「咄嗟」とはどういう意味なのか。

実際に「咄嗟」を活かすための対応力養成にはどうしたらいいのか。

具体例をあげながら紹介していきましょう。

「咄嗟」の意味とは

「咄嗟」の意味とは、「ごくわずかな時間。その瞬間に。たちどころに。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%92%84%E5%97%9F/より引用

つまり、ほんの一瞬に、何かを行うための動作を行う様子を指していいます。

「咄嗟の判断」「咄嗟の思いつき」など、「咄嗟」を用いた日常会話は非常に多いことが分かります。

「咄嗟」の由来

「咄嗟」の由来についてです。

『もともとは中国語から。「咄」は、日本では「はなし」と読んで落語のことをさしたりするが、本来は舌打ちをすることや、舌打ちの音を意味する。「嗟」は中国人が感動したときに発する舌打ちの擬音語。つまり、「咄」も「嗟」一瞬の行為であることから、きわめて短い時間を「咄嗟」という。』という事になります。

「咄嗟」の「咄」も「嗟」も、どちらも舌打ちを表す言葉が、現代のように使われるようになったということでしょう。

確かに「咄嗟」の判断は、舌打ちするくらい、一瞬の時間で行われますからね。

咄嗟の対応力を鍛えるための25個の方法を紹介


それではここからは「咄嗟」な行い、を実戦において正しくできるようにするための方法をご紹介していきます。

1.代替案を考えておく

まずは日頃から問題解決となるべく「代替案」を複数、頭の中にいれておきましょう。

そうすれば、Aという案が没になったとしても、Bという案を代替案として考えていたら、即座にその案を発言することができます。

代替案をたくさん持っているかどうかは、日頃から問題意識を持って行動しているかどうか、が試されます。

代替案をたくさん持っている人間のいる組織が、円滑な仕事をできるようになるのは、言うまでもないでしょう。

2.自分に自信が持てるように経験を積む

咄嗟の判断というのは、経験知の多い、少ないがものをいうケースが多いものです。

よって、どんな事でもいいので、なるべく多くの経験を積んでおくことです。

そうすれば、豊富な経験がものをいって、いざという時に、さっと名案が浮かんだりするものです。

咄嗟の判断は、スピードが命です。

さっと名案を思い浮かべることができるか、否か。

全てはあなたの経験値がものをいうのです。

3.基本・基礎を大切にする

物事の基本や基礎を大切にして、会得していないことには咄嗟の意見も相手にされなくなってしまいます。

人間関係というものは、信頼関係があってはじめて成立します。

嘘や偽の情報ばかり流してくる人間に対して、まともお付き合いができないのは当然の結果です。

よって、もしあなたが咄嗟の判断や意見を言える人物だったとしても、その底辺に基本や基礎といったものがしっかりあるかないかによって大きく判断が分かれてしまうのです。

基本や基礎を大切にすれば、嘘・偽りの情報を発信してしまうこともなくなるでしょう。

自分自身の基礎知識を常時、見つめ直しておきましょう。

4.物事の理由を常に考える


物事には、常に因果関係が存在します。

つまり、世の中において理由のない事象や行動はないということです。

そこを正しく理解していないと、あなたの意見や発案は、いつも没扱いにされてしまうでしょう。

例えば、メモを取るときに使うボールペンやシャープペンシル。

どうして、メモを取るとき、これらの筆記用具を使うのでしょう?別に毛筆用の筆でもメモは取れるのに。

このテーマに対して、相手が納得できる理由を即座に述べられるなら、あなたの咄嗟の判断や意見は十分、世間に対して対応力があることでしょう。

メモというものの意義を考えれば、即効性が必要という判断がすぐに思い浮かぶのなら、大丈夫ですよ。

5.知識を増やす

知識の量を持って持っているかどうかも、咄嗟の判断を下すうえでは重要な要素になってきます。

また、正しい知識を豊富に持っていれば、必然的に自信につながります。

つまり、自信のある人は知識量も豊富ということになるからです。

知識というものは、自ら進んで勉強しないと頭に入りません。

本を読むのもよし。

人から聞くもよし。

それらを実践に落とし込んで体験しましょう。

そうすれば揺るぎない知識があなたの頭の中にインプットされますよ。

新聞やニュース

知識を得る情報源として、昔から活用されているものが「新聞」や「ニュース」です。

どちらの媒体も、正確かつコンパクトな情報を仕入れるのには最適なソースです。

ただ、新聞の情報は即効性の部分ではテレビのニュースには劣ります。

