映画や漫画を見ていると、主人公は「やる時はやる男」。

普段は頼りない存在なのに、いざという時は、みんなを助けるヒーローになれる。

そんな主人公を見て、自分もこんな風になりたいと憧れる人も多いでしょう。

やる時はやる男の人は、普段はパッとしない存在であり、目立つような行動はあまりしません。

しかし、みんながピンチに陥ったときに、自分を犠牲にしてでもみんなを助けることができる存在であり、「男らしい」一面を持っています。

今回のテーマは「やる時はやる男」について。

やる時はやる男にはどういう特徴があるのか、そして、どういう心構えでいれば、いざという時にみんなを助けるヒーローになれるのかを具体的にお伝えしていきたいと思います。

やる時はやる男ってかっこいい!

やる時はやる男というのは、男女問わず「かっこいい!」と思われる存在。

いつもはやる気がなさそうにしているのに、いざという時は誰よりも頼りになる…そんなギャップが魅力の1つです。

できなさそうに見えるのに、本当は誰よりもできる…そんな男らしい一面を見ると、好きになってしまうという人も多いでしょう。

いざという時に頼れる男性というのは、言動だけでなく、行動も伴っています。

ピンチの時は、自分が犠牲になっても周囲を守ろうとする男気を持ち合わせているのが魅力。

逆に、口ではかっこいい事を言っていても、いざという時は全く頼りにならない男性は、評価が下がってしまいます。

やる時はやる男は、人間力が他の人よりも高く、魅力的な存在。

普段はボーっとしていて、いざという時は頼れる男らしい存在。

そのギャップに好感度が高まる女性も多いはずです。

本当にいい男は「やる時はやる男」

特に女性は、本当にいい男は「やる時はやる男」だというのを分かっています。

いくら口でかっこいい事やエラそうなことを言っても、中身が伴っていない男性というのは、女性にはバレています。

言葉だけで、中身が伴っていない男性ほどかっこ悪いものはありません。

自分をよくみせようと頑張るという行為は、自分の評価を下げるだけです。

評価は他人が行うものであり、他人からどう見られているかが全て。

やる時はやる男は、そのことを分かっているため、無駄にかっこつけたりはしません。

本当にいい男になりたいのであれば、言葉ではなく、行動で示すことが大切です。

やる時はやる男というのは、自ら自分をよく見せようということはしません。

自分の評価は他人がしてくれるものだと分かっているからこそ、無駄なことは言わない主義なのです。

やる時はやる男の21個の特徴


やる時はやる男は、普段はとても目立たない存在。

そのため、やる時はやる男なのか、そうではないのかが区別がつきにくい存在でもあります。

とはいえ、いざという時に誰を頼るべきなのかは、見極めておきたいと思う人も多いはずです。

また、やる時はやる男を目指したいと考えている人は、やる時はやる男は、どういう人達なのかを知る必要があります。

やる時はやる男の考え方や志、特徴を知らずして、ただ闇雲に目指すのは禁物です。

やる時はやる男には、共通点があります。

この共通点をすることができれば、やる時はやる男を目指すことができます。

では、やる時はやる男の21個の特徴を具体的にお伝えしていきましょう♪

普段はやる気がない

やる時はやる男は、普段からやる気があるわけではありません。

自分がやらなくていいことや、関心がないこと、どうでもいいと思う事に対しては、率先的に動こうとしない人もいます。

自分をよく見せようともしないため、いわゆる「意識高い系」とは程遠いかもしれません。

普段は、率先的に行動をしたり、みんなを引っ張っていくようなことをしないため、「非協力的」な人だと思われる時もあるでしょう。

みんなが盛り上がっていても、その輪には入ろうとしない所もあり、周囲からは「やる気がない」と思われることもしばしば。

そして、当の本人はそう思われていることを気にもしていません。

