皆さんは、窮地に立たされたときにどのように解決策を見出しますか?

この辛い時にこそ自分が成長するチャンスがあると言われています。

今回は、その空気をくぐり抜けるきっかけともなりうる逆転の発想について取り上げていきます。

時には逆転の発想が役立つことがある

窮地に立たされたとき、時に逆転の発想を持つことによって窮地を脱することができることがあります。

そのやり方につまずいているという事は、それがふさわしくないということかもしれません。

したがって他のやり方を見出す必要があります。

逆転の発想というのは困ったときに切り抜けるチャンスともなり得る一面があります。

「逆転の発想」とは?

逆転の発想とは、すなわち今の考え方とは逆の考え方をするということです。

このようなことを言われてもあまりぴんとこない方も多いでしょう。

そこで逆転の発想の具体例について考えていきます。

逆転の発想の具体例

2020年4月は飲食店なども、新型コロナウィルスの影響などで営業時間の短縮を求められる一面があります。

確かに窮地に立たされているという場面ではありますが、その代わりに宅配のジャンルでは売り上げが伸びていると言われています。

外出自粛ということが言われていますが、テイクアウトや宅配にすることで家で料理を楽しむことができるのは非常に強みになっているところがあります。

したがって、食べに来てもらうだけを考えるのではなく、逆にこちらから配達するということで窮地を脱しているという飲食店もあります。

最近は、ポテトチップスなどのお菓子に関しては非常に多様な種類が出ていることにより、一時期とあるメーカーは売り上げに伸び悩んで時期があったと言われています。

多様な種類が出ているということから、いろいろな種類のポテトチップスに着手をしたところがありますが、奇抜すぎてあまり売れなかったと言われています。

しかし、逆に種類を出すのではなく1つのポテトチップスを極めることにより、また人気が復活したということもありました。

このように今まで持っていた考え方を手放すことによって、成功を納めるという例はいくらでもあります。

逆転の発想でピンチを切り抜ける!

時にこのような逆転の発想を持ったことによってピンチをくぐり抜けることができます。

最近は非正規雇用のような働き方の方も多いと言われています。

それに対して正規の仕事の方が圧倒的に良くて、非正規雇用の人の方があまり良くないような言われ方をされています。

ただこれも考えようによっては一概には言えません。

非正規雇用であれば、中には掛け持ちで働いている人もいるかもしれません。

そして2020年の3月ぐらいから流行っているコロナウィルスによって仕事がなくなってしまったというような話もよく聞かれます。

しかし、複数の職種を持っていることによって、もしかしたら1つだけ仕事が残りもう1つがダメになってしまったということであっても、収入口を大きく失わずに済む可能性があります。

絶対に安心とは言わないけれど、逆にこのようにいろいろな収入口を持っていた人の方が強みになる可能性があるのです。

逆転の発想ができる人の4個の特徴


逆転の発想ができる人はどのようなタイプの人なのでしょうか。

このような逆転の発想ができるようになると、何かあったときに柔軟に対応することが出来ます。

柔軟な思考力がある

基本的にこのような人が思考力があります。

思考力があるからこそ、1つの思考に囚われないところがあります。

1つの思考に囚われるところがあると、その一つがだめになってしまったときにうまく対処ができない状態にもなりえます。

その一つがダメでも次はそうすれば良いのではないかというような感じで、次から次へと手を考えられるような人がしなやかに生きていけるというところがあるのではないでしょうか。

頭を柔らかく働かせられる

頭を柔らかく働かせることができるからこそ、1つの方法がダメになってももう一つの方法を試すというような感じにできます。

だからこそ、1つの事ばかりを見るのではなく、柔軟に見れた方が良いのは言うまでもありません。

ただ思考には癖があります。

柔軟に考えることにどうも向いていないと感じられる人がいるかもしれません。

このような方はぜひとも本を読むことをお勧めします。

そうすることによって、いろいろな思考の人の考え方を知識として捉えることができます。

知識として捉えることができれば、それが引き出しにもなりえます。

できれば自分の考えと全く違うタイプの人の本を読むといいかもしれませんね。

少し前に、年間で100万円生活する人の話が話題になりました。

それは何故かと言うと、今までは生活するためには仕事を頑張るしかないというような考えしかなかったからです。

そして、この仕事で成果を出せなかった人は貧困な暮らしをせざるを得ないというような状態で、いわゆる負け組のような言われ方をすることも多かったです。

しかし、年間で100万円で生活する人は、この限られた収入の中で楽しく生きる知恵を本にしたことによってその書籍は爆発的に売れました。

たくさん稼がないと良い生活ができない、だからこそ仕事を頑張るしかないと思っていた人にとっては、肩透かしを食らったような感じだったけれど新鮮な感覚だったのでしょう。

