起業家と言うと、一国一城の主という感じがして、憧れる方も多いのではないのでしょうか?

しかし、起業家には会社員の方とは違う適性も必要となってきます。

努力でどうにかなるところもありますが、難しい一面もあるでしょう。

起業家について、様々な観点からまとめましたので参考にしてみてください。

起業家とは

起業家とは、文字通り事業を起こしている人のことを指します。

皆さんが会社員として働いているとしたら、社長が事業主となります。

企業を起こす事は、自分がルールになるところがありますが、その一方で自己管理がしっかりとしていないと、企業が傾いてしまう可能性があります。

よく、1代目まで非常に栄えたところが、2代目3代目になるに従って、経営が傾いてくるということがあります。

それは何故かと言うと、1代目が非常に起業家として向いていたとしても、2代目はその事業を受け継ぐための素質が備わっているとは限らないからです。

そのような点で、会社を起こし、軌道に乗せるのは大変なことなのです。

さらには、努力だけではどうにもならない適性もありますので、誰もが成功させられるわけではありません。

起業で成功するために必要なこととは

では、起業して成功するためには、どのようなことが必要なのでしょうか?

やはり、会社員の時と違って、成功しないと収入がゼロとなってしまいます。

会社員であれば、仕事で何かミスがあったとしても、その分の給与が減る事はありません。

しかし起業家であれば、仕事で何かミスがあったとしたら、その収入減に関しては自分がその不利益を被ることもあります。

そして売り上げがなければ給料がゼロだったり、赤字だったりということもあるでしょう。

だからこそ、起業で成功するのは容易なことではありません。

そのためにも、ある程度の適性のある人が起業しなければ成功させるのは難しいでしょう。

起業家に向いている人にはこんな特徴がありました

起業家に向いている人には、どんな特徴があるのかを掘り下げて見ていきましょう。

1.リーダーシップを発揮できる


基本的に事業を起こすときは、自分1人だけではなく、誰かを雇う形が多いと思います。

その時に、リーダーシップを発揮する力があった方が、企業は成功しやすいでしょう。

なぜなら、経営に関する大きな指針を握るのは、事業主だからです。

この時に事業主が頼りなければ、雇われている人は振り回される可能性もあります。

時に従業員に反対されることもあるかもしれません。

しかし、自分がこうだと決めたらこうだと言うリーダーシップも大切です。

その一方で、あまりにもそれが過ぎると、ただの頑固な人になってしまいます。

だからこそ、指針ははっきりとしているけれど、人の意見にはしっかりと耳を傾けられる柔軟な人の方がより最適なところがあります。

柔軟であっても、最終的にはリーダーシップがあり、しっかりと決断することができる人が起業家に向いていると言えるでしょう。

2.行動力がある

考えて行動することも大切です。

しかし、事業を起こすような人は、考えてばかりではなく行動力も必要になってきます。

もし、考えてばかりで何もできないような人だと、起業することを考えていたり、準備ばかりに時間をとられていたりで、最終的に起業まで結びつかないこともあります。

そのため、やると決めたら行動に起こすタイプの人の方が事業主として成功する可能性もあります。

そして、経営に行き詰まった時というのも、企業経営していたら起こりうる事です。

そんな時に、思い切った行動をとることで、起死回生を望むことができるケースも多いです。

ピンチの時に思い切った行動を取れる人が、成功する傾向にあります。

ピンチの時に思い切った行動を取る人は、違う方向性で成功する事もあります。

例えば、少しでも収益が下がったら、さっさとそのような店をたたんでしまうような経営方針で成功しているところもあります。

このように、思い切って方向転換をするとか、さっさと店をたたんでしまうなどの行動力は、事業主としては必要なことと言えるでしょう。

3.人を巻き込める

また、人を巻き込めるのも、経営者としては非常に大切な才能です。

多くの人は、安定を求める傾向にあります。

だからこそ会社員として、雇われるという形で働いている方が多いです。

しかし、事業を立ち上げた当初は基本的に安定はしていません。

ベンチャー企業と言われるような企業は、まだ立ち上げてからそんなに日が経っておらず、安定とは程遠いような状態からスタートするということが多いです。

そのため、一緒に働いてくれる人を確保するのは大変でしょう。

しかし、企業を立ち上げたばかりの時であっても、「この人についていきたい」と思わせる力がある人は経営者としての器があるといえます。

だからこそ、このように人を巻き込み、起業までの間や、起業してからずっと力を借り続けることができるようになることが多いです。

4.人脈がある

企業を起こして、事業を成功させる時には人脈も必要です。

自分1人の力だけだと、どうしても限度があります。

その時に、いろいろな方面に人脈がある人の方が、起業を成功させやすい一面があります。

そのため、ある程度は社交的である方が、事業を起こす人としては成功しやすい傾向にあります。

5.物事を多角的な視点で捉えられる


物事を多角的に捉えられる人の方が、経営者としては成功しやすい傾向にあります。

多角的な観点で捉えることが難しい人の場合は、順調なときはそれで良いでしょう。

しかし、うまくいかないときに、どうしたらいいか分からなくなってしまうことがあります。

多角的に物事を捉え、もしうまくいかなかったら、次はこうするということも色々と考えて実行していく力は経営者に求められます。

6.向上心がある

会社員なら、もし向上心がなかったとしても、リストラ候補に挙げられてしまう可能性はあっても、すぐに職を失うわけではありません。

ただ事業主の場合は、現状に満足してしまうと会社が成長していくのは難しいかもしれません。

常により良いものを提供するという向上心が求められます。

7.好奇心旺盛

経営者には、色々なことに興味を持って、それを実行したり考えたりすることが求められます。

