「露呈」とはどのような意味なのでしょうか?

今回は、正しい使い方や間違えやすい「露見」との違いなど、例文を交えて分かりやすく解説していきたいと思います。

「露呈」の意味や使い方を学ぼう!

「露呈する」という言葉はニュース等でよく耳にする言葉だと思います。

しかし、言葉に含まれている本当の意味を正しく理解できているかどうかは怪しいところですね。

そのようなあやふやな知識を完璧なものにして自身の知識を広げていきましょう。

「露呈」の読み方

「露呈」という漢字の読み方ですが、「ろてい」と読みます。

特に難しい読み方ではありませんね。

「露呈」の意味


それでは「露呈」の意味についてじっくりと解説していきましょう。

隠れていたものが表に現れ出ること

「露呈」の意味は「隠れていたものが表に現れ出ること」です。

隠れていたものが故意であっても、また偶然の産物で表に出たとしても関係ありません。

とにかく今まで隠れていてみえなかったものが見えるようになってしまった事態。

この状態を「露呈」というのです。

物事をあらわにすること

「露呈」の意味としてさらに深く掘り進めたものが、この「物事をあらわにする」という内容になります。

「あらわにする」ということですから、これは人為的に何らかの目的を持って隠されていたものを人前にさらす行為、ということです。

または人為的ではなく自然現象として隠れていた全体像が浮かび上がってきた、という解釈も成り立ちます。

さらけ出すこと

「さらけ出す」という表現も「露呈」の意味をなします。

「さらけ出す」とは「隠すところなく全てをありのままに見せる」という現象です。

これも人為的・自然的に関わらず「見える」という点を重視したニュアンスとなっています。

「露呈」の意味をまとめると…

それでは「露呈」の意味についてまとめてみますと、

・人の手によって暴かれたり自然現象によって人前に現れたりしてもどちらでもよい
・それまで見えていなかった部分が見えて全体像を把握できるようになった
・「露呈」されることによってものごとの「善悪」がはっきりした

という事になるでしょうか。

「露呈」にはできたら人前にさらさずにずっと隠匿しておきたい、という陰謀のような臭いも感じられるニュアンスがあるのです。

よって非常に人間くさい感じが漂う言葉だといえるでしょう。

「露呈」と「露見」の違い


それではここからは「露呈」と「露見」の違いについてみていきましょう。

どちらも非常に似た言葉だけにしっかりと両者の違いを押さえておきましょう。

「露見」の意味

「露見」とは、「秘密や悪事など隠していたことが表に現れること。ばれること。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E9%9C%B2%E8%A6%8B/より引用