このように100万円という、ともすればパートの方が稼げる位の給料で生活ができるという事は驚きを持って見られました。

しかも、そこまでやせ我慢している感じではなく、ゲーム感覚で節約を楽しんでいるという人だったので、非常に人気になりました。

この人は、稼げないのならそれ相応に楽しく暮らせば良いというように、今までの考え方とは違う考え方で生活をしていたのです。

シンプルな考え方と深い考え方

このように逆転の考え方をする人は、非常に驚くことにシンプルな考え方をしているケースが多いです。

意外と簡単すぎて、言われたらそういえばと思うのだけれど、1つの考えに凝り固まっているとついついうまくできないというところがあります。

あるところにいて、掃除がなかなか届かないことで問題になっていた職場が、女性だけが掃除をしていることが暗黙の了解になっていました。

その時に、「男性も掃除を担当したらダメなんですか?」と聞いた人がいたのです。

このように、気がつかなかったことを指摘するという事により、そういえばという話になったという話を聞いたことがあります。

非常にシンプルなのだけれど、深い知識があることで、それは柔軟な対応となって出てくるのです。

1つのことに固執しすぎない

また1つのことに固執しないのも非常に大切なことです。

この1つのことに固執するということで、うまくいくものもうまくいかない状態になる事はよくあることです。

ついつい1つのことに固執してしまうというのは、何かしらの理由があったり、自分が変わることへの恐怖であったりもします。

例えば給与体制についてあまり満足がいっていないこともあるでしょう。

ただそこで、転職をしたら良いのではと思うところがありますが、時として人間は変化を恐れるものです。

例えばせっかく転職をしても、その職場が自分に合うとは限りません。

仕事自体には問題がなくても人間関係で大きくつまずく可能性もあります。

確かに、不満はあるけれどこのままでいった方が少なくとも仕事は慣れているし、人間関係も落ち着いているから変わりたくないと思ってしまうのは、人間としてはよくある心理です。

ただその一方で給与体制が改善するのかというと、そうとは限らないところがあります。

このように不安や、変わることへの恐れから1つの考えに固執するということがよくあります。

何か行き詰まっていると思ったら、手放してみるのも1つの手でしょう。

ただ転職は非常にハードルが高いですので、まずは副業という形にする方法もありますし、打つ手はいくらでもあります。

広い視野を持つ

そして逆転の発想をするには広い視野を持つことが大切です。

ただ広い視野と一口に言ってもなかなか難しいところがあるでしょう。

いろいろな立場の人のドキュメント番組を見たり、本を読んだりすることによって、広い視野を持つことができます。

もしかしたら、自分も気がつかなかったような世界があるのかもしれません。

「なんであの人、こんなこともしないのだろう?」と思っていたけれど、実は事情があったということもあります。

さらには、成功した人などの書籍を読むことによって、こんな考え方もあるのかと気がつくようなこともありますよね。

このように書籍を読んだりドキュメンタリー番組を見たりすることによって、そのような人の考え方を参考にすることもできるでしょう。

どうしても本が得意ではないのであれば、著名人がSNSをしていたら、そのSNSのフォロワーになってみるのも1つの手なのではないのでしょうか。

このようにSNSは、日常の出来事の投稿が中心のものもあるけれど、基本的に考え方についてのつぶやきがあったりすることもありますので、その人の思考に触れることができます。

多角的な目線で物事を見る

そして多角的な視点で物事を見ることによって、自分の置かれている状況が実はあっさりと解決できることだったと気がつくこともよくあるでしょう。

そこで、多角的な目線で物事を見るということも意識してみましょう。

初めは意識をすることが必要なところがあるでしょう。

ついつい自分の考えで押し通したくなるかもしれないけれど、そこでブレーキをかけることによって、もしかしたら自分の考えが凝り固まっているだけだったと気がつくのかもしれません。

普段から様々なことにアンテナを張る

様々なところにアンテナを張るとしたら、普段からそのようなことを意識しましょう。

いろいろな人のブログやSNSをチェックしたりというのもあるでしょうけれど、経済に関する情報番組を見たりするなど、いろいろな観点から視野を広げておくことをお勧めです。

