「特段」という言葉の意味からその使い方を例文や類語を使って紹介していきます。

「特段」の意味や使い方を覚えよう!

「特段」という言葉の意味を正しく知っていれば、日常会話やビジネスの場面においてコミュニケーションがスムーズに運ぶようになると思います。

「特段」という言葉の意味を正しく理解して自身の能力を一段、アップさせましょう。

「特段」の読み方

「特段」は「とくだん」と読みます。

読み方に関しては特別、難しい読み方ではありません。

そのまま、覚えていきましょう。

「特段」の意味


「特段」の意味についてみていきましょう。

「特段」とは、「特別。格段。」という意味があります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E7%89%B9%E6%AE%B5/より引用

ではさらにそれら意味を深くみていきましょう。

特別

「特別」とは、「他との間に、はっきりした区別があること。他と、はっきり区別して扱うこと。また、そのさま。格別。」となっています。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E7%89%B9%E5%88%A5/より引用

つまり、同じものではない、差別化されたもの、という意味合いになるでしょう。

格別

「格別」の意味とは、「普通の場合とは程度・事柄が違っていること。また、そのさま。格段の違いがあるさま。特別。」となっています。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E6%A0%BC%E5%88%A5/より引用

つまり同じようなものに見えても、その中身に差がある、ということになります。

例えば、何かのパーティーを催したときに参加者へのおもてなしの態度に差をつける、といった行為です。

つまり「特段」とは…

では「特段」をまとめておきましょう。

「特段」とは「特別」と「格別」とを併せ持たせた意味と捉えればいいでしょう。

つまり比較される両者があって、差別化とおもてなし度に差がある、ということになります。

丁寧さにさらに手を加えた丁寧さ、とでも把握したらいいでしょう。

「特段」の使い方

それではここからは「特段」の使い方について説明していきます。

他のものに比べて差があるとき

「特段」とは、他のものに比べて差がある、という解釈になります。

例えば、何かのパーティーに参列した人の中に、豪華な花束や花飾りなどを自費で用立ててプレゼントしたとします。

この行いは明らかに、ただ参加しただけの人に比べたら、主催者側にとったらVIP級のもてなしになってしまうはずです。

対象の物事が目立っているとき

対象となる目の前の物事が、他のものよりも目立っていたなら、「特段」という表現の仕方がふさわしくなるでしょう。

「特段」は、対象となる物事が比較されるケースにおいて使われます。

他方が地味でもう一方が目立ってしまうようなケースは往々にしてあることです。

そんな場合は目立つほうの物事が特別扱いされるのは世の流れでしょう。

良い意味でも悪い意味でも使われる

「特段」は、良い意味にも悪い意味にも使われる言葉です。

比較して目立ってしまうほうが、良いこと、悪いことに関係なく使われてしまうのです。

よって「特段」という言葉を一種の「褒め言葉」的な解釈で用いるとニュアンスがおかしくなってしまう可能性があるでしょう。

「特段」は否定文として使用できる

「特段」という言葉は否定文として使用することもできます。

それは「特段」という言葉には「これといった」「思ったよりも」といった意味合いも含まれているからです。

どちらの言葉も人を褒めたり称えたりするような意味にはなりませんよね。

例えば、「この仕事は誰でもできる簡単なものだから特段、いい人材を投入する必要はないよ」、という言い方。

この例文は「この仕事」を明らかに否定しています。

「こんな仕事、優秀な人物にさせるような仕事ではないから、誰か適当な人物にやらしておいて」といったあからさまに人を差別視したかのような物言いになっています。

「特段」にはこのように「否定」の要素を前面に押し出して使用する時があるということを理解しておきましょう。

会話よりも文章などで見られる

「特段」という言葉は、言い方自体にどこかかしこまった印象を受けますので、日常会話の中よりも文章の中で多く使う言葉といえるでしょう。

特にニュースなどの記事中に多く使われる言葉といえます。

軽々しさがなくどこか重厚感すら感じさせるからかもわかりませんね。

「特段」の例文

それではここからは「特段」を使った例文をみていきましょう。

見回りましたが特段異常はありませんでした

この例文に使われるような表現が「特段」の一般的なものとなるでしょう。

「特段の異常がなかった」ということは平時の状態のままだった、ということになります。

つまり特に何も異常事態は起こらなかった、ということになります。

「特段」という言葉は、「何もなかった」、という事態を強調したいときに使われる言葉ともいえるでしょう。

特段の配慮をしていただき感謝申し上げます

この例文に登場する「特段」も、王道的意味合いの強いものといえるでしょう。

「配慮」の中においても特に目立つくらい、手の込んだ配慮を表現しています。

この「特別扱い」的な表現こそが「特段」の真骨頂といえるでしょう。

その議題に対して特段の意見はございません

この例文に使われる「特段」も、よくみられる表現の一つといえます。

「特段の意見はない」ということは、その議題に対して肯定しているという意味になります。

つまり「否定」の意思がないことを表しています。

「肯定」と「否定」の対比が「特段」という言い方を誕生させています。

ということは、その議題に逆らったりすると変に目立ってしまい収拾が厄介になる可能性を示唆しているともいえますね。

一種の「事なかれ主義」ともいえるでしょう。

様々な検証をしてみたが特段問題はなさそうだ

様々な検証を行った結果、特段問題はなかった、といっています。

つまり「平時」の状態が保たれているということになり危険性はなかった、ということになります。

「平常な状態」と「危険な状態」。

どちらを選択した方がいいかは明らかでしょう。

危険を冒す必要がないことを強調した例文といえるでしょう。

大変貴重な物なので特段に注意して取り扱ってください

この例文の「特段」は、「念には念をいれて」、という意味合いがあります。

この例文に出てくる「もの」は、大変貴重なもののようです。

もし、粗雑に扱って壊したり傷をつけたりしたら取り返しのつかないことになるからでしょう。

「特段の注意」とは、それこそ自身の将来に関わるくらいの注意力が必要、ということなのです。

こういった場合は、気を緩めずにことにあたりましょう。

特段の理由がない限りは明日までに提出しなければならない

この例文では、「提出」という事柄に関しての内容となります。

