CoCoSiA(ココシア)

「露呈」とはどういう意味?「露見」との違いや使い方・例文を紹介


「露呈」とはどのような意味なのでしょうか?

今回は、正しい使い方や間違えやすい「露見」との違いなど、例文を交えて分かりやすく解説していきたいと思います。

この記事の目次

「露呈」の意味や使い方を学ぼう!

「露呈する」という言葉はニュース等でよく耳にする言葉だと思います。

しかし、言葉に含まれている本当の意味を正しく理解できているかどうかは怪しいところですね。

そのようなあやふやな知識を完璧なものにして自身の知識を広げていきましょう。

「露呈」の読み方

「露呈」という漢字の読み方ですが、「ろてい」と読みます。

特に難しい読み方ではありませんね。

「露呈」の意味


それでは「露呈」の意味についてじっくりと解説していきましょう。

隠れていたものが表に現れ出ること

「露呈」の意味は「隠れていたものが表に現れ出ること」です。

隠れていたものが故意であっても、また偶然の産物で表に出たとしても関係ありません。

とにかく今まで隠れていてみえなかったものが見えるようになってしまった事態。

この状態を「露呈」というのです。

物事をあらわにすること

「露呈」の意味としてさらに深く掘り進めたものが、この「物事をあらわにする」という内容になります。

「あらわにする」ということですから、これは人為的に何らかの目的を持って隠されていたものを人前にさらす行為、ということです。

または人為的ではなく自然現象として隠れていた全体像が浮かび上がってきた、という解釈も成り立ちます。

さらけ出すこと

「さらけ出す」という表現も「露呈」の意味をなします。

「さらけ出す」とは「隠すところなく全てをありのままに見せる」という現象です。

これも人為的・自然的に関わらず「見える」という点を重視したニュアンスとなっています。

「露呈」の意味をまとめると…

それでは「露呈」の意味についてまとめてみますと、

・人の手によって暴かれたり自然現象によって人前に現れたりしてもどちらでもよい
・それまで見えていなかった部分が見えて全体像を把握できるようになった
・「露呈」されることによってものごとの「善悪」がはっきりした

という事になるでしょうか。

「露呈」にはできたら人前にさらさずにずっと隠匿しておきたい、という陰謀のような臭いも感じられるニュアンスがあるのです。

よって非常に人間くさい感じが漂う言葉だといえるでしょう。

「露呈」と「露見」の違い


それではここからは「露呈」と「露見」の違いについてみていきましょう。

どちらも非常に似た言葉だけにしっかりと両者の違いを押さえておきましょう。

「露見」の意味

「露見」とは、「秘密や悪事など隠していたことが表に現れること。ばれること。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E9%9C%B2%E8%A6%8B/より引用

つまり世の中に公表されたり表沙汰になってしまったら、都合のよくないことが何らかの手段によって白日の下にさらされた状態をいいます。

隠されていたものの違い

では「露見」と「露呈」はどのように違うのでしょうか?ひとつずつ順序を追って説明してまいります。

「露呈」の場合

「露呈」の場合の隠されたものは、世間に公表されてもさしたる痛手や不利益を被らないものを指します。

ただ、できたらば世間一般には知らしめたくないし表に出ないのならそのままにしておきたい、という意味合いがこもってくるでしょう。

「露見」の場合

一方、「露見」の場合の隠したいものは、完全に世の中から隔離し人の目に触れてはいけないもの全般を指します。

言うならば「秘密」や「機密事項」というものですね。

もしくは悪事を働いた場合の「証拠」とでもいうものを指します。