頑張ったけれど、うまく成果が出ないと悩んでいる人はいませんか?

それには原因があるのかもしれません。

今回は、頑張っているのにうまく成果が出ない原因等について見ていきましょう。

この記事の目次

頑張ったけど結果が出ないと悩んでいませんか?

頑張っているけどなかなか結果が出ないと感じている人もいるのではないでしょうか。

学業にしても仕事にしても、何かにつけ努力が必要です。

その一方で、努力をしたからといって必ず結果が出るわけではありません。すべての努力が報われる訳ではありません。

学生の間でしたらまだしも、社会人として働くと結果を重視される一面があります。

したがって、一見何も努力していなさそうだけれど結果を出せる人と、努力しているのだろうけれど全く結果を出せない人だと、後者の方が明らかに厳しい目で見られる一面があります。

では、頑張ったけれど成果が出ないと悩んでいる人の理由やアドバイス等について見ていきましょう。

頑張ったけど結果が出ない25個の理由をアドバイスと一緒に解説


頑張ったけれどなかなか結果が出ない人は、色々と理由があります。

そして、それに対する対処法を正しくすることによって、成果が出るようになる可能性があります。

では、頑張ったけれど結果が出ない理由とアドバイスなどを一緒に解説していきます。

1.目標を高く持ちすぎている

なかなか結果が出ないと悩んでいる人の中には、そもそもの目標が高いことが原因であるケースもあります。

具体例としてお金を貯めるということを挙げてみます。

例えば、いきなり2000万円を貯めるのは非常に困難です。

よく老後は2000万円ないと生活が難しいと言われています。

しかし、この金額を言われて「よし頑張ろう!」と思った人はそんなに多くないかもしれません。

もちろんたくさんのお金を稼ぐ人であれば、2000万円位なんて事はないと思う人も多いでしょう。

しかし、年収300万円~400万円位の人が、2000万円を貯めようとするのは簡単ではありません。

ある程度若い頃からの努力が必要といったところでしょう。

そのようなことを考えると、いきなりこのような高い目標を掲げるというのは非常にしんどいものです。

それはお金のことばかりではありません。

弁護士になると決めたとしても、司法試験に合格しないといけないことから、非常に難しい道であるのは確かです。

その努力も小さなことから積み重ねることが大切です。

途中の目標も作る

ではどうしたら良いのかと言うと、途中に目標を作るということも大切です。

先ほども、貯金2000万円を例に挙げましたが、確かにいきなり2000万円を貯めると言われると気が遠くなるものです。

しかし、月々5万円を貯金するとしたらどうでしょう。

およそ30年で、2000万円貯蓄することができます。

ずっと一人暮らしの人であれば、そこそこに達成できる貯金額かもしれません。

家族がいたりすると難しいところもあるかもしれませんが、夫婦共働きにしたりすることによって、達成できる可能性もぐっと上がるでしょう。

2.自分に厳しすぎる

自分に厳しい事は一見良いように思われます。

いろいろな成功者の書籍を読むと、より難しい道を選ぶ方が人として成長ができるから良いと言われているところがあります。

しかし忘れてはならないのは、そのような成功者の人は強靭な精神力があったり、バイタリティーが豊かなところがあります。

人によりけりですので一概には言えませんが、無理に一般の人が実行するとつまずく可能性が高いです。

したがって、何か目標を決めるときは、ちょっとの努力で目標達成できるようなことを目標にすることが良いのです。

例えば夏休みの宿題を早く終わらせようとしているとしたら、初めの三日間で終わらせようというのは非常に持ちであると言えるでしょう。

なぜなら、夏休みはおおよそ1ヵ月あります。

したがって、この1ヵ月で終わらせることを想定しているので初めの3日で終わらせるのは大変になるのです。

どうしても、この3日で終わらせるのが難しかったら、初めの1週間、2週間位で終わるようにするというような状態にすると、比較的目標達成をしやすくなります。

3.努力することが目標になってしまっている

子供の時は、結果ばかりを求めてしまうと無気力になってしまうという懸念から、努力の過程を見つけて褒めるということを大切にということを意識している親御さんが多いです。

しかしその一方で、努力することだけが目的になってしまっているということになるとなかなか達成は難しいでしょう。

結果を出そうということで物事を達成しようとしているのではなく、努力することだけが目的になってしまっているので、努力をしてさえいたら結果はどうでも良いというような状態になっているのです。

したがって、努力を目的にしていると目標達成はなかなか難しいところがあるでしょう。

4.結果を出すための方法を間違えている

また、結果を出すためにしている努力の方向性が違うこともあります。

例えばついつい二度寝をしてしまって遅刻を繰り返してしまうとしましょう。

このような時皆さんはどうしますか?

