CoCoSiA(ココシア)

偉い人ってどんな人?本当に偉い人の...(続き3)

9.グループの中心的な存在である

偉い人は、基本的にリーダーシップが取れる人が多く、グループに所属していると中心的な存在になる一面があります。

たとえリーダーではなくても、一目置かれるような存在になることも多いです。

だからこそ、そのような人は発言権がなんだかんだで強くなるところもありますし、いろいろな意見を取りまとめるような力量もあります。

このようなことから、グループにいても皆から尊敬される一面があるのです。

多くの意見をまとめることができる

先ほども触れたように、多くの意見をうまくまとめることができることも特徴です。

このまとめ方も色々とありますが、皆を納得させるようなうまい事も特徴の1つなのではないのでしょうか。

例えば、2つの意見をうまく融合させるようなまとめ方をすることもあるのかもしれませんし、複数回何か作業を進めるのであれば、A案とB案を交互にするなどのまとめ方をすることもあるかもしれません。

いろいろなことがあるので、必ずのようなまとめ方になるとは限りませんが、うまくまとめることができるのは偉い人の特徴と言えるのではないのでしょうか。

みんなを同じ方向に向かせることができる

中には、このようなカリスマ性を持ち合わせている人もいます。

1つのことを成し遂げるには、基本的に皆が同じ方向性を向いていることが大切です。

よくバンドグループが、音楽性の違いで解散することがあります。

方向性が違う人がいると、そのグループはうまくいかなくなってしまうのです。

偉い人は、なんだかんだでみんな同じ方向に向かわせることができるのです。

中には全くその気がなかった人でも、うまくその気にさせるのが上手い人もいます。

仕事をしている職場でもそのような人はいますし、プライベートでもさりげなく自分が思うように誘導できるような人もいます。

10.自分の思いや意見を正確に伝えることができる

言葉というものは大変難しいものです。

ときには、誤解を生んでしまうこともあります。

特に伝えるのが難しい言葉もあるでしょう。

そんな時に自分の思いや意見を正確に伝える、高いコミュニケーションスキルがある人は成功しやすい一面があります。

なぜなら自分の意見や思いをうまく伝えることによって、うまく人を動かすことができるからです。

仕事ができる人は、部下の時代はただ仕事に対する能力が高ければ問題はありません。

しかし仕事に対する能力があるだけで、思いや意見を伝えることが苦手な人は、上司の立場になった途端につまずく傾向にあります。

それは何故かと言うと、上司になると自分1人では捌き切れない仕事を担当することになりますし、それにはうまく部下に仕事を振り分けていく必要があります。

こんな時にうまく気持ちを伝えることができないとなると、部下がうまく動いてくれない可能性もあります。

そして「なぜできないんだ!」と怒ることによって、部下から「言われないことができるわけがない」と反発されることになり、うまくいかないこともあります。

このようなことから自分の気持ちや意見を耐える能力は、上の立場に立てば立つほどに必要になってくる一面があります。

11.新しいことに積極的に挑戦する

新しいことに積極的にチャレンジすることも、偉い人の特徴です。

どんなに安定志向であっても、時代は流れていきます。

時代に流れて変えていかなければいけないところは変えていくべきです。

最近はキャッシュレスでの清算が話題になっていますね。

ここで現金にこだわるのも1つなのかもしれませんが、もう少ししたら時代に取り残されてしまうかもしれません。

このように時代はどんどんと変わっていっていますので、時代に合わせていろいろなことにチャレンジしていくことが必要です。

12.他人の意見を尊重できる

また偉い人は他人の意見も尊重し、良い意見を柔軟に取り入れていくことができます。

やはり自分1人だけの頭では限界があります。

いろいろな集まりに参加することもありますが、多くの人の知恵を出し合って物事をやり遂げていく方が、結果的にうまくいくことも知っています。

自分1人の力だけだと、うまく成し遂げていくことができなかったであろう場面もたくさんあります。

偉い人は、そのことをよく知っているのです。

いろいろな意見を尊重し、良いところは積極的に取り入れていくことでより良いものを生み出していくことができます。

13.固定概念に縛られない

固定観念に縛られすぎないのも、偉い人の特徴です。

固定観念はうまくいっているときは問題なくても、うまくいかなくなったときに柔軟性に欠けていると困ってしまうことになります。

固定観念があると、うまくいかない方法に固執してしまうケースもあります。

結果的にそれが足枷になってしまっかのせもありますので、固定観念に縛られず色々と柔軟に捉えていくことができる方がうまく物事を進めていくことができる可能性が上がります。