そして「提出」には「納期」「期限」というものが必ず設定されます。

つまりいかなる理由があってもその期限を破るような言い訳は許されない、というわけです。

よって、この例文で訴えている「特段の理由」とは、明日の納期に間に合わなくなっても許されるような特別な理由なのです。

「納期」や「期限」というものは、それほど世の中にあって厳しいものであるのです。

「特段」の類語


それではここからは「特段」の類語をご紹介していきましょう。

別段

「別段」とは、「特に異なること。特別・格別なこと」。「特にとりたてて言うほどではないさま。とりわけ」。となっています。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%88%A5%E6%AE%B5_%28%E3%81%B9%E3%81%A4%E3%81%A0%E3%82%93%29/より引用

「特別」「格別」といった意味が「特段」と何ら変わりませんので、両者は限りなく近い類語となります。

ここまで意味的にも似通った類語は珍しいほどでしょう。

それ程

「それ程」とは、「特にそれと問題になるほど。とりたてていうほど。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%85%B6%E3%82%8C%E7%A8%8B/より引用

「それ程」は「特段」と比べればかなり荒っぽい表現手段といえるでしょう。

つまり相手に対する敬意が足りない状況を示しています。

しかし、否定的な意味合いの部分では「特段」とほぼ同じ意味合いとなる言葉とみなされます。

特に

「特に」とは、「普通と違って際立っているさま。他からはっきりと区別されるさま。特別。とりわけ。格別。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E7%89%B9%E3%81%AB/より引用

「特に」も肯定的にも否定的にも使われます。

また「特段」ほどかしこまった言い方でもありませんので、日常会話においては頻繁に使われる言葉といえるでしょう。

一段と

「一段と」とは、「比べると、かなりのちがいのあるさま。ひときわ。いっそう。ずっと。」となっています。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E4%B8%80%E6%AE%B5/より引用

比べると、かなり違いがあるさま、という事になっていますから、「特段」とは大いに意味を同じにする類語といえます。

また、「一段と」は否定的な意味合いにも使われますが、肯定的な意味合いで使われる方が多い言葉でもあります。

ものごとの優劣差をはっきりと表す場面で使用する機会が多いでしょう。

より一層

「より一層」とは、「もっと」、「さらに」といった意味の言い回し。「より」と「一層」を重ねることで強調した表現。となります。
https://www.weblio.jp/content/%E3%82%88%E3%82%8A%E4%B8%80%E5%B1%A4より引用

対象となるものを「強調」した言葉です。

よって「特別」という意味合いも含んでくる言葉になりますので「特段」とは類語扱いとなります。

ただ、「より一層」は一種の励ましの言葉として多く使われます。

このあたりは「特段」とは少々、ニュアンスが変わってくるでしょう。

とりわけ

「とりわけ」とは、「特に。ことに。とりわけて。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%8F%96%E5%88%86%E3%81%91/より引用

すなわち「特別」という意味合いの一致で「特段」と類語扱いとなります。

「とりわけ」という言い方は比較的、日常会話においても使う言葉です。

使える機会には是非とも使ってみましょう。

これといって

「これといって」とは、【連語。(多く、下に打消しの語を伴って用いる)とりたてて。「―言うこともない」】となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E6%AD%A4%E3%82%8C%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%81%A3%E3%81%A6/より引用

「これといって」は肯定には使わない否定的な言葉です。

そういった意味では否定で使う「特段」と同じ意味になってきます。

とりたてて特技も長所もない、普通の凡人です、といった意味合いですね。

思ったほど

「思ったほど」とは、「ものごとのの性質や程度が、事前に考えたほどではないさま」となります。
https://thesaurus.weblio.jp/content/%E6%80%9D%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%BB%E3%81%A9より引用

つまりこれも肯定的な意味ではなく、否定的側面からものごとをとらえた言葉です。

「思ったほど給料がなかった」「思ったほどテストの成績がよくなかった」など、当初の期待に反した結果が返ってきたときに使われる言葉なのです。

いうほど

「いうほど」とは、「物事の性質や程度が、事前に考えたほどではないさま」となります。
https://thesaurus.weblio.jp/content/%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%BB%E3%81%A9より引用

前述の「思ったほど」とほぼ同じ意味として使われる言葉です。

つまりこの言葉も否定的な意味合いで使われる言葉なのです。

「いうほど彼の手柄はたいしたことない」などのように期待した結果を裏返す言い方を行うときに用いられます。

スペシャル

「スペシャル」とは英語でいうところの「特別」です。

「特段」のズバリな英訳となるかどうかは決めつけられませんが、多様な日本語の表現を考えれば文章の内容次第では使用することはできるでしょう。

イレギュラー

「イレギュラー」とは、「不規則なこと。変則なこと。また、そのさま。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%BC/より引用

つまり「レギュラー」の正反対。

否定的な用いられ方の言葉というわけです。

否定的な「特段」を使う場面において、この「イレギュラー」を当てはめても違和感がないのならば、十分に使える言葉となります。

「特段」の意味や使い方、わかりましたか?

今回は「特段」という言葉について、意味や使い方を紹介してまいりました。

「特段」は少々、かしこまった言い方になりますので一般的な日常会話ではあまり使う機会は少ないかもしれません。

ただ、ビジネスやそれにまつわる文書には、よく使われます。

しっかり学習しておいて正しく使えるように備えておきましょう。