多くの人は、次からは二度寝をしないように、同じシチュエーションになったら必ず起き上がることを目的にしているのではないでしょうか。

しかし、そのように人間にはこの気持ちの力にのみ頼るのは間違っています。

したがって、もし二度寝をついしてしまうということで悩んでいるのであれば、すぐにリビングに行きたくなるような仕組みを作りましょう。

冬場でしたら、寒くて布団から出れないことも多いのではないのでしょうか。

冬でしたらリビングを暖かくしましょう。

こたつがあると特に良いですね。

そして、それ以外の季節であっても、自分の大好物の朝ご飯として出すようにするのはいかがでしょうか。

そうすることによって、朝起きるのが楽しみになりますよね。

どちらかと言うと、こうすれば自分がこうしたくなるようなプラスの気持ちを引き出すのを大切にしましょう。

独自のやり方で結果を出そうとすると時間がかかる

いろいろとやり方にこだわりがある人も多いでしょう。

しかし、あまりには独自のやり方で結果を出そうとすると、やはり時間がかかります。

自分で解決方法を編み出したいという気持ちがあるのかもしれませんが、このような場合はあらかじめ成功者の方の話を聞いたほうが早いです。

しかも、自分の気質に近い方の成功者の話を聞いた方が良いでしょう。

具体例を挙げると、ホリエモンのような感じの人は一般人の人が真似をするとうまくいかないことも多いです。

したがって、もっと自分に近い人を参考にするのが1番良いでしょう。

例えば、ゴミ屋敷のような汚い部屋をなんとかしたいとしましょう。

その時に片付けが得意、片付けが上手な人の方法を参考にすると大抵の場合はうまくいきません。

片付けがうまい人は、片付けに喜びを見出しているところがあります。

したがって、収納方法においても隠す収納が主で、そのために手も惜しまないような片付け方になっている一面があります。

しかし、片付けが苦手な人はそのような手間がしんどく感じてしまい、結果的にまたリバウンドしてしまいます。

ではどうしたら良いのかと言うと、もともと片付けが苦手だった人の意見を参考にすると良いです。

自分の気質に合った片付け方を学ぶことによって、上手に片付けができるようになった人の話は、片付けが苦手な人には非常に参考になる一面があります。

5.他の人の話や意見を聞くことが少ない

他の人の話や意見を聞くことが少ないという事は、つまりは自分のやり方に凝り固まっているということです。

したがって、自分の中で抱えてしまい相手の話を聞いていない状態ですので、堂々巡りになってしまうことがあるのです。

そのような時は、人の話を聞いてみるのも良いでしょう。

もし周りに話を聞けそうな人がいないということであれば、書籍でも良いです。

とにかく、第三者の意見や経験談などいろいろな知識を取り込むことで、また違ったアプローチができる可能性があります。

他の人のいい意見を盗む

そして他の人のアドバイスを盗むことによって、もしかしたらなかなか努力しても結果が出ない事から解放されるかもしれません。

良い意見を積極的に盗みにいってみることで成功への近道が見えてくる可能性もあります。

6.人と比べてしまっている


人と比べてしまっていても、なかなか成功しにくいかもしれません。

重要な事は、人と比べるのではなく昔の自分と比べるということです。

成長の度合いというのは人によって違いますし、同じ能力があるというわけではありませんので人によって結果の出方も違います。

したがってあまり人と比べるのは意味がありません。

確かにこの世の中はなんでもかんでもてきぱきとこなし、一を聞けば十の理解を示す人もいます。

その一方で、じっくりと理解を進めて慎重にやっていくようなタイプの人もいます。

そのような人たちがいると、前者の人の方がいいと思ってしまったり、あの人は才能があるからと思ってしまったりもします。

しかし、自分なりの結果の出し方はあります。

したがって、過去の自分と比べどうやって行くかを考えていくということが大切なのです。

7.反省することがあまりない

反省をすることがあまりないということであれば、同じ失敗を繰り返してしまっている一面があります。

