“懐疑心”(かいぎしん)には、疑う、不安という意味があります。

懐疑心は、閉塞感に包まれた今の日本の姿を象徴する言葉とも言えます。

職場や学校で日常化しているイジメの多さは、日常生活の中に“懐疑心”が蔓延していることを物語っています。

今の時代、自分の身近に信頼できる人が居ない状況も、当たり前になっています。

また、安心して相談できる人が居ない生活が日常化しています。

このような、今の日本の姿を象徴する言葉が“懐疑心”です。

懐疑心は、多様な価値観を認めずに、狭い固定観念に縛られた生活環境の中から生まれてきます。

人々は職場でも学校でも、“浮いた存在”にならないように、周りの視線に全神経を注いでいます。

日々の生活の中で、自分自身を周りの人と比較をして、周りに合わせることに疲れ果てている人が増えています。

職場や学校で過ごす生活が息苦しいものになっているのです。

様々な考えや色々な人柄を認めようとせずに、閉塞感に陥っている多くの人々の心は、“懐疑心”に包まれています。

懐疑心を克服するためには、自分自身の可能性を信じて、周りとは比較をせずに、自分の個性を育てていくことが大切です。

自分の個性を大切に育て続けていくと、思いがけないキッカケで、信じ合える存在との出会いにより、懐疑心を払拭することが出来ます。

懐疑心とは

「懐」の意味は“ふところ”です。

“ふところ”とは、“心の内”、“思う”を意味します。

「疑」は、文字通り、“疑う”、“信用しない”を意味します。

懐疑心は、相手を疑う心、相手に不信を抱く心を意味します。

人間関係が希薄になる原因の1つに、懐疑心があります。

今の日本では、職場や学校の中で、“懐疑心”を抱いていて、心を開かずに“固く”なっている人も多いです。

職場や学校で、周りの人を信用できずに、安心して心を許せない環境で時間を過ごす人が増えています。

職場で働く人も、学校で学ぶ生徒も、懐疑心で心が疲れ果てているケースが少なくありません。

懐疑心に包まれた人が増えています。

しかし、“懐疑心”とは縁のない、安心に包まれた心で日常生活を送ることが、望ましい姿と言えます。

「猜疑心」との違いは?