普段はやる気がないのは、やる気を出すべきときにパワーを温存しているからともいえます。

いつもフルパワーだったら、いざという時にエンジン切れになってしまうこともあります。

体力を温存するため、普段はやる気がない人に見える一面もあります。

一見デキなさそうに見える


いざという時は頼れる男性に豹変しますが、普段は一見デキなそうだと思われる存在でもあります。

勉強や運動が目立ってできるわけでもなく、平々凡々にやり遂げるタイプ。

そして、ドジで天然という性格を持ち合わせていることもあり、普段は「この人大丈夫なのだろうか?」と不安がられる存在です。

また、プライドが高い人間ではないため、自分をかっこよくみせようとはせず、誰にでも甘えようとする性格の持ち主。

そのため、普段は「デキない人」という烙印を押されています。

しかし、いざとなった時の行動力を見て、見直す人が多いのもこの手のタイプです。

一見、草食系に見えますが、中身は男らしい「ロールキャベツ男子」です。

頼りないと見えても中身は男子。

このギャップにやられる人が続出です。

普段はあまり目立つほうではない

やる時はやる男は、普段はあまり目立つほうではありません。

当の本人は目立ちたいという気持ちがあまりなく、むしろ自分が好きなようにゆったりと生きたいと思うタイプ。

他人から認められたいという承認欲求もあまりありません。

人よりも優れているところを見せたいとは思わないため、目立つタイプではないのがやる時はやる男。

また、勉強や運動も人並みであり、外見も目立つタイプではない普通レベルの人が多いです。

目立たない存在だからこそ、いざという時の男気と頼り甲斐に、魅力を感じる人が多いのです。

むしろ、スポーツ万能、頭がいい、イケメン等、目立つ人というのはいつも注目が集まりやすい存在です。

普段から魅力的な面が見えているからこそ、いざという時に何かをしても分かりづらいという欠点があります。

しかし、いざという時にやる男は、普段はあまり人には注目されていない存在です。

だからこそ、人から一目置かれやすいという面もあるでしょう。

正義感が強い

やる時はやる男を突き動かしている原動力は「正義感」です。

理不尽なこと、弱いもの虐め、自分の意思とは反するようなことをされた場合は、きちんと戦うタイプ。

決して見過ごすことはありません。

普段はボーっとしていても、内に秘めた正義感があるからこそ、善悪をきちんと判断することができます。

大抵の人は、正義感は持っていても、自分より権力が上の人には服従してしまいますし、自分の考えを伝えることができません。

しかし、やる時はやる男は、誰が相手でも決して負けることのない正義感を持ち合わせているため、権力に屈することなく戦うことができるのです。

いざという時に強い

やる時はやるという信念を持っていたとしても、実力が伴っていなければ何の意味もありません。

やる時はやる男というのは、いざという時に強い人間です。

人前でその実力を自慢することさえありませんが、実は武闘派であり、知的な人間です。

格闘技で黒帯、また身体能力が高く喧嘩が強い、賢い等、いざという時に強さを発揮できるスペックを持っています。

そもそも本当に強い人というのは、その強さを自慢するようなことはしません。

誰かを守るために強くなっているのであり、自慢するために強くなろうとしていないからです。

自分のポリシーをしっかり持っている

自分のポリシーをしっかり持っている人というのは、善悪の区別、いざという時の判断力、状況に応じての取捨選択が、きちんとできます。

いざという時に頼りになる人というのは、自分の判断軸で決断でき、行動できる人。

そのため、自分のポリシーを持っているか否かというのは非常に重要です。

自分のポリシーを持っていない人は、人に判断を任せたり、いざという時に責任逃れをしようとします。

そして、自分のポリシーがないことをひた隠しにするため、言い訳ばかりを繰り返す傾向にあります。