反省はあまりしないことも、先ほども朝寝坊に関する対処法等についても、自分は朝が弱いからとか起きれないから仕方がないと諦めている人も多いです。

ただそれでは、改善につながらないところがあります。

では、どのようなところがうまくいかなかったのかということを反省し、次はどうするということをしっかりと考えることが、改善につながり努力の成果となる一面があります。

8.自分のことを認めてくれる人が周りにいない

常に否定ばかりをされていると、だんだんと気力が削がれて行きます。

したがって、自分のことを褒めてくれる人が周りにおらず、いつも否定ばかりをされていると成果を出すのが難しくなります。

いろいろな生活環境の方がいらっしゃるので一概には言えませんが、例えば何かの試験勉強ということであれば、学習塾であったり資格を取得ためにするための塾に通ったりするということも非常にお勧めです。

その理由としては、教えるプロのところですので、努力する自分を認めてくれる人に巡り合えるからです。

学生時代においても親御さんから否定される場合であっても、努力を認め合える友達同士で勉強することによって成果に結びつく可能性もあります。

このように、なかなか環境に巡り合えなかったとしても、お金を払って環境を作ったり、人脈を広げて環境を作ったりするということを視野に入れても良いでしょう。

しかし、先ほども触れたように環境的にそれが難しいこともあります。

特に未成年の方であれば、学校の先生に相談してみたり保健の先生に話してみたりするのも1つの手かもしれません。

9.一緒に頑張れる人が周りにいない

ある程度勉強にしても仕事にしても、一緒に頑張る人が必要です。

一緒に頑張る人がいないと切磋琢磨も難しいところがあります。

勉強とかなら、友達同士で勉強するのも1つの手ですし、それが難しければ塾などの勉強できる所に通って環境を買うというのも手です。

仕事においても、できれば同じ職種で同じように頑張り合える人がいたら、はかどるのは1番良いに越したことありません。

10.努力した自分を褒めてあげていない

うまく努力ができないというと、だらしがなくてだめな人間であると思う人が多いのではないでしょうか。

しかし、本当はそうではありません。

本当のところは自己肯定感があまり強くなく、自分にできるわけがないと諦めてしまうところがあるのです。

したがって、成功体験を積めていないからこそ、自分は努力をしていないと思ってしまうのです。

結果がどうであれ、やはり努力をした自分を褒めるとか認める事は非常に大切です。

たとえ小さな事でも良いのです。

規則正しく朝起きて出勤をするだけでそれはすごいことなのです。

中にはそれができなくて、会社員を辞めたという人までいます。

したがってある人にとっては、朝起きて時間通りに出勤する事さえすごい事なのです。

11.完璧主義で妥協を許さない

また完璧主義で妥協を許さないようなタイプの人は、成果が非常に出にくいところがあります。

例えば宿題で漢字の1ページという宿題が出たとしましょう。

1つのとめはね等にこだわりすぎて、その日中に宿題ができなかったというようなことがあると、宿題をやってこなかったとみなされるところがあります。

そこで、妥協を許さないということから成果が出せないという一面もあるのです。

ただやりさえすれば何でも良いというわけではありません。

そのさじ加減が難しいところがありますが、あまりにもこだわりすぎてうまくいかないということであれば、ときにはそのような完璧主義を手放す必要があります。

12.固定概念がある

またこうでなければならないという固定観念があると言うことから、なかなかうまくいかない一面もあります。

固定観念があるからこそ、絶対にこの方法でやらないといけないと思ってしまうところもあるのではないのでしょうか。

自分にはそんな固定観念はないと思ってしまうところがありますが、やはり育ってくる過程でそこそこに固定観念はあります。

どのような固定観念かと言うと、収入を得るときに真面目にコツコツと働かないとお金を稼げないと言われていますね。

そこで投資で稼いでいると言う話を聞いたら、「楽をして稼いでいる。こんなに楽をしてお金が稼げるはずがない」とか、「投資でお金を稼ぐのずるい」と言うような人もいます。

