CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

心がざわざわする時はどうしたらいい?ざわつく気持ちの21個の消し方


皆さんは、心がざわざわすることがありますか?

落ち着かない感情なので、なんとかしたいと思いますよね。

この記事では、心がざわざわする原因や消し方についてご紹介していきます。

自分に合う方法を見つけてみてくださいね!

心がざわざわ…なんだか落ち着かない

なんとなく心がざわざわして落ち着かない事はよくあるのではないでしょうか。

どちらかと言うと女性の方がそのような気持ちを感じやすい一面があるようです。

女性は群の中で生きることを主にしてきたために、人の感情を読むことが上手い人が多いです。

したがって、周りの人が何か様子がおかしいと心がざわざわしたりして、何かを察知することがよくあります。

今、心がざわざわしているとしたら、何か不安を感じていたり、不調を感じているのかもしれません。

では心がざわざわする事について、もっと詳しく取り上げていきます。

心がざわざわする原因は?

心がざわざわするというのはなんだか嫌な感じではあるものの、釈然としないことからさらに得体が知れないような感じがします。

ただこの心のざわざわこそが、何かの予言であったり、今現在遭遇している不調であったりします。

だからこそ、心がざわざわする人はすぐに対処した方が良いです。

そうすることで、すぐに改善につながることもありますし、問題が起きているとしたら早く問題解決した方が良いですよね。

下記のように、いろいろな要因から心がざわざわするということがよくあります。

では心がざわざわする理由についてもっと掘り下げていきましょう。

不安を感じている

心がざわざわする原因としては、不安を感じていることが多いです。

先ほども触れたように女性はどちらかと言うと、身近な人の変化にいち早く気づきやすい傾向にあります。

したがって、もしご主人に何か不穏な動きがあったとしたら不安を感じてしまうことがよくあります。

具体例を挙げると、ご主人が急に深夜0時を回ってから帰ってくるようになったとか、それに伴って、心あらずの感じであるというようなことがあると女性は不安を感じます。

専業主婦の方やパート主婦の方であれば、そのご主人が大黒柱だと経済的な問題に直結しやすいために、その不安は大きくなる傾向にあります。

しかし、たとえ女性に十分な収入があっても、今ある幸せな生活が覆ってしまう不安を感じることから、心がざわざわするという現象になります。

その他にも不安を感じるようなことがあれば、心がざわざわするのです。

緊張している

心がざわざわする原因として緊張も挙げられます。

例えば会社勤めをされている方であれば、上司などの人間関係に緊張が走るのであれば、上司と接する時に心がざわざわしたりもするでしょう。

会社に行く前になんだか憂鬱だなと思う時は、そのように会社に不安要素があることもよくあります。

ただ、そのように原因がはっきりとしていれば良いのですが、つい色々と我慢してしまう人だと、そう思ってはいけないと感じてしまうこともあります。

したがって、何か不安はあるのだけれどそう思ってはいけないと感情に蓋をするために、どういうわけか心がざわざわするという現象になることもあります。

しかし、それは会社勤めをしている人ばかりではありません。

学生の方であれば、いじめっ子がいるとか嫌な子がいる時に心がざわざわすることがあるのではないでしょうか。

そして、主婦の方であっても、少し当たりのキツイ義理の両親に会わないといけないような時は心がざわざわすることもあるでしょう。

様々な立場の人で緊張を感じると心がざわざわするという現象もあり得ます。

焦っている


心のざわざわは、何も不安や緊張だけではなく、焦っている場合にでも起こりえます。

よくある心情としては、同級生に会ったときに、例えば自分が契約社員等の非正規雇用で、友達が正社員として順調にキャリアを積んでいるタイプの人を見ると、自分はこのままでいいのだろうかという焦りを持つことがあります。

ただ、生き方というのはそれぞれですので、そこで感情に蓋をしてしまうと、このざわざわの原因が何かわからないけど、とにかく心がざわざわするという状態になります。

女性は、生き方によって様々な立場があります。

キャリアをバリバリと積んで出世したいタイプの人もいるでしょう。

その一方で同じく働いている人でも一般職でそこまで出世という事は無いけれど、働き続けている人もいます。

そして結婚されて専業主婦であったりパート主婦をされている方もいます。

そのように女性は様々な生き方があります。

したがって、同級生と会うと、この心のざわざわは非常に感じやすい一面があると言われています。

男性は、基本的に正社員として働き続けるというスタイルが定着しています。

中にはミュージシャンになるからということでアルバイト生活をしている人もいますが、そこまで多くはありません。

最近は正社員になれなくて非正規雇用で働いている人もいるにはいますが、多くはないでしょう。

ページトップ