良し悪しは、日常的にしばしば使われる言葉なのですが、特に会社などでは頻繁に使われる言葉の一つです。

今回は「良し悪し」の意味や、正しい使い方を例文を元にしてしっかり把握していきましょう。

「良し悪し」の意味って?

「良し悪し」の意味をさっとみていきましょう。

「よいことと悪いこと。よいか悪いか。ぜんあく。よしわるし。」「よいとも悪いともすぐには判断できかねる状態であること。よしわるし。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%96%84%E3%81%97%E6%82%AA%E3%81%97_%28%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%82%E3%81%97%29/より引用

ある何かの物事や事象について、良い事と悪い事を指していう時に使われる言葉です。

私たちを取り巻く環境や便利な道具などは勿論、良い部分がふんだんにある反面、それが私たちにとって悪い結果をやがて呼び込んでしまうことになるものもあります。

そういった状況を予測したり個人の見解として述べるときに「良し悪し」という言葉は頻繁に使われることになるのです。

「良し悪し」の読み方

それでは次に「良し悪し」の読み方をご紹介しておきましょう。

「良し悪し」は「よしあし」と読みます。

特に難しい読み方ではありません。

「よしわるし」は間違い

「よしわるし」と読んでしまう方もいるかもしれません。

もし学校で漢字の読み方テストに出たら不正解になってしまいます。

読み方はしっかりと覚えておきましょう。

「良し悪し」の使い方まとめ


ここからは「良し悪し」の使い方を例文を元にしながら紹介していきましょう。

1.物語の良し悪しをあらすじで判断する

この例文では、ある「物語」についてその良し悪しをあらすじを読むことによって判断しようとしているさまを描いています。

新刊の本や新しいドラマが自分にとって有益な内容かどうか、その判断をあらすじで見極めようということですね。

2.情報の良し悪しをすぐに判断するのではなく、まずは信憑性を確かめるべきだ

「情報」というものは、必ずしもそのすべてを全面的に信用するわけにはいかない要素が多々含まれています。

この例文の「良し悪し」は情報には信憑性というものがあって当然だから安易に信じ込まず、よく調べてから活用するように忠告した内容になっていますね。

3.どちらの商品にも良し悪しがあり、決められない

商品というものは使う人にとって、有益にもなれば反対のケースになる場合もあります。

よってこの例文は商品の良し悪し、つまり使用者にとって役に立つか否かを問うている内容になっているのです。

4.彼女は性格の良し悪しがあるが、本当は心優しい人である

彼女に限らず人間というものの性格はものすごく多様性に富んでおり、ひとつとして同じ性格はありません。

この例文の良し悪しは彼女の性格を問うています。

本当は優しい性格をしているのだが、相手によっては印象を悪くしてしまう結果になることもある、といっているようですね。

5.どんなことに対しても良し悪しを把握しておく必要がある

人間が世の中においてとりおこなうことには、必ずといっていいほど裏と表があります。

そのことを行うことによって、影響してくることや結果をあらかじめ把握しておくこと、という意味がこの例文には込められていますね。

人がおこなうことが世の中全ての人にとって賛同を得られるなら、それに越したことはないのですが主義や主張、性格などによって人の価値観は多種多様という現実を認識しておくべき、というニュアンスが込められているのです。