しかし、お金には色はありません。

働いて稼いだお金なのか、投資で稼いだお金なのかと言うのを区別することができません。

そして現代においては就労のみでお金を稼ぐのは非常に難しいです。

したがって、投資との合わせ技でお金を貯めていくことも勧められています。

iDeCoというものが非常に良い例ですよね。

節税効果もあると言う事ですが、国を挙げて投資を奨励しているところがあるのです。

固定観念を手放し、ときには違う方法も試してみる必要があるのです。

13.努力することを楽しめていない

やはりある程度努力をする過程においても楽しめていないと成果が出にくいところがあるでしょう。

例えば、勉強で成果を出すのは非常に苦手な人もいるでしょう。

中には勉強が好きだと言う人もいますが、このような人を知ること自体が楽しいと勉強をポジティブに捉えている人が多いです。

ただゲームを楽しんでいる人は多いでしょう。

なぜゲームは楽しいのかと言うと、努力をする過程を楽しむことができるからです。

勉強は苦手でもゲームがすごくうまい人がいるのはそのためです。

14.結果を出す未来を想像できていない

結果を出す未来を想像できていないと言う事は、すなわち未来のビジョンが抱けていないと言うことです。

人間は何の目的もなく努力をするのは非常に難しいです。

したがって、そこそこに目標を見いだす必要があります。

結果を出して、どのような未来にしていきたいのかということを考える必要があります。

もし、それが想像できないのであれば、なんでそうしなくてはいけないと思ったのかを考えるべきです。

よくあるケースとしては、進路を決めるときに、親御さんがこのような道に進まないといけないと固定観念を植え付けてしまっていたと言うこともあります。

例えば安定のために公務員になるべきだと言っていたり、看護師になるべきだと言っていたりと言うこともあるのではないのでしょうか。

良かれと思って言っているというところもありますが、その先のビジョンに幸せを見出していない一面があるのではないでしょうか。

そのような場合は、固定観念を捨てて本当は自分がどのように生きていきたいかということを見つめ直すべきです。

15.自分の好きではないことをしている

社会人になると、自分の好きなことばかりでは生きていけないところがありますが、どうしても成果に結びつかないのであれば、やはりその道は本当に自分が好きなことや納得した道ではない可能性もあります。