頭の切り替えが早い

やる時はやる男というのは、瞬時に判断できるか否かも大切です。

普段の生活からは分かりませんが、いざという時は、非常に頭の切り替えが早い人間です。

頭の切り替えが早いという時は、瞬時に状況を把握でき、対応方法を見極めることができるということです。

いざという時に、リーダーシップを取るためには、頭の回転の速さが非常に重要となります。

「どうしよう。」とアタフタしているうちに、時間は経過していきます。

対処ができなければ、物事は悪化していくばかり。

いざという時に、瞬時に判断できる人というのは、周囲から一目置かれる存在であるといえるでしょう。

自分を犠牲にすることを厭わない

普通の人であれば、自己犠牲を選ぶことはなかなかできません。

行動をする前に、自分にとって損か得かを考えてしまうからです。

しかし、やる時はやる男は、自分を犠牲にすることは厭わない性格。

損得よりも、何が正しいかを考えるからです。

自己犠牲は、その瞬間は損した気持ちになるかもしれません。

しかし、周囲の人は必ず見ています。

「この人は信用していい人だ。」「いざとなった時に見捨てない人だ。」と高い評価をしてもらえます。

人間関係は、何事も信頼が大切です。

自分が困った時に、周囲から助けてもらえるかどうかは、今まできちんとした人間関係を築きあげたか…。

やる時はやる男は、目先の損得ではなく、将来的に深い人間関係を築けていけるかどうかで判断しています。

自分を犠牲にすることを厭わないのは、長期的な視点で物事を判断できているからだといえるでしょう。

愛情や思いやりが深い

やる時はやる男は、一見人に興味が無さそうに見えますが、実は愛情や思いやりが深いタイプです。

特に、自分が「仲間」だと認識している人は、自分を犠牲にしても守ろうとします。

また、人から恩は必ず覚えており、いつか恩返しをしようという精神で日々生きています。

言葉には出しませんが、感謝の気持ちを忘れない人でもあり、自分に対して無条件に愛情を注いでくれる人に対しては、出来る限りのことをしてあげたいと考えるタイプです。

不倫や浮気をしない

やる時はやる男は、人を裏切るような行為を嫌うため、不倫や浮気は一切しません。

モテるタイプではありますが、自分が心を許した人にしか興味がない性格であるため、人当たりはよくても、流されるようなことは一切しないタイプです。

言い寄られたとしても、軽くあしらうことができます。

また、気が多い女性が苦手な面もあり、女性特有のアプローチを拒みます。

女性は内面を見て好きになるタイプであり、一時的な感情に流されることはありません。

嫌悪感すら覚えることもあります。

そもそも、不倫や浮気は弱い人間がやることです。

自分の欲を満たすためであったり、暇つぶしであったり、誠実な理由でやっている人は少ないです。

やる時はやる男は、無意味なものに本気になったりすることはありません。

善悪や白黒をはっきりさせる

やる時はやる男は、善悪や白黒をはっきりさせるタイプ。

悪いことは悪いと、臆することなく伝えることができる肝が据わった人です。

また、隠し事をしていたり、曖昧な回答しか得られない場合は、きちんと追求しようとするタイプ。

そこに悪いことが隠されていると考えたなら尚更、はっきりさせようとします。

普通の人であれば、真実を追求できないような空気感であれば、白黒はっきりさせようとしません。

しかし、やる時はやる男は、空気感は察したとしても、真実は追及することが正しいと考えるのであれば、誰が相手でも真実を追求しようという精神です。

特に仕事面で、上司がミスをして、部下にその責任を押し付けようとしていたら、見逃すことなく守ろうとします。

自分の立場が揺るがされる危険性を顧みず、意見を伝えることができる男らしさに、周囲も尊敬してしまいます。

困っている人を放っておけない

困っている人を見ると放っておけないのがやる時はやる男の性分。

