CoCoSiA(ココシア)

やる時はやる男の21個の特徴!ギャップが魅力?


映画や漫画を見ていると、主人公は「やる時はやる男」。

普段は頼りない存在なのに、いざという時は、みんなを助けるヒーローになれる。

そんな主人公を見て、自分もこんな風になりたいと憧れる人も多いでしょう。

やる時はやる男の人は、普段はパッとしない存在であり、目立つような行動はあまりしません。

しかし、みんながピンチに陥ったときに、自分を犠牲にしてでもみんなを助けることができる存在であり、「男らしい」一面を持っています。

今回のテーマは「やる時はやる男」について。

やる時はやる男にはどういう特徴があるのか、そして、どういう心構えでいれば、いざという時にみんなを助けるヒーローになれるのかを具体的にお伝えしていきたいと思います。

やる時はやる男ってかっこいい!

やる時はやる男というのは、男女問わず「かっこいい!」と思われる存在。

いつもはやる気がなさそうにしているのに、いざという時は誰よりも頼りになる…そんなギャップが魅力の1つです。

できなさそうに見えるのに、本当は誰よりもできる…そんな男らしい一面を見ると、好きになってしまうという人も多いでしょう。

いざという時に頼れる男性というのは、言動だけでなく、行動も伴っています。

ピンチの時は、自分が犠牲になっても周囲を守ろうとする男気を持ち合わせているのが魅力。

逆に、口ではかっこいい事を言っていても、いざという時は全く頼りにならない男性は、評価が下がってしまいます。

やる時はやる男は、人間力が他の人よりも高く、魅力的な存在。

普段はボーっとしていて、いざという時は頼れる男らしい存在。

そのギャップに好感度が高まる女性も多いはずです。

本当にいい男は「やる時はやる男」

特に女性は、本当にいい男は「やる時はやる男」だというのを分かっています。

いくら口でかっこいい事やエラそうなことを言っても、中身が伴っていない男性というのは、女性にはバレています。

言葉だけで、中身が伴っていない男性ほどかっこ悪いものはありません。

自分をよくみせようと頑張るという行為は、自分の評価を下げるだけです。

評価は他人が行うものであり、他人からどう見られているかが全て。

やる時はやる男は、そのことを分かっているため、無駄にかっこつけたりはしません。

本当にいい男になりたいのであれば、言葉ではなく、行動で示すことが大切です。

やる時はやる男というのは、自ら自分をよく見せようということはしません。

自分の評価は他人がしてくれるものだと分かっているからこそ、無駄なことは言わない主義なのです。

やる時はやる男の21個の特徴


やる時はやる男は、普段はとても目立たない存在。

そのため、やる時はやる男なのか、そうではないのかが区別がつきにくい存在でもあります。

とはいえ、いざという時に誰を頼るべきなのかは、見極めておきたいと思う人も多いはずです。

また、やる時はやる男を目指したいと考えている人は、やる時はやる男は、どういう人達なのかを知る必要があります。

やる時はやる男の考え方や志、特徴を知らずして、ただ闇雲に目指すのは禁物です。

やる時はやる男には、共通点があります。

この共通点をすることができれば、やる時はやる男を目指すことができます。

では、やる時はやる男の21個の特徴を具体的にお伝えしていきましょう♪

普段はやる気がない

やる時はやる男は、普段からやる気があるわけではありません。

自分がやらなくていいことや、関心がないこと、どうでもいいと思う事に対しては、率先的に動こうとしない人もいます。

自分をよく見せようともしないため、いわゆる「意識高い系」とは程遠いかもしれません。

普段は、率先的に行動をしたり、みんなを引っ張っていくようなことをしないため、「非協力的」な人だと思われる時もあるでしょう。

みんなが盛り上がっていても、その輪には入ろうとしない所もあり、周囲からは「やる気がない」と思われることもしばしば。

そして、当の本人はそう思われていることを気にもしていません。

普段はやる気がないのは、やる気を出すべきときにパワーを温存しているからともいえます。

いつもフルパワーだったら、いざという時にエンジン切れになってしまうこともあります。

体力を温存するため、普段はやる気がない人に見える一面もあります。

一見デキなさそうに見える


いざという時は頼れる男性に豹変しますが、普段は一見デキなそうだと思われる存在でもあります。

勉強や運動が目立ってできるわけでもなく、平々凡々にやり遂げるタイプ。