CoCoSiA(ココシア)

起業家に向いている人の25個の特徴!起業で成功するためには?


起業家と言うと、一国一城の主という感じがして、憧れる方も多いのではないのでしょうか?

しかし、起業家には会社員の方とは違う適性も必要となってきます。

努力でどうにかなるところもありますが、難しい一面もあるでしょう。

起業家について、様々な観点からまとめましたので参考にしてみてください。

起業家とは

起業家とは、文字通り事業を起こしている人のことを指します。

皆さんが会社員として働いているとしたら、社長が事業主となります。

企業を起こす事は、自分がルールになるところがありますが、その一方で自己管理がしっかりとしていないと、企業が傾いてしまう可能性があります。

よく、1代目まで非常に栄えたところが、2代目3代目になるに従って、経営が傾いてくるということがあります。

それは何故かと言うと、1代目が非常に起業家として向いていたとしても、2代目はその事業を受け継ぐための素質が備わっているとは限らないからです。

そのような点で、会社を起こし、軌道に乗せるのは大変なことなのです。

さらには、努力だけではどうにもならない適性もありますので、誰もが成功させられるわけではありません。

起業で成功するために必要なこととは

では、起業して成功するためには、どのようなことが必要なのでしょうか?

やはり、会社員の時と違って、成功しないと収入がゼロとなってしまいます。

会社員であれば、仕事で何かミスがあったとしても、その分の給与が減る事はありません。

しかし起業家であれば、仕事で何かミスがあったとしたら、その収入減に関しては自分がその不利益を被ることもあります。

そして売り上げがなければ給料がゼロだったり、赤字だったりということもあるでしょう。

だからこそ、起業で成功するのは容易なことではありません。

そのためにも、ある程度の適性のある人が起業しなければ成功させるのは難しいでしょう。

起業家に向いている人にはこんな特徴がありました

起業家に向いている人には、どんな特徴があるのかを掘り下げて見ていきましょう。

1.リーダーシップを発揮できる


基本的に事業を起こすときは、自分1人だけではなく、誰かを雇う形が多いと思います。

その時に、リーダーシップを発揮する力があった方が、企業は成功しやすいでしょう。

なぜなら、経営に関する大きな指針を握るのは、事業主だからです。

この時に事業主が頼りなければ、雇われている人は振り回される可能性もあります。

時に従業員に反対されることもあるかもしれません。

しかし、自分がこうだと決めたらこうだと言うリーダーシップも大切です。

その一方で、あまりにもそれが過ぎると、ただの頑固な人になってしまいます。

だからこそ、指針ははっきりとしているけれど、人の意見にはしっかりと耳を傾けられる柔軟な人の方がより最適なところがあります。

柔軟であっても、最終的にはリーダーシップがあり、しっかりと決断することができる人が起業家に向いていると言えるでしょう。

2.行動力がある

考えて行動することも大切です。

しかし、事業を起こすような人は、考えてばかりではなく行動力も必要になってきます。

もし、考えてばかりで何もできないような人だと、起業することを考えていたり、準備ばかりに時間をとられていたりで、最終的に起業まで結びつかないこともあります。

そのため、やると決めたら行動に起こすタイプの人の方が事業主として成功する可能性もあります。

そして、経営に行き詰まった時というのも、企業経営していたら起こりうる事です。

そんな時に、思い切った行動をとることで、起死回生を望むことができるケースも多いです。

ピンチの時に思い切った行動を取れる人が、成功する傾向にあります。

ピンチの時に思い切った行動を取る人は、違う方向性で成功する事もあります。

例えば、少しでも収益が下がったら、さっさとそのような店をたたんでしまうような経営方針で成功しているところもあります。

このように、思い切って方向転換をするとか、さっさと店をたたんでしまうなどの行動力は、事業主としては必要なことと言えるでしょう。

3.人を巻き込める

また、人を巻き込めるのも、経営者としては非常に大切な才能です。

多くの人は、安定を求める傾向にあります。

だからこそ会社員として、雇われるという形で働いている方が多いです。

しかし、事業を立ち上げた当初は基本的に安定はしていません。

ベンチャー企業と言われるような企業は、まだ立ち上げてからそんなに日が経っておらず、安定とは程遠いような状態からスタートするということが多いです。