「猜疑心」(さいぎしん)とは、“他の人の言動を疑う心”という意味があります。

相手の人が、“自分とって不利な言動をするのでは”、と信用できずに、ねたみ疑う心を指します。

一方、「懐疑心」(かいぎしん)には、疑う、不安という意味があります。

相手をいつまでも疑い続ける不安な心を指します。

懐疑心が強い人の特徴まとめ

懐疑心が強い人は、自分の身近に信頼できる人が居ないケースが多いです。

また、安心して会話や相談ができる人が居ないことが多いと言えます。

懐疑心をもつようになった原因には、色々なケースがあります。

心を許していた身近な人に裏切られた経験をもつ人もいます。

また、イジメを受けて、心に大きな傷を負ってしまった人もいます。

懐疑心が強い人の特徴は、“辛い”体験のため、心に深い傷を負ってしまい、人を信じることが出来なくなっている点が挙げられます。

1.自己中心的な側面がある

懐疑心が強い人は、他の人を信じて心を許すことができません。

ですから、「信じられるのは自分だけ」という考えになっている可能性があります。

このため自己中心的に、ならざるを得ない側面があるのです。

2.自分に自信がない


今までの生活の中で、信頼していた人から裏切られた経験のある人は、相手への不信感と共に自分を責め続けることがあります。

自分を責め続けることで、自分に自信を持てなくなることが多々あります。

また、職場や学校、家庭での生活の中で、自分の存在を否定された体験を持ったため、自信を失うことがあります。

自分の存在が否定される体験がキッカケとなり、自分の自信を失い、“生きている価値がない”と、自己否定するケースもあります。

3.素直に言葉を受け入れられない

懐疑心を抱くキッカケが、身近な人に裏切られた体験を持つ人が少なくありません。

懐疑心に包まれている人は、人間不信に陥っていきます。

このため、他の人が発するコトバには警戒心が強くなり、素直に言葉を受け入れることが出来なくなります。

懐疑心の強い人は、自分の心の傷が深くならないようにするために、他の人の言葉を素直に受け入れることが難しくなってしまいます。

4.ネガティブ

成功体験の少ない人は、物事に取り組むとき、消極的になり、ネガティブな心理状態に陥ることがあります。

今まで歩んできた人生の中で、取り組んできた物事が思い通りに成功した経験が少ない人は、自分のもつ可能性に懐疑的になりがちです。

自分自身に懐疑的になると、自信を失っていきます。

自信を失ってしまうことで、物事をネガティブに考える傾向が強くなってきます。

ネガティブな思考は、懐疑心がキッカケになることが少なくありません。

5.過去にトラウマがある


過去にトラウマがある人は、心に深い傷を負っています。

過去に身近な人からDVを受けて心身を深く傷つけられた体験を持つ人は、深いトラウマとなって心に残ります。

また、職場や学校で陰湿なイジメを受けて、心に深い傷を負っている人は、トラウマを抱えています。

閉塞感に包まれた社会の中で生きる子供たちや大人の中には、過去のトラウマを抱えて生活しているケースは少なくありません。

トラウマを抱えることで、懐疑心に包まれてしまい、人間不信の心理状態に陥ります。

しかし、信頼できる人からの温かいサポートを得ることができるなら、過去のトラウマから抜け出せるようになります。

過去のトラウマが軽減されることで、懐疑心が薄らいでくることがあります。

6.嘘が嫌い

人々の中には、身近な人の嘘に翻弄されて、人間不信に陥り、懐疑心を抱くようになるケースがあります。

また、身近な人に裏切られた体験から、懐疑心が芽生えてくることもあります。

身近な人からの嘘により、心を深く傷つけられた体験を持つ人は、嘘が大嫌いになります。

7.心配性

物事をマイナスイメージで考えている人は、将来に向けた生活に不安を抱き続けるため、心配性の癖が付いてしまいます。

心配性は、自分が何時も気になっていることを相談できる人が身近に居ないことで生じることがあります。

心配性から抜け出せない日々が続くと人を信用できなくなり、懐疑心を抱くようになります。

8.頑固

懐疑心を抱いている人は、他の人を信じることが出来ない人もいます。

そのため、周りの人に心を開くことができず、周りの人の目には、頑固な人として映ってしまうこともあります。

周りに心を開くことをせずに、頑なな姿は、自分の心を護る振る舞いとも言えます。

9.団体行動が苦手

今まで歩んできた人生の中で、裏切られた体験を持つ人は、傷ついた心を抱えています。

傷ついた心を抱えていると、人を信用できずに不信感が芽生えてきます。

人への不信感は、懐疑心となって心の奥に根付いていきます。

懐疑心を秘めている人は、人を疑ってしまう傾向があるため、団体行動が苦手です。

10.一人の時間を大切にする

人を信用できずに懐疑心を抱くようになると、人間関係を避ける傾向があります。

また、人から裏切られた体験がキッカケとなり、懐疑心を抱くようになるケースがあります。

心が傷ついて、懐疑心を抱くようになると、周りの人との人間関係をつくることよりも、自分一人の時間を大切にするようになるのです。

自分一人の時間を過ごすことで、他の人から裏切られる心配をしなくて済みますので、心が安らぐのです。

11.自分の中のテリトリーがある

テリトリー(territory)には、縄張り、領土という意味があります。

