CoCoSiA(ココシア)

頑張ったけど結果が出ない25個の理由とは?努力が報われなく心が折れそうな時のアドバイス


頑張ったけれど、うまく成果が出ないと悩んでいる人はいませんか?

それには原因があるのかもしれません。

今回は、頑張っているのにうまく成果が出ない原因等について見ていきましょう。

この記事の目次

頑張ったけど結果が出ないと悩んでいませんか?

頑張っているけどなかなか結果が出ないと感じている人もいるのではないでしょうか。

学業にしても仕事にしても、何かにつけ努力が必要です。

その一方で、努力をしたからといって必ず結果が出るわけではありません。すべての努力が報われる訳ではありません。

学生の間でしたらまだしも、社会人として働くと結果を重視される一面があります。

したがって、一見何も努力していなさそうだけれど結果を出せる人と、努力しているのだろうけれど全く結果を出せない人だと、後者の方が明らかに厳しい目で見られる一面があります。

では、頑張ったけれど成果が出ないと悩んでいる人の理由やアドバイス等について見ていきましょう。

頑張ったけど結果が出ない25個の理由をアドバイスと一緒に解説


頑張ったけれどなかなか結果が出ない人は、色々と理由があります。

そして、それに対する対処法を正しくすることによって、成果が出るようになる可能性があります。

では、頑張ったけれど結果が出ない理由とアドバイスなどを一緒に解説していきます。

1.目標を高く持ちすぎている

なかなか結果が出ないと悩んでいる人の中には、そもそもの目標が高いことが原因であるケースもあります。

具体例としてお金を貯めるということを挙げてみます。

例えば、いきなり2000万円を貯めるのは非常に困難です。

よく老後は2000万円ないと生活が難しいと言われています。

しかし、この金額を言われて「よし頑張ろう!」と思った人はそんなに多くないかもしれません。

もちろんたくさんのお金を稼ぐ人であれば、2000万円位なんて事はないと思う人も多いでしょう。

しかし、年収300万円~400万円位の人が、2000万円を貯めようとするのは簡単ではありません。

ある程度若い頃からの努力が必要といったところでしょう。

そのようなことを考えると、いきなりこのような高い目標を掲げるというのは非常にしんどいものです。

それはお金のことばかりではありません。

弁護士になると決めたとしても、司法試験に合格しないといけないことから、非常に難しい道であるのは確かです。

その努力も小さなことから積み重ねることが大切です。

途中の目標も作る

ではどうしたら良いのかと言うと、途中に目標を作るということも大切です。

先ほども、貯金2000万円を例に挙げましたが、確かにいきなり2000万円を貯めると言われると気が遠くなるものです。

しかし、月々5万円を貯金するとしたらどうでしょう。

およそ30年で、2000万円貯蓄することができます。

ずっと一人暮らしの人であれば、そこそこに達成できる貯金額かもしれません。

家族がいたりすると難しいところもあるかもしれませんが、夫婦共働きにしたりすることによって、達成できる可能性もぐっと上がるでしょう。

2.自分に厳しすぎる

自分に厳しい事は一見良いように思われます。

いろいろな成功者の書籍を読むと、より難しい道を選ぶ方が人として成長ができるから良いと言われているところがあります。

しかし忘れてはならないのは、そのような成功者の人は強靭な精神力があったり、バイタリティーが豊かなところがあります。

人によりけりですので一概には言えませんが、無理に一般の人が実行するとつまずく可能性が高いです。

したがって、何か目標を決めるときは、ちょっとの努力で目標達成できるようなことを目標にすることが良いのです。

例えば夏休みの宿題を早く終わらせようとしているとしたら、初めの三日間で終わらせようというのは非常に持ちであると言えるでしょう。

なぜなら、夏休みはおおよそ1ヵ月あります。

したがって、この1ヵ月で終わらせることを想定しているので初めの3日で終わらせるのは大変になるのです。

どうしても、この3日で終わらせるのが難しかったら、初めの1週間、2週間位で終わるようにするというような状態にすると、比較的目標達成をしやすくなります。

3.努力することが目標になってしまっている

子供の時は、結果ばかりを求めてしまうと無気力になってしまうという懸念から、努力の過程を見つけて褒めるということを大切にということを意識している親御さんが多いです。

しかしその一方で、努力することだけが目的になってしまっているということになるとなかなか達成は難しいでしょう。

結果を出そうということで物事を達成しようとしているのではなく、努力することだけが目的になってしまっているので、努力をしてさえいたら結果はどうでも良いというような状態になっているのです。

したがって、努力を目的にしていると目標達成はなかなか難しいところがあるでしょう。