6.スマートフォンは便利だが、目に良くないので良し悪しがある

スマートフォンは大変、便利なグッズです。

しかし、何事も依存しすぎると人間の体にとってよくありません。

スマートフォンも例にもれず、依存してしまうとブルーライトの影響で目によくないのです。

つまりこの例文の「良し悪し」は、スマートフォンの良い点と悪い点を挙げていることになりますね。

7.見た目だけで人の良し悪しを判断するのは良くない

人の外見というものは大切です。

美人・美男の容姿ならば、多くの人がその人のことを褒めたたえ羨望の眼差しで見てくれます。

半面、見た目がいまいちだと、根拠もないのに能力が劣ってるなどの勝手な想像をされてしまいがちです。

人の能力を見た目だけで良し悪しの判断にしてしまうことを戒めた例文となっているということです。

8.このサービスは安いが満足度に欠ける良し悪しが顕著なものとなっている

サービスにもいろいろなタイプがありますが価格のサービス、つまり他より安く買える商品、というサービスには結構、落とし穴があるものです。

つまり「安かろう、悪かろう」ということですね。

買ったときは他の同じような商品よりもかなり安かったので大満足だったのですが、1カ月もしないうちに故障したり耐久度が落ちて使い物にならなくなる。

結局、長い目でみたら満足度におおいに欠ける結果となる、ということをいっているのです。

9.コンテストの演奏の良し悪しを判断するのは審査員である

コンテストの演奏における良し悪し。

つまり審査員の耳に満足を与え、合格点を与えられる演奏レベルに達しているか、ということになります。

審査員の耳を満足させることができなければ、人前にはとても出せない、ということになるのです。

10.実力が出せなかった演奏で良し悪しを判断され、悔しい思いをする

演奏において本来もっていた実力を出し切れなかったせいで、聴いた人から悪い評判を受けてしまった。

自分が下手な演奏家という判断をされてしまい悔しい思いをしている心情を描写しています。

人前で演奏する機会はそう多くないでしょう。

だから後で後悔のないよう全力を出し切れるようにするのが演奏家の努めなのです。

良し悪しの判断に納得いくようにベストを出し続ける準備が必要でしょう。

「良し悪し」の類義語を集めました


それでは次にまいります。

今度は「良し悪し」の類義語についてみていくことにしましょう。

1.一長一短

「一長一短」とは、「人や物事について、いい面もあり悪い面もあること。長所もあり短所もあって、完全でないこと。」となります。

いいことと悪いこと。

良い面と悪い面という意味の「良し悪し」と言葉が少々違うだけで根本的な意味は全く同じとみていいでしょう。

類義語というよりも同義語に近い印象を受ける言葉ですね。

2.プラスマイナス

「プラスマイナス」の意味は当然ながら「長所と短所」です。

「良し悪し」の英訳版ともいえる言葉です。

ただ、今の時代ならば「良し悪し」よりも「プラスマイナス」という言い方をする方が多いかもわかりませんね。

それくらい「ぷらすまいなす」という言葉は、広く世の中に浸透しているということです。

3.メリット・デメリットがある

「メリット・デメリット」の意味も今更ながら必要ないくらい浸透しています。

つまり「良い面と悪い面」です。

「長所と短所」ととってもいいでしょう。

「メリット・デメリット」も「良し悪し」よりも広く世の中で使われる言葉でしょう。

4.両面がある

「両面がある」とは「裏表がある」ということになりますね。

つまり、ものごとには常に良い面もあれば悪い面もある、という意味に捉えられます。

「両面がある」という言い方も「良し悪し」と並んで活用される場面の多い言葉です。

覚えておいて損はないでしょうね。

5.可否

「可否」とは、「よいかよくないか。事のよしあし。」「賛成と不賛成。可決と否決。」となっています。

つまり「可否」も「良し悪し」も全く意味的に違いはない、ということになります。

ただ、使われる場面によってどちらを使うか、若干頭を使うこともあるかもしれません。

それは「可否」には「賛成と不賛成」といったように決を取る行動にも用いられるからです。

6.是非

「是非」とは、「是と非。正しいことと正しくないこと。また、正しいかどうかということ。」「物事のよしあしを議論し判断すること。批評すること。」となります。

「正しいことと正しくないこと」を表していますから「良い面と悪い面」の「良し悪し」とはほぼ同じ意味です。

類義語として扱っていいでしょう。

ただ、広義的にとると、その物事が正しいかどうかを糾弾しているかのような印象も受けます。

その点では「良し悪し」よりも性急な言葉といえるでしょう。

7.当否

「当否」とは、「あたることと、あたらないこと。あたりはずれ。」「道理に合うことと合わないこと。よしあし。」となります。

前者の「あたりはずれ」では類義語とはいえないでしょうが、後者の「道理に合うことと合わないこと」は「良し悪し」の類義語となります。

日本語の言葉には意味が一つだけという言葉もあればそうでないものもあります。

この点を注意してコミュニケーション能力を磨きましょうね。

8.適否

「適否」とは、「適することと、適さないこと。また、適するか、適さないか。適不適。」となります。

「適しているか」ということは、突き詰めてみれば「良いか、悪いか」という解釈も成り立ちます。

よって「適否」は「良し悪し」の類語として成り立つのです。

9.善悪

「善悪」とは、「善と悪。よいこととわるいこと。また、善人と悪人。」となります。

「善悪」は「良し悪し」に比べれば、スケールが大きい印象を受けます。

特に「善人・悪人」という意味になってくると「良し悪し」程度では計れないものごとの重さを感じさせます。

しかし、「善悪」も「よいこととわるいこと」という意味を持ちますから、ここは類義語として活用できるようにしておきましょう。

10.良悪

「良悪」とは、「よい点も悪い点もあって、どちらか一方にと急には決められない状態。また、よいか悪いかを簡単に判断はできないが、どちらかといえば悪い状態。」となります。

この「良悪」、読み方によってはほとんど「良し悪し」と同じになってしまいそういった意味ではこの両者は類義語以上の関係、ということにもなりそうです。

意味的には全く同じ意味ですから、用途に応じて使うようにすればいいでしょう。

11.玉石

「玉石」とは、「価値のあるものとないもの。良いものと悪いもの。」となります。

意味的にはほぼ「良し悪し」と同じですから、類義語としてはなんの問題もありません。

しかしながら、日常的にはあまり用いない言葉でもあります。

不意に使ったりすると、聞いている側の人がキョトンとしてしまう可能性もあるかもしれません。

12.一人前ではない

「一人前ではない」の意味として、今回取り上げられるのは「半端な人間」あるいは「良くない人間」という意味になるでしょう。

つまり「良し悪し」でみたら「悪い」方の意味に捉えられる、ということになるので、狭い意味ながら「良し悪し」の類義語として扱われます。

13.程合い

「程合い」とは、「ちょうどよい程度。ころあい。」となります。

「良し悪し」とは「程度」の部分で類義語扱いができます。

ものの良し悪しがちょうどいい程度、という解釈が成り立つということになりますね。

「良し悪し」という言葉が広範囲にわたって使われることがわかります。

14.ベストではない

「ベストではない」という意味は「最善ではない」ということになります。

つまりいいことはいいのだが、決定的にナンバーワンとは言いにくい、というニュアンスになりますね。

そういった意味合いで考えれば「良し悪し」とほぼ同じ意味となります。

類義語として使える場面で使っていきましょう。

15.優劣

「優劣」とは、「すぐれていることと、おとっていること。まさりおとり。」となります。

まさに「良し悪し」の良い面と悪い面とを違う言い方をしているだけの意味になりますね。

迷うことのない類義語として扱えます。

場面に応じてタイムリーに使い分けていきましょう。

「良し悪し」を正しく使おう!

今回は「良し悪し」について解説してまいりました。

「良し悪し」という言葉は日常において使用範囲の広い言葉であり、同じような意味を持つ類義語も非常に種類が多いのが特徴といえます。

よって使う方の側は、状況をよく観察してその場に相応しい言葉を用いていきたいものですね。

類義語を含めてこれらの言葉を縦横無尽に使いこなせるようになったら、あなたのコミュニケーション能力は飛躍的に向上していくでしょう。