道端で困っている人がいたらすぐに助けたり、席なども率先して譲るタイプの人が多いです。

困った人を見つけるとじっとしていられないタイプです。

いい意味で「おせっかい」な性格だといえるでしょう。

また、仕事なども率先して手伝おうとするタイプ。

普通の人は、早く帰りたいという気持ちから、なかなか他人の仕事を手伝おうとすることがありません。

しかしやる時はやる男の人は、気持ちに余裕があるため、率先的にお手伝いをしてくれます。

大抵の人は、困っている人を見ても、自分の予定や気分を優先してしまいがち。

どうしても、自分本位で物事を考えてしまいます。

しかし、やる時はやる男は、自分がどんな状況であったとしても、困っている人を優先するタイプなのです。

よく遊びよく学ぶ

やる時はやる男は、よく遊び良く学びます。

遊ぶ時はとことん遊び、くだらないことをして楽しむ子どもっぽいところもあります。

そのため、羽目を外しすぎてしまうこともしばしば。

反省はしても後悔はしないタイプでもあるといえるでしょう。

しかし、学ぶ時間は集中力が高め、自分に必要な知識を吸収しようとします。

自分のレベルを高めるには努力が惜しみません。

このメリハリが、やる時はやる男へと育つのです。

やる時はやる男は、集中力が人並み以上にあります。

普通の人であれば、勉強をしていても他のことが気になってしまい、携帯を触ってしまったり、テレビを見てしまったりして中断してしまうこともしばしば。

しかし、やる時はやる男は、自分が決めた目標を達成するまでは、きちんと学ぼうという志のため、他のことが気になったりしません。

逆に遊んでいるときは、仕事や勉強のことはすっかり忘れて、遊びに集中しています。

夢や目標がある

人にこそ話しませんが、やる時はやる男は夢や目標をきちんと持っています。

自分のキャリアプランをきちんと持っており、努力をして自分の理想に近づこうと考えているタイプです。

また、夢や目標は非常に具体的であり、計画的を立てて、夢や目標を実現していくタイプ。

また夢や目標を達成しても、また次の夢や目標を見つけ、日々成長しようとしています。

そして、その努力を人に自慢することは決してありません。

大抵の人は、自分をよくみせるため、自分の夢や目標、またどれだけ努力をしているかを人に伝えようとします。

苦労しているからこそ、他人に知ってもらいたいという気持ちは分かります。

しかし、自分の努力を人に伝える事程かっこ悪いものはありません。

やる時はやる男は、自分の夢や目標、そこに向けての努力を他人にひけらかすことはしません。

むしろ、自分との戦いと思っているので、他人に理解を求めることはしないのです。

快活で周囲に人が集まって来る

やる時はやる男は、快活で周囲に人が集まってくるタイプです。

明るくて、元気。

誰からも好かれるタイプです。

またいざという時は頼れる存在でもあるため、人気者であり、自然と周囲に人が集まってくる存在です。

気付けば輪の中心にいるのは、いつも周囲を明るくさせてくれるから。

楽しいことが大好きで、自分だけでなく、周囲を楽しませようとしてくれるところも人気の秘訣です。

人気者であるため、嫉妬をされることも時々あり、言われようもない悪口を言われることもしばしば。

しかし、周囲からしてみると、嫉妬している人に原因があるということが一目瞭然。

持ち前の人間力が、周囲の人への信頼に繋がっています。

ケチケチしていない

やる時はやる男は、損得などは考えず行動をするタイプ。

ケチケチしていません。

みんなが喜ぶことは、存分にしてあげたいと考え、自分が損することは考えません。

例えば、飲み会などでみんなに奢ったり、自分が率先して面倒な仕事を引き受けたりもします。

普通の人であれば、多少なりともケチケチした部分があり、快く大盤振る舞いができない人がほとんど。

しかし、やる時はやる男は、ケチケチした部分が全くないどころか、見返りも求めず、大盤振る舞いができるタイプです。