人間関係を好まない人にとって、自分自身の生活空間が、他の人を寄せ付けないテリトリーになることがあります。

自分の心の中にテリトリーがある人は、他の人を信用できません。

他の人を信用できなくなることで、懐疑心を抱くようになります。

懐疑心を秘めている人は、自分の心を守るために、テリトリーを設けるようになるのです。

12.人付き合いが苦手

懐疑心を抱いている人は、過去の苦い体験から人間不信に陥っていることもあります。

人間不信に陥るキッカケには、色々あります。

例えば、信頼していた人から裏切られた体験を持つ人は、心の奥に深い傷を負っています。

また、職場や学校で、周りからイジメを受けてきた人は、人との付き合いを避けるようになります。

人を信じる心を失うことで、人付き合いが苦手になっていくのです。

13.心を許せる人が少ない

懐疑心は、人を信用することが出来なくなった体験から芽生えてきます。

人を信用できない心境に陥ると、他の人に心を許すことが出来ません。

身近な人から裏切られると、自分を守るために、心を固く閉ざしてしまいます。

心を固く閉ざしてしまうことで、他の人に心を許せる心境になることが難しくなります。

ですから、心を許せる人が少なくなるのです。

14.自尊心が高い

自尊心が高い人は、心の奥に劣等感を秘めています。

自分が抱える劣等感を、周りの人に気付かれないようにするために、自尊心が高くなるのです。

自尊心を高くすることで、劣等感を隠すための“隠れミノ”にするのです。

自尊心を高くするために、周りの人と比べて優越感に浸ろうとします。

自分が周りの人よりも優れていることを、アピールすることに腐心し、周りの人に心を開くことをしません。

自分の心に秘めた劣等感を、周りの人から気付かれないようにするため、懐疑心が強くなるのです。

15.妄想癖がある

妄想癖は、自分に自信を失い、自身を責め続ける日々の中から芽生えてきます。

被害妄想は、現実には、あり得ない辛い状況に自分自身を追い込んでしまう心理状態を指します。

妄想癖は日常生活の中で、辛い心の内を相談できる人を持たない孤独感がキッカケになることがあります。

また、信頼していた身近な人に裏切られて、心が深く傷ついた体験から、妄想癖を持つようになることもあります。

妄想癖は、日々の生活で懐疑心を抱き続ける心理状態から生じるのです。

16.常に不安を感じている

日常生活で、常に不安を感じている人は、自分の身近に信頼できる人を持たないことが多いです。

また、心を開いて安心して相談できる人が居なくて、孤独感に包まれている人は、常に不安を感じている傾向があります。

日々の生活の中で、常に不安を感じることで、懐疑心を抱くようになります。

17.傷つくのがこわい

今まで歩んできた人生の中で、心を深く傷つけられた体験を持つ人は、自分を守るために心を固く閉ざしがちです。

一度でも、心を傷つけられた人は、傷つくことへの恐怖心を持っています。

心が傷つくことが怖いため、懐疑心を抱いて、二度と同じ体験をしないようにします。

傷ついた心を守るために、ときには、懐疑心は自己防衛の手段になるのです。

18.常にSNSをチェックしている

今流行りのSNS上では、人を誹謗中傷するコトバが沢山飛び交っています。

SNS上で飛び交う、誹謗中傷のメッセージは、時には、人の心を傷つける“言葉の暴力”となります。

言葉の暴力を向けられた人の心は、他の人を信用できなくなり、懐疑心を抱くようになります。

懐疑心に陥った人は、常にSNSをチェックして、言葉の暴力から自分を守らなければなりません。

19.冷静に物事を考えている

冷静に物事を考えている人は、周りの言葉に安易に振り回されることは、ありません。

周りの言葉を“鵜呑み”にせずに、懐疑心を持って、冷静に物事を判断します。

懐疑心は、時には、自分の心を冷静に保つために役立つのです。

20.否定を前提として受け止めてしまう

懐疑心が強い人は、周りの人の言動を常に注視しています。

ですから、安易に周りの人の言動を受け入れることをしません。

安易な判断をせずに、否定を前提として受け止めてしまう心掛けが身に付いているのです。

懐疑心が強い原因とは

懐疑心とは、人を疑う心を象徴するコトバです。

人を疑うようになるキッカケには、色々あります。

身近な人に裏切られた体験をした人や、職場や学校でイジメを受けてきた人がいます。

このような、二度と繰り返したくない体験が原因となり、心を深く傷つけられた人は、強い懐疑心を抱くようになります。

懐疑心は、心を傷つけられた辛い体験が原因となっているケースが多いのです。

1.過去にトラウマがある

今まで歩んできた人生の中で、心を深く傷つけられた体験を持つ人はトラウマとなって、永く心に残っていきます。

過去のトラウマは、心の奥に深い傷となって潜んでいますので、払拭することは難しいかもしれません。

トラウマは、時には、人間不信の心理状態を招きます。

人間不信に陥ると、懐疑心が芽生えてくるのです。

2.物事をネガティブに考えてしまう

人生の中で成功体験を味わう機会が少ない人は、自分自身の可能性に自信を持てなくなります。

自分の可能性に自信を失うと、何事にもネガティブに考えてしまう癖がつきます。

一度でもネガティブ思考に陥ると、抜け出すことが難しくなります。

ネガティブに考えることで、常に周りの人と比較するようになるのです。

周りの人と比べることで、自分の欠点ばかり気になり、自分を責めるようになります。