また人間関係のことにおいても、どのように人は対処するのかということを学ぶことによって、困った時にうまく立ち回ったりすることができるかもしれません。

脳内シミュレーションできる

柔軟な発想ができ、機転が利く人は脳内シミュレーションができる傾向にもあります。

さらには、この脳内シミュレーションがほぼ正確であるところがあるので、うまくいくことが多いという特徴があります。

しかし、これが苦手な人がいきなりできるようになるとは限らず、容易にはいかないところがあります。

それをカバーするにはやはり経験しかないでしょう。

思っていたのと違うという事はやはり避けられません。

しかしいろいろな経験を積んでいくことによって、この思っていたのとは違うことを避けることができるようになってきます。

周りをよく観察する


1つのことに凝り固まらない人は、基本的に周りを観察して非常によく見ています。

女性が人間関係をうまく円滑に築いていくことが上手い人は、大抵の場合は周りをよく観察しているところがあります。

例えば、髪を切ったとか、男性がネクタイの色を変えたなどというのは傾向としては女性の方がよく気がつくと言われています。

とある方で教員免許があり、男子校と女子校に勤めた経験がある方がいましたが、物事の変化に事細かに気がつけたのは女子校の生徒だったと言われています。

このように周りのことを細やかに気がつくことができるということにより、より柔軟に対処することができる一面があるのでしょう。

些細なことにも気付ける力

こちらは得手不得手がはっきりと分かれるところがあります。

しかし些細なことにも気がつける力があるという事は、問題をいち早く察知することができるというところにあります。

例えば身近な具体例だと、ご主人が不倫をしているっていうような場合だと、奥さんが早く釘を刺せるかによって、沈静化できるかどうかが分かれてくる一面があります。

しかし、いろいろなケースがあるので一概には言えないところがあります。

まだ遊びの段階で、軽く釘を刺すことができれば、これ以上はもうまずいと思って手を引くことができるでしょう。

しかし、この関係がずるずると続いていくことによって、もしかしたら離婚騒ぎが起こるかもしれません。

このように問題を早く沈静化させるという意味でも、問題にいち早く気がつくことも大切な能力です。

今の状況を冷静に見れる

感情は時に人を狂わせます。

明らかに状態が良くないにもかかわらず、まだ大丈夫だと思ってしまうということもあります。

人間には心配性な人と楽観的な人に分かれます。

楽観的な人は明るくて良いところがありますが、その一方でバイアスが働きやすい傾向にあります。

地震や津波なので、まだ大丈夫と思っていたら大変なことになってしまったというような話もありますが、おおよそは楽観的な方に多いです。

したがって、感情抜きにして冷静に物事を見ることができるのは非常に大切な能力です。

人の言動や会話からも流さない

人の言動によってもつい流されてしまうことがあるでしょう。

大丈夫だと思っていたら、「そんなことでどうするの?」とか不安を煽るようなことを言われて一緒に焦ってしまっていることもあるのではないでしょうか。

ただ、そうすることによってうまくいくものもうまくいかなくなってしまうこともあります。

例えばお子さんであれば、保護者が言うことは人生経験が長い人だからこそ、言うことを聞けば間違いがないと思いがちですが決してそうでもありません。

親も人間です。

特に貧困などが差し迫っていたりで、親御さんがあっても冷静さに欠いていることがあります。

未成年の方でしたらちょっと難しいかもしれませんが、このように人の話は感情も含まれているということを落ち着いて考え、その上で冷静に考える力を養いたいところです。

追い込まれてもめげない

ピンチは何も、そのような物事ばかりではありません。

中には人から追い込まれることもあります。

中には悪意を持っているような人もいますし、世の中はいい人ばかりではありません。

ついつい追い込まれてしまうこともあるでしょう。

ただ心は強く持ってめげないようにしましょう。

ピンチはチャンスと考えられる

ピンチは極力チャンスと考え、明るく捉えることが大切です。

このピンチを脱することでまた大きく成長できる可能性もあります。

もともとは、日本人にはこの気質が備わっていると言われています。

1970年代にオイルショックと言うものがありました。

トイレットペーパーの買い占めなどもあり、非常に大変な時代だったと言われています。

しかし、石油をあまりたくさん消費しないようなタイプの車を開発したりというような感じで、日本人はピンチをしなやかに乗り越えています。

冷静に考えれば、このようなピンチをしなやかに解決するような力が備わっているのでしょう。

ポジティブ変換できる前向きさ

なるべく物事ポジティブに変換できる力を身に付けるということも非常に大切なことです。

2020年の4月現在、コロナウィルスなどもあって、家にいないといけないと言うような状態になっています。

確かに中には仕事がなかなか大変な状態になっているので、ゆっくりとできないと言う人もいるでしょう。