したがって、どのようなことが自分が好きなのかということを見つめ直す必要があります。

例えば子供の時から、理想の過ごし方というのがありますよね。

例えば家でゲームばかりをしてダラダラとしている子供と言うよりかは、スポーツをしていたり習い事に忙しい子の方が評価される一面もあるのかもしれません。

後者のタイプでハマればまたそれは別なのかもしれませんが、やはり皆が皆そうではありません。

そしてやはり個性がありますので、必ず後者のような人間でなくてはいけないと言うことも無いのです。

このように昔からこのような姿が望ましいと言われている事はあります。

しかし刷り込みから、好きではない事をやらなければいけないと思っている可能性もあります。

幼少期からの刷り込みだとしたらもう無意識レベルになっていますので、今一度自分がどのような生き方が良いのかを見直す必要があります。

16.計画的にできていない

目標達成するにはそこそこに計画的である必要があります。

学生時代と言うと夏休みの宿題が良い例なのではないのでしょうか。

夏休みの宿題は約1ヶ月分位の宿題ですので計画的に進めなくてはなりません。

しかし、そこでため込んでしまうと後が大変になってしまうのです。

したがって、計画的に1日1ページずつと言うようにやっていくだけで大分進むようになります。

ページ数にもよりますので一概には言えませんが、このように細切れに少しずつやっていくことで目標達成することができるようになります。

それは勉強ばかりではなく、仕事においてもそうですし資格取得に関しても同じことがいえます。

17.どうすれば結果を出せるのかを具体的に考えていない

例えば試験に合格するためには、結果が出せたら良いと思うところがあるでしょう。

しかし、具体的に考えていないことから、結局は机に向かっているだけでぼーっとしてしまい時間を過ごしてしまっていると言うこともあります。

この時に考えるべきはどうすれば結果が出せるのかと言うことです。

例えば最近はスマホなどで動画配信なども行われています。

このように勉強の動画配信を見るのも15分ずつと言うような感じで少しずつ時間を細切れで見ることができるところがあります。

したがって、この動画を何本見てどのように板書していくのかと言うことも具体的に考える必要があります。

18.プライドが邪魔している

また、プライドが高く頑張っている姿を見られたくないとか、余計な気持ちが働いている時もまた、目標達成が難しくなるところがあるでしょう。

中には、泥臭い努力が必要な時もあります。

しかし、こんな事はしたくないと思っていることによって、目標達成が難しくなるところもあるでしょう。

19.努力のバランスが偏っている

本当の理想の姿がどのようなところにあり、どう達成して行けばいいのかというのを深く考えず、バランスが偏っている場合も目標達成が難しいところがあります。

人間はオールマイティーに出ると非常に難しいところがあります。

現代人は、いろいろなことをやらなければならないところもあるでしょう。

しかし、それは全て全力でというのは難しいところがあります。

何もかも結果を出そうとしても限界がある

何もかも成果を出そうとしても限界があるのもまた事実です。

したがって何を最優先するべきで、何を捨てるべきかということも意識をする必要があります。

例えば、共働きのお宅があるとしましょう。

仕事は大切ですし、子育ても非常に重要です。

しかし、家事はどうでしょうか。

場合によっては食洗機や衣類乾燥機など買っても良いでしょう。

お金を出して、家事を外注してしまうという方法もあります。

このように、やるべき事は取捨選択をし簡略化すると言うことも1つの手です。

20.必要のないことまで頑張っている

どれもこれもと頑張っていることはすごいことですが、無駄な努力になってしまうことも多いです。

必要のないことまで頑張っている場合、努力が分散される形になるでしょう。

本来だったら1番達成するべきことがあったかもしれないのに、どれもこれもと力を入れることによって、本来出すべきところに力を使えないところがあります。

結果への最短距離を考えよう

やはり一番何がいいのかということを考えた上で、最短距離を考える必要があります。

先ほども触れたように共働きのご家庭だとしたら、真っ先に簡略化して良いのはズバリ家事です。

そこは徹底的に家電の力を借りたりするのも良いでしょう。

21.結果を出している人をよく見ていない

また結果を出している人をよく観察していないというのも、なかなか努力が実らない原因かもしれません。

結果を出している人はどのような人で、どのような努力をしているのかということをしっかりと見るようにしましょう。

もしかしたら皆さんが気づかなかったようなことをやっているのかもしれません。

真似してみるのも◎

そして、そのような人がうまく結果を出しているコツを知ることができたら真似をしてみるのも手でしょう。

そしてそれを素直に聞いてみるのもいいかもしれませんね。

それか、見て盗むのもいいでしょう。

22.力を抜くタイミングが分かっていない

人間はいつもフル稼働で頑張るのは無理があります。

常にフル稼働というのは、動物界においても非常に不自然なことだと言われています。

そのため、力を抜くタイミングではうまく力を抜くということが必要です。

したがって、力を抜くタイミングわかるのは非常に重要なことなのです。

23.今やるべきことが何か明確でない

今やるべきことが明確でないことが、うまく結果が出せていない原因になっている可能性があります。

例えば具体的な目的があって、そのために何をするべきかということがわかっていたら、その道に向かって努力をすることができます。

しかし、そのビジョンがはっきりしなかったり、迷いながら取り組んでいたりすると、全力を注ぐことが難しくなります。

特に未成年の方であれば親がそう言うからと取り組んでいると、なかなか力を入れることは難しいでしょう。

このように今やるべき事がどのようなことなのか明確でないことも、目標達成や結果を出すことができない原因の1つとなっているところがあります。

24.責任感を持てていない

特に仕事に関して言うと、責任を持てていないと結果を出すことは難しいでしょう。

だめでも何とかなると思っていると特に力が入らないところがあります。

欧米などと違って、日本はどちらかと言うと解雇へのハードルが非常に高い一面があります。

したがって、簡単にクビにならないことからなかなか力が入らない人もいるのかもしれません。

しかし、仕事で成果を出そうと思ったら、責任感を持って実行していくということも大切になってきます。

25.結果を出すこと以外のことに目移りしている

結果を出すこと以外に目移りをしているというのも、目標達成が難しい原因の1つとなるでしょう。

よくあるケースとしては、受験勉強して志望校に合格すると言う目的があるにもかかわらず、ついつい目先のゲームなどにとらわれてしまうこともあるのではないでしょうか。

それは結果を出すこと以外のことに目移りをしているということです。

このような時もその結果を出すことが、本当に望んでいることなのかということを熟知しておく必要があります。

結果が出ない理由を見つけて少しずつ改善していこう

結果が出ない理由は色々とあります。

その理由が明確になったら、次はどのような結果を出すための努力が必要なのかを考え改善していくようにしましょう。