つまり世の中に公表されたり表沙汰になってしまったら、都合のよくないことが何らかの手段によって白日の下にさらされた状態をいいます。

隠されていたものの違い

では「露見」と「露呈」はどのように違うのでしょうか?ひとつずつ順序を追って説明してまいります。

「露呈」の場合

「露呈」の場合の隠されたものは、世間に公表されてもさしたる痛手や不利益を被らないものを指します。

ただ、できたらば世間一般には知らしめたくないし表に出ないのならそのままにしておきたい、という意味合いがこもってくるでしょう。

「露見」の場合

一方、「露見」の場合の隠したいものは、完全に世の中から隔離し人の目に触れてはいけないもの全般を指します。

言うならば「秘密」や「機密事項」というものですね。

もしくは悪事を働いた場合の「証拠」とでもいうものを指します。

つまり「露呈」と「露見」の違いは…

つまり「露呈」と「露見」の決定的な違いは隠しておいた中身が犯罪性があるかないか、という事になってくるでしょう。

例えばSNS上に流された飲食業界における厨房内での不適切な映像。

もしくは年金機構のずさんな管理体制。

あるいは2020年になってもまだ火種のくすぶる「桜を見る会」の名簿問題。

これらはいずれも露見してしまったものであり、明らかに「露呈」とはいえません。

いずれも秘密にしておきたかった問題といえますからね。

例文で見る「露呈」の使い方

それではここからは「露呈」についての例文を紹介していき「露呈」という言葉の実際の使われ方についての最終確認を行っていきましょう。

自分の心の内を露呈する

この例文に出てきます「露呈」、これは自分の心の内の中にある、今まで公表しなかった秘めたる思いを周囲の人に堂々と公言したことを表します。

人はなかなか自分の心の中を人前でオープンにすることはありません。

それを自らの意志で公表したところで、別に世の中全体に悪影響を及ぼすことがないものです。

強いて言えば自分自身が恥ずかしい思いをするくらいでしょう。

「露呈」というものはこういったニュアンスがあるのです。

チームの弱みを露呈する

通常、チームというものは自らの弱点を相手に悟られないように行動するものです。

それを自らの失態によって公衆の目にさらしてしまった、という内容の例文となります。

チームというものは勝つために存在します。

よってライバルに知られないように振る舞うのが鉄則です。

それが白日の下にさらされたのですから、見事に秘密が「露呈」した、ということになりますね。

お酒を飲むと本性が露呈する

人の本性というものは普段は分からないものです。

ところがお酒というアルコールが人間の心のたがをゆるめてしまいます。

よって人に知られたくなかった自分の本性を惜しげもなくさらしてしまうことは、よくある光景です。

この例文の場合、世の中の規範に反した行動をとっていない「本性」なのであれば「露呈」を使います。

ところが過去に重大な犯罪を犯し、今も逃走中といった内容の隠し事ならば「露見」の方がふさわしくなってしまうでしょう。

知られざる彼の生活が露呈された

「知られざる彼の生活」の内容が特に世の中の公序良俗に反した内容であるのなら「露見」という言葉で事足りるでしょう。

彼の生活の中身があまりにも世間の常識から離れていたから「露呈」という表現になってしまったといえますね。

取り立てて驚くような内容でなければ、わざわざ「露呈」という言葉は使いませんからね。

社内での大きな問題が露呈した

この例文に出てきます「露呈」は社内における表沙汰にしたくない問題の露出を表しています。

きっと会社の人間にとったら、この問題がここまで大きくなるとは夢にも思っていなかったのかも分かりませんね。

予防線を張って露呈することを阻止しておくべきだったでしょう。

売り上げから消費者の需要が露呈した

この例文の「露呈」は売り上げをあげる立場の人からみたら、喉から手が出るほど欲しかった「情報」と同じ意味を成しているといえます。

消費者の需要、いわゆる「ニーズ」を掴めたのです。

このような「露呈」ならば誰も嫌な思いはしないことでしょう。

「露呈」の類義語

それでは次にまいります。

ここからは「露呈」の類義語をみていくことにしましょう。

発覚

「発覚」とは、「隠していた悪事・陰謀などが明るみに出ること。」という意味です。

「発覚」で表に出てでしまう中身は悪事や陰謀となっていますので「露呈」よりもさらに悪い印象のある言葉となります。

ただ、両者とも表沙汰にしたくないことに間違いはありません。

そういった意味で「発覚」は「露呈」の類義語扱いでよろしいでしょう。

摘発

「摘発」とは、「悪事などをあばいて世間に発表すること。」という意味です。

「摘発」という言葉からうける印象は「発覚」や「露呈」よりもさらに一歩踏み込んだ「犯罪」の匂いがプンプンします。

つまり検察や税務署といった法の番人の立場から暴かれているからです。

そういった意味で大儀的にみれば類義語扱いですが、細かくみていけば性質的にかなり中身の違う内容となるでしょう。

出陳

「出陣」とは、「戦い・試合に出ること。戦場へ向かうこと。」という意味です。

大きな意味的には「出ること」という部分が適合してきますので「露呈」と類義語扱いは可能でしょうが、細かく煮詰めれば意味の相違があちこちに露呈しそうです。

それは「出陣」が戦いの舞台に限定されているからにもよるでしょう。

そういった意味では「出陣」と「露呈」を類義語扱いにするのは、少々無理があるかもわかりません。

ただ「出陣」するということは、それまで正体を隠していたこちらの思惑を周囲に露呈させることになりますから、やはり広義的には類義語扱いすることが素直な印象となるでしょう。

開示

「開示」とは、「はっきり示すこと。説き明かし示すこと。教えさとすこと。」という意味です。

つまり包み隠さずに全てを公にしている部分で「露呈」と同じ意味を成す、というわけですね。

また「開示」も「露呈」も自らの意思による開放と他者からの要求を受けた場合の開放の両方を含みます。

この部分も両者が大きく同じ意味合いを成す類義語として認識していいところでしょう。

暴く

「暴く」とは、「人が隠していること、気づかないでいることを探り出して公にする。暴露する。」という意味になります。

公にしてしまう部分においては「露呈」とほぼ同じ意味合いになりますので、両者は類義語として認識していいでしょう。

ただ「暴露」の方が「露呈」よりもいささか不正の匂いが強いですね。

それに暴露される中身が人からの好奇の目を向けられやすいスキャンダル性を含んでいる可能性も高いでしょう。

そういった部分においては、意味合いを異にしてしまう言葉ともいえるでしょう。

晒す

「晒す(さらす)」とは、「広く人目に触れるようにする。」という意味です。

広く人目に触れてしまうのですから、隠れていたものが人前に出てしまうのと同じ意味になります。

よって広義的にも狭義的にも両者は類義語として扱っていいでしょう。

ただ「晒す」の方が自分にとっては恥ずかしい内容の秘密を公にされた思いがあります。

よってそのことによって秘密を公の元に晒してしまった人物に対して、不快感や憎悪の気持ちを抱いてしまう可能性もついてくるかもわかりません。

「晒す」には「露呈」以上の感情の憤りが込められてくることでしょう。

バレる

「バレる」とは、「秘密や隠し事などが露見する。発覚する。」という意味があります。

隠したいことが公になってしまう「露呈」とほぼ同じ中身といえるでしょう。

そして露呈のされ方やバレ方がどうだったのかは関係ありません。

公衆の元に全貌を明らかにするさまをもって類義語としての関係が成り立つのです。

「バレる」も「露呈」もどちらもその隠し事をもっていた方にすれば、計り知れないダメージがあることは今更説明する必要もありませんよね。

「露呈」を使うときはその状況を考えてから!

今回は「露呈」という言葉について説明してまいりました。

「露呈」とは隠し続けておきたかったことや、人目に触れさせたくなかった事が公衆の面前にさらけ出される事態をいいます。

そして「露呈」には多くの類義語も存在することになります。

よって今一度、「露呈」の正しい意味を理解しておきましょう。

特によく似ている「露見」との違いには注意しておきましょう。

「露呈」という言葉は、社会生活を送っていくにあたって頻繁に見聞きする言葉です。

正しく理解し正しい使い方をして、自身のコミュニケーション能力の幅を広げていってくださいね。