ただ、このようなピンチをチャンスと捉え、このような状態になっても強い業種に転職したりするのも手かもしれません。

在宅ワークなどをして、収入を増やすのも手でしょう。

今まで働きすぎて、貯金はあるけれど体調が悪いのであれば、これは休むきっかけかもしれません。

このように、家にいないといけない事実だけで、これだけ前向きにとらえることができれば、気持ちはだいぶ違うのではないのでしょうか。

ただ中にはどうしようもないこともあるかもしれませんので、お困りのことであれば行政に相談することも必要になってくるでしょう。

粘り強さや執着心の強さ

いろいろと凝り固まった発送から柔軟な発想することで活路を見出すことができるけれど、基本的にやるべき事は「なんとしてもこの危機を脱する」と言う粘り強さや執着心は必要です。

この危機ややるべきことをどうすれば良いのかということをが第一にあって、その方法を色々と模索できるようにするのが1番です。

逆転の発想をできるようにするための方法

では、逆転の発想ができるようにするにはどのようにしたら良いのでしょうか。

やはり自分1人の力というのは限度があります。

したがって、ある程度人の力を借りることも柔軟に考えていった方が良いでしょう。

様々な人の意見を聞く

まずやるべき事は、様々な人の意見を聞くことです。

自分1人の力には限度があっても、たくさんの人たちが集まることによって大きなこともなしえる力にもなりえます。

中には自分では気がつかなかったやり方が見つかると言うこともあります。

例をあげると同じテーマで文章を書くようにと言う課題を与えたとしても、少々似ている事はあるかもしれないけれど全く同じ文章が仕上がる事はありません。

人それぞれに特色が出る一面があります。

自分1人でそれを全部何通りも書くのは難しいでしょう。

ただ100人にそのようなテーマを与えて文章を書かせるようにしたら、中にはこんな発想は自分にはなかったと言うような文章が仕上がる可能性もあります。

このようなピンチの時は、いろいろな人のアイデアが必要です。

ピンチの時にこそ、謙虚に人の意見を聞くようにしましょう。

先人の成功から学ぶ

よく歴史は繰り返すといいますよね。

例えばピンチに陥ったとき、人間が取る行動が決まっています。

例えば、オイルショックがあった時トイレットペーパーの買い占めがあったと言われていますね。

2020年の2月ぐらいは、新型コロナウィルスに関する不安からやはりトイレットペーパーの買い占めがありました。

そもそもは、このトイレットペーパーが中国産であると言うようなデマが流れ、なくなってしまうと言う不安に駆られたというところがあります。

そしてデモを信じた人が買い占めをし、デマだとわかっている人もそのような人が買占めもするかもと言う不安から買い占めが進み、在庫が全くない状態になりました。

したがって、やはりそこそこには買い置きが必要だということを学ぶきっかけにもなったと思います。

このように歴史は繰り返すということがありますので、成功例においても歴史を繰り返すと言うところがあるでしょう。

成功者がどのような行動パターンをとっていたのかということを参考にするのは非常に有意義なことです。

やはり人間の心理のは歴史が変わってもそんなに多くは変わらないでしょう。

先ほども触れたようにトイレットペーパーの買い占めが進むのも、このように人の心理があまり変わっていなかったという証拠でもあります。

自分の失敗を活かす

よく失敗は成功の元と言われますよね。

失敗と言うと非常にネガティブな感じがしますが、決してそれは悪いことではありません。

うまくいかない方法があったと言うことがわかったと言う意味では非常に有効な手段です。

もし、これをチャレンジしなかったとしたら、どのように失敗をするのかがあまり想像がつかなかったところもあるでしょう。

だからこそ、失敗したことがあると言うのは決して悪いことではなく、それを参考にどう乗り越えていくかを考えていくようにしましょう。

また、ネット上などを見ると人の失敗談などもありますのでそれを参考にするのも1つの方法です。

例えばマイホームを購入するときは、不動産投資をしている人でない限りはそう何回も買う事はないでしょう。

多くて2回とか3回程度などでは無いのでしょうか。

大抵の場合はマイホーム購入するのは1回のみです。

したがって、はじめての事と言うことであまりうまく進める自信がない方が多いです。

したがって、マイホームを購入したときの失敗例についてネット検索で調べる方が多いです。

このように、人の失敗によっても散歩をするにすることもできます。

このように、人の失敗によっても参考をするにするということもできます。

考えるための時間を作る

焦ってしまうとついつい行動に移してしまうところがあるでしょうけれど、あまりよく考えずに動いた結果はあまり良い結果にならないことも多いです。

ちょっと時間がかかっているかのように感じられるかもしれないけれど、結果的には考えるための時間をじっくりと作り、その上で行動したほうが結果的に時間短縮にもつながることがあります。