しかし、より深い中身を求めるなら活字の新聞は有利です。

いずれにしても両者をバランスよく活用して、正しい知識を得るようにすることです。

人から直接聞く情報

知識を増やすためには、人から聞く情報も有効性があります。

特に、人から聞いて覚えるのですから、人間の五感を限りなく活用できます。

聞くだけ、見るだけのニュースや新聞とは大きく、記憶力に差が出るのです。

ただ、注意したいのは、その発信者の情報の真偽です。

嘘をいかにも本当らしく話す人間は結構いる、ということを認識しておくべきでしょう。

6.自分の立場や役割を把握する

「咄嗟」の意見や判断は、自分の立場や役割を把握したうえで、発動させるのが効果的です。

これは、組織における空気というか、上下関係のメカニズムとも連動してきます。

つまりは、場の雰囲気をつかんで空気を読む、ということになるでしょう。

そこに自分の立場や役割を絡めることによって「咄嗟」の意見や判断が功を奏するのです。

7.想像力を身につける

「咄嗟」の判断を活かす想像力とは、自身が所属する組織やチームのためになる機会、ということです。

組織やチームの発展や成長に有益な想像力ならば、歓迎されるのは容易に想像がつきます。

未来を想像する

想像力を活かすも殺すも、その組織の未来を考えたらばこそです。

未来に向かって発展・成長がないのであれば誰も想像力を使わないでしょう。

私たちの使命は、より良き社会を創りだすことにあります。

咄嗟の判断に有益な想像力が含まれていてこそ、その案は名案となり得るのです。

8.周りの意見に流されないよう、自分の意見を持つ

「咄嗟」の判断を養うためには、周りの意見に流されない、自分の意見を持つことが重要になります。

物事の判断はできる限り自分でするようにする

物事の判断というものは、誰かにやってもらっているうちは、楽です。

その意見に従っていればいいだけですから。

しかし、もし自分自身が何らかの責任を負う立場になったなら、そういう訳にはいかなくなります。

自分のしっかりした意見がないと物事を決められなくなります。

「咄嗟」の判断を下すには、周囲に流されることのない、確固たる自分の意見があって、はじめて行えるのです。

9.ポジティブに考える

「咄嗟」の判断が周囲に受け入れられるようになるためには、ポジティブに物事を考えなければなりません。

それは、多くの人間がポジティブ思考を肯定している証拠となるからです。

ネガティブに考えてしまうと咄嗟に対応できない

世の中の仕組みで考えると、マイナス思考、つまりネガティブ思考で物事が成立するような局面がないことが分かると思います。

何に対しても反対したり、批判ばかりしていては何も決まりません。

多少のリスクを背負ったとしても、多くの人が賛同する意見でないと、物事は決まらないのです。

咄嗟の判断も、ポジティブな考え方があるからこそ、周りから受け入れられるものなのです。

10.客観的な目線で物事を捉えるように心がける

「咄嗟」力というものを磨くためには、物事に対する、客観的な目線というものが重要になります。

視野を広げる

「客観的」とは、主観を入れずに第三者的立場に立って、物事を考え判断するものです。

つまり「私情」というものを入れないということです。

私情で物事を捉えようとすると、どうしても自身の対面や面子、あるいは損得勘定が優先されてしまい、正しい思考・判断ができなくなるからです。

咄嗟の判断を磨くためには、客観的な目線で物事を捉えるようにする習慣が求められるのです。

11.固定概念に縛られない

固定概念に縛られると、咄嗟の判断はできなくなります。

咄嗟の判断には、物事を変えていこうとする気持ちが大切だからです。

柔軟な発想を大切にする

固定概念とは、違う言い方をすれば「頭が固い」ということになります。

旧態依然とした考え方ともいえます。

時代は変わって、価値観も変化していくのに、それに見合ったものの考え方を放棄した発想です。

固定概念に強く縛られてしまうと、早かれ遅かれ、今の時流に乗り遅れるのは必至です。

そのような発想からは、咄嗟の判断といったものも生まれないでしょう。

12.様々なことに興味を持つ

咄嗟の判断を磨くためには、様々なことに興味を持つことです。

つまり、それが創意工夫という概念を生み出すのです。

いかにしたら、人のためになるのか。

住みよい暮らしになるのか。

そうするためにはどうしたらいいのか。

このような発想を持っていれば、様々なことに興味を持つでしょう。

そこから、咄嗟の判断力も生まれてくる、というわけです。

13.完璧主義になろうとしない

完璧主義に走ってしまうと、咄嗟の判断や考え方は生まれなくなります。