例えば、今やスマホの性能は非常に上がっています。

そこで、スマホの支払いを導入しているタイプの方であれば、うまく時代の波に乗れることでしょう。

今は、現金払いのところも結構あるので、仮にそのような支払い方法導入してなかったとしても、そんなに問題はありません。

しかし、そのままでいくと時代に取り残されてしまう可能性もあります。

このようなことから、新しいサービスをどんどん取り入れていくというのは、経営者としては非常に大切なことです。

それは、支払い対応の話だけではありません。

サービスや、何か商品の提供する企業であっても同じことがいえます。

次はこのブームが来ると予測されたとしたら、いち早く取り入れると言うのも成功の秘訣です。

常に好奇心を持って生活するのも大切になってくるでしょう。

8.決断力がある

基本的に優柔不断なタイプの人は向いていないでしょう。

経営者として働くうえで決断しなければいけない場面はたくさん出てきます。

どう決断するかでその後の会社の運命が決まってしまうこともあります。

そのため決断力は絶対的に必要になってきます。

9.柔軟な考えを持っている

柔軟な考え方を持っている人の方が起業家には向いている傾向があります。

一辺倒に考える人だと、企業が傾いた時に、どのように方向転換をしたらいいか分からなくなってしまうことがあります。

状況に応じて様々な対応をしていかなくてはいけないので、柔軟な考えが求められる場面は多いと思います。

10.情報収集能力がある

何かを提供するサービスにせよ、商品にせよ、何が今1番需要があるのかを情報収集する必要があります。

こちらがどんなに良いと思っていても、需要がなければ、成立しないこともあります。

新たなブームの火つけとなる可能性もありますので、追いかけるのではなく、新しく何かを生み出していく必要もあります。

新しいものを生み出すにしても、消費者にマッチしないとヒットしません。

情報の取捨選択ができる

最近は非常に情報過多の時代です。

だからこそ、情報の取捨選択が大変になってきているところがあります。

とある心理学によると、選択肢があるというのは幸せに感じられるところがありますが、逆に選択肢が多すぎることによって選ぶストレスがかかり、結果的にあまり幸せではない心理状態になると言われています。

心理テストとして、情報を消費者に購入させるというものがあって、3種類程度のジャムがある状態、10種類以上のジャムがある状態だとしたら、購入比率が非常に高かったのが3種類程度のジャムだったと言われています。

このように、選ぶのは非常に負荷がかかることです。

そこで大切な事は、ある程度たくさんありすぎる位の情報を取捨選択することができる力です。

それがうまくできる人が、時代の波に乗って、時代にマッチした商品やサービスを生み出す力になるところがあります。

11.コミュニケーション能力が高い

また事業主にはある程度のコミュニケーション能力が求められます。

従業員を雇って経営する形になるとしたら、従業員と円滑にコミュニケーションをとっていく必要があります。

ワンマンな人だったとしたら、経営が順調な間はまだ良いのですが、傾いてくると従業員がやめてしまうなど立ち行かなくなってしまう可能性もあります。

普段からコミュニケーションをとり、信頼関係を築いておくことは大切です。

また何かの商品を提供したり、サービスを提供したりする場合は、その先にお客様がいます。

お客様とコミュニケーションを取る必要がある可能性もあります。

12.コツコツ努力できる

経営者と言うと、お金持ちで良い車に乗っているイメージがあります。

華やかに見えるところがありますが、現状に保つには、こつこつとした努力が必要です。

努力をすることによって、経営を成り立たせることができます。

例えば、美容院は技術の向上のための努力は欠かせません。

だからこそ、練習は非常に大切になります。

そして美容院の経営をするにあたっては、このような技術力の向上だけではやっていけないところがあります。

年賀状であったり、暑中見舞いであったりの季節ごとのご挨拶も欠かさず行っているところも多いです。

このようなきめ細やかなことが、リピーターへと繋がっていきます。

一見小さな事でもコツコツと努力をすることが、経営者にとって必要なことと言えるでしょう。

13.自信がある

経営者は自分に自信を持っている人の方が多いです。

「そんなこと、かなうわけがない」と言うようなことでも、絶対にできるという自信を持って行っているところがあり、本当に成功してしまう例も大変多いです。

このようなことから、動揺せずに、大きなこともなしえてしまう自信がある人の方が事業主の器としては向いている傾向があります。

物怖じしない

事業を動かすと言うのは非常に大きなことです。

だからこそ、心配してばかりだと事業主たちが務まらないところがあります。

そのような点から、物怖じしない人の方が事業主としてやっていくには非常に向いていると言っても良いでしょう。

14.常に目標を持ち、達成しようとしている

会社員の場合でも、目標を持って達成した方がより良いパフォーマンスが出せる一面があります。

しかし、仮にそこまでの目標が持てなかったとしても、すぐに路頭に迷うわけではありません。

そのような点でも会社員は、ある程度保護されているともいえます。

ただ事業主ともなるとそうはいきません。

より安定して企業を守っていくには、常に新たな目標を持ち、それを達成するということを目指しているところがあります。

また目的設定も非常に明確で、具体的な数値を上げていたり、決して「ビックになる」などという適当なことを言わない事も経営者としては大切です。

15.自分の力量を把握している

どんな人でもそうですが、人には限度があります。

どうしても苦手なジャンルは、誰でもあります。

具体例を挙げると、「デザインは任せて!」と言える位得意だけど、お金の管理がどうしても苦手ということもあるでしょう。

このように自分の力量を正確に把握し、苦手な事は人に任せることを視野に入れることも必要です。