人が喜んでいるのを見ると嬉しくなる

やる時はやる男が嬉しいと感じる時は、人が喜んでいる姿を見たとき。

そのためなら、多少なりとも労力も苦となりません。

人が悲しんでいる姿はできれば見たくないと考え、人の幸せを望むタイプです。

恋人や友達に対して、サプライズプレゼントをすることや、親孝行で旅行をプレゼントしたりなど、人が照れくさいと思うようなことをするのも、やる時はやる男の特徴。

普段、そんなことをするタイプに見えないからこそ、そのギャップに驚く人が大勢います。

人が喜んでる姿を見るためには、苦労を惜しまないタイプなのが、やる時はやる男の特徴。

自分のことよりも他人を優先にするタイプだからこそ、人が喜ぶことを率先的にできるでのです。

普通の人は、人が喜ぶことをしたら見返りを求めてしまいものです。

しかし、やる時はやる男は、人が喜ぶことに満足を感じ、それだけで十分であるため、見返りを求めるようなことはしません。

自分はやればできると信じている

やる時はやる男というのは、自分ができると信じている人です。

そのため、いざという時は、速い決断と行動ができるのです。

また、失敗をしても、いつか身を結ぶという前向きな考えができるタイプ。

そのため、マイナス思考に陥ることなく、ポジティブな気持ちで行動ができるのです。

大抵の人が、「自分なんて…。」と卑屈な気持ちを抱いて生活をしています。

周囲には分からないようにしても、本当は自信がなかったり、自分の欠点を悩んでいたりと、マイナスな気持ちを抱きながら生きています。

やる時はやる男の人との違いは、自分を信じられるか否かの違いです。

仕事での成績が良い

やる時はやる男は、プライベートはボーっとして見えますが、仕事での成績は非常によいタイプが多いです。

いざというときは真剣に考えて、行動できるタイプであるため、どうやったら成績が出せるかを判断し、行動に移しているため、実慮が伴って来ます。

普段はボーっとしているため、周囲の人から見ると、仕事がデキることが「意外」と思われるタイプ。

元々頭がいいこともありますが、陰ながらの努力家でもあるため、仕事ではすぐに成果を出すタイプです。

また、どのような努力をしているかを周囲に言う事がないため、周囲の人からしてみると、謎が多い人に映ります。

掴みどころがなく、飄々としている所があるため、仕事をしている雰囲気を醸し出さないのです。

どんな仕事にも適応して実力を発揮できる

私生活ではボーッとしているタイプに見えても、仕事に置いては、どんな仕事にも適応して実力が発揮できるタイプであるのが、やる時はやる男の特徴。

仕事も選ぶことなく、与えられた仕事はこなし、結果を残そうと考えるタイプです。

また、新しいことでも物怖じしないで挑戦することができるため、チャンスも多く訪れます。

仕事面に置いての判断力も早いため、周囲から評価されるタイプで、仕事を任せられることが多いでしょう。

オンオフの切り替えが上手

やる時はやる男はオンオフの切り替えがとても上手です。

オフは省エネモードで活動しており、人に関心がなさそうでやる気のない態度がみられます。

しかし、いざという時はスイッチが入り、誰よりも頼り甲斐にある存在に豹変するタイプであるといえるでしょう。

いざという時は自分を犠牲にしてでも周囲を守る人情味に厚いタイプ。

普段からやる気にみなぎっていたら、何かあった時の底力が半減してしまいます。

普段は頼りないくらいが、エネルギー消費量的にはちょうど良いということを自分でもわかっているのでしょう。

大概の人が、オンオフを上手く切り替えられておらず、仕事が上手くいかないと私生活に影響してしまったり、また逆に私生活で嫌なことがあると、仕事が手につかなかったりもします。

しかし、やる時はやる男は切り替えが上手にできるため、感情を引きずることがありません。

そのためいつも強い精神で物事を対応できるのです。

今からでもやる時はやる男になれる!