つまり、完璧主義というのも、見方を変えればただ頭が固いだけだからです。

固い頭からは、柔軟な発想がなくなり、いつまでたっても旧態依然とした思考に留まってしまうのです。

14.考えるよりも行動してみる

「咄嗟」の判断というものは、考えるよりも行動してみることによって、頭の中に引き出しがたくさんできます。

いわば、経験をたくさん積んだ方が、いい考えを持つ根拠が増える、というわけです。

行動して得た考えには、説得力があります。

そこには失敗経験もあるから、周囲の人も納得してくれるのです。

咄嗟の判断には、行動した結果から得た、教訓というものが大きくものを言うのです。

15.自分の行動を振り返ることを習慣化する

自分の行動を振り返らずして、人に納得させるだけの意見は言えないでしょう。

振り返るという事は、自身の過去の体験を系列化し成功と失敗の分岐点を見つけ出す作業なのです。

よって、過去に行った行動は分析し、数値化しておきましょう。

この習慣が高度な咄嗟の判断を生み出すのです。

16.過去の失敗を引きずらない

「咄嗟」力というものを磨くには、過去の失敗を引きずってはいけません。

引きずってしまうと、人間はどうしても自分を守ろうとして行動が狭くなり、説得力に欠ける思考に支配されるようになります。

失敗は成功を生み出す元となるものです。

多くの失敗経験を持っているのなら、一度立ち止まってよく分析することです。

ただ、いたずらに失敗経験ばかり積んでいても、結局、それは人の役に立たなくなるということになります。

17.人からどう見られているかなどを気にしすぎない

咄嗟の判断に基づく意見は、時としてその場の空気に合わない意見になってしまう時もあります。

そんな時、「変なことを言ったら、周りからどういう目で見られるか」という考えになりやすいでしょう。

しかし、それを気にしていたらポジティブ思考に欠けた、固定概念の人間になってしまうでしょう。

好機を大きくつかむには、人からどんな風に見られているかなど、どうでも良い時があるということを悟るべきでしょう。

18.常に冷静な判断を心がける

「咄嗟」の判断には、常に冷静な判断も求められます。

頭に血が上った状態ではとても正しい咄嗟の判断はできません。

冷静さ、沈着さがあって、はじめて素晴らしいアイデアというものが生まれるのです。

19.感情的にならないようにする

「咄嗟」の判断は、感情的になっては行えません。

冷静に、落ち着いた気分ではじめて良い判断ができるのです。

日頃から自分の感情をコントロールする訓練が必要でしょう。

20.好きではないこともやってみる

「咄嗟」力というものは、好きなことばかりやっていては、バリエーションが増えません。

咄嗟というものは、時に予期せぬ意見が受け入れられるものです。

何にでも興味を持って、実際に行ってみる。

経験した者の発言には説得力がありますから。

21.人脈を広げる

人脈を広げれば、様々な意見や情報を聞くことができます。

これらの意見は必ずや、自分自身の血肉となるのです。

咄嗟の意見を豊富にするためにも、人脈を広く築くことは有益な行動といえるでしょう。

22.常に論理的思考をする

論理的思考を磨くことは、咄嗟の意見を言う際に大きな戦力となります。

咄嗟の意見とは、ただの思いつきの意見ではありません。

きちんとした論理的な意見であるからこそ、その意見は周囲の人から認めてもらえることを理解しておくことです。

23.人の話をよく聞く

人の話をよく聞く人は、それだけ知識がたくさん蓄積できるということです。

これは、素直さとも結びつきます。

つまり、ネガティブ思考になっていない証拠といえます。

また、客観的な見地にも立っているといえるでしょう。

24.失敗を恐れず挑戦する

失敗を恐れず、挑戦する姿勢があるからこそ、自身の知識や経験値が膨らむのです。

失敗を恐れて何も行動できない人は、説得力のある意見が言えないのと同じです。

また、数多くの失敗は、必ずや自信につながります。

咄嗟の判断ができる人は、自分に自信のある証拠です。

25.シミュレーションをする

シミュレーションできるということは、物事を論理的に考えることができるという事にもなります。

できるだけたくさんのシミュレーションを想定できる人は、咄嗟の判断力も豊富になるでしょう。

咄嗟の判断力を鍛えて何事にも臨機応変に対応できるようになろう

今回は、「咄嗟」の判断力について考えてきました。

いざという時に咄嗟の判断ができるかどうかで、難局を打開する展望は大きく左右されます。

日頃から意識して自分自身の考え方をよく見つめて、咄嗟の判断力を磨きましょう。