘束力を持った言葉といえるでしょう。

7.補欠

「補欠」とは、「欠けたり足りなくなったりした部分を補うこと。また、そのための予備の人員。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E8%A3%9C%E6%AC%A0/より引用

「補欠」の根本的な意味は、あくまで足りなくなったものの予備です。

よって細かい意味では「候補」とは性質が違ってきます。

しかし、補欠の役目をする要員やものが複数ある場合は、それらを総称して「候補」と呼んでもおかしくはなくなってきます。

その時の状況や場の雰囲気に応じて使い分ける方がいいでしょう。

8.補助

「補助」とは「不足しているところを補い助けること。また、その助けとなるもの。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E8%A3%9C%E5%8A%A9/より引用

厳密的な意味で考えれば「候補」とは印象の違いを受けるでしょう。

しかし、こちらも「補欠」同様、何名かの「補助」が存在するならば、その中から真の補助候補というものが出てきます。

「補助」という存在は世の中において必要になる場面が多々出てきます。

そういった意味においては広義的に「補助」の類義語としてみなしてもいいのでしょう。

9.補足

「補足」とは「不十分なところを付け足して、補うこと。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E8%A3%9C%E8%B6%B3/より引用

すなわち本体の足らない部分を補うための「候補」ということになります。

「補足」するという行為も日常において頻繁に登場してきます。

「補足」事項というものを多く用意しておけば、それだけで「候補」をたくさん持っている、ということにもなるでしょう。

10.控え

「控え」とは「予備として用意すること。また、そのものや人。」となります。
https://www.weblio.jp/content/%E6%8E%A7%E3%81%88より引用

「補欠」とかなり意味が近い言葉といえます。

よって「控え」も本体やレギュラーに欠員が出た場合の「候補」となりますので、多少のニュアンスの違いもありますが「候補」の立派な類義語として扱ってもいいでしょう。

11.充当

「充当」とは、「人員や金品を、ある目的や用途にあてること。」という意味になります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%85%85%E5%BD%93/より引用

「充てる」ためのものですから、これも立派な「候補」となります。

つまり「充当」は広い意味で「候補」の類義語として扱って差し支えない、ということになりますね。

12.代替

「代替(だいたい)」とは、「それに見合う他のもので代えること。かわり。」という意味となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E4%BB%A3%E6%9B%BF/より引用

よって「代替」も「充当」や「補欠」と同じ意味合いとなり「候補」の類義語として扱われます。

ただ、「代替」はいつでもすぐに使える存在ともいえますので、「補欠」や「控え」よりもより実戦的な存在ともいえるでしょう。

13.付随

「付随」とは、「ある物事が他の物事につき従っていること。」という意味です。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E4%BB%98%E9%9A%8F/より引用

「つき従う」、つまりいざという時の戦力であり「補充」や「充当」とかなり似ている意味合いといえるでしょう。

よって「付随」も広義で考えるに「候補」の類義語として扱われるわけです。

14.増補

「増補」とは、「書物の内容に、新しいものを加え、不足を補うこと。」という意味になります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%A2%97%E8%A3%9C/より引用

「加え、補う」という存在ですから、それらは立派な本体の「候補」とみなされます。

よって「増補」も「候補」の類義語として認識しましょう。

「候補」を正しく使おう!

今回は「候補」という言葉について、その意味や使い方、例文をご紹介してきました。

「候補」という言葉は日常的によく使われると思いますので、さして違和感なく扱えると思いますが、同時にたくさんの類義語も存在しています。

それらを総合的に頭に入れて適材適所で使いわけていってくださいね。