自分は、「人から尊敬されるような人間ではない。」と思い、やる時はやる男になることを諦めている人も多いのではないでしょうか。

しかし、心構えを変えることで、やる時はやる男になることは可能です。

やる時はやる男とそうでない人の違いは、「男らしさ」。

芯がしっかりしており、曲がったことが大嫌いであること。

必要以上に自分を良く見せようとしない点です。

自分を守ろうと必死になるのではなく、他人からの評価を受け止め、余裕があります。

屋う時はやる男になりたいと考えるのであれば、男らしさを身に着けるようにしましょう。

自分にはできないと諦めている人は、逃げているだけ。

確かに、いざと言う時に困難に立ち向かうことは勇気がいることです。

しかし、勇気を振り絞ることで、周囲からのあなたの印象も変わるはず。

では、やる時はやる男になるための、具体的な方法をお伝えしていきましょう。

人を裏切らないこと

やる時はやる男になるためには、人を裏切らない人間になることです。

人を貶めるような行為はもちろん、裏で人の悪口を言ったり、困っているのに手助けをしないような男らしくない行為も厳禁です。

人を裏切るという行為は、一時的に自分を守ることはできますが、他人からの信頼関係は確実に失います。

他人から信頼されない人間になってしまうと、周囲からは「信用できない人」という扱いをされ、一線置かれた付き合いをされるようになります。

やるときはやる男と思われるためには、周囲から信頼されている事が必要不可欠。

そのためには、人を裏切るような行為は避けること。

その時は損をする役回りとなってしまったとしても、将来に続いていく人間関係を考え、最適な判断をするように心がけましょう。

強い意思を持つこと

また、やる時はやる男になるためには、自分の心の中には強い意志を持つことが大切です。

自分の意思を持っていない人というのは、自分がどう行動をしていいか理解していないことがほとんど。

そのため、いざという時に頼りない対応しかできなかったり、逃げ出すことしかできない傾向になります。

強い意志を持っている人というのは、自分のポリシーが確率しているため、どのような場面でどういう対応をすべきかというのを理解しています。

そのため、ピンチな局面に陥っても瞬時に判断することができますし、自然な行動をとることができます。

やる時はやる男で有名なキャラクター

映画や漫画などで描かれるキャラクターというのは非常に魅力的な存在です。

魅力を感じる理由としては、「ギャップ」。

普段のキャラクターは愛すべきダメ男として描かれているのに、いざという時は男らしく人情に厚い性格に豹変する…。

そんなギャップに魅力を感じている人が多いのです。

やる時はやる男といえば、皆さんはどんなキャラクターを思い描くでしょうか?普段のダメ男さ加減、そしていざという時の男らしさとして人気があるキャラクターをご紹介していきましょう。

ドラえもんの『のび太』

ドラえもんの「のび太」は普段はジャイアンやスネ夫に虐められており、さえない男子。

ドラえもんに頼ってばかりで、勉強も運動もできない、非モテ男子です。

しかし、ドラえもんの映画では誰よりも頼れる男子へと成長します。

のび太の良い所は、普段は頼り甲斐はありませんが、自分の仲間を守るためには、自己犠牲を果たせる強い一面を持っているということ。

その志が、いざという時にリーダーシップを取れる強さに繋がります。

のび太の魅力はダメな一面があり、それを隠そうとしていないこと。

そして、誰よりも先に勇気を振り絞って行動ができるタイプであるということです。

だからこそ、普段は虐めているジャイアンも、いざという時は守ろうとするのです。

銀魂の『銀さん』

銀魂の「銀さん」は普段はおふざけが過ぎるくらい、どうしようもない人間。

女性だったら絶対に付き合いたいと思わない「いい加減」で「下ネタ好き」なところが銀さんの持ち味です。

しかし、銀さんは本当は人情に厚く、仲間想いの一面を持っています。

仲間のピンチの時は、普段とは打って変わって、率先的に仲間を助けにいく、男気溢れた一面を持っているキャラクターです。

そのため、敵が多い性格かと思いきや、実は敵からも愛されてしまうという魅力を持っています。

言いたいこと言い合って、喧嘩をしたとしても、どこか憎めないのが銀さんの魅力なのです。

るろうに剣心の『剣心』

るろうに剣心の「剣心」は普段はボーっとしており、無駄な争いを嫌う性格。

背も小さく、ほんわかした性格であるため、強そうには決して見えません。

しかし、本当は「能ある鷹は爪を隠す」という言葉を体現している剣客の持ち主。

まさにやる時はやる男の代表客であるといえるでしょう。

悪人と対峙した時のギャップに、魅力を感じる人も少なくありません。

そして、どのような場合であっても、自分のポリシーは貫き通す、心身ともに強い人間です。

また、剣心の魅力は、自分が傷ついているのに、それをひた隠しにして周囲を守ろうとするところ。

その繊細さがほっとけないという人も多く、周囲も剣心のことを助けようと思うのです。

やる時はやる男のギャップはたまらない!

やる時はやる男は、男女問わず非常にモテます。

普段はやる気がなく、目立つ存在ではないのに、いざという時は誰よりも男らしく頼れる存在。

そのギャップを魅力に感じる人はたくさんいるでしょう。

また、やる時はやる男は周囲からの信頼も非常に厚く、普段はだらしなかったとしても許せる人間力を持っています。

何もしなくても、周りに人が集まってくる人間力の高さをもっているのです。

老若男女に愛される存在だからこそ、自分もやる時はやる男になりたいと考える人は多いはず。

やる時はやる男になりたいと思うのであれば、まずは志を変えること。

そして特徴を真似すれば、自然と男らしい性格になっていくはずですよ♪