CoCoSiA(ココシア)

心がざわざわする時はどうしたらいい...(続き3)

人間関係においても職場の人間関係や、親戚関係など関係を切るのが難しいとなると現状維持をしながらどう乗り越えていくかという形になっていくでしょう。

例えば介護を必要としている人に対して悩んでいるとしたら、その人を放って置くことができません。

その人の困った行動を受け流しながら、どう介護していくかということに力を入れていくしかありません。

したがって、その人から離れて疎遠にするのは難しいでしょう。

キーパーソンを変えるということはできるかもしれませんが、一方でキーパーソンは自分しかいないと言うような時はそれも難しいです。

そのような時は、悩みに向き合うのではなく、おいしいものを食べたりして気分転換をすることが必要です。

どうしても避けることができない問題で気分転換を複数回図りながら、どうにかしてやり過ごし問題解決をするまで待つしかありません。

最近は医療技術の進歩で、寿命は長くなってくる傾向にありますが、やはり人間の命には限りがあります。

したがって、長い期間になる可能性が高くとも介護生活にも終わりは必ず来るでしょう

子育ての悩みだとしたら、子供はいずれ成長して大人になっていきます。

逆に、子供が頼りになる存在になる日も来るでしょう。

職場においても定年退職をするので、ずっとその職場にいないといけないわけでもありません。

したがって、ずっとそのままという事はあり得ません。

だからこそ、離れたりすることが難しいということであれば気分転換を図りながらやり過ごす方法も良いでしょう。

3.瞑想をする

また、瞑想などでリフレッシュすることも心のモヤモヤを話す人つの方法です。

瞑想で心が落ち着くのであればぜひ取り入れてみましょう。

場所やお金も必要としませんし家でも気楽にできる人にオススメです。

4.深呼吸をする

心はモヤモヤするけれど、そんなに気分転換を図っている時間がない人にも深呼吸がお勧めです。

どこででも深呼吸ができますので、少しの時にあえて深呼吸をすることも、心のざわざわを絶つ方法です。

その一方で、あまりに深呼吸すぎると人前ですることによってため息をついているように見えてしまうので気をつけましょう。

5.散歩をする

人間の幸福度は、運動によっても関係すると言われています。

鬱などの精神疾患がある方でも、毎日7分間でも運動習慣にすることによって幸福度が上がってくると言われています。

人間には、ある程度の運動が必要である事は科学的に証明されています。

ただ、日常的に運動に慣れていない場合は、いきなり走ったりするのはしんどいものでしょう。

そこで手軽に取り入れられる散歩はいかがでしょうか。

わざわざ運動の時間を取らなくても、例えば電車通勤であれば一駅歩いてみると言うような感じで、気楽に散歩を取り入れてみましょう。

普段車や自転車などで移動している人は、見落としている風景があったり、意外と近場にこんなお店があったのかなど新たな発見もあります。

それだけゆっくりと歩くことによって、周りがよく見えるようになってくると言う一面があるのです。

インドア派で運動は苦手という方も、最近は動画でのエクササイズ動画がありますので、家でダンスをするのも一つの手ですよ。

思い立ったら家ですぐにできるのでお勧めです。

心がざわざわするというのは心の変調もあるのかもしれません。

毎日の忙しさで、心が悲鳴をあげている可能性もあります。

そんな時はゆっくりと散歩して、周りの景色を楽しむ時間を作りましょう。

6.ストレッチをする

どうしても運動する心の余裕がない時は、帰った後にストレッチをしてはいかがでしょうか。

夜寝る前のストレッチもお勧めです。

YouTubeなどにもたくさんのストレッチ動画がありますので、自分に合ったストレッチ方法を見つけましょう。

ストレッチによって、心のざわざわが晴れることもあります。

7.筋トレをする

筋トレをして、集中することによって心のざわざわを晴らすことができる可能性があります。

YouTubeでもいろいろな筋トレの動画が取り上げられていて、最短のもので3分程度のものもあります。

その他にも10分、20分程度のものもありますので、あまり時間がない人でもすぐに取り入れることができます。

8.日の光を浴びる

朝日を浴びることによって、体内時計をリセットすることができ、生活リズムが整いやすくなります。

したがって日の光を浴びることによって、気持ちが晴れる一面があります。

北欧などの白夜があるような所だと、やはり精神的な調子がすぐれない方も多いと言われています。

それほどに太陽の光は大切です。