自分を責め続けることで、強い懐疑心を抱くようになるのです。

3.信頼できる人が周りにいない

人は日々の生活の中で、常に独りで過ごしていると孤独感に包まれて、心が疲弊してきます。

また、信頼できる人が周りに居ないため、心の内を相談できずに、息苦しくなることがあります。

心の息苦しさから、懐疑心を抱くようになることがあります。

一方、自分の身近に信頼できる人が居ると、心が安心感に包まれます。

心が安心感に包まれると、懐疑心とは縁のない落ち着いた生活を送ることができます。

懐疑心が強いのを克服するために

懐疑心を克服するための方法には、幾つかありますので、自分の性格や考え方に合った克服方法を採り入れると良いです。

また、懐疑心から脱するためには、生活環境を変えることも必要となる場合があります。

例えば、生まれ育った地元を離れて、新たな土地で心機一転、新生活を始める方法があります。

懐疑心を克服するためには、自分が懐疑心を抱くようになったキッカケに対処できる克服方法を採り入れることです。

自分に最も適した克服方法を採り入れることが、大きなポイントになります。

1.交流の輪を広げる

懐疑心を克服するために最も大切なことは、固く閉ざしている心を開放してあげることです。

自分の心を開放するためには、独りで取り組んでも難しいです。

ですから、色々な人との交流の輪を広げる方法が効果的です。

自分が興味を持っている趣味のサークルに参加するなどして、色々な人を知ることです。

色々な人と知り合いになる中で、自分と波長の合う人と巡り会えたなら、懐疑心を克服できる大きなキッカケとなります。

一人の人とあまり深くつきあわないようにする

一人の人と深く付き合っていると、些細なことで、考え方や意見の食い違いが生じて、快い関係が崩れることがあります。

自分と価値観や人生観に多くの共通点を見出せる相手なら、深く付き合っても長続きすることでしょう。

しかし、自分と相手との間で価値観の違いに気付いたなら、あまり深く付き合わないようにすることが賢明です。

こうすることで、お互いに、心を傷つけ合わないで済みます。

一人の人とあまり深く付き合わないようにすることで、お互いの考え方の食い違いが鮮明にならずに済みますので、懐疑心を抱く段階に至らずに済みます。

2.納得できるまで話してもらう

相手の嘘により、心が傷ついたなら、曖昧にせずに、お互いに納得できるまで話し合うことが必要です。

お互いの間で、話し合いが中途半端になっていると誤解を生むことが多々あります。

ですから、お互いの間の気まずい誤解を解くためにも、納得できるまで話し合うことが必要です。

納得できるまで話し合うことで、お互いの考え方の違いを認め合うことができます。

一度嘘をつかれた相手の話もしっかり聞いてみる

あなたが、相手から嘘をつかれたと思っているなら、相手と話し合う機会を持つことが大切です。

あなた自身は、一度嘘をつかれた相手には、憤りを抱いていることでしょう。

気持の整理をするためにも、自分の気持ちを相手に伝えると共に、相手の話にも耳を傾けることです。

お互いに話し合うことで、自分の思い込みで生じた誤解を解くことが出来るのです。

お互いの思い込みによる誤解が解けることで、今まで抱いていた懐疑心から解放されることになります。

3.人を信じてみる

一度でも懐疑心を抱く心境に陥ると、抜け出すことが難しいです。

懐疑心は、人への不信感が引き金になっています。

ですから、人への不信感を解消することで、懐疑心の“縛り”から解放されるのです。

懐疑心から心を解放する方法の1つに、人を信じてみることです。

人を信じるためには、あなた自身が、周りの人から信じてもらえる存在になることです。

お互いに、信じ合える間柄になることで、懐疑心から抜け出すことができます。

4.相手に期待をしない

自分の心が傷つかないようにするためには、相手に過度な期待をしないことです。

相手への期待が大きければ大きいほど、自分の心の傷が深くなります。

一度傷ついた心を癒やすためには、時間が掛かります。

相手に期待する時間があるなら、自分磨きに専念しましょう。

相手への期待の大きさは、懐疑心の大きさとして自分に跳ね返ってきます。

ですから、自分の心を護るためには、相手に期待をしないことが賢明です。

5.物事をポジティブに考えることを意識する

物事をポジティブに考えることで、ネガティブ思考の癖を克服できます。

気持の切り替えも無理なく出来るようになります。

物事をポジティブに考えることを心掛けることで、相手から裏切られても、気持ちの切り替えがスムーズに出来るようになります。

自分を裏切った相手への執着を捨てることで、心が軽くなります。

物事をポジティブに考えることを意識することで、懐疑心が解消されていきます。

懐疑心を持つことは大切なこと

懐疑心を持つことは、自分の心を護る手段の1つです。

職場や学校での生活で繰り広げられる複雑な人間関係のため、自分の心が傷つく体験をすることがあります。

様々な価値観を持つ人たちの中で繰り広げられる人間関係を乗り切っていくためには、時には、懐疑心を持ち、周りと距離をおき、自分の心を護る必要があります。

難しい人間関係の中で、心が傷付かないようにするためには、懐疑心を持つことが必要になります。

懐疑心を抱いて、自分が置かれている生活の場を冷静に観ることで、自分にとって最適な振る舞い方に気付くことができます。

懐疑心は、自分の心を護るための“処方箋”と言えます。