なぜそうなのかと言うと、あまり考えずに動いた結果失敗をしてしまったとしたら、またそれを修正する時間がかかります。

したがって、時間のトータルで言うと、少しでも考える時間を取った方が成功しやすい傾向にあるともいえます。

せっかちな方ほど、そのような失敗を犯しがちです。

少しの手間を惜しんだために、さらに後処理に時間がかかるという経験をされた方も多いでしょう。

だからこそ、急がば回れでじっくりと考えることも大切になります。

自分の考え方を手放す

時に、自分の考え方を手放すことで活路を見いだすことができる可能性があります。

具体例を挙げると、夜型を直さないといけないと考えるのではなく、夜型のまま、夜勤勤務をすると言うふうに発想転換するのはどうでしょうか。

朝が苦手でどうしても夜型になってしまうということに悩んでいる方も多いでしょう。

確かに、人間の体内時計的には朝に起床し、夜には眠るようにできています。

しかし、中にはそうでは無い体質の方もいるのが事実です。

そのような人を無理矢理朝型に変えるのは、その人本人も苦痛を伴うところがあるでしょう。

そのような人はあえて、夜勤勤務をする働き方を選ぶことをによって、給与も増えますし、身体的な負担がないと言うことから、結果的に良い方向性に向かう可能性があります。

無理矢理朝型に治すのではなく、あえてそのままで夜勤勤務をするということによって生み出すこともできます。

別の視点から見てみる

また別の視点から見てみることによって活路が見出せる可能性もあります。

在宅の仕事で、なかなか仕事にありつけない人も中にはいるでしょう。

そのような時は、単価が低くて競争率が低い仕事を積極的に行ってみることによって活路が見出せる可能性もあります。

在宅の仕事でよくあることは単価の低い仕事を時給換算すると、外で働く時と比べると圧倒的に低い数字だったりすることもあるのではないのでしょうか。

一方で報酬の高い在宅の仕事は非常に難しくて時間がかかり、結果的に時給換算をするとそんなに変わりないこともあります。

したがって、単価の高い仕事を選ぶよりかは、単価が低くても数がこなせそうな仕事を選ぶことによってそこそこの時給になるということも考えられます。

例外もありますので一概には言えませんが、あえて違う観点で見てみることによって、活路が見出せることもあります。

違う方法を試してみる

また、違う方法を試してみることも1つの方法なのではないのでしょうか。

在宅の仕事で割に合わないと思ったような仕事が、仕事の仕方を変えることによって割と普通の仕事に変わったと言うようなこともあるのではないのでしょうか。

また何かトラブルがあったときに違う対処をすることによって、解決することもあります。

世の中には色々なお菓子がありますが、中には失敗作が思いのほか美味しくてリピートして定着したと言うものまであります。

このように、違う観点から思いのほかということがありますので試してみるというのも1つの手なのではないのでしょうか。

逆転の発想で成功に近づくこともある!

どうしても物事がうまくいかないとか、人生がうまくいかないっこともあるのではないのでしょうか。

ただそれはただ単に1つの物事に凝り固まっているだけだからかもしれません。

違う観点から見たら、もしかしたら成功のきっかけにしていることもあります。

だからこそ、そのような時に逆転の発想をしてみましょう。

本業の仕事で稼げないと悩んでいるとしたら、もしかしたら他の仕事と掛け持ちをすることでよりリスクヘッジができるかもしれません。

単価が安いと思っていた仕事も、工夫次第でもしかしたら割のいい仕事になる可能性もあります。

人生は「失敗だ」と思っていたとしても、「現在の状況が良くない」と思っていたとしても、発想を逆転することになって抜け出せる可能性があります。

もしかしたら抜け出せないこともあるかもしれないけれど、いろいろな人の視点や生き方などを紐といていて、ぜひともよりベターな解決方法を見出せるようにしましょう。